白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:ソフトバンクエアー( 79 )

年度末もいよいよ大詰めのタイミングとなり、インターネット回線のセット契約・キャンペーンも最高潮を迎えています。

最近ソフトバンク・ワイモバイルのスマホを新しく買った・回線を増やしたのであれば、追加でソフトバンク光またはソフトバンクエアー(SoftBank Air)へ固定回線も変更すると、さらにキャッシュバックが貰える案件もあります。

d0262326_14400574.png
YahooBBの公式キャンペーンでは、2019年3月31日までの申込み限定(受付数上限あり)で、通常現金20,000円のキャッシュバックに加えて15,000円=合計35,000円が貰えるソフトバンクエアー新規獲得施策を打っています。


ソフトバンクエアーはソフトバンクおよびワイモバイルの「おうち割 光セット」の対象です。

SB回線ならば

・データ定額 50GBプラス/ミニモンスター(および旧プラン データ定額 50GB/20GB/5GB):月額1,000円/値引き

YM回線ならば

・スマホプランS:月額500円/値引き
・スマホプランM:月額,700円/値引き
・スマホプランL:月額1,000円/値引き

という割引を、ネット回線1本につきそれぞれ最大10回線まで紐付けられます(SBとYMの両方を持っている場合も、両方のおうち割を使えます)。

ソフトバンクエアーの月額料金は割引なしだと4,880円(税別)とされており、マンションタイプや安いプロバイダーとセットで使えるエリア等の回線よりも割高です。安いマンション向け回線だと月額2~3千円くらいから使えるところもありますので、高い戸建て向け回線しか引けないような物件でなければ、あえてソフトバンクエアーを選ばなければならないということはありません。

そしておうち割の値引きも1本や2本分程度では大したことないとも言えますが、これが3回線・4回線・5回線~と大量の回線を運用しているのであれば、ソフトバンクエアーやソフトバンク光の固定回線費分を実質0円以下で追加することも不可能ではありません(もちろんモバイル回線分の料金は別に掛かりますけれど)。先述の通り、ネット回線1契約に対して、SB/YM回線の割引を大量に紐付けられるので。今、SBでは複数回線を契約することでキャッシュバックが云十万円にも到達しようかという案件も出ていますので、検討の余地が出てきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ソフトバンクの新プランであるギガモンスターを契約していればもう固定回線など要らないという考え方もありますが、おうち割セットの恩恵次第で追加する価値があるかどうかは各自計算が必要です。

他社回線のネット契約撤去料金・解除料金も「あんしん乗り換えキャンペーン(最大10万円)」および「スマホ違約金還元キャンペーン(950円×10ヶ月割引上乗せ)」で取り戻せるので、SB/YMにMNPした際に違約金を発生させていた場合はさらに有利になりえます。
d0262326_15141570.png
(ドコモ・au・UQ mobileからの転入、2年定期契約の解除料が対象)

今の時期だと通常の固定回線契約の場合は工事日程が大混雑して数週間待ち~1~2ヶ月待ちすら発生することもありますが、ソフトバンクエアーの場合は立会い工事・開通工事が一切なく、契約審査が通ればすぐに端末(受信機)が送られてきて使い始めることが可能です(詳しい申し込み~利用開始の手順は「ソフトバンクエアー 画像つ [実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ」を参照)。

SB光の場合は、Yahoo!BBではキャッシュバック25,000円になっています。SB AirよりCBは少ないですが、光が引けるのなら普通に光回線のほうが絶対に快適です(SB Airは引越し等で契約場所を移動したい場合(SB Airは届け出をするだけで契約を続けたまま利用場所を変更出来ます。もし引越し先が利用対象外エリアだった場合は違約金無しで解約(要申請)出来ます)、回線工事が出来ない場合などの特殊事情がある人向けであり、エリアによっては速度が遅かったり夜間規制がきつい場所もあります)。


過去の事例だとソフトバンクエアーの案件は4月に入ると一気に劣化します。以前ではキャッシュバックが減額するどころかゼロ(還元無し)にまで下がる時期もあったので、おうち割光セット狙いで契約するのなら3月中(開通は4月以降にずれても規定期間内であれば大丈夫)をオススメします。

*キャッシュバック受け取り・セット割引適用には各種条件があります。CB受け取りまでに解約をしたり支払い情報が正しく登録されていないと特典を受け取れないこともあるため、契約前に公式サイトにある規約(PDFファイルのやつ)をよく読み、保存しておくことを推奨します。



by ke-onblog | 2019-03-24 15:19 | ソフトバンクエアー | Comments(1)
これは過去最大にお得かもしれません。申し込み数限定で、予定に数に達し次第変更・終了の可能性ありとのことなので、申し込むのなら早めにしたほうが良いかもしれません。
d0262326_15272216.jpg
ソフトバンクのワイヤレスタイプの固定回線「ソフトバンクエアー(SoftBank Air)」について、2019年1月15日~2019年3月31日までの期間、新規申し込みで通常20,000円の現金キャッシュバックをやっているところから15,000円を上乗せし、もれなく35,000円の現金キャッシュバック(普通為替での受け取り)が貰えるキャンペーンを実施しています。

