白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

mineo 音声プラン月額333円~キャンペーン受付開始 おトクな契約方法と運用注意点

昨日7月23日に発表された格安SIMサービス mineoのソフトバンク回線提供開始に伴う記念キャンペーン「トリプルキャリア記念 333キャンペーン」の詳細が公開されました。

音声付きSIMが月額333円から利用できる超絶に破格な携帯回線として利用できますが、いくつか契約時に気をつけておきたいポイント・より効果的に運用する方法やキャンペーン適用期間など、注意点を契約前にチェックしておきましょう。
d0262326_10021808.png
まず、333キャンペーンではソフトバンク回線を含めて、ドコモ回線・au回線も値引対象になります。

各回線(SIM)でSIMロック解除が必要かどうか公式サイトにある動作確認端末などで確認が可能ですが、ソフトバンク回線についてはサービス提供開始の9月4日9時より受付が始まりますので、現在はドコモ・auおよびそれらのネットワークが使えるSIMフリー端末での利用が前提となります。

キャンペーンの値引きは「月額333円から」ということでしたが、これは予想通り500MBプランの場合の最安値となり、au・ドコモ・SB回線の料金プランに応じて、パケット容量の大きなプランを選ぶと価格が変わります。

auプランの場合、通常1310円の音声SIM 500MBプランが最大6ヶ月間月額333円(977円引き)になります。
d0262326_10073905.png
1GB~30GBまでの容量の場合も一律で月額977円引きとなります。

500MBプランと3GBプランの価格差はたったの200円となりますので、3GBプラン以上の契約をオススメします。余ったパケットはmineoならではの「パケットギフト」を使うことによって他ユーザーと贈りあえば、実質的に永久繰越も可能です。

ドコモプランの場合は500MBプランは通常月額1400円となりますが、キャンペーン適用によりこちらも月額333円~になります。
d0262326_10120713.png
値引き幅はauプランよりも大きい、毎月1,067円引き×6ヶ月です。

さらに、9月4日開始予定のソフトバンク回線では割引効果が大きくなります。
d0262326_10132638.png
ソフトバンク回線の場合、8月1日以降に始まる先行予約キャンペーンを併用することにより、さらに333円値引きされて500MBプランは6ヶ月間0円維持が出来ます(詳細は8月以降に要確認)。

mineoでは2018年9月3日を以って1GBプランの提供を終了するため、ソフトバンク回線には1GBの選択肢はありません。それ以外はキャンペーン割引適用中はドコモ・au・ソフトバンク回線の全音声プランが500MB~30GBまで料金が一律になる、ということです。

逆に言えば、キャンペーン割引期間が過ぎてしまうとau<docomo<SB回線の順番に基本料金が高くなるので注意が必要です。

333キャンペーンが適用されるのは上記の画像にあるとおり、すべて音声通話機能付きプランに限定されます。データSIM/データSIM(SMS付き)のプランは割引対象外となります。

また、契約後に音声プラン(デュアル)→データプラン(シングル)に切り替えた場合、割引対象外になります。かつてmineoでは類似のキャンペーンを実施した際に音声SIM→データプランに切り替えても割引が継続するという神キャンペーンをやっていたような記憶がありますが(随分前のことなのでどのキャンペーンだったか、うろ覚えですけども)、今回は割引期間が残っていても打ち切られるので注意が必要です。

データ容量(コース)の変更をした場合は割引特典は継続されますが、回線種別(プラン)を変更すると割引は継続しませんので、申し込みプランは間違えないようにしましょう(その場合は解約→新規契約したほうが良いでしょう)。

割引は朔日利用開始の場合は当月から、2日以降の場合は翌月の基本料金から値引きされます。翌月から適用される場合、契約月の料金は通常プランの日割りになりますので、月末ギリギリに開通すると有利になります(mineoでは契約月のデータ容量は日割り減算されず、プランの全容量が貰えるため)。

きょうがもう24日ですから、今月中に開通したいのならすぐに申し込みをした方が良いでしょう。音声回線の場合、早ければ3~4日程度、混雑時だと1週間~10日ほど開通に日数が掛かりますので、日程調整をしたい場合には注意が必要です。


キャンペーンの適用可能数は、1 eoIDにつき5回線(同時契約最大数)までとされています。上限を超えて契約することは出来ませんので、エントリーコードなどを準備する場合は必要以上に買わないようにしましょう。
事務手数料を無料化出来るエントリーパッケージ・エントリーコードを用いて契約した場合にも割引特典は適用されます(もしかしたら雑誌付録など特殊な利用制限があるコードもあるかもしれませんが、普通のエントリーコードは使えると確認済みです)。

さらに、既存の利用者が発行する紹介キャンペーンも併用可能です。現在は利用開始から3ヶ月後に1000円分のアマゾンギフト券が貰える特典となっていますので、紹介キャンペーンを必ず経由して契約しましょう。


