白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

値引き販売が実施されるiPhoneXRよりもiPhone8が人気 iPhoneの白ロム価格相場差

2018年モデルの最新iPhoneシリーズ「iPhone XR」が昨年10月末に発売され、はや3ヶ月弱が経とうとしています。

iPhone XRは「手に入れやすいiPhone」として廉価で販売されることが期待されたモデルながら、SIMフリーモデルのアップル定価は84,800円(税別)~となり、確かにiPhone XSやXS Maxよりは安いものの、もうちょっと安くならなかったものか・・・と感じたものです。

一方では、今年のiPhone XRはauを中心に年末年始の時点で各キャリアで値引き販売が開始され、端末購入サポート・一括値引きも多く見られるようになりました。
d0262326_21105033.png
回線とセット契約であれば一括割引・月額割引および下取りや各種限定値引きを適用することで「実質負担」を下げることは可能ですが、「端末の人気」や「端末の需要/供給状態」がより現実的に反映されるのが、白ロムの価格です。

d0262326_21134390.png
オークションやフリマサイトなどの価格だと落札にばらつきがありますが、比較参考用にゲオモバイルの楽天店での2019年1月12日時点におけるiPhoneシリーズの価格をチェックしてみましょう。

最新モデル・大容量モデルになれば価格が高くなるのは当然ながら、「旧モデル→新モデル」でどのくらいの価格差が生じているのかを調べてみるとなかなか興味深い結果になっています。

*以下、すべて2019年1月12日時点のAランク中古(SIMロック未解除)の場合となります。ざっと見る限りでは同じランク・モデルであれば均一価格になっていますが、下記以外の価格で販売されていることもありえますので、各自でモデル/状態/価格をチェックしてから購入検討をしてください。

【ドコモモデル】
モデル容量Aランク価格7/128価格差
iPhone 6s16GB25444-23598
32GB26470-22572
64GB28522-20520
128GB30574-18468
iPhone 6s Plus16GB33652-15390
64GB37756-11286
128GB40834-8208
IPhone 732GB40834-8208
128GB490420
256GB510942052
IPhone 7 Plus32GB48016-1026
128GB582769234
256GB6135412312
IPhone 864GB6135412312
256GB6956220520
IPhone 8 Plus64GB7161422572
256GB7879629754
iPhone X64GB7674427702
256GB8495235910
iPhone XS64GB10238453342
256GB10778458742
512GB11318464142
iPhone XS Max64GB10778458742
256GB11858469542
512GB12398474942
iPhone XR64GB7862429582
128GB------
256GB9158442542

*すべて税込み。楽天店で貰えるポイント等は考慮していません。iPhone XR 128GBモデルは在庫がなかったので空欄ですが、もし入荷すれば8.6-8.7万円くらいでしょう。

参考用に今ちょうど機種変更のタイミングになりやすい2年前のiPhone 7 128GBモデルAランク中古(49,042円)との価格差を一番右側に追加してみました。


さぁ、どうでしょうか。どのあたりの価格なら「買い替えたい」と思うのでしょうか。

私はiPhone 7 32GBモデルを2年4ヶ月前に定価の78,624円で、1年4ヶ月前にiPhone 8 Plus 64GBを96,984円で、そして1年2ヶ月前にiPhone X 64GBを121,824円でSIMフリーモデルを購入しましたが・・・いずれもそれなりに時間が経っているとは言え、結構価値が落ちていることに愕然としています(´∀`;)

ゲオモバイルでのドコモランキング1位はiPhone 7 32GB(40,834円)になっています。今はワイモバ・UQでもiPhone7が登場していますし、まだ需要は高いようですね。

iPhone7から1年分新しいiPhone 8 64GBが61,354円で2位。+2万円で1世代分新しくなります。

さらにiPhone X 64GBモデルが76,744円で3位に続いています。iPhone 7 32GBモデルから比べると3.6万円も高くなりますが、発売当初のSIMフリーモデルより5万円も安く入手が可能です。

さらにさらに、4位もiPhoneで iPhone XR 64GBモデルが78,624円でゲオモバイルでは売られています。iPhone XとXR、同容量・同ランクで価格差は1,880円なのです。
d0262326_22015341.png
この価格差はどう見るべきなのでしょうか。私には正直、よくわかりません。

