白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

先日のプライムデーほどではありませんが、日本の技適あり・Android 9 Pieへ更新できるスナドラ835搭載機種、Essential Phoneがアメリカのアマゾンで大幅値下げされています。

d0262326_03083821.jpg
この日記を書いている時点において、Halo Grayの本体のみの販売で日本直送可能な在庫が279.99ドルになっています。

国際送料・手数料を含めても311ドル、日本円にしておよそ34300円ほどで輸入できちゃいます。


*価格は在庫状況・出品者によって変わることが多々あります。必ず購入手続き時点の価格をよく見てからオーダーしてくださいHaro以外は340ドル~370ドルになっています。

Essential Phoneの通常価格は399ドル(公式のECサイト経由で注文した場合)で日本からも注文する事ができますが、アメリカのアマゾンアカウントさえあればamazon.comを使った輸入もめちゃくちゃ簡単(表示が英語になっていること以外、ほぼ日本のアマゾンと作りが同じだから)なので、プライムデーに買い逃した方・買い増しをしたい方はチェックしてみてください。

Essential Phoneの国内流通価格相場は新品の場合43,000~45,000円くらいとなっていますので、このセール価格なら個人輸入のほうがおトク度が高いです。


# by ke-onblog | 2018-08-19 03:20 | 端末輸入 | Comments(0)
今夏最強のカメラスマホ、Huawei P20 Proのドコモ版 HW-01Kの白ロム価格がずいぶんと安くなってきました。

日本国内ではP20 Proをドコモ専売モデルとして販売するという珍しい売り方をしたHW-01Kは、2018年6月15日直後、非常に高値で売買されていた時期もありましたが、発売から2ヶ月が経過して人気に陰りが見えてきました。
d0262326_10395651.jpg
エントリーモデルのP20 liteとハイスペックモデル P20のSIMフリーモデルはそれぞれ3万円・7万円程度での発売となり、それはそれで個々に人気があるようですが、DxOMarkで依然最高スコアの109点となっているP20 Proは、ドコモ価格で10万円を超えています。

月々サポートや各種割引を使えばそれなりに安くなるものの、特価BLで定価購入しか出来ないユーザーにはなかなか手が出しづらいモデルとなっていましたけれど、2ヶ月間で白ロムの相場価格は5万円もの値下がりを起こしています。

発売日の直後ではオークションサイト等でおよそ11~12万円、白ロムショップならば13万円近くで売られていたHW-01K。iPhone X並の価格でした。

それが今や、そろそろ8万円を切れそうな勢いです。
d0262326_10465848.png
直近のヤフオクでの落札実績を見てみると、新品未使用状態のSIMロック解除済み白ロムでも80~85k程度での落札が行われています。
d0262326_10494697.jpg
ヤフオクだけで価格崩壊をしているわけではなく、「メルカリ」でもやはり8万円台での売買が見られます。

まだ一般的な白ロムショップでは9万円前後が相場(例えば「イオシス」では発売直後129,800円→現在89,800円へ4万円の値下げ)となっているものの、ヤフオクならくじ引き企画、メルカリならd払いによるポイント利用・還元が狙えるので、実質的な購入負担額はさらに安くなっていると言えます。

私もP20 Proを発売日から使っていますが、カメラは確かに面白いですし、顔認証・指紋認証の快適っぷりは他の夏モデルハイエンド機種と比べても勝るとも劣らないレベルの端末です(P20 Proの実機レビューはこちら

白ロムが10万円を超えていた時期ではカメラ機能のみを期待して買うのはやや辛い価格に感じていましたが、実質負担でなら8万円を切り始めた現時点の価格を考えると、悪くない水準になってきたように思います。

発売から時間が経てば価格が下がるのはどんなスマートフォンでも同じことながら、やっぱりドコモモデルになってもファーウェイのスマホは値下がりしやすいのかもしれません。

量販では機種変更でも値引き販売しているショップもあるようですし、最高峰と言われるP20 Proのカメラを体験してみたい人はキャンペーンで還元率が高くなるタイミング&さらなる値下がりも期待できそうなHW-01Kの白ロム価格をチェックしてみるのもよいでしょう。



# by ke-onblog | 2018-08-18 11:02 | 白ロム転売法 | Comments(0)
2018年7月27日から実施されているひかりTVショッピングとOCNモバイルONEのセット契約キャンペーンにおいて、売れ行きがイマイチだったようでここに来てテコ入れが行われています。

今季の狙い目機種であったP10, P10 Plusはすぐに売り切れてしまってここまで在庫が復活することはありませんでしたが、今日17日に配信されたクーポンを使うと、iPhone6s, iPhone6s Plusなどの一部機種において最大5万円相当以上のキャッシュバック+ポイントを獲得可能です。
d0262326_20472310.jpg
最大還元を到達するためにはいくつかの条件があります。詳しくは過去の日記に書いたのでそちらを参照下さい。

今日はd曜日でもあります。クーポンの対象となっているiPhone 6sの場合でざっくりと最大還元率を計算してみると以下のようになります。

iPhone 6s 16GB(SIMフリー整備品) 48,800円に対して、

・購入ポイント 10倍 4880PT
・d払い 最大7倍時 3,416dP
・10,000PTクーポンコード「ひかりTVショッピング メルマガ登録方法icon
・OCN契約特典 20,000円現金CB
・OCN契約特典 10000PT
・PT1.5倍プロモーションコード「aff_ocn08」利用上乗せ 5000PT

以上で20,000円+3,416dポイント+29,880ぷららポイント=総額53296円相当の還元があります。機種購入代金を差し引くと、実質負担額はマイナス4,496円となります。

OCN回線は音声SIM契約必須、月額保証・オプション加入も必須であるため維持費が結構掛かりますが(維持費計算はこちら)、実質価格がマイナスに突っ込んでいますので、公式整備品のSIMフリーで状態の良いiPhone 6sをそこそこ安く手に入れられる&MNP弾作成コストだと思えば、それなりにおトクだと言えるでしょう。

d曜日・購入ポイント分が多少目減りしてもよいのなら持っているぷららポイントの消費、dポイントの消費にも向いています。機種代全額をポイントで支払った場合にも45,000円相当の還元は受けられますので。

クーポンの有効期限は8月19日まで、OCNの契約キャッシュバックキャンペーンは8月20日昼までと期限が迫っていますので、検討する場合は申込が遅れないように気を付けて下さい。

オプションの維持期間なども細かく指定がありますので、キャンペーンの対象外にならないよう十分に気をつけて運用をしましょう。


別件で、ひかりTVショッピングでは8月20日までの期間、ソニーのプレステ販売5億台記念で、全世界で5万台のみが発売されるプレミアモデルの「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」の抽選販売受付を8月20日まで実施しています。先着ではなく抽選なので買えるかどうかは運次第ですが、他所では瞬殺すぎて購入不可なところも多いようなので、欲しい方はダメ元でも応募してみるのも良いでしょう。


# by ke-onblog | 2018-08-17 21:10 | キャンペーン情報 | Comments(0)