白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ソフトバンク新プラン発表&月月割を終了へ 料金プランを端末値引きと完全分離か

ちょっと衝撃的な内容すぎて、ニュースリリースの全容が頭に入ってきませんが・・・

本日2018年8月29日にソフトバンクが新プラン「ウルトラギガモンスター+」・「ミニモンスター」を発表し、2018年9月6日から受付開始をするとアナウンスしました。
d0262326_13241638.png
先日KDDIとソフトバンクは例の「4年縛り」が独占禁止法違反の恐れがあると公取委に指摘されていたので、それ関連で何らかのルール改定を少し行うのかな?と思っていたら、大鉈を振るってきました。

まだ新しい料金体系の内容をすべて把握しきれていませんけれど、これまで機種購入を行うと適用された月月割を廃止し、代わりに「1年おとく割」+「みんな家族割+」+「おうち割光セット」など割引を契約プラン側に対して適用することで、月額料金をミニモンスターの場合は月額1980円~、ウルトラギガモンスター+の場合は月額3480円~(家族4人で使った場合)になる、という仕組み。
d0262326_13333540.png
イメージとしてはauのピタット/フラットプランに非常に近いシステム。家族の利用人数に応じて割引額が変わるというシステムは新しいですかね?ワイモバイルの光セット割にかつて人数が増えると割引額がアップする仕組みもありましたけれど。

ウルトラギガモンスター+はSNSや動画ストリーミングなど対象のサービスを利用した際に「ギガが減らない」という特典付きの50GBプランです。50GBという容量自体「ほぼ使い放題」状態のように思いますが、これで大半のユーザーはパケット容量が足りなくて困るという自体はなくなるはずだ、ということでしょうか。今はテザリング料金が有料化されているので、パソコン通信との併用を考える場合には+500円掛かりますけれど。

1年おトク割は、ワイモバイルやUQモバイル、auのスマホ応援割でも導入されている「最初の1年だけ安くなる」システム。

SBの場合は、「おうち割光セット+みんな家族割(4人以上)」の値引きまで到達出来れば1回線あたり月額3000円引き、つまり4回線で12,000円値引き相当になるので、強力。ソフトバンク光・ソフトバンクエアーなどの固定回線とファミリーユーザー層を狙い撃ちしている感じです。

9月に新プランの追加だけではなく、従来プランの新規受付終了・旧プラン継続のままで買い替え時および新プラン加入時(2年契約)の月月割の終了も発表したのです。
スマ放題「通話定額プラン」およびスマ放題ライト「通話定額ライトプラン」 、 「おてがるプラン」 の新規契約時の申し込み受け付けや、ご加入中のプランを継続して利用するお客さまが新たに機種変更す る際の「月月割」の提供などを、 2018 年 9 月 5 日以降、順次終了します。
これにはびっくりです。おてがるプランはまだ2018年6月末に始まったばかりなのに・・・たったの2ヶ月強で終了です。

ソフトバンクは9月以降、月額料金と端末値引きを完全に分離していくことになります(「1年お得割」は機種購入時に適用されるみたいなことが書いてあるので、「機種購入」との完全分離ではない。また、2年契約をしない場合は月月割も使えるそうですが、月額料金がそれ以上に跳ね上がる(定期契約無しだと基本プランが月額1500→4200円))。過去の1GBプラン・おてがるプランなどでも月月割が付かないプランはありましたし、auのピタット/フラットプランでも毎月割が適用されない事例はありますので、端末の値引きを別の部分で補うことはありえるとしても、大きな携帯販売体系の改革には違いないでしょう。

たぶんauと同じく、今の「半額サポート」を適用した場合の機種代金半額相当を消費者に見せて高く感じさせないという手法を採る可能性は高そうですが、今までのように月額値引きによって破格の維持費を実現することは難しくなりそうです。

ウルトラギガモンスター+時の1回線あたり3480円~も安いと言えば安いのですが、そういう次元の話をしているのではない、というユーザーがこのブログ読者さんには多いはず(´∀`;)

月月割が完全になくなることで、代わりに一括購入割引(ドコモでいう端末購入サポート)を拡大することによって機種購入時の負担を減じる可能性はありますが、みんな家族割+・お家セット割などの回線側での値引きを強力にした分、どこで帳尻を合わせるのかは、実際に販売が始まってみないとわからないですね。

ソフトバンクの新プランは確かに回線料金は安くなったという評価にはなるのでしょうけれど、みんな家族割+が使えない人、高額の最新iPhoneを買う場合の負担などを考えると、一概に「料金の値下げ」とはならないはず。

少なくとも今後は月月割が大きく一括価格も安い機種へ機種変更することで維持費を安く保つ、というようなテクニックは完全に潰されることになりそうですので、運用の方針を考え直す必要があるケースも出てくるでしょう。

auはピタット/フラットがすでにありますし、ドコモもdocomo withと ベーシックパックがありますので、これで3社揃ったということでもありますが、「月額タイプの機種値引き(月月割)と旧プランを終わらせる」という点は、ソフトバンクが一歩先行した形になりました。