SB Airは少し特殊な固定回線なので、マンション向けの安い光回線より維持費が高めである(その代りソフトバンク・ワイモバイルのスマホとおうち割光セットを組むことも出来る)のですが、3.5万円のキャッシュバックがあれば半年分以上の維持費が還元されることになりますね~。

私も過去にSB Airを契約したことがあるのですが、そのときは何のキャッシュバックもなかったのに・・・(過去の申し込み/短期解約体験談はこのあたりをどうぞ

ソフトバンクエアーの申し込みでは他の代理店でも3万円くらいのCBを出すところは過去にもありましたが、そちらは「契約後2ヶ月はおうち割光セットを適用しないこと」などの特殊条件が付いていることもありますが、ヤフーBBはそういった余計な条件はありません。

☆「SoftBank Air(ヤフーBBキャンペーン経由)」/申し込み数限定 3.5万円CB

ただし、キャッシュバック対象になるためには以下のような条件があります。
  • 本特典実施期間中に、ソフトバンクエアー(分割払い)に加入すること
  • 申込月を含む3カ月末までに開通していること
  • 申込月を含む3カ月末時点で利用を継続していること
レンタルで契約したい場合にはヤフーBBでは特典が貰えませんので、通常のソフトバンク公式サイト等から申し込みが必要です


公式サイト経由だと確定キャッシュバックは貰えませんが、1万円CBが毎月50名にあたるキャンペーンなどがあります(2019年1月時点)。こっちはレンタルでも対象です。

他の代理店だと、

☆「SoftBank Air (株式会社NEXT)」/最大3.3万円

などもあります。それぞれ微妙に条件や還元時期が違うので各自で確認してください。1月17日時点では、やはりヤフーBBの3.5万円CBが最大だと思われます(SB Air以外の契約によるキャンペーン分は除外)。私はYahooBB以外は使ったことがないので対応の評判などは知りませんが、少なくともヤフーBBでの契約時には特にトラブルなく契約→解約が出来ました。

d0262326_15371873.png
キャッシュバックは申込み月を含み4ヶ月後くらいに普通為替証書が送られてきますので、それを郵便局の窓口に持っていけば現金と引き換えられるはずです。

これからの時期は通常の光回線を契約しようとすると、工事の予約が混雑して開通までに何週間、下手すると1ヶ月以上の待ちが発生することすらあります。

その点ソフトバンクエアーは本体が宅配便(以前は佐川でした)で送られてきたら、コンセントを挿すだけですぐに使えるため、申込み→開通までの待ち時間は比較的短めであり、立会で開通・作業する必要がまったくありません

通信速度や品質についても、4G回線を使っている影響で通常の光回線ほどの安定性・快適性もなく、かつ夜間時間帯はエリアによって速度規制が結構辛いところもあると聞きます。


ガンガン自宅でネットを使う必要がある、常時100Mbps以上の快適な速度でないと我慢できない人にはソフトバンクエアーをオススメしません。でも、ソフトバンク・ワイモバイルの回線を複数持っていておうち割光セットによる割引効果が大きい場合・引っ越しや物件の都合上で通常の固定回線は引き辛い場合など、特殊な条件下においてはPocket Wi-Fi系のサービスよりもソフトバンクエアーのほうが使い勝手が良いという可能性はあります。

SBエアーは万人受けするサービスではありません。マンション向けに月額2~3千円くらいの格安光回線が使えるのであれば、断然そちらをオススメします。しかし、普通の光回線が引けずに迷っているのであれば、通常より1.5万円もキャッシュバックが多く貰える今のチャンスを狙うのも良いかもしれません。

注意点として、私も何件も相談をされたことがあるのですけれど、”明らかにソフトバンクの接続エリア圏内であるのに契約を断られる物件”があるそうです。たまたま電波の届きにくい(とソフトバンクが調査して判断している)物件や、過去に通信が入りにくいといった苦情があった物件での契約を断っているのかな?というような事例もありましたので、ソフトバンクエアーが使えるエリア・建物かどうかもよく確認してください(特に引っ越しを伴う新生活時に使いたい場合など)。

キャンペーン期間は2019年3月31日の申し込み分までとなっていますが、先ほども書いたように予定数に達した時点で通常の20,000円キャッシュバックに予告なく戻ることがあるため、各自で最新の情報・キャッシュバック条件を確認してから申し込みをして下さい。

