白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:キャンペーン情報( 2129 )

2019年6月20日から始まった、ひかりTVショッピング内の大規模キャンペーン「GOGOバザール」。複数のキャンペーンを組み合わせることでものすごい還元率に到達することが可能な商品もあり、注目度は高めです。
d0262326_19243352.png
一方、その「複数のキャンペーンを組み合わせる」という前提と、過去にひかりTVショッピングを使いこなしてきた既存ユーザーの場合はポイントの利用・消費についてもいろいろと考えないといけないところもありそうなので、今回のGOGOバザールでの買い物攻略のポイントとして、注意すべき点をいくつかまとめておこうと思います。

今回触れる内容は主に、

・d払いのキャンペーン期間と上限
・たま~るキャンペーンの対象と制約
・ぷららポイント/dポイント利用時のキャンペーン還元における扱い

この3つについて、利用前によく規約・条件を把握しておく必要がありそうです。

まずはd払いから。
d0262326_19022810.png
ひかりTVショッピングではドコモの決済「d払い」(かつての「dケータイ払いプラス」)を使うとdポイントがもらえます。ドコモユーザー以外でもポイントが貰えますので、ひかりTVショッピングの支払いは基本的にd払いを使っておけばOKでしょう(ただしd払いが選べない商品もあります)。

現在、2019年6月期は「d曜日」として、指定条件をクリアすると最大で6倍のdポイントがもらえるキャンペーンをd払い対象サービス共通で実施しています。

そして、6月21日・22日の2日間限定で、ひかりTVショッピングのみを対象とした専用ポイントアップが実施されており、

・通常ポイント 1倍
・d曜日エントリー +2倍
・d曜日買い周りクリア +3倍
・ひかりTVショッピング限定 +9倍

これで15倍になります。

d曜日買い周りの条件は、
※1決済あたり3,000円以上(税込・dポイント充当分除く)が対象。
※同月内で同じサイトでのお買物は複数回であっても1サイトとカウントします。
です。過去の買い周りキャンペーンだと同じサイトで複数回買い物をしてもカウントされるようなシステムだった条件もありますが、今回は「1サイト」単位でのカウントであり、1回3000円以上という規定もありますので、うまく調整しておきましょう。

また、d払いによるポイント付与上限は、

・通常ポイント:上限なし
・d曜日エントリーポイント:10,000dP
・d曜日買い周りポイント:10,000dP
・ひかりTVショッピング限定:上限無し

このような設定があります。一番上限が低い買い周り分が333,333円相当でカンストし、d曜日分は「ひと月あたりの付与上限」となるため、21・22日だけでなく、6月の1週目~5週目すべてのd曜日対象のd払い合計額を考慮して、ひかりTVでどこまでお買い物をするのか、計算する必要があります。

また、ひかりTVショッピング限定のポイントアップ分に対しては、上限はありませんが商品自体が2019年8月30日までに出荷されていることが条件となりますので、メーカー取り寄せ品などを買う場合には注意が必要でしょう。

買い周りをしない場合(ひかりTVショッピングだけで買い物をした場合)でも13倍まで行けるので、とてもお得です。

6月のd曜日はまだ来週28日・29日もありますが、ひかりTVショッピング限定のポイントアップは現時点では今週の21日・22日のみとされていますので、今週中に買い物を終えておくほうが無難です。


続きまして、ポイントたま~るキャンペーンについて。
d0262326_19212658.png
ひかりTVショッピングでは恒例となっている、LINE IDとの連携キャンペーン「ポイントたま~るキャンペーン」。条件は過去のものと特に変化は無いように思いますが、初参加の方・連携したLINE IDの状態をよく確認しておかないと、ポイント付与対象外になることもあるので要チェックです。

d0262326_19380054.png
たま~るCPでは期間中に購入した合計額に応じて、3000円以上~最大3万円利用時に6000ぷららポイントが貰えます。

たま~るCPの対象期間は2019年6月20日12時~2019年7月9日11時59分までです。d払いの最大15倍期間は21・22日の2日間しかありませんが、こちらは長めです。