上記の回線は絶対に解約することなく利用を継続しますので、紹介者が身内に居ない場合にはご自由にご利用下さい。

mineoの紹介キャンペーンは現時点では2018年7月31日で一旦区切りになっており、8月1日以降の継続有無は不明です。これまでずっと紹介CPは途切れず続いていますので継続するとは思います。


続いて、MNP弾として使いたい場合です。

mineoには音声回線でも「最低利用期間」という概念はなく、純解約する場合の短期解約違約金は設定されていません

そのかわり、利用開始月の翌月から12ヶ月以内にMNP転出させると、MNP転出手数料として12,420円(税込)が掛かるため、即撃MNP弾としては割高です。キャンペーン適用期間の6ヶ月が終わってから転出、というのは微妙です。

13ヶ月目まで維持すれば転出手数料は2,160円に下がりますので、2018年7月に開通したのなら、2019年8月1日以降に転出させるのが良いでしょう。

キャンペーン適用が切れた後の2019年2月~7月までの6ヶ月間の維持費はau回線7,860円・ドコモ回線8,400円・SB回線10,500円(税別、500MBプランの下げた場合)となりますので・・・まぁ、弾が不要なら6ヶ月で解約が妥当でしょう。

3ヶ月未満で解約してしまうと紹介キャンペーンのギフト券も貰えなくなるため、最低でも3ヶ月は利用すべきです。

【ケーススタディ.1】

音声プラン(au,docomo)を3GB/5回線運用、8月1日開通(8月から割引適用)、6ヶ月で解約

・初期費用 355円(24日時点のアマゾンエントリーパッケージ価格)×5=1,775円
・紹介キャンペーン -5,000円還元
・3GBプラン 533円×5回線×6ヶ月分=15,990円(税別)

税・ユニバーサル料金をざっくり計算して、6ヶ月分・合計90GBを1.4万円くらいで使えることになります。1ヶ月あたりおよそ2,350円で15GB/月

(別途SIMカード手配料がau回線で248円、ドコモ回線で368円(税込)必要なはず)

【ケーススタディ.2】

音声プラン(SB回線)を0.5GB/5回線運用、10月1日開通、6ヶ月で解約(その頃まで紹介キャンペーンを継続、SB回線も解約金が掛からない前提)

・初期費用 355円(24日時点のアマゾンエントリーパッケージ価格)×5=1,775円
紹介キャンペーン -5,000円還元 → [訂正]紹介CPは利用不可で確定
・0.5GBプラン 0円×5回線×6ヶ月分=0円(税別)

税・ユニバーサル料金をざっくり計算して、6ヶ月分・合計15GBを2千円弱で使える

(SB回線のSIMカード手配料は現時点では不明)

思いつくままに書いたので、最後にちょっと要点のまとめを。

・ドコモ、auプランはすでに受付開始中、SBプランは9月から
・3キャリアとも最安プランは月額333円~
・SBプランは予約しておくと6ヶ月 0円維持可
・割引対象は音声プラン(デュアル)のみ
・データSIM(シンプルプラン)への変更は割引対象外
・割引は通常翌月から適用
・月末に近づけて開通させるとおトク
・1名義で5回線まで適用可
・紹介キャンペーン併用可
・エントリーコード併用可

重要なところはこんなものでしょうか。また見落とし・思いついたら追加したいと思います。

[追記情報(7/25)]

・8月1日以降も紹介キャンペーン継続
・SB回線の予約特典(6ヶ月0円~)は紹介キャンペーン併用不可
 (専用ページから申し込みが必要になるため)


6ヶ月間とは言え、初期費用の安さ+紹介キャンペーン特典によるメリットが大きいので、この機会に3GBプランをめいっぱいまで契約してみるのも良いでしょう。SB回線も提供開始直後はそれなりに快適に使える可能性もありますので、お試しに契約するには本当に優れた施策だと思います。

☆「mineo

by ke-onblog | 2018-07-24 11:08 | 格安SIM(MVNO) | Comments(2)
Commented by shogun at 2018-07-25 09:00 x
おはようございます。
うろ覚えですが…mineoってタイプ変更したとしても、利用期間が継続されるんじゃなかったでしたっけ?
MNP弾の場合、割引終了後にシングルに、転出月にデュアルに変更すれば・・・手数料を加味したらあまり変わりませんかね(^^;)
Commented by ke-onblog at 2018-07-25 11:57
> shogunさん、お早うございます!

利用期間はそういえばそんな仕様でしたね!ただ、6ヶ月ぶんだとあまり変わらないどころか、微妙に赤字になりそう?です(笑)

au回線だと音声プラン+610円×6ヶ月=3660円・税込3952円分の差額に、プラン変更手数料+SIMカード発行手数料が2回で(2160+248)×2=4,816円掛かり、きっちり変更日を1日に合わせるのも面倒そうです(´∀`;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。