☆「SoftBank Air(Yahoo! BBキャンペーンはこちら)/期間・数量限定 35,000円CB

申し込みから端末受け取り、開通までの流れは「[実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ」にも画像つきで解説してます。

by ke-onblog | 2019-01-17 16:14 | ソフトバンクエアー | Comments(2)
ソフトバンク・ワイモバイルのスマホ料金をセット割引で安くすることの出来るSoftBank光およびSoftBank Airの加入でキャッシュバックキャンペーンが、いい買い物の日仕様になりました。

9月頃にも類似のキャンペーンをやっていましたけれど、やはりいい買い物期間中が最も好条件です。
d0262326_02571158.jpg
キャンペーンを実施しているのはYahoo! BBで、事前にくじ(ズバトク・いい買物Yahoo! BBくじ)に参加することで、通常の申込特典(2万円CB)に加えて1万円~5万円のCB上乗せがあります。

クジは2018年11月30日23時59分まで、1IDにつき1回引くことが出来ます。


Yahoo! BBでは独自のネット回線申込特典として2万円のキャッシュバックをやっており、申込み時にくじ引きの結果で表示されたコードを入力すると、キャッシュバックが3万円・5万円・7万円に増額されるという仕組みです。
d0262326_03090210.png
キャッシュバックの対象は通常の光固定回線を使った「SoftBank光」と「SoftBank Air」です。YahooBBではADSL回線も扱っていますが、そちらは対象外なので注意してください。


それぞれ申込画面の「その他確認事項」の欄にある特典コードの入力欄に、くじ引きで表示されたクーポンコードを入れ忘れないように注意してください。
d0262326_03115245.png
5万円・3万円が当たる確率はかなり低そうですけれど、3等の1万円でも合計で3万円のCBになりますので、通常期に比べればネット回線2ヶ月分の維持費が浮くので、かなりお得でしょう(2万円のキャッシュバックを貰う・ソフトバンク/ワイモバ回線とのセット値引き「おうち割光セット」には適用条件がありますので、各自公式HPで確認してください)。

ソフトバンク光は普通の固定回線なので開通工事にある程度時間が掛かります。特典コード・キャッシュバックの有効期限として2019年1月31日までに開通していればOKとされていますので、まず問題無いと思われますが、立会工事の関係で何度も延期してしまわないように気をつけて下さい。

ソフトバンクエアーの場合は立会い工事不要で、通常は申込から1週間もあれば自宅に受信機(エアーターミナル)が届き、すぐに使えるようになりますが、申込のエリア・物件によって稀に都心部でも提供エリア対象外として申込がキャンセルされる事例を聞いていますので、くじ引き特典の申込期限(2018年11月30日)ギリギリにならないように注意しましょう。

このくじ引き・YahooBB特典のキャッシュバックはソフトバンクの公式キャンペーンである「はじめよう Softbank Air割(-1080円×24ヶ月引き)」「おうち割光セット スマホ違約金還元キャンペーン(-950円×10ヶ月値引き)」「SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン(他社ネット回線の違約金・撤去費用等を10万円までCBで負担)」などと併用が可能です(それぞれ適用条件があります)。

SB回線・ワイモバ回線を複数運用している場合はネット回線もセットにしたほうが通信費を節約できる可能性がありますので、最近回線を増やしたのであれば11月30日までのくじ引きキャッシュバック上乗せ期間を狙うのが良いでしょう。これ以上の条件はYahooBBでは年度末シーズンでもまず出ないので。


by ke-onblog | 2018-10-21 07:00 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
現在Yahoo BBのキャンペーンで2万円の現金キャッシュバックをやっているソフトバンクエアーの新規契約案件もあるのですが、条件を飲めるのならこちらのほうが額が大きいです。
d0262326_15111838.jpg
ソフトバンクのネット型代理店「エンジン株式会社」というところが運営するソフトバンクエアーの新規契約のみ、指定オプションやスマホのセット契約等条件一切無しで3万円の現金キャッシュバックとのこと。過去に他の代理店で24000円・28000円というCBを出しているところを見たことがありますが、3万円に乗せているのを私は初めてみました。

ソフトバンクエアーの受信機(無線LANルーター機能あり)はエアーターミナル2か3のどちらかで、端末はレンタルでも割賦契約でもOKとのことです。ヤフーBBの場合キャッシュバックを受けるためには割賦購入のみになっているので、2年間で解約をする前提ならばこちらのほうが良いでしょう。

ただし、料金面でのオプション・指定は少なくて良いのですが、キャッシュバックを受け取るまでの手順がヤフーBBに比べて面倒になっています。

まず、一つ目のトラップ。
SoftBank Airの開通翌月初旬にキャッシュバック申請書を郵送にてお送りします。キャッシュバック申請は、FAX・メール・郵送にて受け付けております
CBを受け取るためには申請書を受け取り、そこから申請を始めなければなりません。ヤフーの場合は何もしなくても郵便為替が送られてくる(現在の申し込みだと2018年6月下旬頃より発送)ので、申請漏れでCBを貰いそこねる心配はないのですが、他の代理店ではこちらから申請しないとキャッシュバックの特典付与が始まりません。

