白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[神仕様?]ドコモのdポイント 5/1から20アカウント分までポイント統合が可能に

この年度末、auやソフトバンクに比べてiPhoneやスマートフォンの一括0円・キャッシュバック還元販売が少なくあまり目立っていなかったようにも感じるドコモですが、ちょっと遅れて「携帯販売以外のジャンル」で本気を出してきた感があります。

今日2018年4月17日に発表された情報によると、ドコモのポイントサービス「dポイントクラブ」の会員数は6500万人にも及び、ほぼ日本人の2人に1人が利用している超巨大システムになっているそうです。ドコモの利用者数を考えれば当然の割合なのかもですが、よく考えるともの凄い経済圏をカバーしていますね。

dポイントクラブはドコモの携帯回線を契約していなくても「dアカウント」という無料のIDさえ持っていれば誰でも作ることが出来るため、このブログの読者層なら2人に1人どころか、8~9割以上の利用率でも不思議ではないレベルでしょう。

一方で、一括請求グループ外でdアカウントをバラバラに作っていた場合に、これまで獲得したdポイントを合わせて使うということが出来なかったところ、来月 2018年5月1日より、最大で20会員分までのポイント統合(共有)が出来る神仕様に変更されます。
d0262326_16202566.jpg
ポイントを統合できる「ポイント共有グループ」という新しいシステムが5月1日から始まり、ドコモの携帯回線・ドコモ光回線・dカードなどを持っていないdアカウントユーザーのポイントを共有化することが可能となります。
d0262326_16381403.png
dポイントを統合するためには上記の通りの条件があります。子会員は3親等以内までということですので、直系の血族なら曾祖父母・曾孫まで、伯父/伯母や甥/姪まで含むことが可能です。

グループ内の最大会員数は20アカウント分までOKですので、親族ぐるみでポイントを貯めまくっているユーザーにとっては大きな意味のあるシステムになるはずです。

ドコモユーザーではない親族にもdポイントカードを作ってもらい、dポイントが貯められるお店で利用機会がある時だけでもカードを提示してポイントを集めてもらうといったように、協力を仰ぎやすくなるでしょう。

注意書きに
ドコモ携帯回線、ドコモ光、dカードをいずれもお持ちでないお客さまのグループ追加は、1か月あたり5会員までとなります
という一文がありますので、非ドコモユーザーのアカウントはなるべく早めに追加していくのが良さそうです。

ドコモのポイントを貯めることが出来る各種サービス・キャンペーンでは、「1アカウントあたりの獲得条件」が設定されることも増えてきたため、子会員アカウントを活用して分散注文→ポイントを統合して利用出来るようになれば、無茶な複垢・大量注文をせずとも、それぞれの名義で常識的な範囲内の発注で効果的にキャンペーンの攻略が出来そうというメリットもあります。

さらに、5月1日よりdポイントサービスのリニューアルを記念して以下4つのキャンペーンが実施されます。
・お誕生月ポイントUPキャンペーン!
・新しいdポイントクラブと旅立とう!キャンペーン
・欅坂46×dポイントキャンペーン
・dショッピング×d fashion dポイント20倍キャンペーン
詳しくはまた5月に入ってからチェックすれば良いと思いますが、期間限定でポイントをたくさん貯めることが出来そうな施策がありますね(ΦωΦ)フフフ…

特に気になるのが、誕生日ポイントアップ。
ポイント共有グループ内でエントリーした場合、グループ内どなたかの誕生月に、グループ全員(エントリー必須)がポイントUP適用となります。
これはつまり、1から12月まで各月生まれの子回線を3親等以内に確保すれば、常時ポイントアップが可能ということでOK?

今後さらにドコモのポイントサービスの利用範囲は拡大していくと予想されますので、うまく活用出来るように今のうちから家族・親族に協力をお願いできないか画策しておきましょう。

5月1日からの主な変更点・キャンペーンについては詳細は「報道発表資料-dポイントクラブをリニューアルし、dポイントの「ポイント共有グループ」を新設」のページをチェックしてみてください。


by ke-onblog | 2018-04-17 16:57 | スマホニュース | Comments(4)
Commented at 2018-04-22 04:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2018-04-22 06:12
> 加賀古事記さん、こんばんわ~

現時点ではリニューアルされる内容の利用規約までは公開されていないので細かい仕様はどうなるのか不明です。「代表会員子会員」の違いは、代表として登録されたアカウントに子会員のポイント利用可否を決定出来る上位権限が付与されることくらいでしょうか。

20回線を超える契約数による運用ケースはあまり想定されていないかもですが(笑)、共有グループの追加・解除が自由に出来るなら1グループによりポイントを集め・分配しやすくなる可能性もありますので、まだなんとも言えませんね。グループの組み直し自体は出来るようになるとは思いますが、、、人によっては使いづらくなる可能性もあるのですね。
Commented by 加賀古事記 at 2018-05-25 14:04 x
ご報告します、昨日ベーシックシェアが始まる前にみなしパックを変更するついでに試して来ました!結果は、私的には余計面倒くさくなった印象です!ファミリーグループ、一括請求グループ、シェアグループ、そこにポイント共有グループが出来たのですから、管理が大変です!そこにドコモ回線でないdアカウントも追加してしまうと統合漏れが起きる可能性大です!ポイント共有グループはdsで印刷出来ないみたいなので、全て自己管理するしかありません!
Commented by ke-onblog at 2018-05-25 16:00
> 加賀古事記さん

お疲れ様です!一般の家庭では1つの共有グループしか存在しないでしょうから入れ替え・統合漏れなどはシステム的に考慮されていないかもしれませんね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。