白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

スナドラ845搭載Xiaomi POCO F1がSunskyで約3.6万円で輸入可能に

先日はアメリカのamazonでスナドラ835搭載機種のEssential Phoneが2.5万円という驚異的なセール価格にまで値下げされていましたが、スナドラ845も海外モデルではここまで安いものがあるのですね。

Xiaomiのスマホではスタンダードな「Mi」シリーズ、低価格な「Redmi」シリーズ、大画面で狭額な「MIX」などがありますが、「POCO」という新しいシリーズの端末として「POCO F1」という機種が最近発表されました。

日本での直接販売はなさそうですが、POCO F1は現行のAndroidスマホで最高峰の処理能力をもつSoC Snapdragon 845(SDM845)を採用しているのに、販売価格は3万円台からという超高コスパハイエンドモデル。

モデルとしてはRAM 6GB/ROM 64GB or 128GBと RAM 8GB/ROM 256GBという仕様の機種が存在あるようで、RAM 6GB/ROM 64GBはすでに海外の通販サイトで注文が可能になっています。
d0262326_13403101.jpg
☆「SUNSKY Xiaomi POCO F1, 6GB+64GB」/315.79ドル~

POCO F1はインドのイベントで発表されたようですが、上記は香港から発送されるモデルです。日本への送料はシンガポールポストで+7.38ドル、DHLを選ぶと26ドルほど。現在の為替相場で3.6万円ほどで輸入が出来る(関税が別途掛かる可能性あり)計算です。

他のサイトではGeekbuyingでも予約が始まっていますが、あちらは390ドル~とかなり高め。たぶん今はSunskyが最安です。

今日アメリカではGalaxy Note9が発売予定ですが、あちらは999.99ドル(+送料で100ドルくらい)でしたから、価格はおよそ1/3。同じスナドラ845搭載機種のXiaomi端末だとMi8やMIX 2Sなどもありますけれど、POCO F1の価格の安さは異常ですね~

POCO F1の主な仕様としては、6.18インチフルHD+(2246×1080ピクセル)ディスプレイ、メインカメラ12メガ+5メガ(1.4μm、F/1.9)、インカメラ20メガピクセル、DSDS対応、4000mAh, QC3.0急速充電といったところです。
3G network frequency:
- WCDMA 850/900/1900/2100MHz
4G network frequency:
- TDD-LTE 2500(B38)/2300(B40)/2500(B41)MHz
- FDD-LTE: B1/3/5/7/8/20
価格が安いぶんだけ、カメラや本体の質感などは他のモデルのほうがおそらく断然高品質になっているのは仕方ないとして、パフォーマンス重視でスマホを選ぶのならこういう機種が海外では人気になる・・・のでしょうか。

このPOCO F1、約2年前にアリエクで輸入したXioami Mi5s(Snapdragon 821, RAM 4GBモデル)と同じくらいの価格ということになります。そう考えると極端に安いというほどでも無いのかもしれませんが、昨今のトップメーカーのハイエンドモデルは高価格化しているなかで、あえてSoC以外のスペックを削ったモデルもある程度需要があるのかも。

日本の技適取得はしていないでしょうから、国内のネットワークで利用することは違法行為となる可能性が高いです。海外旅行用として仕入れてみるのなら面白いかもしれません。

Sunskyの会員登録方法・注文の流れはこちらの体験談ページを参考にどうぞ。


by ke-onblog | 2018-08-24 14:10 | 端末輸入 | Comments(4)
Commented by モモ at 2018-08-24 23:39 x
原価割れしてんじゃないの?ってぐらい安いですね。
インドでは銀行と組んで最廉価モデルをさらに安く
19999ルピー(31700円)で売るそうです。
最廉価モデルっていってもSD845に64GBメモリ6GBですから十分すぎますね
バンドはいつものxiaomiですが、禿回線なら全く問題ないし
9月からはmineoも参入するらしいし、日本でも相当買う人が多そうですね。
私も非常に迷っています。
Commented by ke-onblog at 2018-08-25 07:05
> モモさん

ディスプレイとバッテリー容量は十分に大きいので、ゲームやネット閲覧、動画用途にストレスの無いスマホが欲しいという人には向いていそうですよね~。こういう端末を日本向けに作ってしまうとどうせコストが高くなって販売価格は中途半端なものになってしまうのでしょうけれど(苦笑)
Commented by にぱいあーる at 2018-08-28 08:56 x
一応新ブランドとのことで、販売チャンネルはどうなるのかと思ってましたが、香港でも普通に小米のチャンネルで売るみたいですねえ。
それにしても、他社のスナドラ845一台買う金額で、小米だと845のこれと660のMiA2と636のRedMiNote5とDSDV機種三台まとめて買えちゃいますね…。(買いかねない人並感)
Commented by ke-onblog at 2018-08-28 12:42
> にぱいあーるさん

そう言われると他のスナドラ845機種をむちゃくちゃ割高に感じちゃいますねw トップメーカーのハイエンドモデルはそれなりに新しい魅力があるものですが、Xiaomiスマホ3台分の面白さがあるかと言われると悩んじゃいそうです(´∀`;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。