殆どの商品はたま~るCPカウントの対象になっているようですが、一部たま~るキャンペーンのカウント外になるものがあるらしいので、購入時および購入後にキャンペーンページにて、利用金額の表示をチェックしてください。
d0262326_19261121.png
キャンペーンへエントリーが完了したアカウントでたま~るCPのページを開くと、上記のように支払総額とキャンペーンによるポイント獲得予定が表示されます(即時反映されないこともあるので、この程度の金額管理は自身でも把握しておきましょう)。

また、キャンペーンへエントリー・買い物を達成したあとでも、ポイントが貰えないケースがあります。
ポイント付与時点で、キャンペーンにエントリーいただいたひかりTVショッピングのお客さまIDとLINEのIDが連携されており、友だち状態である事がポイント付与条件となります。 お客さまIDの連携を解除、もしくは友だちブロック状態であった場合、ポイント付与対象とはなりません
とされていますので、LINE IDの連携解除やブロック操作、誤ってID・アカウントの削除などをしないように気をつけましょう。ポイント付与予定は2019年7月24日~30日あたりとされています。

詳しくは公式の表記をよく確認してください。


最後はd払い・たま~るCPの両方に関わることですが、ひかりTVショッピングにおけるポイント利用と還元倍率に関わる制限について。
d0262326_19353883.png
ひかりTVショッピングでは、ぷららサービス独自の「ぷららポイント」と「dポイント」の両方を同時に利用・獲得することが可能ですが、ポイントを使った場合における獲得ポイントに影響が出ます。

まずたま~るキャンペーンの場合には、上の利用例のように、ぷららポイントを使った分(ポイント値引き額分)はカウントの対象外になります。

さらにd払いにおいても、dポイントを利用した分についてはポイント還元の対象外になるため、上記の例で15,500円分を全額dポイントで支払うと、d曜日であってもdポイントは1ポイントも貰えません。

<d払いポイントの対象外となるお買い物>

・dポイントでのご利用分
(例)1,000円の商品で100ポイント利用した場合は、900円分が本キャンペーンにおけるポイント進呈の対象となります。

・クーポンでのご利用分
(例)1,000円の商品で500円のクーポンを利用した場合は、500円分が本キャンペーンにおけるポイント進呈の対象となります。

dポイント・ぷららポイントをすでにいっぱい保有しているユーザーはこのあたりの条件を良く加味して、有効期限が近いdポイント・ぷららポイントをどの程度消費しておくべきか考えて運用が必要となるでしょう。


現在の条件で一番簡単に、最高還元な買い物をするには、「6月21日・22日のどちらかで高ポイントクーポンがある商品を、ぷららポイント利用値引き後の価格で3万円分をd払いで買う」ということでしょう。

あまり良い具体例がないので、仮に「50000円の商品、通常購入ポイント10倍・5000ぷららポイントが付くクーポンコード」の商品があるとすれば、

・各キャンペーンにエントリー済み、d払い買い周り達成済み
・21/22日のどちらかに、クーポンコードを入力して購入する
・支払いに20,000ぷららポイントを使う/d払いは使うが、dポイントは使わない

という条件を満たしていれば、

・d払い(15倍時):4,500dポイント
・購入ポイント(10倍):3,000ポイント
・クーポンコード分:5,000 PT
・たま~るキャンペーン:6,000 PT

合計18500円相当のポイントが貰える計算です。この計算のポイントは【ぷららポイントを使っているので通常購入ポイント獲得が減っている/dポイントを支払いに使っていないので、d払いによるポイント還元を受けられる/支払い金額に依存しないクーポンコードがある/たま~るCPの上限ぴったりに調整している】というところです(この条件のそのものの商品がいまあるわけではないですが、似たようなものは多いはず)。

ちょうど21日19時にもメルマガ読者向けへ新しいクーポンが届いていますので、各自チェックしてお得意に買い物できるアイテムを22日までに探して発注しておきましょう。




by ke-onblog | 2019-06-21 20:04 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ゲオで再び白ロムのセールが始まりました。古いモデルから最新モデルの端末まで、幅広く安くなっています。

d0262326_10171701.png
2019年6月21日~6月23日までの3日間、ゲオの公式ウェブ販売ではスマホ・タブレット・ガラケー・SIMフリースマホ、販売中の製品すべてが通常価格から10%引きになっています。