月月割が無くなっても、プラン側の割引がこんなにごちゃごちゃしては「シンプルな料金体系になった」とは個人的には思えませんけれど、他社にも何らかの動きが今後出てくるのかもしれません。特にauもピタット/フラット系に統一したいような傾向が見られるので、このあたりで旧プラン・毎月割の提供終了を行っても不思議ではありませんね。

ソフトバンクで新しいiPhoneを買おうと考えていた方は、しっかりと新プランの内容・新しい割引の適用可否を確認しておく必要がありそうです。



by ke-onblog | 2018-08-29 14:13 | スマホニュース | Comments(22)
Commented by あれっくす at 2018-08-29 14:33 x
結局のところ、端末ばら撒いていた時よりも利益上がるし、土管屋さんのほうが消耗しないので、多少安くしても大丈夫なんでしょうね。
今後はあらゆるところに回線が組み込まれるでしょうし、総務省もこうしろってうるさいので。

で、ひょっとしたらAppleとの契約内容が変わったのかもしれませんね。
数売らなくてもいい契約になったる可能性もありますし、これだけiPhone漬けにされた日本人は高くなっても一定数買ってくれるでしょうし。
それより、インドとか開拓したいのかも。
Commented by わくわく at 2018-08-29 14:39 x
毎月割終了はかなり悪い知らせですね。
半年前にデビュー割回線作っておいて正解でした。
このままだと永年ホワイトプラン回線やデビュー割活用するのが実用性があって最安値の維持方法かもしれません。
Commented by にぱいあーる at 2018-08-29 14:46 x
なにげに、従来プラン廃止に伴って家族データシェアもなくなるみたいですよねえ。実はこの点が痛いです。
Commented by ke-onblog at 2018-08-29 15:09
> あれっくすさん

おっしゃる通り、昨今のSIMフリー端末人気、来年から始まる中古端末のロック解除対応など、キャリアの端末販売にとっては不利な状況に傾き始めているので、方針を変えるには良いタイミングだったのかもしれないですねぇ。

SBは巨額のお金を動かして何かをやっているらしいですね。消耗戦な日本の携帯市場より、海外のほうが開拓のしがいはありそうですね。
Commented by ke-onblog at 2018-08-29 15:12
> わくわくさん

家族割を使ってメイン用途としてずっと使うと決めるならまだしも、それ以外の単回線維持は旧プランのまま、あるいはワイモバイルに移してしまったほうが良いのかもしませんね~。auのように解約新規などやったらSBの場合は即BL行きでしょうし(´∀`;)
Commented by ke-onblog at 2018-08-29 15:25
> にぱいあーるさん

あ~、データシェアはスマ放題系のオプションなのでそういうことになるのですね!気づいていませんでした(゚д゚)

みんな家族割+がウルトラ+ミニモンスターでも適用できるとは言え、余った容量を分け合える・利用量にばらつきがあるユーザーにとっては繰越も出来る旧プランのほうが便利だったかもしれないですねぇ。
Commented by うんうん at 2018-08-29 17:54 x
ガラケ→スマホ割というのがあるようですね。
ケータイからスマホに切り替えるお客さまが「ミニモンスター」に加入すると、利用料金が1年間毎月1,980円割引。
これを上手く活用できれぱいいですね。実際にガラケーを使用していたかの審査が甘ければいいですが。
厳しい場合はおとくケータイなどネットショップでならいいかもしれませんね。
Commented by お父さん at 2018-08-29 18:22 x
この新料金プランを見ると、今年3月に契約したXperiaのデビュー割回線がいかに安いのかを実感しました。年度末に近づくにつれ、どのような動きになるのか予測もつかないのですが、今後、softbank回線が維持しにくくなる予感がぷんぷんしていますね。
Commented by ke-onblog at 2018-08-29 19:58
> うんうんさん

マイグレ割引は強化してきましたね~。今のおてがるプランでも特定機種で一括0円になっていますし、端末の価格次第ではありかもですね!
Commented by ke-onblog at 2018-08-29 20:04
> お父さんさん

ホワイトプランやデビュー割で安く買えた時期がもうはるか昔のように感じてしまいますね(笑)

