白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:キャンペーン情報( 1989 )

新規で買うならありかもしれません。

2018年9月21日~9月23日の3日間限定で、SBの準公式代理店とも言えるYahoo携帯において、公式オンラインでは販売が終わったはずのiPhone XやiPhone 8シリーズの値引き販売を実施しています。
d0262326_21105633.png
SBでは今日21日からiPhone Xが2万円ほど値下げされており、さらにそこから3万円引きが適用されるようです。

販売されているモデルと価格は、

・iPhone X 64GB スペグレ 10,9440円 → 一括79,440円
・iPhone 8 64GB(各色) 86,400円 → 一括35,760円

です。

購入条件は以下のように指定されています。
・対象機種を新スーパーボーナス(一括払い、または分割払いのいずれか)で購入すること。
・従量プラン+専用2年契約※1+データ定額50GBプラスまたはデータ定額ミニモンスターに加入すること。
・オンラインでの購入であること(店頭、電話での購入は対象外)。 本ページの購入ボタンからの購入であること(本ページ以外の場所からのオンライン購入は対象外)。
※2 月月割、ガラケ→スマホ割対象回線は本特典対象外です。
ヤフー携帯ではSBのアウトレット品を扱うこともありますが、こちらは普通の新品販売のようです。

iPhone Xの場合は30000円引き、iPhone 8で50,640円引きですので、iPhone 8の割引は結構オイシイです。公式サイトでやるとXSとの比較でいろいろとアレでしょうから、一応代理店扱いであるヤフー携帯に在庫を投げたのでしょうか(笑)

ヤフー携帯のIDクーポンが使えるならさらに8,000円キャッシュバック・11,000Tポイント還元も貰えます。

iPhone Xに関してはMNPなら「スマホ乗り換え.com」でも4.5万円キャッシュバック(初月ギガモン+が条件、問い合わせキャンペーンIDは「0926」)がありますので、1.5万円差がありますから維持費を考えてもヤフー携帯より有利。

ヤフー携帯の良いところは新規でも同額の値引きであること、最初からミニモンスターでも同じ価格であることの2点ですね。

iPhone 8,iPhone Xの新規契約としては他のネット型代理店より有利っぽいので、チェックしてみるのも良いかもしれません。

なお、このキャンペーンでは9月6日から始まった新プランでの契約が必須です。機種変更は対象外なので旧プランや月月割を使うことは出来ません(2年契約無しでの契約は不可)。

タイムセールは21時~翌日9時までの夜間から朝まで開催しています。



by ke-onblog | 2018-09-21 21:29 | キャンペーン情報 | Comments(0)
明日21日発売のiPhone XS, iPhone XS Maxの買取査定をいくつかの専門店が出し始めました。
d0262326_06012726.png
2018年モデルのiPhoneは、10月26日発売の廉価モデルiPhone XRを除き、いずれも10万円超えの高額スマホとなりました。予約が始まった14日時点の在庫の動きを見る限りでは例年よりも入手は容易そうに感じられましたが、それでもそこはiPhone、発売日からすべてのモデルで在庫がどこにでも溢れかえるというほどにはならず、予約開始直後に手続きをしていなければ明日21日の入手が難しいこともあるようです。

そして、公式での発売日ゲットが出来なかった人なのか海外需要なのかは知りませんけれど、多少のプレミアム価格がついてでも購入しようという人向けに在庫を確保したいのか、各種専門店がiPhone XS, XS Maxの買取準備を始めているようです。

具体的にどこのお店でいくら、とは書きませんが・・・現時点でウェブサイトで公開されているいくつかのショップの査定を見る限り、若干の定価割れでのスタートのようです。

まぁ、予想の範疇ですね。これから買取申込の状況に応じて価格は随時変動するはずですが、いきなり超高値での買取価格を提示するショップはさすがに少なそうです。

iPhone XS/XS MaxのSIMフリーモデルの定価は税込みだと

・XS 64GB 121824円
・XS 256GB 140184円
・XS 512GB 165024円
・XS Max 64GB 134784円
・XS Max 256GB 153144円
・XS Max 512GB 177984円

こうですね。

で、現在出ている査定はそれぞれ定価に比べて3,000円~7,000円くらい低い査定を出しているショップがちらほら出てきています。まだ空欄のままのショップもあります。私のよくチェックしているショップでは定価を超えている査定を出している店舗は見つかりませんでした。

