白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2018年5月Huawei Mate 10 Proが安く買えるMVNO・白ロムショップの価格比較

2018年5月18日よりソフトバンクからも発売されることが決まったファーウェイのプレミアムスマートフォン Mate10 Proは、すでにSIMフリーモデル(BLA-L29)が発売されてから半年以上が経過しています。
d0262326_15085395.jpg
ソフトバンクでの販売価格は本体定価が107,520円、MNP契約時は月月割が-3,800円×24回=総額91,200円引きによって実質16,320円という格安価格で提供するものの、機種変の場合は月月割2,000円と割引が少なく、実質負担は約6万円と高額です。

☆「ソフトバンク Mate10 Pro

Mate10 Proの高性能っぷりを考慮すればMNPで買うのなら悪くないかなとも思えるのですが、機種変で買うにはちょっと負担額が気になります。新発売の最新機種で6万円ならともかく、Mate10 Proは半年前のモデルですので。

ソフトバンクユーザーがMate10Proを手に入れたいのなら、機種変更で買うのではなくSIMフリーモデルを各種販売店・白ロム取り扱いショップで購入することをオススメします。

SIMフリーモデルのMate 10 Proは数少ない国内正規 Dual SIM,Dual VoLTE standby(DSDV)対応機種であり、ソフトバンクのネットワークでも利用が可能です(SBモデルと同一ではありません)。
FDD LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32
TDD LTE: B34 / 38 / 39 / 40 / 41 (2545-2655 MHz)
受信時 2CCA / 3CCA 対応 WCDMA: B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
TD-SCDMA: B34 / 39 GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
セカンダリーSIM: LTE, WCDMA, GSMの上記周波数
2017年12月の発売当時のメーカー定価は96,984円(税込)でした。SIMフリースマートフォンとしても最高級の部類に入る高額スマホながら、結構な人気があったはずです。

Mate 10 Proは各種格安SIMサービス(MVNO)でも取扱があり、SIMカードとのセット販売でセールが行なわれたり、キャンペーンで安く買えるチャンスもあったため、端末以外を狙い目として購入したユーザーによる白ロムの転売が行なわれており、2018年5月時点においてMate10 Proの価格は発売日よりも大きく値下がっており、お得に新品・未使用品をゲットできるチャンスがあります。

【SIMセットで買う場合】
d0262326_15270437.jpg
☆「OCN モバイル ONE(らくらくスマホセット)」/66,800円(税別)

MNP契約セットで買う場合ならばソフトバンクの1.6万円より安く販売しているショップはおそらく存在しませんが、格安SIMとのセット契約ではNTTコミュニケーションズのOCNモバイルセットにて2.3万円引きになります。

らくらくスマホセットは音声SIM回線がセットになっており、商品と契約したSIMカードが一緒に届きすぐに使えるという販売形態です。最低利用期間はMNOの2年縛りよりも断然緩い半年(6ヶ月)・短期解約の場合の違約金も8,000円とお手頃(?)です。

☆「OCNモバイルONE(ひかりTV経由)icon」/ 79,700円(税込)

2018年5月25日11時59分までにひかりTVショッピング内でMate10 Pro(キャンペーン対象品)を購入し、ひかりTVのHP内にある申込リンクからOCNモバイルONEの音声SIM(+指定オプション)+補償サービスに加入すると、1万円の現金キャッシュバックと10,000円相当のぷららポイントが貰えます。これにより実質59,700円から契約できる計算です。

キャッシュバック・ポイントを貰うためには指定期間まで有料オプション/補償オプションを維持する経費は掛かりますが、高価なMate10 Proを短期間で破損してしまうことに備えるという意味では、無駄にならないオプションでしょう。

ひかりTVでは時期によってポイントアップクーポン、d払い(dケータイ払いプラス)の利用によるポイントアップ、あるいは購入時にぷららポイント・dポイントを使って購入することが出来るため、本体の価格面以外の購入メリットを見いだせるケースもありますので、タイミングと目的次第では他店で買うより有利になることもあるはずです。

☆「IIJmio」/79,800円(税別)

2018年5月11日までに音声SIMカードと一緒に申し込むと10,000円分のアマゾンギフト券が貰えます。また、別途IIJでは2018年5月末まで「史上最強 3つのお得なキャンペーン」を実施しており、月額料金300円×12ヶ月値引き+毎月3GB×12ヶ月増量という強力な特典があるため、音声回線を普通に使いたい人ならばそこそこお得です(3つのお得キャンペーンは端末購入必須ではありません)。