値引き幅としてはたいしたレベルではありませんが、もともとの価格設定が安い在庫を狙えばまずまずの安さになります。

今のオススメは、ソフトバンク版 Pixel 3a。
d0262326_10252936.png
ソフトバンクでの定価は5.7万円の3a 64GBモデルが付属品あり、外観傷ほぼ無し、発売からまだ日が浅いので電池消耗もほとんど無いだろうという状態で、33,802円(税込)。在庫は複数あります。

Pixel 3aは廉価版モデルと言われていますがメインカメラは上位のPixel 3と同じ、CPUもSDM670を使っており、Antutuベンチマークテストだと16万点前後まででますので、処理性能も大半の人は満足できるレベルでしょう。


発売直後にPixel 3aの白ロム価格はすぐに今の水準に到達していましたが、2019年6月下旬時点では思ったより下がること無く維持しています。3万円台前半で入手するのはオークションやフリマ利用以外ではまだかなり難しいと思います。

ちなみにゲオセールで上位のPixel 3はソフトバンク版でAランク51,687円~。これは微妙です。今は「イオシス」で新品未使用品が49,800円で買えるので。

今回のセールではiPhoneやSIMフリースマホも全部10%オフになっていますが、他に私が気になった在庫だと・・・ドコモ版 P20 Pro HW-01Kも安めです。

d0262326_10413241.png
HW-01K のAランク中古で41,850円~。ドコモではすでに中古白ロムもウェブから無料でSIMロック解除が出来るようになっていますので、IMEIを確認してMy docomoから購入前にロック解除が出来るかどうか調べて買うのがオススメです。

P20 Proは本来であればそろそろ発売されていたであろうP30 Pro HW-02Lによって型落ちし、最後の投げ売りで白ロム価格が下がり始めるようなタイミングだったのでしょうけれど、件の取引停止問題でP30 Proの発売が不透明&ドコモでの月サポ・端末購入サポート廃止により、白ロム流入が止まったようで、価格の値下がりは3-4月頃からほとんど動いていないはずです。

SB版Mate20 Proも在庫があります。
d0262326_10473050.png
SIMフリー版の定価は12万円でしたが、SB版は本当に安いですね~。DSDVが必要ないのなら、これで十分でしょう。

Pixel3aもP20 ProもMate20 Proも、2019年モデルには敵わないかもですが2018年時点ではカメラ性能は業界トップランクだったモデル達です。それらが3-4万円程度で買えてしまうのは、お手軽感があると思います。

発売から時間が長く経ってしまうと外観が綺麗でも電池消耗をしているリスクを考えなければなりませんが、Pixle 3aはまだ今のタイミングなら、よほど運が悪くない限り新品同様級の動きをする在庫ばかりでしょう。ゲオのウェブ在庫はすべて現物の写真を見られる・赤ロム永久保証がありますので、安心して買えます。


by ke-onblog | 2019-06-21 10:50 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今日2019年6月20日お昼から始まるひかりTVショッピングとOCNモバイルONEの契約キャッシュバック・ポイント還元の対象となる、OPPOのSIMフリースマホについて予備情報をまとめておこうかと思います。

d0262326_19421230.png
ひかりTVショッピングが20日から開始する複数の特典が併用出来る今回のキャンペーンについては「昨日の日記」で大雑把に紹介しました。

ひかりTVではこれまで何度もSIMフリースマホのセット販売キャンペーンは実施されていますが、今回はいつもより条件が良いです。

・たま~るキャンペーンで最大6000PT上乗せ可能
・d払いで最大15倍ポイント上乗せ可能
・OCN回線側で月額料金値引き施策あり

この3つが効いてきます。今回はスマホ機種そのものの話をメインにするので、各キャンペーンについてはまた後ほど(ひかりTVのキャンペーン条件は詳しく「ひかりTVショッピング 夏のGOGOバザール・クーポン配布ページ」にすでに全て書いてあります)。