二つ目のトラップ。
キャッシュバックは、申請月の末日から起算して3ヶ月後の末日を目途に実施いたします。キャッシュバックの有効期限は、課金開始より180日以内となっております
これはトラップというほどでもないかもですが、キャッシュバックの申請が出来るようになるのは契約翌月からであり、実際に振り込まれるのが3ヶ月後(この時点でざっくり120日経過)、それでいてCBの有効期限が「課金開始日から」180日。「キャッシュバック申請が出来るようになってから180日」ではないところに注意してください。つまり、申請するタイミングが遅いと「およそ3ヶ月掛かる振込実施日まで”課金開始日から180日”」を超えてしまう可能性があります。

CB申請書類が届き次第すぐに手続きすれば問題ありませんが、このあたりの混乱を引き起こしそうな日程設定に引っかからないようにしましょう。

三つ目のトラップ。
おうち割または光おトク割の手続きを開通月の翌月以降に行ってください。開通同月に手続きされた場合は、キャッシュバックが、5,000円になります
ヤフーBB以外の代理店ではこの制限を課しているところが多いのですが、すぐにSBのモバイル回線とのセット割を組むことを代理店は嫌うようです。SB公式・ヤフーではこの縛りはないので、代理店のインセンティブになんらかの影響があるのでしょう。このトラップにハマるとCBが一気に1/6まで減ってしまうので、絶対にセット割申請を行う時期を間違えないで下さい。

例えば2月にSB Airを開通させておけば、3月に申請→4月分からセット割引を適用できるようになるので、ソフトバンクのモバイル回線よりも先にソフトバンクエアーを申し込み・開通させておくと良いでしょう。

他にも注意すべき点はあるかもですが、私が気をつけたほうが良さそうかな?と感じたのは上記の3点です。トラップに引っかかりさえしなければオプション無しで3万円のCBは他社よりも有利な条件になっていますので、トラップに引っかからないように慎重に契約・行動出来る人には向いています。

CBの申請・有効期限を忘れてしまいそうだという人はヤフー経由が良いかと思います。

☆「SoftBank Air(YahooBBキャンペーン経由)

なお、SBの公式ホームページ経由だとキャッシュバックはありませんが、抽選で毎月7名にJCBギフトカードが66,000円分(ネット代金1年分相当)が当たるCBもありますが、それよりは確実に2万・3万円が貰える代理店を経由したほうが良いでしょう。

ソフトバンクエアーの契約はフレッツ回線のようにプロバイダーが複数あるわけではないので、どこの代理店を経由して契約してもサービス・通信速度自体に違いはないはずです。

by ke-onblog | 2018-02-17 15:41 | ソフトバンクエアー | Comments(2)
ソフトバンクの固定回線とスマホの料金値引きについて明日1月17日の適用分から一部の割引額が減額されました(過去記事参照)が、代わりにソフトバンクの正規ウェブ受付店であるヤフーBBの新しいキャンペーンが始まりました。

ネットの新規契約が増えるこのシーズンにセット割引額を減らすのはどういうことだろう?と思っていましたが、これでセット割の目減り分が補填出来そうです。
d0262326_13155644.jpg
しかも以前のソフトバンクエアー契約案件でよくあった期間限定のTポイント付与ではなく、現金キャッシュバック(郵便為替)による還元

新しいキャンペーンの名前は「SoftBank Air 新生活キャンペーン」です。ヤフーBBのホームページを経由して申し込んだ場合のみ適用されるキャンペーンであり、ソフトバンク公式の乗り換え違約金負担(最大10万円)還元とは別に、もれなく2万円のキャッシュバックが貰えます。

☆「SoftBank Air(ヤフーBBのキャンペーン経由)

キャンペーンの適用期間中はウェブ申し込みのページでは、以下のような案内が出てきますので手続き中の表示をチェックしてください。
d0262326_14104730.png
キャッシュバックの条件は、

・新規でキャンペーンページから申し込むこと(店頭等での契約は対象外)
・エアーターミナル(無線LAN機能付きの受信機)を割賦購入で契約すること(本体は3年の月月割で実質0円)
・2018年3月31日までに申し込み、5月31日までに開通・6月の第一営業日時点で利用中であること


→2018年5月18日以降の場合(終了日未定)、以下のように条件表記が変更されています。
・本特典実施期間中に、ソフトバンクエアーに加入すること
・申込月を含む3カ月末までに開通していること
・申込月を含む3カ月末時点で利用を継続していること
といったものがあります(一部抜粋。より詳しい条件はキャンペーンページの提供条件が記載されたPDFファイルを参照)。ソフトバンクエアー契約の場合は、基本料金(+機器購入)以外の有料オプションは一切不要です。ソフトバンクエアーではなく、通常の光回線(ソフトバンク光)の場合はおうち割光セットまたは永年500円オプションが必要とのことです。

