白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:ソフトバンクエアー( 76 )

今後2~3ヶ月以内にネット回線を変更したいと考えているのなら、それを待たずに今日申し込みをしてしまうほうが多分お得です。

先日もブログで書きましたが、7月31日までにソフトバンクの公式サイト経由でソフトバンクエアー(Softbank Air)を申し込むと、Yahooの20周年記念特典としてTポイントが26000円分もれなく貰えます。
d0262326_17192853.jpg
ソフトバンクエアーの月額料金は新端末のエアーターミナル2(ウェブ申し込みの場合、旧モデルの受信機は選べません)をレンタルで契約し、契約特典を適用させると、1~3ヶ月目は4,686円、4ヶ月目以降は5,370円(税別・スマホセット割との併用は不可)となるので、Tポイント特典だけでおよそ5ヶ月分の料金がまるまる返ってくることになります。

このようなポイント特典は平時はありません。来月以降のキャンペーンについてはまだ情報がありませんが、もし先月までのようにポイント特典が無くなってしまうのなら、秋くらいまで使う予定が無くても先に契約して放置したほうがお得な可能性があります。

また、9月頃に引っ越し先でソフトバンクエアーの利用を予定している方も、先に契約してしまっても大丈夫です。

ソフトバンクエアーはスマートフォンと同じAXGPの電波を利用するため、エリアや建物によって受信感度が悪い環境がどうしても存在し、どこでも快適に使えるというわけではありません。しかし、ソフトバンクエアーは登録住所を予め引越前に通達しておけば、初回の契約地とその後の引越し先へも持ち運ぶだけで契約継続が出来ます。

そして、万一引越し先で電波状況が悪く利用が出来ない環境の場合、2年契約の途中でも違約金なしで解約が可能になります。これはソフトバンクエアーの利用規約、重要事項にも記載があります。
d0262326_06474440.png
引っ越しの前後で利用継続をする場合、必ず手続きをして下さい。無申告で引越し後に繋がらない!と訴えた場合には解除料が請求されてしまう可能性がありますので。

8月中に開通した場合(普通は申し込み後1週間くらいで届きます)、Tポイントは9月末頃には貰えますので、とりあえずポイント付与時まで契約を維持しておけば・・・

私が2月に契約した場合の料金請求は、以下のようになっていました(税・ユニバ料金込み)。

1ヶ月め・・・5,048円(初期費用プラス日割り料金)
2ヶ月め・・・4,845円(通常料金-契約特典)
3ヶ月め・・・4,845円 (同上)
4ヶ月め・・・15,845円(解約月)


以上の合計が30,583円です。人柱になる気満々で契約したので3万円の出費もまぁいいかと思っていたのですが、今なら5000円くらいの実質負担で出来るのですね・・・(つд⊂)

つまりは、今なら短期解約覚悟でも月額実質1000円程度の負担で4ヶ月間ソフトバンクエアーを使えるということに他なりません。これはお得でしょう。違約金まで込みで、3ヶ月までなら実質無料と考えることも出来ます。

付与されるポイントは利用用途・有効期限が限定されますが、およそ5ヶ月分の料金が実質無料で契約できるというのはやっぱり大きいですね。

ソフトバンクのスマホ回線とセット割引を使えば1回線あたり最大3522円(ギガ特盛適用時)の値引きも出来ますので、さらにお得度は高まります。

ソフトバンクエアーのネット回線を試したい、今後2~3ヶ月以内に引越し予定があってそれまでの間に合わせ用などにおすすめです。Tポイント還元キャンペーンはオンライン申し込み限定で、店舗での契約は対象外なのでご注意。

キャンペーンは申し込みが7月31日までに行われていれば適用されますので、今日がラストチャンスです。

☆「SoftBank Air


by ke-onblog | 2016-07-31 07:16 | ソフトバンクエアー | Comments(2)
携帯関連のキャンペーンも7月で終了してしまう・条件が変更されるものがいくつか見受けられますが、ソフトバンクのネット回線・ソフトバンクエアーのキャンペーン・割引も7月末で一気にお得なものが終了予定です。

現在実施されているキャンペーンは大きくわけて3種類あり、

・他社回線からの移行コスト10万円まで還元
・ギガ特盛キャンペーン(SB携帯回線とのセット割)
・Tポイント26000円分特典

この3つのうち、一つ目の他社違約金負担施策は今のところ無期限になっており、7月31日で2つ目と3つ目が終わる予定となっています。

ギガ特盛の増額はソフトバンクのスマートフォン回線の契約プランに応じた割引増額&データ容量の増量が受けられる、新規・MNP限定のキャンペーンでした。ギガ特盛については過去記事で詳しく解説しています。

