白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ドコモXperia XZ1/XZ1Cの機種変更月サポ増額 白ロム価格下落に注意

今日はiPhone XRの予約開始日と1ヶ月以上前から決まっていたわけですが、さまざまなメーカー・サイトがこのタイミングにぶつけて来ている印象です。

ドコモではiPhone X 64GBのMNP端末購入サポート入りもありますが、白ロム相場に与える影響としてはたぶんこちらのほうが大きいです。
d0262326_10041798.png
本日19日より、Xperia XZ1 SO-01KはMNPだけでなく機種変更・新規でも実質15,552円(値下げ前20,088円)に、Xperia XZ1 Compact SO-02Kは実質5,832円(値下げ前15,552円)へ値下げされました。

XZ1シリーズは2017年冬モデルですけれど、大画面化・大型化してしまったXZ2シリーズよりも今だに人気が高くなってしまい、XZ3登場前になんとか在庫処分をしておかないと新機種が全然売れない・・・と考えているのかどうかは知りませんが、機種変更価格を下げることで在庫処分を狙っているのは間違い無さそうです。

☆「NTTドコモ Xperia XZ1 SO-01K」機種変月サポ 2,943円/月

☆「NTTドコモ Xperia XZ1 Compact SO-02K」機種変月サポ 2,997円/月

今回は月々サポートの増額による値引きアップであり、端末購入サポート化ではありません。したがって、端末代を一括払いすれば機種変更で入手した直後にSIMロック解除が可能です。

型落ちとは言え、SO-01KもSO-02Kもスナドラ835搭載機種なので十分以上に快適に動き、スナドラ845搭載機よりも発熱が少ないという印象がありました。さらにXZ2シリーズより画面が小さいことも影響していますけれど、バッテリーの持ちも良いのですよね。

11月に発売されるXZ3も確かに有機ELディスプレイになったことで発色が綺麗になっていますし、ワイヤレス充電に対応するのもXZ2シリーズ以降になりますが、XZ1/XZ1 Compactまで続いてきた「5.0~5.2インチ/4.6インチ」のサイズ感が好みの人は、このXZ1シリーズが流行デザインになる前の最終機種となりますので、ここで機種変更して手に入れておくのが良いかと思います。

XZ1とXZ1 Compactの実質価格差は1万円ですが、SIMロック解除済み白ロムの価格相場は国内ではドコモ専売となっているXZ1 Compactのほうが若干有利です。
d0262326_09201628.png
2018年10月に入ってからのSO-01Kの白ロム(新品・SIMフリー)は62~64k前後で売買されています。

一方のSO-02Kも高い価格を維持しています。
d0262326_09215007.png
SO-02KのSIMロック解除済み白ロムの落札相場は59-62k前後といったところでしょう。

ドコモ専売であること・月サポの大きさから考えても、これから買うのならXperia XZ1 Compact SO-02Kが良いでしょう。

すでにどちらも生産は打ちきられていると見られますので、問題は在庫がいつまで続くか、そして今回の割引増額によってお得感が出たSO-01K,SO-02Kの白ロム流通量が一気に増えると、相場が多少は動きそうな点です。

MNPで買うのなら今日から一括10万円引きになるiPhone X 64GB、新発売のGoogle Pixel3、iPhone XRを狙うのも悪くないですが、機種変更に関してはiPhone, Pixelともに強い優遇はないので、白ロム価格も比較的高いまま保っているXZ1シリーズは狙い目でしょう。


by ke-onblog | 2018-10-19 10:04 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。