今日20日~2019年8月6日までの期間に開催される「OPPO取扱キャンペーン」では、その名の通りOPPOのスマホだけが対象になっています。普段ならこの時期ファーウェイやその他SIMフリースマホのセット販売が出るのですが・・・いまのところ情報が降りてきているのはOPPOだけです。

今回のキャッシュバックキャンペーン対象は以下3機種のみとなりますので、どれを選ぶかよく考える必要があります(たま~るCPやクーポン還元対象はOPPOスマホ以外もあります)。
d0262326_10333452.png
・R17 Pro 購入クーポン5k + 契約20kPT+20kCB=総額4.5万円還元
・AX7  購入クーポン3k + 契約10kPT+20kCB=総額3.3万円還元
・R15 Neo  購入クーポン3k + 契約10kPT+20kCB=総額3.3万円還元

いずれもSIMフリーモデルとしてすでに一般量販店や通販でも大量に流通しているモデルであり、新機種というわけではありません。店頭でも実機を置いているところはありますので、端末が気になる人は先にお店に見に行けばよいでしょう。

それぞれの機種の価格とスペックを見てみると、

【R17 Pro】 販売価格:75,470円(電子書籍1000円特典付き)

6.4インチしずく型ノッチ入りAMOLEDパネル、F1.5/F2.4オートアパチャーアウトカメラ(1200万+2000万画素)、SDM710、RAM 6GB、ROM 128GB、電池容量3700mAh、本体重量183グラム。
対応周波数:FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/32
TD-LTE: Bands 34/38/39/40/41
SIMスロットはnanoサイズのDSDV, au VoLTEにも対応しています(mineoで3キャリアすべてのSIMで動作確認がされています)。

R17 Proはハイエンドとは言えませんが、SDM710を使っていますのでそこそこゲームも遊べるレベルの処理性能を持ったハイスペック機です。

ひかりTVの7.5万円という価格はメーカー定価と同等で、amazonでもすでに6.6万円まで値下がりしています。

そのかわりひかりTVでは今回3モデルのなかで一番ポイント付与が大きいので、ある程度ぷららポイントを消費して買うのならアリかもしれません。


【AX7】 販売価格:32,270円(電子書籍1000円特典付き)

d0262326_10553527.png
6.2インチしずく型ノッチ入りディスプレイ(解像度1520×720)、1300万+200万のデュアルカメラ、SDM450、RAM 4GB、ROM 64GB、電池容量4230mAh、本体重量168グラム。

AX7は今風のデザイン・画面とバッテリーこそ大きいですが、それ以外はエントリーモデル~ローミドル機レベルの格安スマホです。USBはType-Cではない通常のmicro USBです。
対応周波数:FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41
AX7も3キャリアのバンドによく一致しており、DSDVが可能&SDカード用のスロットも別にある「トリプルスロット」です。

ディスプレイの解像度がちょっと低く、SDM450なので重いゲームをプレイするには物足りないと思いますが、エントリーモデルであると理解して目的を限定すれば、電池容量の大きさ・DSDVといった特徴を活かすことも出来そうです。

OPPO AX7はアマゾンでは現在2.4万円前後まで値下がっています。しかし、今回のひかりTVではポイント&契約キャッシュバック分だけで販売価格とほぼ同額レベルの還元があります。


【R15 neo】 販売価格:22,550円(電子書籍1000円特典付き)

6.2インチノッチ入りディスプレイ(解像度1520×720)、1300万+200万のデュアルカメラ、SDM450、RAM 3/4GB(どちらなのかひかりTVのサイトには書いてない)、ROM 64GB、電池容量4230mAh、本体重量168グラム。

スペック的にはR15 neoもAX7も似たような仕様です。
対応周波数:FDD-LTE:Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
TD-LTE:Bands 38/39/40/41
R15 neoもSDカードが同時に使えるトリプルスロットのDSDV機種。

