白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

世界最軽量 AQUOS zeroはSB専売 ドコモ・au取扱無しが確定

ドコモの2018年-2019年冬春モデルの発表が17日に確定したとたん、いつもどおりバタバタと新製品の発売を公表したauとソフトバンクですが、ソフトバンクのニュースリリースにサプライズが仕掛けられていました。

ソフトバンク株式会社は、“ソフトバンク”の新商品として、側面に軽量なマグネシウム合金、背面に高強力アラミド繊維※1「テクノーラ®」を採用することで、高い強度を備えた世界最軽量※2ボディーを実現したスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero」(シャープ製)を、2018年12月上旬以降に発売します。なお、国内での「AQUOS zero」の取り扱いは“ソフトバンク”のみです。

価格次第では今季一番売れても可怪しくないと個人的に思っていた、6インチ級スマホで146グラムを実現した「世界最軽量モンスター」こと、 AQUOS zero。
d0262326_18094184.jpg
これまでずっとシャープのフラッグシップモデルはドコモ・au・ソフトバンクの3社が揃って取り扱ってきましたが、”ソフトバンクのみ”とわざわざニュースリリースで強調しています。

auの新製品ラインナップにもzeroがありませんでしたので、そちらはまぁ良いとして、まだ発表会を行なっていないドコモでも取り扱わないことが、SBのニュースリリースのおかげで確定してしまいました。

ソフトバンクではAQUOS R2の追加カラーも扱うということですけれど、ドコモとauでは過去のモデルの売上実績が少なかったのか、製造数が確保出来ない・採算が取れないという判断だったのでしょう。

まだソフトバンク版のAQUOS zeroの価格は未発表ですれけど、おそらく昨日登場したGoogle Pixel 3 XL並の高級スマホになることが予想されます。

AQUOS zeroの基本スペックは6.2インチのOLEDディスプレイ(WQHD+)、Snapdragon 845、RAM 6GB, ROM 128GB, 2260万画素カメラ(シングルレンズ),防水・防塵対応、おサイフケータイ対応、ワンセグ非対応、外部ストレージ非対応といった仕様。

AQUOS R2に比べてCPUとカメラこそ同じようですが、RAM/ROMをアップしたプレミアムモデルという位置づけであり、どう考えても、定価は10万円を超えちゃいそうです。

このようなポジションの端末は、過去のソニー Xperia Premiumシリーズのようですね。今はXperiaXZ Premiumはnuroモバイルから発売されたり、XZ2 Premiumはauでも扱うようになってしまったのでドコモモデルのプレミアム化が抑えられていますが・・・AQUOS zero、期待できるのかもしれません。

SoftBankモデルのAQUOS zeroの発売日は2018年12月上旬が予定されています。Galaxy Note9やXperia XZ3など他のライバル機種はもう10月・11月に出ますので、ちょっと発売日が遅いことは気になりますが、ソフトバンク専売モデルの超プレミアムなAQUOSスマホを狙ってみるのも面白そうです。

ソフトバンクの2018年冬モデルは10月12日からXperia XZ3、19日からGoogle Pixel3/3 XLの予約受け付けがオンラインでも始まります。

AQUOS zeroやGoogle Pixel3は初期生産数が少ない可能性もあるので、発売日入手を狙うのなら予約をしたほうが良さそうです。



by ke-onblog | 2018-10-11 18:25 | スマホニュース | Comments(2)
Commented by にぱいあーる at 2018-10-12 09:23 x
ソフトバンクはかつてスマホ黎明期にシャープ以外の国内メーカーに相手にしてもらえず、シャープ以外は海外メーカーだった(京セラがスマホ始めてからは加わった)時期がありますからねえ。エッジストのシリーズもSB専売でしたし、かつてからの繋がりは強そうです。まあ現在は鴻海傘下になってまた状況も違うのでしょうが。
ただ、共通仕様で出すようになった矢先にハイエンドがSB専売というのはどうなんでしょうねえ。もったいないという気の方が強いです。
Commented by ke-onblog at 2018-10-12 13:01
> にぱいあーるさん

キャリアとメーカーの馴れ合いで赤字を垂れ流し続けてまでどんどん新機種を投入しつづけるよりかは、採算の取れそうなところだけと集中的に取引するほうが良いのかもしれませんが、ちょっと寂しいですよね~。白ロムが安くなってきたら買ってみたいと思える機種だったのですが・・・

「R」というリニューアルされたブランドで統一して継続するのかと思ったら「zero」になりましたし、大胆さとスピード感があるあたりは鴻海の影響なのかなという感じですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。