過去記事:ソフトバンクエアーも対象 スマホセット割のギガ特盛の割引が7月1日より1522円に増大

現在はスマホ1回線あたり最大月額3522円も値引きされる過去最大のセット割なのですが、、、延長はあるかどうか微妙なところです。6月時点に比べて割引額もデータ増量分も大きく上乗せされており、7月というネット契約にとっては微妙な時期に契約を取るためのブーストだったと見られますので、今後もずっと続く増額とはいかないかもしれません。

スマホとのセット割引は何かしら8月以降もあるとは思いますが、条件が悪化する可能性もあるでしょう。

3つ目の26000Tポイント付与はYahooの20周年記念による特典なので、延長はまず無いでしょう。これまでにも抽選でギフト券がもらえたり、家電製品を1円で買うことの出来る限定セールへの参加権利が得られる特典はありましたが、今回のように自由に買い物に使える(付与されるTPは使えるサイト・期限は制限されています)、全員プレゼントの特典は珍しいです。

私がソフトバンクエアーを契約した今年の2月には、このような特典は一切無かったですからね・・・まぁ、携帯CBと同じくタイミング良く契約しないと最大のお得さを得られないということですね。

一応この26000ポイントのキャンペーンは先着人数が決まっているので、月末になると申し込みが増えて早期終了しないとも限らないです(今のところ終了案内は出ていないので、まだキャンペーン対象のはずです)。いま契約を検討している段階であれば、早めに決断をしたほうが良いでしょう。Tポイント特典は7月中に申し込みを済ませていれば、開通・課金日(エアーターミナル到着の8日後)は8月にずれ込んでもOKです。

また、利用開始月の料金はどのみち日割りになりますので、どのタイミングで申し込んでもオトク感はほぼ変わりません(セット割を適用せず、通常の加入特典1184円・1484円引きを受ける場合、特典値引き額は日割りではなく全額分基本料金から差し引かれます)。

☆「SoftBank Air

ちなみに通常の光ネット回線である、ソフトバンク光でもこの26kTPの特典対象になります。ソフトバンクエアーはマンションタイプのネット回線に比べると正直割高&夜間速度制限(20時-25時まで下り7-8Mbpsくらいしか出なくなる)があるので、光回線工事が可能で、すぐに引っ越しをする予定があるなどの事情が無ければ、エアーより普通の光回線を選んだほうが良いでしょう。

今から申し込んでもおそらく開通月(申し込み→端末到着→その8日後が含まれる日が開通月になるはず)はどんなに早くても8月になりますのでポイントは開通付きの翌月末、つまり9月末には貰えるのでしょう。26000ポイントと言えばソフトバンクエアーの解約違約金(9500円)より多いので、月額費用はもちろん掛かりますがお試しで使いはじめるのにも丁度良いキャンペーンです。


by ke-onblog | 2016-07-25 18:24 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
「ギガ特盛」が7月1日から増強されていたことに今気付きました。キャンペーン価格は7月に入ってからも見ていたはずなのに(苦笑)

ギガ特盛りはソフトバンクの固定回線(SB光、SB Air)とスマホプランの両方を契約していると使える割引「おうち割 光セット(旧スマート値引き)」に1年間割引とデータ通信容量が上乗せされるキャンペーンとして5月から行われていました。

6月30日までの申し込み分だと、「通常のセット割+[1080円×1年間の割引上乗せ] or[2GB×12ヶ月付与] 」という特典内容(新規・MNPユーザー向け)だったのですが、これが7月分から「[1522円×1年間の割引上乗せ] +[2GB×12ヶ月付与]」に大幅に特典が改善されているのですね~。
d0262326_15011693.png
以前は割引かデータのどちらかだったのが、7月からは割引が増えた上にデータも貰えるのです。auのスマバリバリキャンペーンも大したものだと思いましたが、SBのギガの特盛りも確かにインパクトは強いですね。

光セット割ではスマホ側のプランによって割引額が変動しますけれど、ネット側のソフトバンクエアーは追加オプション無し(Yahoo BBの基本プランへの加入は必須)でセット割引の対象となります。エアータミナル2のレンタル契約時の月額料金は5670円(割引なしで考えると超高いですねw)ですから、標準プランを家族で2回線契約しているのなら、ソフトバンクエアーの月額料金は1年間実質無料(月額3044円×2回線)ということすら出来るでしょう。

2GBのデータ容量価値は金額にはしづらいですけど、5GBプランを契約しながら実質7GB使えると思えば月1000円分くらいの価値があるでしょう。さらに今だとネット申し込みをすればTポイントがもれなく26000円分貰えます(過去記事:ソフトバンクエアー ウェブ限定26000Tポイント還元キャンペーン開始)。