今後月月割を無くすことで端末側の価格を機種変更やMNPでどのような方法で、どのくらい割引を付けてくるのかはっきりしないと、維持方法の方針が決まらないですねぇ(´Д`;) SB側でもある程度の安売りを続けるのかあるいは養分以外はワイモバイルへ、という割り切りをするのか、、、現状ではなんとも言えないですね。
Commented by うめ at 2018-08-29 20:43 x
ドコモには現状維持でいてもらいたい。
新プラン発動以降に、新規契約数がドコモ↑、ソフトバンク↓になったらいいのに。
Commented by ojisan at 2018-08-29 21:38 x
古事記的には禿は終了ですかね。
仮に年度末に投げ売りがあったとしても、維持費が高くなるからすぐPO(もしくは解約)することになるんで、皆総合へまっしぐら。長期保持が意味なくなると3ヶ月とかギリギリ狙う人も増えるからその分総合の刑期も長くなって、2年以上とかになるんですかね…
今ある禿やワイの回線どうしたものか、悩みます
Commented by 高田 at 2018-08-29 22:57 x
これ、旧プランをいつ終了するかをはっきり言いきってないのが、気になりますね。
順次って。
ホワイトプラン終了の時は日をしっかり言ってた記憶があるのですが。。。
まぁ、
Commented by ke-onblog at 2018-08-29 23:01
> うめさん

SBが旧プランを廃止することで3キャリアの横並びが少し崩れてきたので、どの方式がユーザーに選ばれるのかはちょっと気になりますね~。auみたいにSBもiPhoneをなんだかんだで一括0円で売り出すようなことをすればSBの新規契約数が伸びる可能性もありますが、家族割やネット割引が使えない場合は離れるユーザー数もかなり居そうです。
Commented by ke-onblog at 2018-08-29 23:03
> ojisanさん

auみたいに解約新規契約、なんてやっていたらすぐにBLでしょうね(苦笑)ここまでプラン形態が変わると総合判断の運用も変わりそうなので(そもそも新プランは基本的に月月割が付かないですし)、しばらく様子を見ないとやっぱり判らないですね~
Commented by ke-onblog at 2018-08-29 23:09
> 高田さん

旧プランの終了ですが、新規契約向けは9月5日、機種変更のおてがるプランが10月31日、ホワイトプランからのスマ放題系への変更も10月31日、とされています。そして2019年1月31日で旧プランのままの機種変更だと月月割がつかなくなるので、実質的にそのあたりが最終ということになりそうですね。
Commented by ojisan at 2018-08-30 00:25 x
どうなんでしょう。結局キャリアとしてはどこで帳尻をあわせるかなんで、購入サポート=毎月の割引の前借りみたいに、新プランもたくさんデータ使ってくれる層にあわせて最初から割引した金額を提示するようにしたってだけですよね。それにあわせて総合判断の基準が緩くなるなんてことはない気がしますよね。これまで瞬間的に年度末等に緩くなるとかはあっても、以前よりBLになりにくくなったなんてことは一度たりともなかったので
Commented by にぱいあーる at 2018-08-30 08:30 x
まあ、スマ放題開始当初のドタバタ(音声カケホ一本、ホワイトプラン廃止→改訂や撤回)を思えば、まだ始まるまでは二転三転あるかな?とも思ってます。
何より既存ユーザへの周知期間が足りない気がします。ただでさえわかりづらいと評判の携帯料金、既存プラン全廃ともなれば混乱は避けられませんからね。
Commented by ke-onblog at 2018-08-30 11:14
> ojisanさん

端末の値引きを分離することで、機種の安売りをしなくても(半額サポートで見せかけの価格を安くするだけで)やっていけるとあれば、もう割引を過剰に振る舞う必要なし→総合判断基準は現状維持orより厳しくしても問題ない、という流れはありえそうですね。
Commented by ke-onblog at 2018-08-30 11:25
> にぱいあーるさん

端末の月額割引を適用しない新プランの創設はおてがるプランでも他社でも前例がありますし、利用料金イメージ・適用に難易度の高い条件が盛り込まれているトラップがあるのはもう最初から疑わしくみるので良いとして(苦笑)ここまで大きな変更を加え、既存プラン全廃までの期間が確かに短すぎですよね・・・。

新しいiPhone発売に間に合わせるために大急ぎで、ということなのかもですけれど、ずいぶん思い切ったことをしたな~という印象が強いですねぇ。いろんなプランが同時に存在し続けるのも混乱を招くかもですが、新プランが定着するまでにどうユーザーが反応するのか興味深いです。
Commented by ナナシ at 2018-08-30 23:55 x
パフォーマンスとしては大きいですよね
お国から端末と回線の分離に強い圧力はずっとあったようですし(TPP関連含め
とはいえ月サポばら撒いてる茸がいの一番でやるわけにもいきませんしSBが泥を被って最終的に3社横並びという形になるんでしょうね
SB的には先駆者として評価はされるでしょうしパフォーマンスとしては十分な効果です
でもまぁ結局トータルコストはさほど変わらないってオチになりそうではありますが
Commented by ke-onblog at 2018-08-31 08:58
> ナナシさん

auの事例があるので表向きは半額サポートを適用、実情は一括0円でばらまきまくり、という展開も無いではないかもですが、どこまで料金プラン面以外でも顧客還元が出来るのか次第になりそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。