白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ひかりTV×OCNのSIM契約キャンペーン 2019年10月新ルール攻略・トラップなど

昨日はざっと概要だけを紹介した、10月31日まで開催予定のひかりTVショッピングでのSIMフリースマホ購入+OCNモバイルONEのSIMセット契約に関する、新しいルールの詳細を確認、注意事項をチェックしておきましょう。

d0262326_15560779.png
これまでにひかりTVとOCNの契約施策に参加したことのあるユーザーにとっては新ルールで特に引っかかるようなことはないはずですが、昨日の日記でも少し触れたように、OCNモバイルONEでは2019年10月より「短期解約時の解除料」と「利用開始月」の判定方法が変わっており、それに伴ったキャンペーンの特典付与条件も変わりました。

まず、今回の特典は現金キャッシュバックは一律1万円となっており、残りのポイント還元は機種によって3,000ぷららポイント(PT)~10,000PTまで各種設定がされています。買う機種によってお得感が異なるので、よく吟味して選ぶのが良いと思います。

2019年10月9日時点における1万円+1万PT対象機種の価格を列挙すると、

■ Reno A 39,380円
■ Reno 10x Zoom 109,868円
■ P30 79241円
■ P30 lite 36,168円
■ ZenFone 6 8GB 256GB 90,750円
■ ZenFone 6 6GB 128GB 76,450円
■ AQUOS zero 91,463円
■ Mate 20 Pro 94,332円
■ R17 Pro 76,868円
■ 【購入特典付】Mate 10 Pro 50,723円
■ Black Shark2 109,868円
 
以上のようになっています(価格は税込み、2019年10月9日時点)。キャンペーンによるポイント額・販売価格・購入に対するポイント還元率などは変動することがありますので、随時購入前の表示を確認してください。


ざっと見てみると・・・やはり一番の狙い目はReno Aですね。高額なモデルは還元規制によって以前より大幅にお得感が下がっちゃいましたから...

P30 liteは別途ポイント還元(現時点で15倍)がつくので、ぷららポイントを使わないのならそれなりです。

その他の機種はあまり見どころがないので省略します。

OCN契約キャンペーン特典として設定されている3千~1万ぷららポイント分については、機種購入時にぷららポイントやdポイントをどのように使っても固定ですので、倍率が高いキャンペーンが併用できない時期ならば、ポイント消費を優先してもいいのかな?と思います。

さて、今回のキャッシュバック+ポイントがもらえる契約条件は

その1.期間内に端末を購入することおよびエントリー
その2.期間内にOCNモバイルONEの対象回線を申し込むこと
その3.キャッシュバックの振込口座情報を正しく登録すること

大きく分けてこの3つが必要です。「その1」と「その3」についてはひかりTVのキャンペーンページを見れば明らかなので良いとして、やっぱり今回一番気になるところは「OCNの契約」に関する部分です。

d0262326_19044113.png
契約する項目自体は前回までと同じく、

・OCNモバイルONEの音声SIMプラン+OCNでんわかけ放題オプション(月額850円~)+マイセキュア(月額250円)

が必要な点は変化なしです。上記を「契約した月のうちに解約しない」というのが回線側で気をつけるべき唯一の条件です。

現在OCNモバイルONEの音声SIM契約の最低利用期間とその違約金は、

・本人確認が終了した日を含む月を1ヶ月目として、6ヶ月間以内に解約すると違約金1,000円

というルールに変わっているはずです。

一方で”利用開始日”と”課金開始日”、そして”利用開始日無料”のルールは残っているようです。
「OCN モバイル ONE」音声対応SIMの月額料金無料月は、利用開始月である「ご契約手続き(本人確認など)が完了した日の10日後を含む月」でございます。
また、利用開始月は月額基本料は発生致しません (利用開始月に解約の場合は1ヵ月分のご請求となります)。
このルールは依然として残っているようなので、今から申し込めば10月分は無料になります(初月解約しないかぎり)。