TポイントCPとギガ特割は併用出来ますので、1回線のみ1年間分の値引きだけを考えても最大【3522円×12ヶ月+26000Tポ】=68264円相当の値引きという計算です。レンタル契約ならエアーターミナルの分割代金は支払わなくても良いので、ちょっと強引に1年間分だけ使う計算をしてみると、

・初期費用3000円
・1年のSB Air料金(レンタル)5670円×12ヶ月分= 68,040円(基本料金+レンタル料金)
・違約金 9500円
・値引き額 -68,264円(Tポ26k分を含む)


合計実質12,276円負担(料金側が税別、セット割の値引きは税込み相当、ギガ特盛りも加入月からすぐ始まるわけじゃないので、本当に1年の維持費がこの金額になるわけではありません。ここでは細かい計算をする意味が無いので大雑把な目安としてのみ参考にしてくださいね)。

現状でソフトバンクの大容量系プランを使っているのなら、月額平均で+1000円くらい支払えば容量無制限の固定回線が自宅に置けるという計算になります。2回線対象があればマイナスになりますね(SBの子回線は対象にならないので注意して下さい)。ソフトバンク回線側で大容量プランの高い金額を支払っているのでやっぱり支払い金額的には格安というわけじゃないのですが、スマホ+自宅回線をソフトバンクでセットにすれば確かに1年分は割安でしょう。

7月のトレンドはMNP時の月サポでの割引増額ではなく、新規・MNPユーザーのみを対象に「ネットセットで割引増額」というわけです。「スマホの行き過ぎた割引」ではないのでOKという判断なのでしょう(´∀`)

スマバリバリもギガ特盛も1年間だけとはいえ、自宅に固定回線が必要な家族にとってかなりお得感が高いことは間違いないでしょう。SB Airはレンタル契約が出来るというメリットを活かして上記計算のように1年のみ契約(SB Air自体は2年契約なので短期解約扱いですけど。店頭で分割契約して1年解約をすると残債が4万円くらい発生するので間違っても短期解約しないように)という無茶な使い方をしても、元が取れそうなほどに。

☆「SoftBank Air


by ke-onblog | 2016-07-05 15:42 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
5月末からすでに始まっていたキャンペーンですが、見逃していたので改めてチェックしておきます。

私はもう10日ほど前に解約したばかりのソフトバンクエアーや、ソフトバンクの光コラボ回線を契約しておうちセット割を初めて適用させると、通常最大月額2000円/回線の割引に加えて1年間1080円割引がアップ、または2GBのデータ容量が増える「光でギガ特盛りキャンペーン」が5月27日~7月31日の間に行われています。
d0262326_16193061.png

ギガ特割ではスマホ側でデータ5GB以上の標準パケットパック以上+ソフトバンク光やソフトバンクエアーなどの「おうち割 光セット」を組み込むことで適用されます。

新規でスマホを買う場合は1080円値引き×12ヶ月または2GBデータ増量、既存SBユーザーの場合は値引きは選べずデータ増量1年になります。

例えば6月中に申し込んだ場合は2016年9月分からの請求から値引きが始まるとのことです。

1年間の+1080円値引き終了後は、通常のセット割引(スマホ側のプランに応じて500円~2000円値引き)が受けられます。対象プランはスマ放題系だけでなく、ホワイトプランでもいけます。詳しくは公式サイトのセット値引きをチェックしてくださいね。

☆「SoftBank Air

ソフトバンクエアーの直接的な料金割引施策としては、昨年の11月に行われていた「いい買い物の日」で実施された1111円×11ヶ月引き並です。

ソフトバンクエアー単品での契約だとギガ特盛りは何の効果も発揮しませんが、ソフトバンクのスマホとセットで契約するのならなかなかのお得感です。例えば1年間だけセット割引を使いたいという特殊な事情がある人でも、1年間分ギガ割引で合計12960円分の料金円引きを受ければ、本来2年契約であるSB Airの解約金9500円を上回る値引きということに。

他社固定回線からの乗り換え違約金・工事費の全額負担(最大10万円キャッシュバック)も併用可能です。

あと、一応ソフトバンクエアーは「ソフトバンクでんき」とのセット割もあります。私は電力自由化関連の節約方法にはまだ疎いのですが・・・

こちらは1世帯あたり200円~の割引なのであまり値引きでのインパクトはありませんが、ご自身の家庭で料金が安くなりそうなプランを使えるのなら「スマホ」+「電気」+「ネット」の3連コンボで割引を上乗せ・Tポイント還元で節約することも可能なはずです。


by ke-onblog | 2016-06-09 16:35 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
ソフトバンクエアーの人柱レポートは今回で最終回です。