ソフトバンクエアーはソフトバンク・ワイモバイルのスマホとセット割引を組むことが出来ますし、今は「はじめよう SoftBank Air割特典」として、ソフトバンクエアー側の月額料金を最大1,080円×24ヶ月引きを使う事もできますので、セット割の有無に依らず、使い放題の回線としてそこそこの安さになります。
d0262326_13315861.png
ソフトバンクエアーはワイヤレスですのでネット契約時の工事が一切必要無く、電波さえ届けば(SBによる提供エリア内である必要あり)どんな物件でも使える・引越し先へもそのまま契約を移すことが出来るという特殊性があるサービスなので料金は基本的に一般的なマンション向け固定回線より高めだったのですが、キャンペーン込み・スマホとのセット割引を活用出来るケースでは、割引の効果が非常に大きく出ます。

1月17日からソフトバンクのおうち割光セットでは、5GB/20GBプラン契約時の割引が1,522円→1,080円(2年分)に減ってしまいましたが、2年総額で1万円の値引き減→2万円のキャッシュバックで1回線利用時のお得感はアップしています。50GBプランではもともとセット割の減額はありませんでしたので、単純にお得感が増しました。

ソフトバンク・ワイモバの回線を持っているのならこのキャンペーンを活用しておきましょう。ヤフーBBのキャンペーンはオリジナルの上乗せ特典が無い時期もあり、おトクなタイミングとそうでない時の差が激しいので。

SB Airの申し込み手順・開通までの流れは [実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめを参照下さい。



by ke-onblog | 2018-01-17 13:44 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
セット割引を組める状況にある人は急いで契約をしたほうが良いかもしれません。

ソフトバンクおよびワイモバイルのスマホとセットでSB系列の自宅用固定インターネット回線を契約すると割引される「おうち割光セット」が2018年1月17日から改定されることが発表されました。

セット対象となる一部のプランでは値引き額が大きく下がるので注意して下さい(1月16日までに適用すれば旧条件で契約可能)。

d0262326_16082152.png
変更前後ではこうなります。文字で書くと、

・20GBプラン/5GBプラン → 1,522円→1,080円 (2年間で総額10,608円値上がり)
・1GB/2GBプラン → 500円→540円 (2年間で総額960円値下げ)
・4Gフラットプラン → 1,522円→1,080円 (2年間で総額10,608円値上がり)


ということです。2年間の優遇がなくなり、3年目以降の値引きと均一になります(先日少し触れましたが、ADSL回線とのセットなど、3年目以降は割引が無くなる対象回線もあります)。

これまでの2年間・3年目以降~という区切りがなくなることで割引システムとしてはシンプルになるものの、プランによっては2年で1万円も維持費が上がります。家族で複数回線を使う予定だったのなら、結構な差額になってしまいます。

今のソフトバンクの主流プランはギガモンスターの50GBであり、そちらはセット割引はすでに月額1080円×永年になっていますので、17日前後での有利・不利は関係無さそうです。

あと2週間しかありませんので、今から普通の光回線を申し込んでも工事日は間に合わないかもですが・・・。詳しい手順は私は把握していないのですが、確か両方が開通していないとMy Softbankからはおうち割セットの申し込みはできなかったかと思います。

ソフトバンクエアーの場合は工事が発生しないので、申し込みが混雑さえしていなければたぶん間に合います(私が過去に申し込んだときには申込日を含めて6日目で開通していました→「[実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ」)。

固定回線と携帯回線の名義が違う場合は、開通後にソフトバンクショップで手続きが必要なはずです。

関連Q&A:http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=81970&a=101&id=81970

改定は1月17日からということなので、このタイミングで携帯料金またはネット回線の料金が変更されて帳尻が合わせられる可能性もありますが・・・。このセット割引の減額だけをみるとネット回線の切り替えやMNP最盛期シーズンに大きな改悪をする狙いはなんでしょうか。50GBプランへの誘導強化?

auのセット割「auスマートバリュー」では最大で月額2,000円(データ30GB契約時)までありますので、今回の改悪でSBのセット割引が見劣りしてしまうような気がします。セット割改定に合わせてスマホプランかネット回線のどちらかで、何らかの値引き・価格変更を予定しているのかもですね(順当なところでは学割関連でしょうか)。

☆「SoftBank Air


by ke-onblog | 2018-01-05 16:32 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
最近のiPhone一括0円案件ではauよりもソフトバンクのほうが話題になっていることが多いような印象があります。

ソフトバンクのiPhone案件では、本体の価格は確かに安いのでしょうけれど、月額の維持費を安くするためには「おうち割光セット」という、固定回線との割引が込みで提示されていることが多く、セット割を使えないと年間の維持費が万単位で高くなるケースが殆どのはずです。