処理性能で言えばA11チップからA12チップに変更されたぶんだけiPhone XRのほうが当然上ですが、Xは2倍ズームのデュアルカメラ仕様。

ディスプレイのサイズはXが5.8インチで174グラムであるのに対し、XRは6.1インチで194グラムあります。

ドコモでの公式価格(ドコモオンラインショップ)の差は、

機種変更:iPhone X 64GB 実質45,360円/ XR 64GB 実質 34,344円
MNP:iPhone X 64GB 一括15,552円/ XR 64GB 一括 25,920円

このようになっており、機種変とMNPでは両モデルの機種代負担差が逆転します。

そして現行で販売が続くモデルの中で一番人気であるという8の場合は、

機種変更:iPhone 8 64GB 実質 19,440円
MNP:iPhone 8 64GB 一括10,368円

MNPの場合、iPhone 8 64GBモデルとiPhone X 64GBモデルの価格差はわずか5,184円。そしてゲオのAランク白ロム価格差は61354円→76744円で1.5万円差です。

ドコモへMNPをして買うのであればiPhone 8よりXを選ぶ人が断然多いと見られますが、機種変更の場合ならばiPhone 8のほうが人気というのは納得が出来ます。

白ロムの価格で機種変更をする場合にもより安いほうが人気があり、3キャリアではほとんど販売が終了している7シリーズの白ロムが8よりもさらに今は売れやすいのでしょう。

もちろん中古の場合には端末の個別状態によって価値が上下しますけれど、白ロムでの機種変更を考えているのならばiPhone7シリーズを発売当時に購入したユーザーはそろそろX, XRあたりへ7を下取りにして取り替えると効率的と言えそうです。

iPhone7の中では、128GBモデルと256GBモデルの価格差は2千円しかなく、ゲオで7シリーズを買うのなら32GBモデルか256GBモデルのどちらか良いと思います。


続いて、auモデル、SBモデルも全部抽出しようかと思いましたが、面倒くさくなってきたので注目モデルだけ取り上げてみます。
d0262326_22213244.jpg
auの白ロムランキングではiPhoneではなくXperia XZ1がトップになっていますが、今はスルーしてiPhoneの価格を見ていきます。

ドコモモデルではトップだったiPhone 7 32GBはランキングに入っておらず、8の64GB、7の128GBが上位にいます。

auのiPhone 8 64GBはAランクで56,224円。ドコモモデルよりも5,130円安く設定されています。さらにソフトバンクモデルのiPhone 8 64GBは45,964円でランキング1位になっています。
d0262326_22245773.jpg
ソフトバンクのiPhone 8 64GBモデルは年末も一括0円で大量に放出されたみたいなので、白ロムがかなりお得です。


iPhone 8ならSIMロックを解除しなくてもソフトバンク系のMVNO回線で使えるはずですから、新品に拘らない・SIMフリーでなくても良いのなら、白ロムで機種変更をするのなら結構お手軽な価格帯になっていると言えます。

iPhone XR 64GBモデルのキャリアごとの価格差を見ると、

64GBモデル d 78,624円/au 78,624円/SB 73,224円

となり、SB版だけがちょっと安く設定されているようです。auモデルのXRも流通量は多そうな感じがしますが・・・今後また変わってくるのでしょうか。

アップルのiPhone XR 64GB SIMフリーモデルは消費税8%込で91,584円です。キャリア版であること・未使用品ではなくAランク(ディスプレイに傷がないレベル)であることを前提にして考えても、この価格差ではまだiPhone XRの白ロムをチョイスする人は少ないでしょう。特にSB版のiPhone8とXRの白ロムではかなりの価格差があるため、「廉価モデルiPhone XRよりさらに安いiPhone 8が売れる」というのは白ロム業界でも同じ傾向にあります。

流通量の観点から今後iPhone 8が減ってくればXRのほうが次第にお得感が出てくるものと予想されますので、白ロムでiPhoneの機種変更・追加購入を検討するのであればこれからの年度末セール時期を少し過ぎた、2019年4-5月あたりに探してみると在庫過剰で値下げを行うショップも出てくるかもしれません。




by ke-onblog | 2019-01-12 22:46 | 白ロムコラム | Comments(3)
Commented at 2019-01-17 15:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-01-17 15:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2019-01-17 21:27
> Tokinounkさん、お帰りなさいませ!

この時期は海外の事情で買い控えをするショップが多く、査定が一時的に下がりやすいですね。その後戻ることも多いのですが、今年に限ってはこのままセールが加速すると戻りが弱いまま流れてしまいそうなので怖いですね(´∀`;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。