白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Android9.0に更新可能Essential Phone 白ロム価格が4万円前半に 輸入なら330ドル

先月開催されたアマゾンプライムセールの影響で、Essential Phoneが安く買えるようになりました。

Essential Phoneは2017年夏~冬相当のハイエンドモデルであるだけでなく、今日から最新のAndroid OS, Android 9 P (Pie)にアップデートが出来るようになっており、他にAndroid9に対応している機種はGoogleのPixelシリーズくらいなので、国内技適を取得している端末では最速の更新ということになっているようです。


Essential Phoneは日本のキャリア、MVNO、コマースサイトからの公式発売はありませんが、一応Essential Phoneの日本向け公式サイトからでも注文が出来るようになっており、現在は499.99ドル(約5.6万円)で販売中です。

一方、アメリカのアマゾンでは大きく値下げが進んでおり、日本に直送できる在庫が8月7日時点で329.99ドルで販売中です。

☆「Amazon.com Essential Phone PH-1」/ 329.99ドル(ブラック・グレー)

Snapdragon 835搭載、ROM 128GBでこのお値段。日本でもスナドラ835搭載機種の白ロムは結構安くなってきていますけれど、新品の正規品・SIMフリーでここまで安いものはまだ無いでしょう。

プライムセールではこのEssential Phoneが249.99ドルで買えたわけですけれど、その影響で日本国内の個人間取引サイトでも、結構白ロムの相場が下がってきています。
d0262326_11272151.jpg
直近でのヤフオク落札相場は4万円台前半くらいで、新品・未使用品ならば43~45kくらいでの売買が続いています。専用の360度カメラセットだと+5千円くらいの相場(カメラ単品では6~8千円くらいでの取引歴あり)。

現在の330ドルで販売されている在庫をアメリカから直輸入すると輸入手数料・送料込みでおよそ4万円強になりますので、若干個人輸入をしたほうが安いくらいであり、ヤフオクのクジ企画当でポイント還元が狙える時であれば、オークションで買ったほうが手っ取り早いかもしれません(一度人手に渡っているものでも気にしないのであれば)。

昔であれば日本で早く新しいAndroid OSバージョンを試したいのであればNexusシリーズがありましたけれど、今はEssential Phoneがそのポジションを獲得しているということになります。

キャリアアプリやメーカーアプリがたっぷり入っていると互換性の確認のためにOSバージョンアップの配信が遅れがちですが、Essential Phoneの強みはこういうところに出ているというのは面白いですね。


by ke-onblog | 2018-08-07 11:51 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。