SB(及びワイモバイルも)のスマホ・iPhoneとセット割引を使えるネット回線としては、定番どころの「ソフトバンク光(フレッツの光コラボレーション回線)」固定回線が引けない場合にも使える「ソフトバンクエアー」、および一部のケーブル・地域系回線(ひかりdeトークS・ケーブルライン・NURO 光 でんわ(ケーブルライン))もあります。

しかし、「スマホで大容量プランを契約したので、ネット回線側は少しでも安いほうがいい」という場合、2018年のご時世にもADSL回線を契約することも可能です。
d0262326_09504313.jpg
おうち割セットが使えるADSL回線として、全国的に提供されているのはYahoo! BB ADSL」と「ホワイトBB」です。

利用条件によって月額維持費が異なるので、実際の固定回線維持費がいくらになるのかは各自でチェックが必要(それが出来ない人はADSL契約はオススメしません)ですが、ヤフーのADSL回線では「バリュープラン12M」という中速(数値通りの速度が出ればネット動画くらいなら問題なく見られるレベル)プランを選ぶと、最安月額1,265円~(+工事費80円+ユニバ料金)で利用出来ます。
d0262326_09564229.png
固定電話が無い場合は、バリュー12Mで月額2,857円~となっています。

このバリュープランでもソフトバンクのおうち割光セットの値引き額は、2年間は光・ソフトバンクエアー回線と同じです。
d0262326_09595766.png
上記の「3年目以降~」の割引はADSL回線は対象にならないので注意して下さい。まぁ、みなさん2年経ったらスマホ回線もMNPするでしょうから問題ないでしょう(笑)

ADSL回線は基地局との距離・ユーザー数による混雑具合によって通信速度の低減が起こりやすく、決して一般的な光回線と同じように快適に使えるとは限りません。しかし、今時はほとんど全てのネットをスマホで済ませてしまう(特にSBで50GBプランを家族それぞれが契約するような場合は)こともあるでしょうから、おうち割光セットの値引き目的だけで2年間契約するのなら、逆にADSL回線も検討の余地があると言えるでしょう。

ソフトバンク光の場合はマンションタイプで通常月額料金が3,800円~、ソフトバンクエアーの場合は月額4~5千円(セット割やプレミアムコースに加入するか否かで月額割引が増減します)が掛かるのに対し、自宅に固定電話もあるのならADSL回線のほうがまず間違いなく安い維持費に出来るはずです。

ただし、建物や地域によってADSL契約が出来ない場合もありますし、ADSLでは遅すぎて話にならないユーザーもいるでしょう。私の場合ならモバイル回線だけでは絶対に足りない&固定回線でも通信を使いまくるため、たかだか月額2~3千円差ならば光回線を引きますが、使わないのに高い固定回線を契約する必要はありません。

「おうち割光セット」という名前なので、つい光回線を契約しなければならないのかと思い込んでしまう恐れもありそうですけれども、選択肢は一つではないので、よく考えて選んでみましょう。

ADSL系の契約では巨額キャッシュバックキャンペーンはありませんが、他社回線からの乗り換え時コストを負担する「おうち割 光セット スタートキャンペーン」は光契約と同様に使えます(公式ページに適用可能なキャンペーンの提供条件PDFファイルがあるので、必ずチェックしましょう)。

キャッシュバックを狙うなら光回線には代理店で奮発したインセンティブを出していますので、基本的には光回線を契約したほうが快適だと思われますが、各自でランニングコストとネット回線の必要性を考慮して比較して見る価値はありそうです。

☆「Yahoo! BB ADSL
☆「SoftBank Air
☆「SoftBank光新規申込で28,000円、他社転用で13,000円キャッシュバック!



by ke-onblog | 2018-01-03 10:22 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
ソフトバンクの固定回線(光・SB Air)の加入時に利用できる割引の一つ、「おうち割光セット スタートキャンペーン」について、個人的にちょっと勘違いしていたことがあったので、適用条件と適用の範囲を改めて詳しく勉強してみたいと思います。
d0262326_02195262.png
おうち割 光セットスタートキャンペーンというのは、2017年4月から継続している「ソフトバンクのモバイル回線に対する割引」の一つです。ネットとのセット割引では「ネット料金から値引き」する場合と、「携帯料金から値引き」するタイプがあり、スタートキャンペーンは後者ということになります。

おうち割 光セットスタートキャンペーンの適用条件を全て書き出すとそれだけでページが終わってしまうので詳しくは公式サイトの提供条件を申し込み前に確認してほしいところですが、契約の携帯回線側のプランは「5GB以上のデータプラン or パケットフラットプラン」のいずれかが必須です(子回線不可)。
d0262326_02270240.png
端末は対象の基本プランが契約できるものならiPhoneでもAndroidスマホでも4GケータイでもOKです。