R15 neoの市場相場は2万円弱まで下がっていますが、今回のひかりTVショッピングの販売価格設定では一番市場価格と差が小さいモデルです。


*価格はセール開始前の情報に基づいています。価格は変更されることもよくあるので、最新情報と照らし合わせて購入検討を行って下さい。

R15 neoの場合、本体価格22,550円に対して、

・購入ポイント 1倍:225PT
・購入特典:電子書籍1,000円分
・d払い特典 最大15倍(21,22日限定):3,375dポイント
・OPPO取扱キャンペーン特典(購入):3000PT
・OPPO取扱キャンペーン特典(契約):10,000PT
・OPPO取扱キャンペーン特典(契約):現金20,000円
・たま~るCP:4000PT(利用総額29,999円以下の場合)

最大でこれだけの還元が貰える見込みです(購入時にポイントを利用すると還元計算の対象外になる部分がありますので気をつけて下さい)。

性能面ではR17 Proが圧倒的に良さそうに見えますが、コスパ的にはR15 Neoが良いかもしれません。いずれの機種も発売されたばかりの新機種ではないので、評判やクチコミ情報なども参考に選ぶのが良いですね。

R15 neo/AX7は在庫処分的な意味合いもあるのか、かなり特典が盛られているので完売には注意してください(特典が大きい機種はd曜日まで持たないことも過去に何度もありました)。売り切れ後は再入荷することもままありますので、売り切れあとも随時チェックをしてみる価値があります。

OCNの契約キャンペーン分のキャッシュバックを狙うならOCNの契約回線枠の空き、2020年2月までの維持期間などに注意して下さい。エントリー・キャッシュバック口座登録などの手続きも忘れてしまうと特典が貰えないので、十分にお気をつけ下さい。



by ke-onblog | 2019-06-20 11:23 | キャンペーン情報 | Comments(3)
ひかりTVショッピングで明日2019年6月20日から始まるセール情報が公開されています。

d0262326_19243352.png
今回のセールは恒例となっている「GOGOバザール」によるポイント還元と日替わりクーポン、そしてひかりTVショッピングで最近取扱が始まったOPPOのSIMフリースマホとOCNの契約セットセールがあります。

細かい内容は6月20日12時の開催後にチェックしていこうかと思いますが、ざっと注目のキャンペーンだけをチェックしておくと、

・20日から 最大55倍ポイントクーポン日替わり

6/20:27インチのワイドディスプレイ、Mate10 Lite、炊飯器
6/21:DVDプレイヤー、ルームエアコン
6/22:21.5インチワイドディスプレイ、ポータブルDVDプレイヤー、涼感寝具セット

などが登場予定です。


・LINE ID連携 ポイントたま~るキャンペーン
d0262326_19380054.png
これはいつものやつです。3万円以上の利用で6000PTがゲット出来ますので、必ず抑えておきましょう。


・d払い 最大15倍キャンペーン

2019年6月21日・22日限定で、ひかりTVショッピングではd払いのポイント倍率が10倍になります。10倍(通常ポイント+9倍分)は、付与上限もありません。

両日ともにd曜日対象なので、最大15倍に到達可能です。


・OPPO取扱開始キャンペーン

今回の目玉です。
d0262326_19421230.png
2019年6月20日昼12時から8月6日11時59分までの期間にひかりTV経由で対象OPPOのSIMフリー機種を購入、OCNモバイルONEの回線を契約したユーザーに最大で45,000円相当の還元を行うキャンペーンを実施します。

・OPPO R17 Pro 最大4.5万円相当分
・OPPO AX7 最大3.3万円相当分
・OPPO R15 Neo 最大3.3万円相当

それぞれの還元には20,000円の現金キャッシュバックが含まれます。

最大額のキャッシュバックを貰うためにはいつもの音声契約・オプション契約とその維持が必須となりますので、参加する場合には維持期間に注意してください。


OPPOのR17 Proは先日楽天モバイルでも半額セールになっていましたので、そちらで購入された方も多いかと思います。今回のひかりTV案件ではd払い・たま~るCP分などの特典還元率が高くなるので、そのあたりを考慮してチャレンジするメリットがあるかどうか判断してみましょう。

セールの開始は20日12時、それぞれのキャンペーンにはエントリーも必要ですので、ポイントを貯める・使う良いタイミングになるはずなので各自チェックしてみましょう。


by ke-onblog | 2019-06-19 19:51 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモからも2019年モデルのGoogle Pixel 3aが発売され、いよいよ在庫処分というタイミングなのでしょうけれど・・・もう一歩という感じでしょうか。

