白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

dトラベルで予約できるお得なホテル アマゾンギフト券・VISAギフト 特典付き宿の探し方

ドコモの旅行関連予約サービス「dトラベル」では、先日の日記でも紹介したように2018年5月と6月の宿泊で条件を満たすと最大50%相当のポイント還元を受けられる大規模な公式キャンペーンが始まっています。

その攻略法として、ホテルの予約・利用によってクオカードが貰える施設が多く、宿泊代金に対して半額近くの特典が含まれているプランも対象になるため、宿泊する施設・プランを厳選すれば尋常ではないお得さな利用が可能な見込みです。

☆「5月・6月dトラベル利用で最大50%ポイント還元超え案件 クオカード付きホテルが狙い目

クオカードが貰えるホテルをいくつか上記の日記内でピックアップして紹介しましたが、旅の目的地ではなくホテル有りきで宿泊を決めるということは普通はありえないでしょうから、実際には高還元率かどうかよりもホテルの利便性や利用日の空室状況次第になるでしょう。

dトラベルの国内宿泊プランには確かにクオカードを特典としている宿は多いですが、調べてみるとクオカード以外の特典が充実しているホテルも多数存在します。「クオカードがある」ということだけに注目しすぎて他のお得な宿を見逃しているようでは本末転倒ですので、予約時によく検索をしましょう。
d0262326_10074392.png
dトラベルの検索は別に難しい使い方があるわけではないのですが、除外検索や複合キーワード検索が使いづらいので、ピンポイントでキーワードを打ち込まないと欲しい特典はなかなか出てきません。

例えば、「QUOカード」と「クオカード」で検索結果が異なります(アルファベットの半角・全角・大文字小文字は区別しない)。

QUOカード/quoカード/QUOカード:1755件
クオカード:610件


というような具合です。クオカード付きの宿が探したいのなら、両方のキーワードで探す必要があります。

続いて、キーワード検索を行った後に宿泊エリア・利用日・人数を指定していきます。
d0262326_10240302.png
ここで注意したいのは、用意された特典が「1室に付き付与」されるのか、「利用人数1人毎に付与」されるのか、という点です。

例:1泊6000円・4千円クオカード付き →2名1室利用が条件

1名1室利用の場合は1泊10000円・4千円クオカード付き


といった複数の宿泊プラン/宿泊料金において「1人あたりの料金」で表示されるので、部屋の利用人数は必ず優先して確認しましょう。還元・特典の金額が大きくても、実は1人あたりの還元に換算すると大したことのないプランも多いです。クオカードの特典を金額だけに注目していると、このトラップに引っかかりかねません。あまりにも還元率が高すぎるプランは疑って見るべきです。

クオカード以外の特典では、以下のような特定のキーワードを狙って探すのが良いです。

・アマゾン(amazon)ギフト
・ビザ(VISA)ギフト
・JCBギフト
・金券
・利用券
・入場券
・入園券
・チケット付

アマゾンギフト券付きの宿だと、「スパ&カプセルホテル グランパーク・イン横浜」というところでは1泊7,100円(5-6月は7400円~)に3,000円のギフト券付き、というプランもありました。還元率・使い勝手の良い宿はいろいろと見つかるでしょう。

金券・ギフト券系の特典について、多くのホテルでは「宿泊料」とだけ領収書に記載されるとの忖度があるため、キャンペーン時だけでなくビジネスで利用すればイロイロとお得です。

同じホテル・同じサービス内容でも、宿泊料金とギフト券の額面だけが違う複数のプランが用意されていることもありますので、5・6月の連続3万円以上利用の条件を満たすように微調整が可能なこともあります。

他にも、個別のレジャー施設名のチケットがホテル代に含まれているプランもあります。

・東京ディズニーリゾート
・USJ
・横浜・八景島シーパラダイスワンデーパス
・よみうりランドワンデーパス
・京都水族館
・アクアパーク品川 など


考えようによっては、各種レジャー施設・水族館・博物館系などなど、有名どころのチケットがdポイントで買える/チケット購入でdポイントが貰えることになります。ただし、ツアー予約やdトラベル内のレジャー施設チケット購入は5月・6月の3万P還元対象外なので、キャンペーン狙いの場合は「宿泊プランの特典」として用意されているものをチョイスする必要があります。

目的地がハッキリとしている・観光予定の施設がある場合は、施設名称をダイレクトに検索してみるところからスタートするのが良いでしょう。遊園地系なら数千円~水族館や展示系施設でも結構高い利用金が設定されているところもあるため、中途半端に金券系特典のホテルを探すより有利な可能性もあるでしょう。

また、もちろん繁盛期・週末の利用と平日の宿泊料金に大きな差額があるプランがほとんどであり、ゴールデンウィーク期間中はそもそも還元プランの設定が無いホテルなどもありましたので、宿泊予定日も当然ながら重要です。「宿泊すること」自体が目的ならば料金が安い日を優先して予約を取ることもありえなくはないのかもですが・・・なかなかそういうわけにもいかないでしょう。

ゴールデンウィークまであと半月しかなく、連休中のお得で便利な宿は埋まり始めています。平日狙いならばまだ料金設定の安い日も残っていますが、旅行のスケジュールは早めに決めてdトラベルを活用していきましょう。

☆「ドコモ公式│宿泊予約は「dトラベル」



by ke-onblog | 2018-04-16 11:55 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。