昨日5月31日でソフトバンクエアーの回線を解約しました(解約手順についてはこちらで解説しました)。

私はエアーターミナルをレンタルで契約していた(2年満期での解約の場合も、レンタルの方が料金的にお得なので、3年以上絶対に使い続ける意思がある場合以外はレンタル推奨)ので、ターミナルを返却する前に1日のスピードテストを行った結果の開示と、開封の儀ならぬ”密封の儀”で締めましょう。

まず最新のソフトバンクエアーのスピードテスト結果から。

測定日は5月30日の月曜日です。仕事が休みだったので朝から晩まで測定してやろうと意気込んでいたのですが、お昼時に出掛けたために測定できなかったです^^; でもソフトバンクエアーは12時台でも速度低下が起きないことは以前にも確認したので、まぁいいかと。
d0262326_515686.jpg

朝5時半から、夜22時までおよそ30分おきに測りまくりました。

2月~5月末まで、全く接続速度の傾向は変わっていませんね(過去の測定データもブログにアップしているので、興味のある方は過去記事を漁って下さい)。夜間規制が掛かる20時~25時は下り速度が8~9Mbpsの上限になり、それ以外の時間帯は常時50~100Mbpsくらいでブレます(5GHzで接続)。

アップロードは5Mbpsくらいで24時間変動せず。pingはたまに遅い数値を返すことがありましたが、およそ30msくらいです。

最近はソフトバンクエアーで乗り換えキャンペーンとして最大10万円の違約金キャッシュバックが実施されていて、ユーザーが増えれば少しくらいは速度変化があるかな?と思っていましたが、全く変化は見られません。どうやらユーザーはさほど増えていないようです(笑)

夜間規制時以外でも固定光回線よりはやっぱり遅いですが、最低でも40Mbpsを超えているので通常利用には全く問題を感じませんでした。上限50MbpsのADSLよりは間違いなく速いでしょう。

夜間の8Mbps位の速度でもスマホでHD動画を見るくらいなら余裕です(それ以上の超高解像度動画は厳しいかも)。

1日に10GB以上使っても制限が掛かることはなく、たぶん月間でPC/スマホを合わせると100GBくらい使っていますがデータ量での制限が掛かることはありませんでしたね。

約4ヶ月間使い、接続が不安定になったことも一度もありませんでした。

申し込み・利用・解約まで何のトラブルも無く、ふつーに使えましたね。そういう意味ではレポートのしがいは少なかったです(´∀`)

ということで飽きたので解約です。

エアーターミナルの返却は元箱に入れて送り返すことにしました。

電源アダプタを抜いて、エアーターミナル本体を仕舞います。
d0262326_516327.jpg

一度も使用されることのなかった有線LAN・USBコネクター(一度くらい使ってみれば良かったかなと今ちょっと後悔^^;まぁ、いいか)。
d0262326_5172117.jpg

送り返すのは「ターミナル本体」+「アダプタ」+「LANケーブル」です。この3つがあれば、元箱でなくても良いはずです。
d0262326_5184840.jpg

お父さん犬のパッケージの箱を閉じ、ダンボールに仕舞って”密封の儀”完了です。
d0262326_519498.jpg

開封から利用開始までも5分も必要ありませんが、返却の準備も3分も掛かりません。このあたりは本当に楽です。

普通のネット回線だとモデムの回収、回線によっては回線撤去工事などで業者に電話をかけ、スケジュールを調整して立会が必要なこともあるでしょう。ソフトバンクエアーの場合はこれらに時間を取られることがありません。

これで料金がもう少し安ければ本当に最高なんですが、そこは両立が難しいところですかね(苦笑)

ちなみにソフトバンクエアーを解約するとアンケートがSMSで送られてきます。せっかくなので料金が安くなるような項目にチェックを入れて送信しておきました。


固定回線が引けないような場所に引っ越すことや、短期間で引っ越すことが確定している場合に固定代替回線が欲しいようなことがあれば、個人的にはSB Airをまた契約することを検討するかもしれないな~という程度に満足できる回線でした。普通の安い固定回線が契約できる場合にはSB Airに勝ち目はないです(´∀`)

☆「SoftBank Air


by ke-onblog | 2016-06-01 05:35 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
前回ソフトバンクエアーの解約手順についての記事をアップしました。

あの記事を書いた時点ではまだ通知がきていなかったのですが、その後ソフトバンクから解約に関する連絡が来ていたのでついでに記録として残しておきます。

過去記事:ソフトバンクエアーを短期解約してみた SB Airの解約方法・ターミナル返却

解約の申し込みをした時点でオペレーターの方からちゃんと案内があったように、ソフトバンクエアーの登録を行っていた携帯電話番号宛にSMSで解約を受け付けた旨の通知が来ました。

