白ロム中古スマホ購入・節約法

shiromcom.exblog.jp

使い終わったスマホを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Googleサービス利用不可なら安くなる?Mate30 Proの個人輸入価格相場

まだソフトバンクの2019年新モデル発表会が終わっていませんけれど(あるのかどうかすら知りませんけど)、2019年冬~2020年春頃に国内投入される各社のスマホが出揃った先週。

auがGalaxy Foldを出した点にはそれなりの反響がありつつも、まずまず順当な顔ぶれだったかと思います。
d0262326_13531079.png
ここ数年の夏モデル→冬モデルのAndroid端末のラインナップは、およそ1年のリニューアルサイクルを繰り返しているシリーズの入れ替えがメインであり、SoCは夏モデルと同じSDM855が最上位ですので、2019年冬モデルが既存機種に対して極端に性能が高い・進化したという印象にはなりません(Galaxy Note10+の12GB+256GBは十分凄いスペックですけれども)。

特にスマホのカメラ性能に関する部分では、Galaxy Note10+はクアッドレンズ搭載は国内向けGalaxy初となり、DxOmarkの評価スコアでは117点として、同じくクアッドレンズ搭載の夏モデル P30 Proをわずかながら上回るという状況です。
d0262326_13554548.png
スコアの内訳では、

・Note10+  写真126点+動画101点
・P30 Pro  写真125点+動画97点

と、写真のクオリティでは非常に僅差となっており、写真作例を見てもどちらが良いかは何とも言えないレベルになっています(色の味付けやノイズの出方がちょっと違うので、好みが分かれるところ)。

私もP30 Pro HW-02Lを発売日に買って使っていますけれど、マジで反則級に綺麗な写真が撮れるので、P30 ProのPhotoスコアに圧勝出来る機種は、そうそう出てこないのも仕方がないのかもしれません。

特にズーム撮影に関してはP30 Proは突出しています。


このP30 Proに勝てるカメラ性能のスマホを探すとなると、やはり同じファーウェイ製になってしまいますが・・・噂になっているとおり、次世代機のMate30 Proは例の問題が後を引き、Googleサービスが使えないというAndroidスマホとして致命的過ぎる状況です。

日本国内ではGoogleおよび米国とファーウェイの問題が解決しないと今後新機種を発売するのはしばらく難しいと予想されますが、逆に「Googleサービスが使えない=需要が減るのは目に見えているので投げ売りする」のでは?と。
d0262326_14120279.png
Mate30 ProのDxOmarkスコアは総合121点、Photoのみなら131点。P30 Pro, Galaxy Note10+も超えています。

Googleサービスが使えないスマホはさすがに一般需要はほとんど無くなるとは思いますが、「日本で買えない」ということに逆に魅力を感じる層もいらっしゃるでしょうから、個人輸入した場合の価格相場をチェックしてみることにしました。

まず、2019年10月14日時点では海外スマホ通販で有名なEtoren・エクスパンシスにはMate30 Proの在庫はありません。

現在安く輸入できるショップとしては、Geekbuyingがフラッシュセールを開催しています。
d0262326_14245553.png
中国版の8GB+128GBという最も安い組み合わせで、114,760円~。初回利用者向けの2%OFFクーポンも使えます。

☆「Geekbuying HUAWEI Mate 30 Pro 8GB+128GB」/114760円(2019年10月14日時点)

もう少し安く買いたいのなら、Aliexpressです。

d0262326_14311474.png
アリエクの在庫には商品説明に「Google App」と書かれており、バイヤーが勝手にGoogle関連アプリを入れています(ただし噂によれば強引にインストールしても起動できないようになっているらしいので・・・)。

でも、価格は安いです。


今の円相場でおよそ9.7万円です。アリエクのスマホでカスタムROMが入っていることは珍しくありませんが、どうせグーグルサービスが使えないのなら利用する前にはクリーンインストールし直したほうが良いかもしれません。

自分で輸入するのが難しい場合は、並行輸入品を国内業者から買うという手もあります。

2019年10月14日時点ではアマゾン・ヤフー・楽天などにはMate30 Proの在庫は見当たりません。イオシスも仕入れていないようです。
d0262326_14431012.png
ヤフオクには何台か取引歴があり、12~13万円前後で売買されています。

ドコモ版のP30 Proが9万円ですから、「Googleサービスが使えない/日本向けではない」という点を差し引いて、Mate30 Proに価値を見いだせるなら輸入してみるのも良いでしょう(現時点で相場がどんどん下がっているため、利益が出るレベルではないと思いますが)。

ハイエンドコンデジでは10万円超えの製品もありますので、「スマホではなくカメラ」として考えるならありかもしれません(Mate30 Proの利用はいろんな意味で上位向けなので、輸入・利用ともに自己責任で頑張れる人以外にはオススメしません)。


by ke-onblog | 2019-10-14 14:49 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。