☆「NifMo(ニフモ) 端末セットキャッシュバック」/ 82,223円(税別)

ニフモでは端末価格はやや高めながら、データSIMとのセット(3GB以上のプラン)で17,800円、音声SIMとのセットなら最大21,000円の現金キャッシュバックが貰えます(2018年5月31日まで)。

☆「LinksMate」/83,000円(税別)

リンクスメイトサービス開始1周年記念として5,000円値引きされています。他社に比べると高いのでリンクスメイトで買うメリットは無いです。ここはゲームアプリのカウントフリーサービスに特化したMVNOなので、端末販売にはあまり期待するところではありません。

Mate10 proは関係ないですが、リンクスメイトではHTC DesireEYE+純正ドット+急速充電器セットが1.5万円で売っていますので、そちらのほうが面白い気がします。

☆「楽天モバイル」/ 69,800円(税別)

6月11日まで開催されている「初夏の大セール」において、楽天の音声SIM契約セットで2万円引きになります。ここからさらにかけ放題オプション+1Mbps中速使い放題がセットになった「スーパーホーダイ2年/3年」に加入すると、1万円・2万円のキャッシュバックが貰えるため、実質負担は最大49,800円です。

音声SIM契約セットの場合は各社の格安プラン維持費が半年~1年といった具合に維持費(または最低利用期間の短期解約違約金)が掛かります。回線が不要な場合には購入後のコストが嵩んでしまうので、各回線のプラン料金も加味してサービスを使いたいと思うのならば、といったところです。

*それぞれ値引き・キャッシュバック特典の適用には各種条件・維持期間が必要なので、詳細は各サイトの提供条件をチェックしてください。

続いて、回線契約が必須ではない本体単体(白ロム)販売情報を見ていきましょう。

【スマホ単体で購入する場合】

・「アマゾン Huawei Mate10 Pro本体」74,000円~
・「ムスビー」75,000円~(OCN/mineoの無料SIMパッケージ付き)
・「イオシス Mate10 Pro」新品 76,800円、中古 66,800円~
・「ヤフオク Mate10 Pro 落札履歴」新品相場 69,000円~73,000円

・「Yahooショッピング Mate10 Pro本体」77,700円~


ヤフーショッピングで買う場合、ヤフープレミアム会員特典・ソフトバンク(ワイモバイル)契約者のスマートログイン特典および各種キャンペーンを併用するとTポイントを20~30倍獲得出来るチャンスがあります。

5月13日時点の特典ならば、77,700円の在庫例で計算すると

・通常ポイント1倍
・ヤフープレミアム会員特典 +4倍
・スマートログイン特典 +5倍
・YJカード支払い特典 +2倍
・プレミアム感謝デー+4倍(2ストア、1千円以上購入必須)


これで16倍、合計12,432円相当のTポイント(期間固定Pを含む)となり、実質負担は6.5万円くらいまで安くできます。

☆「楽天市場店 Mate10 Pro本体」74,800円~

楽天市場では5月17日1時59分まで買い物マラソンを実施中です。1店舗1000円以上×10店舗で最大10倍(上限1万ポイントまで)が貰えます。その他楽天カード・楽天モバイルの利用IDで買うとポイントがアップする各種施策を使いまくると、やはり20~30%相当のポイント獲得を狙うことも不可能ではないでしょう。

スマホ単体購入でソフトバンクのMNP価格 16,320円より安く買うことは出来ませんが、機種変更価格の実質負担6万円くらいならば、ポイント還元を考慮すれば狙えなくもありません。

ソフトバンクのMate10 Proはデュアルスタンバイも出来なくなっているそうなので、ソフトバンク以外のSIMカードを使うのならSIMフリー版を手に入れて使ったほうが自由度が高く便利でしょう。

ソフトバンクだけでずっと使うという硬い意思がある、将来的にSB版Mate10 Proが投げ売りの対象になるような時期になればまた話は変わりますが、現時点ではキャリア版ではなくSIMフリー版も検討してから購入比較をしてみると良いかと思います。

*すべて税込統一価格、018年5月13日時点。在庫状況次第で価格は変動しますので、各自最新情報はそれぞれのショップHPでチェックしてください。

by ke-onblog | 2018-05-13 16:32 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。