現在Google Storeでは父の日プレゼント?として、SDM845搭載のPixel 3 64GBモデルおよび128GBモデルを大幅値下げし、通常価格95,000円→69,000円から買えるようにしています。
d0262326_08200352.png
128GBモデルは81,000円に。ストレージ64GB分で+1.2万円はちょっと高い気がしますけれど・・・(iPhone XRなら税別6千円の差)
d0262326_08235040.png
さらにGoogle公式ストアでPixel 3を買うと、定価5千円→現在半額になっている純正ケースがタダになります。
d0262326_08250823.png
ケース分の割引はカートに入れると適用されます。

半年前の発売当時であれば10万円を超えていたPixel 3本体+ケースセットが69,000円なので、公式の値引きとしてはまずまずでしょう。

ただ、Googleからの直接購入に拘らないのならば、まだSIMロック解除版白ロム相場のほうが安いですね。


直近で価格は変わっていませんけれど、イオシスではソフトバンクから販売されたPixel 3のSIMロック解除済み・新品白ロムが59,800円(税込)で売られています。ケースだけGoogle Storeで買う+本体はイオシス経由のほうが1割以上安いでしょう。

ソフトバンク回線で使うのなら、さらに1万円安くSIMロック未解除の新品白ロムが売られています。
d0262326_08331685.png
1ヶ月近く前からPixel 3の白ロム価格相場は大きくは変わっておらず、今は特にキャリアでのPixel 3バラマキが強化されているわけでもなさそうですから(SBへMNPなら一括0円は普通にある)、SIMフリー6万円・SIMロックあり5万円というのは、いまのところ底値感があります。

ドコモでは3月までPixel 3を端末購入サポートで値下げ販売していましたが、現在は特に割引があるわけでもなく、白ロムの流通が増える要素はなさそうです。

また、処理性能にそこまでこだわりがないのならPixel 3ではなくPixel 3aを選ぶという手もありますが、Pixel 3aの値下がりは若干停滞気味でしょうか。

発売直後の時点でSB版Pixel 3aの新品白ロムは4万円を割っていました。発売からおよそ1ヶ月が経過した6月中旬時点では引き続き4万円前後の相場を維持しているようです。
d0262326_08442037.png
ゲオではPixel 3aの新品は39,545円、Pixel 3a XLだと49,481円~。GoogleのSIMフリー定価より1万円ほど安い価格で推移しています。

ソフトバンクでは先週から機種変更にも商品券プレゼントのユーザー還元を出し始めたので、もう少し下がりそうな気配もあります。

まだゲオには在庫が出ていませんが、ドコモ版のPixel 3aも似たような価格相場になりそうです(需要を考えるとSB版より若干高く設定されることが多い)。


d0262326_08522222.jpg
Pixel 3aと3の比較レビューは下記ページに掲載しています。3aと3では定価でおよそ2倍の違いがあるので、やはりそれなりにハード面では差もあります。


定価としてはPixel 3a 48,600円、Pixel 3 95,000円 → SB版なら新品白ロム 4万円&5万円程度ということで、何を優先・重要視するかを考えて、どこで・どのモデルを買うべきか考えてみるとよさそうです。


by ke-onblog | 2019-06-13 09:07 | キャンペーン情報 | Comments(0)
2019年6月期の楽天スーパーセール、楽天モバイル店の目玉商品のひとつ、OPPO R17 Proの半額スマホセールがいよいよ今夜20時から始まります。

今回の楽天モバイルのセール品の多くは微妙な価格設定なので売れ残っているものばかりですが、このR17 Proおよび明日開催予定のFind Xはそれなりの人気が出るのではないかと予想しています。
d0262326_00445774.png
6OPPO R17 Proは2018年12月に発売されています。例えばヨドバシカメラでは現在単品75,470円(税込)で売られている、かなりのハイスペックなSIMフリースマホです。