メールに記載されているURLに飛んで、電話番号・契約していた場所の郵便番号・生年月日でログインすると以下の様なページが表示されます。
d0262326_20455023.png

予定通り、5月末までの利用で解約されるようですね。レンタル機器の返却期限も案内されたとおり、翌月20日(今回のケースなら6月20日)までに送れば良いと。

連絡はしたけれど手続きが進んでおらず、翌月まで解約されずに料金が発生してしまうのは困りますので、ちゃんと処理がされていることが確認できるのは良いことです。

万一このメールが解約連絡をしたはずなのに来ない場合は、もう一度カスタマーセンターに連絡して状況を確認するべきでしょう。(私は申し込みの翌日に来ていますが、届くタイミングが全く同じかどうかわからないので、数日は様子を見ても良いでしょう。*SMSが受信できる携帯番号を登録していない場合はどうだか判りません)

結局3ヶ月半の維持で3万円くらい掛かった計算(初期手数料・違約金を含む)です。1ヶ月あたり1万円というバカみたいに割高では有りますが、固定回線を短期利用するという無茶な使い方なので仕方ないですね(苦笑) でも、普通の光固定回線なら違約金・回線工事費だけで相当な負担がかかるでしょう。ソフトバンクエアーはレンタルができるのでこのコストで収まっているとも言えます。

解約しておいてアレですが、ソフトバンクエアーは本当に契約から解約まで、全てにおいて「カンタン・気軽」に特化させていますね。開通も解約も、立会工事が一切不要なので待ち時間・スケジュール管理をする必要がないのが本当に便利。

そのかわり料金は安くないのですが(笑)

お金よりも利便性、気楽さを求める人にはSBエアーが向いています。

☆「SoftBank Air


by ke-onblog | 2016-05-21 21:05 | ソフトバンクエアー | Comments(2)
2016年2月に契約し、いろいろと遊んできたソフトバンクのワイヤレス自宅固定回線・ソフトバンクエアー(Softbank Air)。

サービスに不満があるというわけではないのですけれど、もともとどんなサービスであるのかを検証するネタのためだけに契約し、そしてもう飽きたので解約することにしました(´∀`)

最後のネタとして、実際に行ったソフトバンクエアーの解約方法に関する手順を解説してまとめておこうと思います。

ちなみに私はソフトバンクエアー用のモデム機器(エアーターミナル2)はレンタルで契約したので、機器の返却もやります。

ソフトバンクエアーのサービスついてこの記事では一切触れませんので、SBエアーについて知りたい人は公式ページか、当サイト内の「カテゴリー:ソフトバンクエアー」を御覧ください。実際の通信スピードテストや維持費計算・他のネット回線との比較なども過去記事でやっています。

☆「SoftBank Air

SBエアーの契約・設定手順はこちらの記事「[実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ」で紹介しました。

では細かい手順をこれから紹介していきますが、まず先に簡単に解約手順だけまとめておくと、

1. 契約状態を確認する(ウェブから可能)
2. カスタマーセンターに電話する (所要時間3分くらい)
3. 機器を返却する


この3つだけです。普通の固定回線のような撤去工事・モデムの回収訪問はありませんので、契約時同様ソフトバンクエアーの導入・解約はスケジュールに縛られず、とても楽ですね。

よくネット回線で「工事費用」として2~3万円くらいの費用を2年分かつで支払うことがあると思いますが、それもソフトバンクエアーにはありません(エアーターミナルを分割購入してしまった方は短期解約でも返却の必要はありませんが、残債だけが残るのでご注意)。


では解約に関する各種手順を紹介しましょう。

いきなりカスタマーセンターに電話してももちろん解約出来るのですが、まずは契約の状態をMy Softbankから確認しておきましょう。

My Softbankへのログイン方法は「S-ID」とパスワードを使います。これは契約時にやっているはずなので、その操作を思い出してください。私にとってはつい3ヶ月前の話ですが(笑)

☆「https://my.softbank.jp/msb/d/top

ログインするとメニューが表示されますので、一番右下にある「解約のお手続き」というところをクリックします。
d0262326_10522793.png

続いて解約に関するメニューが出ますので、ソフトバンクエアーの解約の項目をクリックします(他のQ&Aなどが見たい人は先にここで確認しておきましょう)。
d0262326_10534597.png

ソフトバンクエアー契約の解約によって発生する解除料の案内があります。ソフトバンクエアーは通常2年定期契約になりますので、私は4ヶ月の短期解約扱いでございます。
d0262326_1055682.png