このあたりは基本的なことなので、見誤る人はあまりいないと思いますが、今回の「おうち割光セット スタートキャンペーン」は、ドコモ・au・UQモバイルの2年契約違約金のみが対象になる、という点が重要です。

上記以外のMVNOからの音声SIM違約金や、機種代金/端末購入サポートなどの解除料は残念ながら対象外です。

そして、冒頭に書いた私が勘違いしていた点とは、記事のタイトルにも含ませたのですが家族で一斉にソフトバンクに乗りかえ、光セットスタートキャンペーンを使う場合は最大10回線分まで10,260円還元を受ける事が可能という点です。

この適用最大回線数の記述はウェブ上のページ・提供条件PDFファイルには書いていないような気がするのですが、キャンペーンの紹介ガイドPDFファイルには記載があります。
d0262326_02373049.png
☆「SoftBank Air」(ページの下の方に「キャンペーン詳細と適用条件」の一覧があります)

ソフトバンクエアーや光回線とのセット割を使いたいケースでは、メイン回線として家族で丸ごと取り替えるケースも多いと思いますが、このスタートキャンペーンだけで最大10,260円×10本=10万2600円の割引を受けることが可能です。

キャンペーンのウェブページの「本キャンペーンの特典は1回線につき1回のみ適用」という記載だけをみて、私はずっと「ネット契約1回線につき10,260円の値引きが最大」だと思っていました(´∀`;) これは「モバイル回線1台あたり、1回」という意味だったのですね。

MNPで安く買い替えて維持費が月額割引で0円を下回る場合には、翌月以降にスタートキャンペーン分を繰り越すことも出来ます。

また、モバイル回線の違約金だけでなく固定回線の違約金(工事撤去料など)を最大10万円まで還元する「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」も併用が出来ます。あんしん乗りかえCP分は携帯・ネット回線料金の値引きではなく、普通為替での現金キャッシュバックです。

ドコモの回線を2年契約の途中で切ると特価BLになりやすいと聞きますが、しばらく戻る気がない場合などには端末購入サポートなどの割引解除料期間が終わったタイミング(13-14ヶ月)で、2年を待たずすべての回線をSBに移してしまっても2年契約の違約金分は免除されるというわけですね。

おうち割光セットスタートキャンペーンおよびあんしん乗り換えキャンペーンでは、モバイル回線の違約金・ネット回線の違約金/撤去費用などを支払ったことを証明する必要もありますので、セット割の適用だけでなく還元キャンペーン申請のタイミングも忘れないように注意して下さい(書類送付用の封筒は申し込み後にネット回線書類・SB Airの本体と一緒に届くはずです)。

ソフトバンクエアーの申し込み方法については「[実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ」のページで解説しています。通常は1週間程度で自宅に届きますが、年末年始だと配送スケジュールに遅延があるかもしれませんので、年始スグに使い始めたい人は注意して下さい。


by ke-onblog | 2017-12-24 07:09 | ソフトバンクエアー | Comments(2)
iPhone販売商戦が落ち着く12月は、インターネット回線の乗りかえキャンペーンが例年増えやすいタイミングです。

ネット契約のベストシーズンとしては年度末の2-3月ですが、携帯回線とのセット割引を考えるのならば、早めにセット割引が適用できる条件を整えた方がキャッシュバックの増額を待つより有利な可能性もあります。

ソフトバンクの固定代替回線であるソフトバンクエアー(Softbank Air)は、最近では「かんたんWi-Fi」というネーミングに変えているようで、電源を入れて接続するだけでネットを利用できる楽さをアピールしているようです。

実際に私も昨年の一時期SB Airを使っていましたが、本当に利用の開始・接続は楽です。

☆「 [実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ

このソフトバンクエアーは、ソフトバンクのスマートフォンと一緒に使うと「おうち割 光セット」として、月額500円~2000円/台の割引を適用出来ます。家族で複数回線適用出来るのなら、割引額はSB Airの基本料金を超える=ネット回線台実質0円にすることも出来るでしょう(例えばデータ定額5GBプラン×4本分で、毎月1,522円×4回線×24ヶ月引(総額14万6千円引き)、みたいな感じ)。

ワイモバイルとセットにする場合は、かつては「光セット割」という名前でしたが、現在は「おうち割 光セット(A)」という割引名称に変わりました。
d0262326_10145427.jpg
ワイモバの場合はセット割引幅はソフトバンクのパケットプランセットより低いものの、料金の安いスマホプランSでも割引を組むことが可能です(ただし家族割など一部併用できない割引もあります)。

☆「ワイモバイル

そして、加入特典として以前は最大で24,000円くらいのキャッシュバックを出している代理店が多かったのですが、12月に入ってから増額をしたようです。

☆「SoftBank Airキャンペーン!新規で27,000円のキャッシュバック

新規加入でのキャッシュバックは25,000円(還元条件としての加入オプションは一切無し)で、申し込み時に送られてくるSMS到着から2日以内に申し込みを行うと、2,000円増額されて最大27,000円の現金キャッシュバックが受けられます。振込は最短契約から2ヶ月後。

