白ロム中古スマホ購入・節約法

shiromcom.exblog.jp

使い終わったスマホを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ドコモタブレット値下げ iPad(第6世代)とarrows Tab F-02Kが同額 どっちが狙い目?

NTTドコモは2019年2月15日より、タブレット端末の値下げを実施します。

15日の値下げ対象機種は2機種、3モデルになる見込みです。
ドコモタブレット値下げ iPad(第6世代)とarrows Tab F-02Kが同額 どっちが狙い目?_d0262326_08035256.png
・Apple 9.7インチ iPad(6th) 32GB Wi-Fi+Cellular
・Apple 9.7インチ iPad(6th) 128GB Wi-Fi+Cellular
・富士通 arrows Tab F-02K

第6世代のiPadは2018年3月に発売、新しくApple Pencilに対応した廉価版的iPadです。Pencil対応以外は標準的なモデルなので、特に説明の必要はないでしょう。iPhone 7シリーズと同世代のA10チップを使っているため、廉価版といえど十分に高性能です。


富士通のarrows Tab F-02Kは10インチサイズの大画面タブレットで、先週から端末購入サポート化された「arrows NX F-01K」と同時期に出た、ハイスペックモデルです。

F-02Kも第6世代のiPadと同じく、スタイラスペンに対応しています。ペンは別売りではなく、ワコムとの共同開発「arrowsスマートスタイラスペン」が同梱されています。
ドコモタブレット値下げ iPad(第6世代)とarrows Tab F-02Kが同額 どっちが狙い目?_d0262326_08100151.png
ちなみにarrowsペンは単品販売はされておらず、同等性能品「Bamboo Ink (CS321A1K0C) 」は通常価格9,698円で売られている高級品のようです。私はお絵かきは出来ないのであまりスタイラスペンの良し悪しはわかりませんが、4096段階の筆圧検知で、ラインの太さもスムーズに表現出来ていたかと思います。

iPadのような指紋認証はありませんが、虹彩認証が付いています。また、F-02Kは防水防塵にも対応しています。

F-02KはF-01Kと同じSDM660を搭載し、RAM 4GB, ROM 32GBという仕様です。最近のスマホはストレージ容量が64GB/128GBくらいが標準になってきているため、データ容量はちょっと物足りないところですが、microSDカードは使えますし、ライバルがiPadの32GBだと思えば、まぁ妥協できるところでしょう。

過去のarrowsタブレットの中でも高性能かつ多機能なモデルとなっていることもあり、F-02Kは定価82,944円に設定されており、iPad 32GBの 57,024円、128GBの69,336円より更に高く、実質負担額も2.7万円とされており、性能相応に高めの設定でした。

しかし、明日2月15日からは一気に2.2万円の大幅値引き(月サポ増額)を実施します。

3機種の販売価格と実質価格(月サポ+GOGOiPad割併用時)は、

・iPad 32GB 定価57,024円 実質価格 10,368円 → 新価格5,184円
・iPad 128GB 定価69,336円 実質価格 22,032円 → 新価格 16,848円
・arrows Tab F-02K 定価82,944円 実質価格 27,216円 → 新価格 5,184円

こうなります。新規、機種変更はともに同額です。

iPadとAndroidタブレットであれば、もう言うまでもなくiPadのほうが一般需要が高く、iOSの使いやすさ・快適さは改めて考えるまでもありませんが、定価で2.5万円以上高価なarrows Tabも実質5,184円に下げられたとなると、利用目的次第ではF-02Kの方が使いやすいというケースもありえるのではないかと。iPadでアップルペンシルを使うには別売りで10,800円必要ですし。
ドコモタブレット値下げ iPad(第6世代)とarrows Tab F-02Kが同額 どっちが狙い目?_d0262326_08560498.png
MIL規格14項目準拠というタフな仕様なので、子供の動画用・お絵かき用などに使いたいのならば、iPadよりは頑丈で安心して与えられるでしょう。

2019年2月中旬時点で、iPad 32GB Cellularモデル SIMフリー(ロック解除済み)の新品白ロム相場は40-45k程度。一方のarrows Tab F-02Kはほとんど白ロムが出回っていません。

F-02Kの白ロムはゲオがいくつか持っているようで、Aランク中古品が5.1万円で2019年2月の取引歴があります。

明日の2.2万円値下げ実施後は相場がまた変わると思いますが、今まで安く入手することが難しかったゲームもそれなりに動くSDM660搭載・スタイラスペン付き・防水防塵・MIL14規格準拠・虹彩認証搭載のタブレット F-02Kはけっこう狙い目になるかもしれません。

オンライン注文は明日2月15日10時以降に価格改定がされるはずなので、要チェックです。



by ke-onblog | 2019-02-14 08:58 | スマホニュース | Comments(3)
Commented by 通りすがり at 2019-02-14 17:48 x
以前もいろいろ教えていただいたものです

ドコモ回線持ちで、iPadを購入したいと思っているのですが、上記の5,184円とは一括のお値段なのでしょうか?その場合一度それを払ってしまえば月の維持費は現状のスマホ代以外は数百円で済んでしまうということでしょうか?
低レベルな質問で恐縮ですが簡単にご教授お願い致します。
Commented by ke-onblog at 2019-02-14 18:54
> 通りすがりさん

5,184円は(本体分割価格-月々サポート-GOGOiPad割)×24ヶ月の実負担額です。今回の変更は一括価格の値引きではなく現在(2/14)の表示価格から「216円×24ヶ月」の値引き増強が2/15から実施されるというものです。

スマホと合わせた料金を計算したい場合は下記公式シミュレーションをご活用下さい。

www.nttdocomo.co.jp/charge/simulation/

Commented by 通りすがり at 2019-02-15 02:28 x
やはりそういうことですよね。
いわゆる実質5,184円ということなんですね。
ということは通信費含む2年間の総額は結構な金額になりそうですね。
教えていただきありがとうございました!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。