下段にある「S-IDで確認」というところをクリックすると、すでにログイン状態なので自動で処理が行われ、契約状況に応じた解除料が表示されますので確認しておきましょう。
d0262326_10575038.png

上の画像にある表の右端、「解除料の確認」というボックスにチェックを入れて「計算」を押すと、私の場合は9500円と表示されました。なお、解除料の支払いは契約最終月の引き落としと同時に行われます。

ひとつ前のページに戻って、「Airターミナル/タブレット割賦契約の場合」というところをクリックしてみましょう。もし機器を購入してしまっていた場合、ここに残債が出るはずです。私はレンタルなので、何も表示されていませんね。
d0262326_1101298.png

戻って次に進みます。ページの一番下に「解約を希望する」というリンクがあるので、これをクリックします。
d0262326_112242.png

すると、この手のサービスお決まりの、「解約するとお得じゃなくなるよ!」という引き止め作戦が始まります(苦笑)
d0262326_1131826.png

ソフトバンクエアーはソフトバンク携帯・スマホのセット割り対象なので、その案内が出ます。
d0262326_1144080.png

私は不要なオプションは一切付けていませんでしたので、どれだけ見直しても料金は下がりません。2回目の「解約を希望する」を押します。
d0262326_1151493.png

3回目の「解約を希望する」。。。すると、つぎはこんなページに。
d0262326_116148.png

【解約のお手続きは電話で!】
はい、知ってました(笑) ウェブから出来るのは契約状況の確認だけで、「解約手続き」がネットで出来るわけじゃないんですよね~。ネット回線あるあるですが、SB Airもご多分に漏れずということで。

ソフトバンクエアーの解約連絡先は、「0800-111-820」ですが、電話番号は変わったりすることもあるかもなので、やっぱりちゃんと上記のウェブ手続き案内は先に見ておいてくださいね。

ここに契約時に登録した番号から「186」を先頭につけて「186-0800-111-820」へ発信してください。受付時間は10時-19時です。年中無休ですが、メンテなどでやってない日もあります。

解説ページには「カスタマーIDを用意してください」と書かれていますが、私が解約した時には登録した電話番号・生年月日による確認だけでしたね。IDは聞かれませんでした。たぶん登録した電話番号が違うと必要なのかな?ともあれ、IDは調べて用意しておきましょう。

カスタマーIDは先ほどログインしたMy Softbankの「お客様情報」に書かれた14桁の数字+英字です。
d0262326_11131029.png

上記画像の矢印のところに書かれていますよ。

コールセンターに電話すると、まずは自動音声の案内があります。案内に従ってサービス解約のオプションを選びます。

5月時点では、自動案内で「2→2→#」と押すと、サービス変更・解約の案内に入りました(最後のシャープ#は、契約登録に使った電話番号から掛けている場合です)。

ここで生年月日を聞かれますので、例えば1990年5月31日生まれで登録していれば、「19900531#」と8桁の数字+#をプッシュします。これで自動確認が行われると、次はオペレーターに繋がります。私は3分くらい待たされました。

オペレーターに繋がったら、「ソフトバンクエアーを解約したい」と伝えます。フルネームを聞かれますので答えて、あとは解約の案内を聞くだけです。レンタル契約時はモデムの返送先についてメモを取るように言われますので、必要があればメモ帳とペンを用意しましょう。返却先はネットにも書いてあります。
d0262326_11255130.png

返却の送料は契約者負担です。

返却時期は「解約後」となります。ソフトバンクエアーの解約は月の途中では行えず、月末に完了になります(なので最終月の料金日割りはなく、満額が掛かります)。解約のタイミングはオペレーターが伝えてくれますが、機器の到着日は解約とは関係ありません。逆に解約の電話申し込みをせずにエアーターミナルだけを返却しても解約したことにならないので気を付けてください。

私の場合、5月末まではそのままソフトバンクエアーの回線が生きているので、回線が使えなくなった6月1日以降に発送すれば良いとの返答を貰いました(6月20日くらいまでに送って、と言ってました)。

解約の通達は書面ではなく、登録に使った携帯電話にSMSで届くとのことです(携帯番号を登録してない場合は書面でくるのかも?気になる方は解約連絡時に聞いてみてください)。

レンタル機器の返却は元に入っていた箱があればそれに入れて、無ければモデム本体+アダプタ+LANケーブルの3点を送り返すようにとのことです。


以上でソフトバンクエアーの解約方法解説はおしまいです。タイトルには「短期解約してみた」と書きましたが、実際にはまだ回線は5月31日まで使うことが可能でした。解約は当月の10日前くらいまでに申し込まないと翌月にずれ込む可能性もあるので、予定が決まったらなるべく早く連絡しておきましょう。