ディスプレイは6.4インチのしずく型有機ELパネル、画面占有率は91.5%にも到達します。指紋認証センサーはディスプレイの面に内蔵されています。

SoCはスナドラ710。最高峰のSDM855や845には及びませんが、Antutuベンチマークだと15-16万点くらいは出るため、大抵のゲームは快適に動くレベル。RAMは6GB/ROMも128GBとなっており、ハイエンドモデルクラスです。

SDM710の処理性能としてはSDM820より若干下、SDM670と同程度、SDM660より上といったところ。

メインカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラ+赤外線センサー(TOF用)レンズのトリプル仕様。
d0262326_10092076.png
アウトカメラはGalaxy S9シリーズから採用されたF1.5/2.4の絞り自動切り替え機構(5MPのほう)をR17 Proでも採用、大きなセンサー・ピクセルサイズで夜景撮影にも強いです(TOF機能はバージョンアップで対応予定とされていましたが、未だ対応していない?最新のソフトウェアアップデート(CPH1877EX_11_A.16)は2019年6月2日に提供されたものがあります)。

ネットワークのLTE対応は以下の通り。
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/32
TD-LTE: Bands 34/38/39/40/41
国内モデルはドコモ・au・ソフトバンクそれぞれのバンドに良く対応しており、au VoLTEを含めてDSDVが可能です。

*楽天のセールではドコモ回線での契約指定があります。開通時au回線を選ぶことは出来ないので気をつけて下さい。

このOPPO R17 Proは2019年10月から提供開始予定の楽天モバイル自社回線(MNO)でも利用できることが確認されていますので、とりあえず安心して使えます(楽天MNO回線はBand3を使う予定とされていますが、B3に対応していればすべてのスマホが使えるというわけではないので気をつけて下さい)。


SIMフリースマホではHuaweiの端末であれば発売後すぐに実売価格が下がることもありますが、OPPOのスマホは極端な低価格路線では無く、普段は単品でもセットでも破格で入手することが難しいので、今回のセールを狙う方も相対的に多くなる可能性があります。
d0262326_09553644.png
今回のセール品は楽天モバイルのドコモ回線・音声SIMセットです。必ず音声回線を開通させないと端末を受け取ることが出来ないので、購入後の手続きを忘れないようにしてください(市場での購入後の届く手続き案内から1週間以内の申し込みが必須。詳しくは販売ページに書いてあります)。

セール価格は楽天モバイルの契約事務手数料を含んで半額となり、通常73,274円のところ、半額36,580円(税別)となります。

販売予定数はミストグラデーションカラーが160台、エメラルドグリーンが40台の合計200台。あとから色を変更することは出来ないので、色のチェックにも十分に注意してください(キャンセルにも手数料がかかります)。
d0262326_10002857.png
エメラルドグリーンのほうが台数が少ないのですが、おそらく、人気が集中するのはミストグラデーションです。

台数160台が無くなるまでの時間予想は・・・難しいですね。過去の事例からいくと目玉機種の場合は数百台の在庫も1~2分で売り切れることもありますが、HuaweiやASUSに比べてOPPOは国内ではまだまだマイナーなので、どの程度のユーザーが喰い付くのか。

価格・機能・性能ともに申し分のない設定だとは思うので・・・確実に入手したい方は開始1分以内の購入完了を目指しましょう。過去のセールではほんの10秒・20秒で終わってしまった機種も少なくないので、早期終了を覚悟して臨むに越したことはないでしょう。

もう販売予定ページは公開されていますから、ブックマークをして待機しましょう。


初めてセールでセット購入をする方は購入後の手続き、料金プラン等もよく確認しておきましょう。

注意点として、今回販売価格は3万円を超えているため、ダイヤモンドランク以外の人は全額ポイント払いは出来ません(1度に使える上限が3万P、ダイヤモンドランクの場合は50万Pまで)。

セール開始までは楽天スーパーセールでの買い周り達成・ポイントアップ条件なども確認しておきましょう。




by ke-onblog | 2019-06-09 10:52 | キャンペーン情報 | Comments(2)
2019年5月に発売された廉価版 Pixel 3a, 3a XLの白ロム値下がりが加速するかもしれません。