逆に1ヶ月目(当解約)に解約すると1ヶ月分の料金が取られる上にキャッシュバック・ポイント特典の対象にならないので十分に注意してください。

OCNの基本料金は2019年10月以降も変わっておらず、音声SIMの場合は最安 110MB/dayのプランが月額1,600円~となっています。

その他の音声SIM料金プランを選んでもキャッシュバックの対象になりますので、必要に応じてプランは選びましょう。


また、初期費用として事務手数料3000円+SIMカード手配料394円(それぞれ税別)も以前と同じくかかります。

続いてオプション部分について、こちらも以前から変更はなく、OCNでんわかけ放題は初月無料です。
「OCNでんわ かけ放題オプション」は新規で音声対応SIMを同時にお申し込みのお客さまのみ、音声対応SIMの申し込み完了月(お申し込み手続きが完了した日を含む月)の月額料金は無料です(申し込み完了月に解約された場合を除きます)。月額料金の無料期間であっても通話時間を超過した分の通話料がかかります。その他のお客さまは、お申し込み完了月より月額料金がかかります。ご了承ください

仮に通話オプションを契約後すぐに外しても絶対に1ヶ月分の料金が掛かるため、今回なら10月・11月とたっぷりオプションを使い倒してから解除したほうが賢いです。

【マイセキュア】 利用開始月の月額基本料は無料です(ただし、利用開始月の申込/解約が複数回行われた際は、請求をさせていただく場合があります)。また、解約月については日割りは行わず1カ月分お支払いいただきます。
マイセキュアオプションに関しては”申し込み・解約を繰り返すと請求”となっていますが、キャッシュバックキャンペーン側の条件によって初月解約をしてはいけませんので、やはり最低でも1ヶ月分の料金が掛かるはずです。

ルール上の注意事項としては上記の部分だけ気をつければ良いのですが・・・

以前のルールに比べてキャッシュバック・ポイント還元の条件に「2020年○月まで契約とオプションを維持すること」という条件が消えています。しかし、だからといって最低利用期間未満でたくさんの契約を破棄することはおすすめできません。

なぜなら、以下の一文があるからです(これは10月から登場したのではなく、以前からずっと掲載されています)
過去にOCNの入退会を繰り返す等転売目的のおそれがある場合や、取引実績その他総合的な与信判断の観点から、注文をお断りする場合や注文確定後にキャンセルさせていただく場合があります。

確かにひかりTVショッピングの還元条件からは「半年程度の維持~」という指定がなくなっていますけれど、OCNモバイルONE側で最低利用期間自体が廃止されたわけではなく(違約金は1,000円に減じられましたけれど)、短期解約を繰り返すとブラックリストになるというのは、すでにいくつかの報告を私も見かけています。

”キャッシュバック・ポイント還元の条件に入ってない=短期解約してもよい”ではありませんので、ゆめゆめ悪質な契約をなさらないようお気をつけください。

どこまで維持するのか、何回線まで契約・解約しても大丈夫なのか、それはOCNのみぞ知るところです。9月以前よりも判断基準が変わっているかもしれませんし(緩くなることも、厳しくなることも内部の事情次第でいつでも変更される可能性があります)、常識の範囲内で契約するのがよろしいかと思います。

今回から購入する機種によってはお得度がかなり微妙なモデルが混じっていますので、うまく使いわけて最新スマホを安く手に入れられるよう頑張りましょう。

☆「ひかりTVショッピング OCNモバイルONEキャッシュバックキャンペーン(2019年10月版)


by ke-onblog | 2019-10-09 19:51 | キャンペーン情報 | Comments(2)
Commented by キリヒトハ at 2019-10-10 07:45 x
RenoAを安く手に入れたい場合は、goo simsellerのキャンペーン(10/16〜)が良さげですね。
Commented by ke-onblog at 2019-10-10 08:06
> キリヒトハさん

条件はあるにしても現金でほぼ2万円引きは良いですよね~。すぐに売り切れないかだけが心配です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。