実際にソフトバンクエアー・エアーターミナル2を4ヶ月ほど利用してみて、夜間の速度制限は若干気になりましたが、それでも下り10Mbps弱は常に出ていたので、安定した光回線よりは遅いものの、携帯・スマホ回線、ADLS回線、下手な光コラボ回線よりはずっと快適に使えるものであったと感じました。

私はソフトバンクエアー以外に自宅でネット回線を引いていますので解約しちゃいますが、これからソフトバンクエアーを契約してみようという方は、普通の回線契約に比べてかなり簡単&スムーズに手続き出来るSoftbank Airという選択肢も検討してみる価値はあると思いますよ~。


by ke-onblog | 2016-05-19 11:45 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
もう5月なので新生活に合わせて自宅のインターネット回線をこれから準備するひとはほとんど居ないかとも思いますが、今日でソフトバンク系のネット回線であるソフトバンクエアー・ソフトバンク光の10万円還元キャンペーンが終わります。

詳しくは過去記事で紹介したのでそちらを参照してください。

関連記事「ソフトバンクエアー契約で他社解約金最大10万円還元にキャンペーン変更

かつてはこの違約金還元キャンペーンはソフトバンクで新しくスマホ・携帯を契約してネット回線に紐付けることが条件になっていたのですが、今はその縛りはなくなりました。縛りがなくなったのでソフトバンクユーザーでなくても適用出来るということなのですが、お得感を考えればまずSBユーザー以外は使わないでしょうね(笑)

キャンペーンの適用条件は5月18日までに申し込み、5ヶ月以内に生じた違約金について資料を提出・承認を受けることですので、開通自体はまだこれからでもOK(私の場合は申し込みから1週間以内で開通しました)。

4月から他社の回線を契約してみたものの繋がらない、遅すぎて使いものにならないという場合、短期で解約してもその負担は10万円を超えることなんてまずないでしょうから、違約金のことは気にせずソフトバンクエアーに乗り換えることが可能だということですね。

☆「SoftBank Air 春のまるごと乗り換えキャンペーン

ソフトバンクエアーはソフトバンク回線とのセット割を使わない限り料金が安いわけではないので申し込むべき人は限定されますが、自宅回線の契約に不満があり、ソフトバンクエアーの有利な点(立会工事無し・引っ越し先でも継続利用が可能・複雑なオプション無しでセット割適用可能・電波が届くのなら建物の設備によらず利用可能)に魅力を感じるのなら、検討する価値があります。私も2月から使っていますが、極ふつーに使えています。

なぜ5月18日という中途半端なタイミングでキャンペーンが終わるのかは知りませんけど、ソフトバンクエアーを契約した電話に「キャンペーンは18日締め切りです」というメールまで来ていたので、延長は無いのかもしれません。



by ke-onblog | 2016-05-18 11:47 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
ソフトバンクエアーに関するご質問を頂いたので、ちょっと解説してみます。

ソフトバンクのAXGP網を利用した、ちょっと特殊なインターネット固定回線サービスの「Softbank Air(ソフトバンクエアー)」では店頭だけでなくウェブからも注文出来るのですが、良くあるネットサービスと比べて申し込み時の案内に変則的なところがあります。

申し込み~利用開始手順について詳しくは「モバイルびより-[実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ」に画像付きで解説もしています。

上記のページでも赤文字で強調しておいたのですが、ソフトバンクエアーのウェブ申し込みでは自動返信メールがすぐに届くことはありません(私が契約した2016年2月時点では)。

通販でも携帯契約、ネット契約など、普通このような契約申し込み系の手続きを行うとすぐに自動返信で「申込を受け付けしました~」的なメールが来ることが多いですが、SB Airでは来ないのがデフォルトです。

自動返信メールが来るのが当たり前だと思っていると、「登録アドレスを間違えたかな?」と心配になりますよね(苦笑)

でもとりあえず申し込み直後にメールが来なくても大丈夫です。メールが届かないからと言って何度も登録をやり直す必要はありません。何度も申し込みをしてしまうと、もしかしたら複数台ソフトバンクエアーが届いちゃうかもしれません^^;(その場合はSBから問い合わせが来るとは思いますけども。支払情報の登録完了を確認してからエアーターミナルを発送している(私の場合3日目に登録、4日目に発送)ようなので、重複契約になることはまずあり得ません)

私の申し込みケースでは、最初にソフトバンクからメールが届いたのは申し込みから3日目(3営業日目)でした。これは繁盛期ではないタイミングで申し込みをしましたので、3~4日連絡が来なくても、とりあえず待ってみましょう。
d0262326_9561994.png

