白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

mineo SB回線先行予約受付開始 6ヶ月音声SIMが0円~ 契約注意点と運用コスト

2018年9月4日よりスタート予定のmineoの新しい格安SIMプラン ソフトバンクプラン(Sプラン)の先行予約が始まりました。

このキャンペーンを使うと最大で6ヶ月間、音声付きSIM回線がタダで使えるという超破格のキャンペーンと話題ですが、契約時にはいくつか気を付けたほうが良さそうなポイント、運用コスト計算が必要な部分もありますので、先行予約キャンペーンの詳細から気付いた重要なところをまとめていきたいと思います。

d0262326_17562979.jpg

先行予約期間:2018年8月31日17時まで

先行予約方法:eo IDを取得し、以下のアンケートに回答すること。
d0262326_17591088.png
アンケートの所要時間は30秒くらいです。

先行予約の特典:SB回線・音声プランの利用料金を6ヶ月間、333円引き(全容量プラン一律、「333キャンペーン」と併用可能)

適用可能回数:1eo IDあたり最大5回線まで、個人契約のみ(最大契約数は既存回線との合算。法人契約は対象外)

333キャンペーンの場合はau回線・ドコモ回線でも割引対象となりますが、先行予約キャンペーンはソフトバンクプランの音声回線のみが対象です。契約後にプラン変更(SB/au/docomoなどのキャリアを跨ぐ変更)・デュアル↔シングルの変更を行うと、割引が打ち切られます。

先行予約特典を利用できるのは、ソフトバンク回線の受付が始まる2018年9月4日午前9時から、11月6日まで(333キャンペーンも同日で終了予定)。

事務手数料(3000円)相当が無料になる、エントリーパッケージ(エントリーコード)は利用可能。すでに販売されているドコモ回線・au回線用のパッケージがソフトバンク回線の申込みでもそのまま利用できる。
ソフトバンク回線のSIMカード発行手数料は別途337円(税別)必要。

紹介キャンペーンは併用不可(アマゾンギフト券のプレゼント特典)。

音声回線の最低利用期間は無し(短期解約でも違約金設定無し)。ただし、契約翌月から12ヶ月以内にMNP転出させる場合はMNP転出手数料が11,500円の超割高価格になる。

SB回線の333キャンペーン+先行予約キャンペーン併用時の月額料金は以下の通り。
d0262326_18135638.png
*1GBプランは9月3日を以ってドコモ・au回線でも新規契約を終了。

キャンペーン適用中の1GBあたりの単価は、

500MBプラン:---
3GBプラン:67円
6GBプラン:147円
10GBプラン:182円
20GBプラン:164円
30GBプラン:173円

となり、エントリーパッケージ/SIM発行手数料分を考えなければ、3GBプランがベストチョイス。どうしても大容量プランが必要ならば契約してみてもいいですが、大容量プランのほうがパケット単価は割高になることは理解しておきましょう(初回だけ大容量で申込みを行い、25日になったら即変更するテクニックを使うのはアリ)。

ヤフオクでは3GBのパケットギフトが400円弱で売られていますので、6GBプランを契約するより3GBプランを契約・容量が足りなくなったら個人間取引で誰かからパケットを買う、という方が割安になる(売買のリスク・手間を考慮しない場合)。ちなみにmineoの正規容量追加は100MBあたり150円。

割引は1日利用開始以外の場合は翌月から値引き(1ヶ月目は日割り)。

家族割・複数回線割は併用適用可能(-50円/回線)

パケットギフト、パケットシェア、フリータンク機能も利用可能。

知っておくべき注意事項はこれくらいでしょうか。細かい提供条件は各自で申込時に読んでくださいね。

続いて、5回線分を申し込みした場合にどのくらいのコストが掛かるのか計算してみましょう。

*計算を簡単にするため、10月1日または11月1日に開通させ、初月からキャンペーンが適用できるタイミングを想定しています。

・エントリーパッケージ購入コスト 355円×5=1,775円(8/1時点のアマゾン価格)
・SIM発行手数料 337円×5枚=1,685円(税別)
・月額料金 {200円×5回線-(50円×5回線)}×6ヶ月=4,500円(税別)

小計 1775円+(1685+4500)×1.08=およそ8,455円+ユニバーサル料金

6ヶ月ぴったりで解約する場合はここまで。毎月15GBの容量、6ヶ月で合計90GBが総コスト8500円くらいで使える計算となります。

続いて7ヶ月目から500MBに下げて、MNP転出させる場合のコスト計算。

・7ヶ月目の1日ですぐに転出させる場合:6ヶ月目までのコスト+57円(1日分の日割り)+11500円により、1弾あたりおよそ13,200円

・13ヶ月目の1日に転出させる場合:1700円+1700円×1.08×6+57円(1日分の日割り)+2160円、1弾あたりおよそ14933円

割引が終了した時点で即MNP弾として使う場合に比べて、1年間完走しても2000円弱/回線のコストの差しかありませんが・・・いずれにしてもあまりMNP弾として優秀なわけでもないので、基本的には必要な回線以外は割引適用中だけ運用し、必要な回線にすべてパケット容量をまとめて運用を続けるのが良いでしょう。

対比として、音声回線の料金がもう少し安い、au回線の333円キャンペーンのみ(6ヶ月間3GB,のち500MBへ変更)を使った試算をしてみましょう。

355円×5+(406円×5+483×5×6+1260×5×6+42×5)×1.08+2160円=総額約71,467円、1弾あたりおよそ14,293円、となります・・・なるのかな?(´∀`;) 計算と想定が間違ってなければ、なります。

333キャンペーンは紹介キャンペーンが使えますので、実質上記より1回線あたり1,000円安くなりますので、MNP弾目的という意味では、ソフトバンク回線の先行予約キャンペーンよりも紹介+333キャンペーンのほうが安上がりです。そんな人はあまりいないでしょうけれど。

以上、mineoの超お得キャンペーン、ソフトバンク回線先行予約キャンペーンの考察でした。

紹介キャンペーンも併用できるのなら0円維持が出来る500MBプランで小遣い稼ぎ、という運用の希望もあったのですが、儲けが出るほどおトクなことにはならないでしょう。

MNP弾としての利用はどうかと思いますが、エントリーパッケージが使える&維持費が激安なので、お試し目的、またはパケット容量を確保する目的で複数契約を行うのはアリ

mineoのソフトバンク回線の品質がどの程度のものになるかは現状では全くの不明ですので、メイン回線をいきなり移すのはあまりオススメしませんけれど、導入コストは激安ですので、少しでも悩んでいる人は先行予約を8月中に行うことを忘れないようにしましょう。

☆「mineo

☆「mineo 紹介キャンペーンの適用はこちらから
by ke-onblog | 2018-08-01 19:05 | 格安SIM(MVNO) | Comments(2)
Commented by ストロー at 2018-09-12 19:04 x
予約済みで11月1日に契約して4月中に解約するつもりですが、idが同一ならばd·a·sプランに関係なく(dプランで一回線所有中)容量の分け合いは可能ですか。
Commented by ke-onblog at 2018-09-12 19:21
> ストローさん

はい、可能です。idが同じでも違っていても、パケットギフトを使うと容量を移動させることが出来ます。実際に私も同じIDでドコモ→ソフトバンクプランへ移動させているので、間違いありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。