白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ぷららポイントでも買えるSony 2018年防滴NCワイヤレスイヤホン WI-SP600N

最近イヤホン、ヘッドホンをいろいろと購入して試している私が今一番気になっているアイテム、ソニーが先日発表して2018年4月28日に発売を予定しているワイヤレスノイズキャンセリングヘッドセット WI-SP600NがひかりTVショッピングで予約購入出来るようになっています。

購入にはぷららポイント・dポイントが使えるので、期間限定ポイントの消費に買ってみようかどうしようか、ちょっと悩んでいます。
d0262326_21044673.png
WI-SP600Nは、上記のようなイヤホン部分がストラップで繋がったタイプ。同時期に発表された完全ワイヤレスタイプの「SONY WF-SP700Nicon」(24,710円)、外の音が同時に聞けるオープンイヤータイプの「SONY Xperia Ear Duo XEA20icon」(32,270円)も新製品として登場していますが、WI-SP600Nは連続稼働時間の長さとほどほどの価格に魅力を感じています。

☆「ひかりTVショッピング ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WI-SP600Nicon」/ 20,390円(ポイント10倍)

3種類の新製品の重さと連続稼働時間(1充電あたり)を比べてみると、

・ストラップNC WI-SP600N :約21グラム 最大6時間
・完全ワイヤレスNC WF-SP700N:約7.6グラム(1個あたり) 最大3時間
・オープンイヤホンXperia Ear Duo :約10.6グラム(1個あたり) 最大4時間(音楽再生)/2.5時間(通話)/22時間(待機)


このような仕様になっています。「ながら聞き」が出来るXpeia Ear Duoは一般的なイヤホンとは別ジャンルと言っていい商品なので他のイヤホンと比較すること自体がナンセンスなような気もしますが、個人的にはノイズキャンセリングが欲しいので、ストラップタイプ or 完全ワイヤレスのどちらかが良いです。
d0262326_21230699.png
完全ワイヤレスタイプのWF-SP700N(上記写真)は、旧モデルの「WF-1000X」というモデルもあり、旧モデルも完全ワイヤレス+ノイズキャンセリングで連続駆動時間が3時間でした。

私は完全ワイヤレスイヤホンとしてGLIDiCのSound Air TW-5000を持っています。TW-5000も1回の動作時間は3時間強であり、短いお出かけ時にはよく使っています。
d0262326_21282670.jpg
私は音質にはあまり拘らないので、値段もSonyのワイヤレスイヤホンの半額以下であり、接続の安定性+連続駆動時間(完全ワイヤレスタイプだとどのモデルを選んでも3~4時間程度が一般的)を重視するためこのGLIDiCでもそこそこ満足しているのですが、このモデルはノイズキャンセリング機能はありません。

ノイズキャンセリング関連では、現在室内用にBOSE Quiet Comfort35を、屋外用にQuiet Comfort20を今年から導入し、価格はちょっと高かったですが(苦笑)どちらもかなり満足して使っています。
d0262326_21411112.jpg
BOSEのワイヤレスヘッドホンは最大20時間、有線イヤホンタイプは最大16時間使えます。完全ワイヤレスの製品のほうが快適さ・自由さは上ですが、長時間の移動・連続でPC作業をする場合にはいずれの完全ワイヤレスイヤホンでもちょっと物足りなく感じます。

ソニーの新型完全ワイヤレスイヤホン WF-SP700Nでは、旧モデルからの大きな進化は防滴対応とされています。運動する人にとっては防滴は重要な機能だと思いますが、個人的にはイヤホンの防水はあまり重視しません。

話をストラップ接続タイプのWI-SP600Nに戻すと、それでも連続再生時間は6時間なのでまだやや短く感じます。しかし、過去にIIJからプレゼントでもらったソニーの「MDR-EX750BT」に比べると、ノイズキャンセリング無しで連続再生時間は7.5時間とされており、ネック掛けパーツが無くなった分+ノイキャン性能を追加したと思えば、WI-SP600Nは良さげです。

MDR-EX750BTのようなネック掛けパーツがあるイヤホンは、付けたまま歩くと鎖骨付近で跳ねてしまうため、屋外利用には向かないです。その点ストラップタイプは邪魔になりにくいことはアメリカから輸入した「AELEC S350」で体験済み。

すでに所有しているヘッドホン・イヤホンのラインナップをまとめると、

・屋内長時間利用:QC 35 (ワイヤレスヘッドホン)
・屋内長時間利用(深夜時間帯):MDR-EX750BT(ワイヤレス・ネック掛け)
・屋外長時間利用:QC 20 (ノイズキャンセリング有線)
・屋外短時間利用:TW-5000
 (完全ワイヤレス)

と使い分けているのですが、ここにノイズキャンセリング対応のストラップタイプを追加すれば、、、屋内長時間用途で使っているMDR-EX750の代わり+屋外での中距離移動利用に使えるかな、と。

よく考えると上記4つのイヤホン・ヘッドホンは全部1年以内に入手したものなので、これ以上買い増しするのもどうなのだろう...と思いつつ、ソニーのノイズキャンセリングを試したい+まだ余っているぷららポイントの消費目的ならいいかな?と心が揺れています(´∀`)

全額をポイント購入するのであればポイント倍率は0になってしまうので関係ありませんが、ひかりTVでは現在ポイントが10倍(2030PT)付き、d曜日に買えばさらに5倍のdポイントがもらえたりします。

ひかりTVはヘッドホン・イヤホン類は結構種類が豊富なので、期限の迫っているポイントを利用して買える商品を探してみましょう。

ポイント消費ではなく普通に買いたいのならひかりTVよりもヤフーショッピングや楽天の量販店系のほうがたぶん高還元率になりますので、買い方にあわせて購入先のショップを選ぶと良いでしょう。

ソニーの公式ストアで買うならお買い物クーポンやお買い物券を使って値引き購入・d払いを使うことも可能です。

☆「ソニーストア WI-SP600N/B ワイヤレスノイキャン「WI-SP600N」icon

ノイズキャンセリングのヘッドホン・イヤホンは、完全に周囲の音をすべて消すほどの効果はないのですが、少なくともBOSEのQuiet Comfortシリーズは一度使うとノイズキャンセリングが無い製品を使うのは寂しくなるくらいに私はハマっているので、各種ポイントを使ってちょっと良い音響ものを買ってみたい!という人にはオススメです(ひかりTVにはBOSE製品はありません)。

by ke-onblog | 2018-04-23 22:18 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。