たぶん今も変わっていないと思いますが、ウェブ申し込みの最後にこういう画面が出たはずです。ここに「本日から1-2日程度」とあるのが最初の連絡になっていますね。

一方で5日程度経っても連絡が一切来ない場合、その時は本当に登録した連絡先が間違っている・何らかのトラブルで手続きが進んでいない可能性が高いので、サポートに問い合わせましょう。

ソフトバンクエアーの公式サイトにはチャットで営業時間中は常時オンラインサポートが受けられます。

☆「SoftBank Air

電話で問い合わせる場合は、申込時に【ご契約のお電話番号】または【連絡先としてご登録いただいている電話番号】から頭に発着番号を知らせる「186」を付けて、サポセンに掛けてくださいとのことです。
Softbank Air 各種手続きに関する問い合わせ先:【186】+ 0800-1111-820 (通話料無料、10-19時)

この番号は新規申し込み用の番号とは違います。設定方法などの技術的な問い合わせは「0800-2222-820」となっています。

*店頭で代理店を通して契約した場合はこの限りではないかもしれませんので、各自ショップに問い合わせて下さい。

混雑していなければ申込日を含めて1週間以内に開通してすぐに使い始められることも大きなメリットの一つであるソフトバンクエアーです。申し込み直後のメールが来ないのは心配する必要はありませんが、それ以上に手続き上のトラブルが疑われる場合には早めに問い合わせてしまうのが吉ですね。


by ke-onblog | 2016-05-07 10:19 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
2016年4月15日から最大還元額が3万円から10万円にアップしたことは気づいていましたが、よく見るとキャッシュバックの条件も変わっていますね。

キャッシュバックのシステム・金額については公式サイトや過去記事(「ソフトバンクエアー契約で他社解約金最大10万円還元にキャンペーン変更」あたり)を参照していただきたいですが、私が契約した2月頃に比べて、一つの条件が丸ごと無くなっているみたいです。

以前は「ソフトバンク・ワイモバイルのスマホやケータイを契約し、おうち割 光セット(旧スマート値引き)」への紐づけが必要だったはずですが、その項目がなくなりました。

☆「SoftBank Air

以前の条件だと、こんな文章がありました。
●対象サービスお申し込み月を 1 ヵ月目として 4 ヵ月目の末日までに、当社が提供するおうち割 光セット/ワイモバイルが提供する光おトク割対象プランに MNP、新規または機種変更で 1 台ご契約いただき、上記期日までに対象サービスへのおうち割 光セット/光おトク割の登録が完了しているお客様。

ソフトバンクエアーとスマホ回線をセットにすることで最大1回線あたり2000円の値引きがあるため、料金面でソフトバンクエアー・光を検討するユーザーであれば、当然このセット割も使うのが前提だったと思います。そうでなければ、ソフトバンクエアーは月額料金が割高なので。

SBエアーユーザー≒スマート値引き狙いだとは思いますが、他の光回線・固定回線が引けない・引っ越しをする可能性が高く、短期解約はしなくないために、SBの携帯回線は契約していない・契約するつもりもない人にとって、この契約乗り換え用キャッシュバックキャンペーンは使いにくいものでした。そこが4月15日以降の条件だと考慮されたということでしょうね。

4月15日以降のキャッシュバック条件を簡単に書き出すと、

・ソフトバンクエアー、またはSB光を契約すること
・SBエアーを申し込み時点で他固定回線を利用中であること
・他固定回線で発生した違約金・工事費のレシートをSBに返送すること

上記はそれぞれ申し込み期限、開通(課金)・手続き期限などがあるので、よく条件を確認して下してくださいね。

以前はこれに加えて「SBのスマホも買ってね」という条件だったはずなんですけどね~。キャッシュバック額の増額といい、3月までの条件ではユーザーが増えなかったのでなりふり構わずというところでしょうか(笑)

前回の条件でもスマート値引きを適用する予定でソフトバンクエアーに乗り換えるのあれば現在のキャンペーン条件だろうと3万円以下の違約金で済んでいたなら関係ないのですけど、スマホ・携帯はau,domoco回線をまだ使い続けなくてはならない事情がある人でもキャンペーンを使えるように緩和されたのは良いことでしょう。

現在のキャンペーンは2016年5月18日分までとなっていますが、ソフトバンクエアーは申し込みから1週間弱で自宅に届いて使えるようになりますので(私の場合は2月で6日目に届きました)、5月から使い始めたい・今使っているネットが遅すぎる、繋がらないなどのトラブルがある場合にはキャンペーン適用条件を満たせるように予定を組んでみましょう。



by ke-onblog | 2016-04-26 03:39 | ソフトバンクエアー | Comments(0)