白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

楽天モバイル夏セール nova lite2が一括6800円+最大2万円CB付き

昨日ソフトバンクから2018年夏モデルとして発売されることも決定した、ファーウェイの格安スマホ nova lite2が楽天モバイルの「初夏の大セール」にて、そこそこ安くなっています。
d0262326_04123458.png
初夏の大セールは5月10日~6月11日9時59分の期間で実施され、通常の音声SIMプランおよび5分かけ放題+1Mbps低速データ使い放題付きのスーパーホーダイをセットで契約することで、各種SIMフリースマホの一括値引きとキャッシュバックが貰えるセールです。

☆「楽天モバイル セール情報

主要な機種の一括価格(税別)は、以下のようになっています。

・nova lite 2 6,800円
・nova lite 4,800円
・AQUOS sense lite SH-M05 12,800円
・HTC U11 life 29,800円
・ZenFone4 Max 9,250円
・ZenFone4(SDM660, RAM6GB版) 42,800円
・Mate10 Pro 69,800円
・honor9 17,800円
・arrows M04 14,800円
・arrows M03 7,700円
・Blade E02 780円
・AQUOS R Compact SH-M06 47,700円
・iPhone SE 16GB 12,700円


上記の価格は、月額1250円~から利用できるベーシックプラン(高速通信無し)でも同額です(楽天のセール価格は途中で変更されることもあるので、各自最新情報は公式HPでチェックしてください)。
d0262326_04230010.png
スーパーホーダイを選んだ場合は、2年契約で1万円キャッシュバック・3年契約で2万円キャッシュバックが貰えます。ただし、短期解除をすると違約金が最大29,800円に跳ね上がるので注意してください。
d0262326_04232446.png
nova lite 2の単品価格(SIM契約なし)の場合は2.2万~2.5万円くらいが相場です。スーパーホーダイプランはともかく、通常の音声SIMセット契約の値引き額としてはそこそこ、といったところでしょう。

ソフトバンクはnova lite2をシングルSIMに変更して売るそうですが、一体いくらくらいに価格設定をするのか気になりますね。

楽天モバイルのようなMVNOでは音声契約でも2年縛りではなく1年縛りであったり、端末がSIMフリーであることがメリットになり、一般的にはキャリアの端末セット値引きよりは価格が高くなる傾向があります。

ただ、nova lite2のような初めから低価格なモデルだと、仮にソフトバンクが発売日から一括0円で売ったとしても、特に安くないと感じてしまいます。

楽天モバイルのスーパーホーダイ2年の場合がちょうどキャリアの2年契約に近いと言えますが、楽天のスーパーホーダイのSプラン(2GB)は1年目1980円~、2年目2,980円~であり、ソフトバンクではなくワイモバイルと近い料金設定です。
d0262326_04310112.png
このスーパーホーダイ プランS・2年をnova lite2で適用すれば、端末一括6,800円+1万円キャッシュバック=実質マイナス3,200円となり、ソフトバンクでシングルSIM+キャリアロックが掛かったnova lite2を一括0円だとしても買うメリットはいかほど有るのか、という話になります。

かと言って、あまりにもソフトバンクが割引を大きくした場合、いわゆる「実質0円規制」により国が黙っていないでしょう。

ドコモのdocomo with、auのピタットプランのような機種値引きと料金値引きを切り離したプラン専用として売るのならごまかしも効きそうですけれど(苦笑)

ソフトバンクのnova lite2は月月割や一括購入割引ではなく、どちらかというとスマホデビュー割に向いていますね。

ソフトバンクでのnova lite 2発売は2018年7月上旬以降ですので、それまでにソフトバンクも料金プランや割引の仕組み、新しいキャンペーンなどが出てくるのかもしれませんね。


話がそれましたが、楽天モバイルのセールではnova lite2の他、同じくSBからも発売されるMate10 Proもあります。

Mate10 Proの場合は楽天セールでも69,800円、ソフトバンクでは実質1.6万円だそうですから、スーパーホーダイ3年を使ったとしてもソフトバンクのMNP値引きには全く届きません。

ソフトバンク向けMate10 ProはデュアルSIMではなくシングルSIMに変更、おサイフケータイに対応といった違いもあるので端末としての価値は同じとは言い難いですけれど、これだけの価格差があるとSB版でもいいか、という気もしてきます。

楽天モバイルのMate10 Proはセール価格でもさほど安くないです。今はMate10 Proの未使用品流通量も多く、オークションで7万円弱で買えます。

楽天モバイルの夏セールで買うのなら市場価格から1.5万円以上安い機種でなければ、あえてセットで買うほどの魅力があるとは言えませんので、各自価格相場と比較しながら選んでみましょう。


by ke-onblog | 2018-05-11 06:55 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。