白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ドコモXperia XZ2 Premium SO-04K発売 歴代最高額のエクスペリアスマホに

2018年7月27日発売となるdocomo Xperia XZ2 Premium SO-04Kの事前購入手続きが本日25日よりウェブから出来るようになりました。

ドコモの2018年夏モデルスマートフォンとしては最後の一台であり、Xperiaシリーズとして初のデュアルレンズカメラを搭載したモデルとして、注目度はそれなりに高くなっています。
d0262326_13135178.jpg
Xperia XZ2シリーズはコンパクトモデルですら5.0インチ、標準サイズが5.7インチ、そしてXZ2 Premiumは5.8インチにまで巨大化し、ボディは膨張していますが、プレミアムモデルではどのような市場の反応があるのか、とても気になります。

すでに発売されたXperia XZ2, XZ2 Compactについては私も入手してレビューを行いましたが(詳しくはモバイルびよりのサイトにアップしています)、サイズ感についてはXperia XZ2 Compact SO-05Kのほうは従来の5インチサイズシリーズの感覚で使えばそれなりにコンパクトであると言えなくもない、といったところでした。

一方で、ノーマルサイズのXZ2については、今回発売されるXperia XZ2 Premiumが控えていたため、「巨大化した本体サイズとデザインを許容するのなら、いっそのことデュアルカメラ・RAM 6GBのプレミアムのほうが売れるのでは?」と感じました。

最近のスマートフォンではP20 Pro, Galaxy S9シリーズなど、マルチレンズカメラ搭載がスタンダードになり始めており、Xperiaユーザーにとっては待望のデュアルカメラということになるのではないでしょうか。

Xperia XZ PremiumとXperia XZ2 Premuimのデモ機で暗所撮影の比較テストをやると、明らかに画質のクオリティが上がっていましたし、カメラ重視のトレンドに対応するという点では、SO-03K/05KよりもXZ2 Premiumに人気が集中することもありえるのかな?と。

ただ、価格面ではやはり新機能・高機能にした影響か、歴代のXperiaスマホで最も高い、11万円超になってしまいました。
d0262326_14010413.png
今はiPhoneもGalaxyも機種代定価で10万円を超えるのは珍しくもないのですが、一括払いで112,752円、という価格表示にはビビリますね。

機種変更の場合は月々サポートが1,890円×24回適用され、実質負担は67,392円~となります。

ここで少し注目したいのは、6月15日に発売されたP20 Pro HW-01Kの機種変更価格・MNP価格と、Xperia XZ2 Premium SO-04Kの機種変更・MNPの価格差です。

Xperia XZ2 Premium SO-04K 本体 112,752円/機種変 67,392円/MNP 50,544円
P20 Pro HW-01K 本体 103,680円/機種変 57,024円/MNP 22,680円

どうでしょうか。HW-01Kの場合、他社からの乗り換え契約をむちゃくちゃに優遇しており、実質負担額差が3.5万円(シークレットクーポンを使った場合には4万円にも!)もありました。そのため、MNPで買えるのならお買い得ながら、機種変更での割高さが逆に不平感を生む結果になっていたようにも思います。

一方のSO-04Kでは、MNPのほうがやはり月サポが大きいものの、価格差は1.7万円ほどであり、乗り換えでもそうそう安く入手するチャンスはすぐには無いでしょう。

さて、HW-01Kでは発売日直後に白ロム価格が12万円程度まで高騰する展開がありました。

ドコモでファーウェイのスマホが発売されるのは久しぶりのことでしたが、白ロムの需要はかなり高かった印象です。発売から1ヶ月たった現在では8.5万円程度まで急速に下がり、落ち着きを取り戻しています。

HW-01KはMNPでなら発売日からかなり安く手に入れられたはずなので、初期の流通量もそれなりに多かったのですが、今回のXperia XZ2 PremiumにはMNP向けの極端な優遇がないため、初期の白ロム流通量はそこまで増えない可能性うもあります。

ここで、Xperiaとファーウェイスマホというブランディングの差を考えると、どう考えても既存ドコモユーザーにはXperiaのほうがたくさん売れると思われますので、「とりあえず機種変更しておこう」と考える人の絶対数はP20 Proよりも多くなるのも間違いなさそうであり、「MNPに優遇がないから乗り換えでの初期購入者は少なそう」という影響をかき消すくらい、SO-04Kの流通が増えても不思議ではありません。

ドコモ/ソニーの販売戦略としては、Xperia XZ2, XZ2 Compact発売時には特に購入特典が無かったソニーですが、XZ2 Premium用にはオンラインショップ限定で5,000円分のソニーストア商品券を先着1万名分に用意しています。

HW-01Kでも先着1万名に5000dポイントがプレゼントされていますが、SO-04Kで1万台を売るのにどれくらいの期間が掛かるのか・・・これも予想が難しいですね。

さらに今回はauからもSOV38として8月10日に発売を控えており、SB/auユーザーからの乗り換え・白ロム需要が分散・減少する恐れがあります。

いろいろ書いてみましたが、SO-04Kが人気になりそうなポイントも、敬遠されそうなポイントもあり、このバランスがどうなるのかは発売日以降になってみないと正直判りません。端末の仕様・販売体制が大きく変わったので、過去の事例・傾向がどこまで当てはまるのか・・・

すでに発売済みのP20 Pro, Galaxy S9+、もうあと2ヶ月もすれば発表されるであろう2018年モデルiPhoneなどのライバル機種、例年8月末~9月に発表されるXperiaの更に次世代機種 Xperia XZ3の存在もあり、Xperia XZ2 Premiumがどのような人気になり、どのような白ロム価格を付けるのか、引き続き市場を注視していきたいところです。

☆「ドコモ Xperia XZ2 Premium SO-04K」/先着1万名、5000円ソニーストア商品券プレゼント

by ke-onblog | 2018-07-25 17:38 | スマホニュース | Comments(2)
Commented by キリヒトハ at 2018-07-26 09:19 x
dポイントでもなく、ソニーストア券っていうのは、どうなんでしょうね。かつてサムスンがGEAR VRをプレゼントしたように、Xperia Ear Duoをつけるくらいの事をして欲しかったですね。せめてXperia Ear(XEA10 片耳用のヤツ)とかでも。

Xperia XA2 plusあたりをwithで出せば、目玉になったと思うんですが。
Commented by ke-onblog at 2018-07-26 10:46
> キリヒトハさん

ソニー製品を買わない人にとってはdポイントのほうがよいのかもですが、今回のお買い物券は購入者のIDに紐付かない、というあたりは嬉しい人もいるかもですね~

景品表示法的にあまり高い特典が付けられないという話は聞いたことがありますが、AQUOS R2でも予約分を含めて8000円分を付けられたのなら、最高級の「プレミアム」らしい、もう少し価値のあるものが欲しい気はしますね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。