すでに代理店・MNP契約であれば一括0円以下でも買えるソフトバンクモデルのPixel 3aに対して、ソフトバンクの公式キャンペーンとして2019年6月5日より、最大20,000円分の商品券還元が始まっています。

他社や代理店でこういう施策をすること自体は珍しくもなんともないのですが、SBの公式サイトHPでやるのはレアです。
d0262326_07535820.png
ソフトバンクの公式ウェブサイトでPixel 3aまたはPixel 3a XLを購入し、自宅受け取りを指定したユーザー限定で、もれなくMNPの場合は2万円・新規/機種変更の場合は1万円の商品券が貰えます。

商品券の種類は不明。キャンペーンのエントリーは必要なく、条件を満たしていれば機種購入申し込み翌月中旬頃に、スマホを買った住所と同じところに送付されるとのこと。



Pixel 3aのGoogle定価は48,600円、SBの定価は5.7万円と割高に設定されていましたが、今回の商品券還元を考慮すれば機種変更購入でも割高感は軽減されるでしょう。

そして公式での還元追加が行われたあとは、白ロムの値下がりも期待できます。


2019年6月時点で、すでにソフトバンク版のPixel 3aは新品も3万円台に突入しています。私のチェックしたところでは制限△(赤ロム保証あり)の未使用品で34,800円にて出ていたこともあります。

Pixel 3aはハイエンドモデルではありませんので、5万円という価格設定の時点でも「カメラは魅力的だし、おサイフケータイが使えるスマホとしてはまずまずかな?」と感じたユーザーも多いと思います。そしてこれが4万円台・3万円台となってくれば、また違った印象を受けることでしょう。

ノーマルのPixel 3も機種性能や評判は悪くなかったと思いますが、定価設定が9.5万円~と高めだったのでGoogleがデバイス分野で大きなシェアを獲得するほどの影響は無かったものの、このPixel 3a, 3a XLによってかなり普及しそうです。

Pixel 3がこの年度末~春頃に投げうりされているのを目の当たりにして「もしかして売れ行きが残念なことになって、このまま投げ売り→日本市場撤退になったら...」なんて雰囲気もちょっぴり感じましたけれど、Pixel 3aは早いうちから攻めるマーケティング戦略に変えて勝負に出ているようです。

Pixel 3aはサブ機・カメラ機としてもいい感じのスペックなので、SBの商品券キャンペーンはともかく、端末だけ欲しかった方は今後の白ロム価格推移に注目しておきましょう。


by ke-onblog | 2019-06-06 08:14 | キャンペーン情報 | Comments(2)
iPhone XSおよびiPhone Xに使えるケースがソフトバンクの公式アクセサリーサイトで安売りされています。

セールになっているのは「UUNIQUE LONDON」という海外アクセサリーブランドが出しているiPhone用ケースで、通常価格は6千円以上の商品が、一律980円に値下げされています。
d0262326_19041690.jpg
本牛革を使用した「Leather Slider Folio wallet for iPhone XS / X」。すべて980円です。

d0262326_19055929.jpg
ハードタイプのフリップケース「 50:50 LUXE CROC - FOLIO HARD SHELL」も定価8,980円→すべて980円 。これはamazonでも2千円~くらいで売ってます。

d0262326_19090051.jpg
こちらは横~背面用のハードケース「50:50 HARD SHELL」これも定価6264円→一律980円です。

ソフトバンクセレクションのアウトレット品は箱に傷や汚れがある可能性はありますが、中身は新品です。安物のケースであれば1000円以下のiPhone用商品はamazon等でもいくらでもありますけれど、定価6~9千円程度の商品ということで、それなりのクオリティが期待できるかと思われます。


ただ・・・SBセレクションは送料が5,000円以上の買い物で無料、それ以下だと780円(ネコポス対象品は500円)なので、ケース1個だけ買う場合には送料分の割高感があります(それでも安いとは思いますけど)。せめて2,3個買うか、他のセール品・アウトレット品で欲しいもの・買う価値があるかどうかチェックして判断してみるのが良いかと思います。

Tポイントがほしい・使いたい場合はヤフー店でも同じ値段で買えます。