ソフトバンク光のキャンペーンもあります。こちらも増額中ですね。

☆「SoftBank光キャンペーン!新規で27,000円、他社転用で13,000円のキャッシュバック

SB Airの基本料金は一般的なマンションタイプの光固定回線に比べると割高ですが、固定回線が引けない・引っ越し予定がある場合(SB Airは引越し先へもそのまま住所変更で継続利用可能)・回線工事の立会が嫌だ、工事日程を待てない場合などに使うものです。それ以外の場合はフツーの固定回線を引いたほうが速度も安定して料金も安いので、どちらが良いかは各自で考えて下さい。

また、上記の代理店はキャッシュバックの条件に「開通月はおうち割光セットを組まないこと」というのが入っているので、セット割引適用のタイミング・契約維持期間にも注意して下さい。

類似のサービスとしてUQのWiMAX2+の据え置き型モバイルルーターもありますが、SB回線/ワイモバ回線のセット割引次第ではソフトバンクエアーの方が維持費が安くなるので、上手く節約に使えそうならばキャッシュバックも込みで比較してみると良いでしょう。

ソフトバンクエアーの通信速度については、ちょっと古いですがエアーターミナル2で実測したデータは以下の記事に掲載しています。

☆「ソフトバンクエアーもお昼の混雑時間帯に遅くなるのか検証



by ke-onblog | 2017-12-12 11:46 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
昨晩日本一が決定したソフトバンクホークスの優勝を記念し、突発的にソフトバンク関連サービスのキャンペーンが始まりました。現在はSB関連・参加企業で「いい買い物の日」キャンペーンも同時開催されていることもあり、優勝ニュースに便乗してキャンペーンを増やす企業が増えそうですね。

ソフトバンク関連のキャンペーンはすでに準備されていたようで、優勝後即ホームページに特典が追加されました。

そのうちの一つが、SBの固定回線の新規契約で総額200万円(100万円×1名+10万円×10名)が当たるプレゼント企画です。
d0262326_03031340.png
優勝記念分のキャンペーンは、2017年11月31日までに申し込みを行い(優勝前の申し込み分は対象外)、2018年1月末までに開通・利用継続をしているユーザーを対象に、抽選で100万円または10万円が当たります。エントリーは不要で、自動抽選されます。
d0262326_03031366.png
対象となるのはソフトバンクの公式サイトから申込んだ場合のみです(ソフトバンクショップや量販店店頭での申し込みは対象外)。申込画面で上記のようなキャンペーン適用条件が出てきますので、申し込み前に対象のサイトかどうかよく確認してください。この適用条件が出てない場合は、見ているページが違います。

☆「SoftBank Air(ソフトバンク公式経由の申し込みページ)


SB公式のキャンペーンでは、他にもソフトバンクのモバイル回線とセットで割引が適用される「おうちセット割」を利用すると、2万円の現金キャッシュバックが貰える施策「秋の2万円キャンペーン2017」もやっています(これは以前紹介した、5000Tポイント1.5万円+CB5千円の還元案件とは別です。経由代理店が違うので併用は不可)。このキャッシュバックは11月20日までの申し込みが対象です。

2万円キャッシュバックの条件がやや複雑な表現がされているのですが・・・
[1] 新たに「SoftBank 光」または「SoftBank Air」(以下「対象サービス」とします)に加入すること
[2]ソフトバンクの携帯電話、タブレット、モバイルWi-Fiルーターのいずれかを店頭受取にて「予約」をしていること
[3]ソフトバンクまたはワイモバイルの携帯電話、タブレット、モバイルWi-Fiルーターのいずれかを「新規契約」、「機種変更」、「契約変更」などの手続きを行っていること
というような条件が書かれています(一部抜粋。全適用条件は公式HPで要確認)。「予約」が必要ということは、新しいiPhoneを意識した施策ということですかね。条件を満たせば必ずキャッシュバックは貰えますが、申し込みを行ったあと、5ヶ月目までに開通・セット割引を適用・継続していることが条件となっていますので、特典が貰えるタイミングには特に注意してください。

☆「ソフトバンク iPhone X/8/8 Plus予約ページ

あとはいつもやっている他社回線からの乗りかえ負担金最大10万円還元・ヤフーショッピングのポイントアップといった共通特典が使えます。

SBのモバイル回線とのセット割引を使わない(SBエアーや光回線だけを何らかの事情で使いたい)場合は、セット割引を使わなくても2万円相当の還元特典があるヤフーBB経由の申し込みの方が良いかもしれません。

☆「SoftBank Air(Yahoo!BB経由の申し込みページ)

by ke-onblog | 2017-11-05 03:26 | ソフトバンクエアー | Comments(0)