白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

amazonアプリ更新で海外の日本直送商品が買えるように?実際に注文してみた

つい最近アマゾンのショッピングアプリがアップデートされて、「海外版のamazonの商品が日本から買えるようになった」みたいなニュースを見かけました。

私も良くアメリカのアマゾンで商品を探したり輸入したりします。日本で買えない商品が買えるというだけでなく、為替が有利なタイミングでの購入やセールで日本の製品を国内で買うよりも安く輸入できるケースもあります(過去記事: ほぼ半額!ソニーワイヤレススピーカー SRS-XB10を買ってみた )。

本当に日本のアマゾンアプリから日本円支払いで輸入が出来るなら便利だな~と思い、どのような仕様に変わったのか実際にアプリを入れて確認してみました。
d0262326_03012280.jpg
日本のGoogle Playで配信されているアマゾンアプリ(iOS版でも出来るそうです)から海外のアマゾンにアクセスするためには、通常通り日本語版でアプリを開いたのち、左上の「≡」メニューから設定を変更します。

【設定】→【国と言語】へと進むと、新しく「インターナショナルショッピング」という項目が選択出来るようになったのが、今回のアップデート内容ということのようです。

d0262326_03045259.jpg
現時点では日本語表示には対応しておらず、英語やその他言語へ強制的に切り替えることになります。
d0262326_03053483.jpg
スペイン語もドイツ語も中国語も学生の時に勉強した私ですが、もうすべて忘れたので素直に英語にしておきます(´∀`;)
d0262326_03073529.jpg
これでアプリの設定が日本のストアからInternational Shopping内、英語表記、日本円表示に変えられます。最後に「Done」を押せば、画面が切り替わります。
d0262326_03083163.jpg
もともと日本(amazon.co.jp)のアカウントで使っていたアプリだったのですが、設定を切り替えたところ、アメリカのアマゾン(amazon.com)でのログインを求められました・・・

すでにお気づきかと思いますが、今回のアプリ更新では単に「日本で配信されているアマゾンアプリで、海外のアマゾンマーケット商品を表示できる/海外のアマゾンサイトにログイン出来る」というだけであって、「日本のアマゾン利用者が海外アマゾンの商品を自由に注文/輸入できるわけではない」ので気をつけてください。

簡単に日本から海外のアマゾンから輸入が出来るようになるのか!と勘違いした人には、ちょっとガッカリかもしれません。

インターナショナルショッピングから注文するには、日本で使っているアマゾンアカウントとは別途、.com用のアカウントを作りログインする必要があり、国内での決済方法・アマゾンギフト券も共通して使えるわけではありません。

私はアメリカのアカウントも持っていますので、せっかくなのでログインして買い物を続けてみました。
d0262326_03160813.jpg
日本に輸入して利用しても違法にならない、技適取得済みのEssential Phoneもちゃんとインターナショナルショッピング経由で表示されました。
d0262326_03194819.jpg
日本に直送可能な商品ですので「This item ships to Japan」の表記がちゃんとあります。

日本円の価格表示は44,551円。ちゃんと日本円表示になっていますね。ですが、この価格は一体???

Essential Phoneは現在399.99ドルで販売されていますので、レートは111.4円?なのでしょうか。今、1ドル107円くらいのはずなのですけど。

・・・とりあえずカートに入れてみましょう。
d0262326_03210846.jpg
過去にパソコンサイトから利用した情報がアカウントに保存されており、アプリ経由でも自動で発送先住所が表示されます。このあたりの使い方は日本のアマゾンアプリとも全く同じなので、英語が読めない人でもなんとなく操作は出来るでしょう。
d0262326_03223754.jpg
続いて配送オプションが出てきます。スタンダードやプライオリティ配送が選べます。今回はスタンダードを選んでみましょう。

支払い方法を選び(登録してあるクレカ)、最終画面に進むと・・・
d0262326_03241955.jpg
ドルに戻ってる!

なんとなくそんな気はしていましたけれど、アプリ上では「日本円で価格が換算表示されるというだけで、日本円で決済できるわけではない」ようです。

先程商品ページでは44,551円と表示されていましたが、日本円表示価格で買えるわけではないのです。

似たような例だとアリエクスプレス(Aliexpress)やebayでも表示は日本円に出来ますが、実際の決済はドルで行う、みたいな仕様と同じですね。

確かに「日本のアマゾンアプリから外国のアマゾンマーケットから輸入することが出来る」のですが、一般的な人がイメージする「日本円で簡単に個人輸入が出来るようになった」というものとは差がありそうです。

スマホアプリで買い物がしたいのならこのアプリ機能でインターナショナルショッピングを楽しむことは可能になりましたが、日本のアマゾンで買いたくなった場合には切り替えが必要です。

個人的には、普通に従来どおりPC・ブラウザで購入する場合でも変わらないかな?というアップデートでした。

ちなみに、今回のアプリでインターナショナルショッピング可能商品から探す、という機能自体もウェブサイトから以下のページから日本直送可能商品を簡単に検索できます。

☆「Amazon.com International Shopping

.co.jpと.comのアマゾンギフト券が共通化したり、決済方法が共通化してくれれば便利になりそうですが、さすがにそれはシステム的にも法律的にも難しそうです。

海外のアマゾン通販自体は簡単に出来ますので、この機会に.comのアカウントを作って買い物にチャレンジしてみるのも良いですが、「日本円でなんでも輸入できる」というわけではない点だけ注意してください。



by ke-onblog | 2018-04-19 06:30 | 端末輸入 | Comments(4)
Commented by ブラックサンダル at 2018-04-19 08:25 x
中国語で設定して見たですが、商品説明文とかもまた英語のままです、それなら素顔にweb版でgoogle翻訳を使った方が早いがと思います
Commented by あろばこ at 2018-04-19 13:33 x
PCを某大手で注文したところ、納品が1ヶ月以上先と言われてしまい。。。
何気にこちらを見てみたらびっくりです。
同等以上のモデルが amazon.comから輸入した方が、送料諸経費込みでも安くて早いとは!

日本ではPCが売れないからか?、高くても日本メーカーが売れるのか?こんなにも差があってショックです~

あ、英語キーボードだったのを別にすればw
Commented by ke-onblog at 2018-04-19 14:46
> ブラックサンダルさん

マルチ言語対応といってもその程度なのですね~。自動翻訳でぐちゃちゃな変換をされるくらいなら英語のほうがマシと言えるのかもしれませんね(´∀`;)
Commented by ke-onblog at 2018-04-19 14:51
> あろばこさん

パソコンの納期に一ヶ月ですか?!海外製造+カスタマイズをすると確かに時間は掛かりそうな気がしますが、ちょっと待ちきれないですね(苦笑)海外アマゾンでの輸入だと日本での保証がどこまで使えるかという点は気になりますが、意外とどこでも買えるようなデジテル製品類でも安く輸入可能なものがあるのは楽しいですね~^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。