白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2018年10月版 ひかりTVのOCNスマホセット維持費計算

一つ前の日記でざっくりと紹介した、本日10月18日12時から始まるひかりTVショッピングのSIMフリースマートフォン+OCNモバイルONEのSIMセット購入キャッシュバックキャンペーンについて、端末代金以外のコスト・維持費について計算を行なってみましょう。

詳しい申し込み条件の解説はここではしませんので、各自「2018年10月版 ひかりTV×OCN 2万円+2万PTもらえるキャンペーンicon」の適用条件規約を参照してください。

さて、今回のキャンペーンでは最大で2万円のキャッシュバックと30,000円相当のポイント(プロモーションコード利用時)が貰える、最大5万円相当のSIM申し込み特典+d払いや通常ポイント還元が狙える施策となっていますが、キャッシュバックを貰うためには音声回線の契約+指定オプションの加入が必須となるため、維持費が結構嵩みます。

一つでも条件を満たさないとキャッシュバックが振り込まれない・ポイントが付与されない、そして販売自体を拒否されることすらありますので、適用条件を正しく理解して回線運用をしなければなりません。

申込のタイミングで維持するべき期間・コストが多少ずれることもありますので、そのあたりもコミで各自安全な利用を心がけましょう。

前置きはこれくらいにして、では早速計算に入りましょう。

・契約初期費用(税別):3,000円+394円=3,394円

・月額基本料金(110MB/dayプラン・10月分無料、2018年11月~4月分まで):1,600円×6ヶ月分=9,600円

・ぷらら補償(月額コース、10・11月分無料 12月~4月分):500円×5ヶ月分=2,500円

・OCN通話オプション料金(10月分無料、11月~4月分):850円×6ヶ月分=5,100円

マイセキュアオプション料金(10月分無料、11月~4月分):250円×6ヶ月分=1,500円

上記はすべて税別です。

以上の合計(3394+9600+2500+5100+1500)×1.08=約23,861円が掛かるはずです(ユニバーサル料金別途)。

ひかりTVでの表現としては「2019年3月末日時点で回線・すべてのオプションを維持していること」としていますので、2019年4月分も含めて計算してみました。それぞれ解約申し込みをすると月末締めになるはずですので、「3月中に解約した場合も”3月末日”は契約中」と見なすと思われますけれど、安全のため。

ポイントの付与時期は2019年4月1日~5日、キャッシュバックは2019年3月15日~20日頃が予定されており、少なくともこの特典付与時期までは解約手続きはしないほうが無難です。

この試算が正しいとして、例えばZenFone Zoom Sならば

・本体価格 27,998円
・キャッシュバック -20,000円
・ポイントバック -15,000PT
・回線/オプション維持総コスト 23,861円

以上合計で実質16,859円くらいで端末+OCN回線の満期MNP弾が作れるということに。還元に大量のぷららポイントが含まれる&MNP転出出来るのが4月なので、年度末セールシーズンを超えてしまうところはちょっと微妙ですが・・・4月頭の延長案件があれば使えるかもしれません。

あとは明日のd曜日、メルマガ向けクーポンなどによるポイント還元が出る可能性もありますので、在庫状況と購入のタイミング次第でもう少しコストを下げられる(全額ポイント払いする場合はd曜日等のポイントアップは関係なくなります)はずですので、OCNの枠が余っている・格安SIM回線を増やしたい人は検討してみましょう。

なお、販売条件に「お一人様一台限り」等の注意書きがある場合、過去に申し込んだことがある機種・カラーは上限を超えての再購入NGです。キャンペーンシーズンごとのカウントリセットはなく、同一商品の過去全ての購入履歴が影響するため(サポートに確認済み)、同じ機種が欲しい場合は色を変えるなどの対策を行いましょう。


by ke-onblog | 2018-10-18 12:08 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。