最上位モデルのiPhone XS Maxだと17万円近くの買取額になるのですが、それでも定価以下・・・恐ろしい次元です。

イオシスの査定が出ました(21日17時)。


キャリアモデルではSB>au>docomoとして価格に差を出しているショップが多いようですね。これは最近の傾向の通り。

色による査定の差は今のところなさそうです。色による査定差は発売開始後、各店の買取状況に応じて調整してくるのが一般的でしょう。

今回、各キャリアモデルの定価はアップルのSIMフリーモデルよりも高いという驚きの価格設定がされていますけれど、キャリアモデルのほうがSIMフリーモデルより高い査定になるなんてことはもちろんありません。

ヤフオクを見るとすでにいくつかの売買が成立しているようですが・・・値がつかずに終わっている・定価割れしているものから、いたずら入札っぽいものもこの時期は多いので、相場の参考にはならないかもしれません。

発売前の状態での査定表示は各ショップともに手探り状態でしょうから、まだ高騰化を全くしないと断定出来るレベルでは無いながら、予約・出荷状況を見る限り超品薄で長期間入手不可能な時期が続くということも考えづらい状況ですので、ギリギリまで状況を見ながら臨機応変にいくのが宜しいかと思います。


by ke-onblog | 2018-09-20 13:59 | キャンペーン情報 | Comments(8)
やっぱりファーウェイの端末はSIMフリー版だろうがドコモ版だろうが、価格下落が早いのは変わらないようです。
d0262326_14303621.jpg
1ヶ月前の8月に日記を書いた時点で8万円台前半、2週間前には7万円台半ばで取引されていた docomo P20 Pro HW-01Kの白ロムが、ついに6万円台に突っ込み始めました。

HW-01Kは9月から月々サポートが増額されており、公式価格が値下げされた影響が白ロム売買相場にも出るであろうと予想されていました。

9月中旬の落札相場は、ついに6万円台になりましたね。
d0262326_14182753.png
直近ではSIMロック解除済みであっても67,000円~70,000円弱が落札相場になっています。

HW-01Kの白ロムは6月の発売直後に12万円以上で売られていたこともあるほどのハイスペック人気モデルだったのですが、発売から3ヶ月で4割くらい下がったことになります。

ヤフオクだけでなく一般の白ロムショップでも値下がりが進んでおり、ヤフーショッピングで5の付く日キャンペーンを併用すると、6万円台前半まで行けます。


中古品で安いものもありますが、新品だと75,900円から買えるものがあります。

d0262326_14253614.png
5の付く日でソフトバンク回線・YJカード支払いを含めて、16倍ポイント=12,144Tポイント還元により、実質63,756円で買える計算です。

→9/18、75,900円→69,980円まで値下げされ、実質5万円台の世界へ。

SIMフリーiPhone XS Max 64GBの1台分のコスト(13.5万円)で、P20 Pro HW-01Kが2台買えます。

P20 Proはスナドラ845搭載機種よりは若干パフォーマンスは劣りますが、カメラ性能(DxOmarkの評価基準)はたぶんiPhone XS, iPhone XS Maxでも勝てないでしょう(好みの問題は別として)。

iPhoneとP20 Proでは使い勝手もかなり異なりますので、カメラ以外の面は比較するようなものでもありませんが、きれいな写真が撮れるメイン機種としてiPhone XS, XS Maxを買おうと思っていたけれど高すぎて手が出ない、というのであれば安くなったHW-01Kも検討してみるのもアリだと思います。

HW-01Kの流通数は依然かなり多いので、値下げ競争はまだ続きそうです。


by ke-onblog | 2018-09-15 14:41 | キャンペーン情報 | Comments(0)
3ヶ月に一度のお祭り、楽天モバイルのスーパーセールも残すところあと僅かです。

今回はプレセールも含めると全部で1万台以上のSIMフリースマートフォンが半額で放出されましたけれど、過去のセール以上に売れまくっている印象。以前のセールより若干安く設定されている機種が多くあった(参照:楽天モバイルセール 前回との価格変更点)ため、ある程度は在庫が捌けると予想はしていたものの、9月10日12時時点で、もうほとんど在庫が残らないほど売れるとは思いませんでした。

d0262326_12075379.png
今回本セールで数量限定販売された10機種のうち、

・arrows M04
・honor 9
・ZenFone 4 Max
・iPhone SE
・ZenFone 4
・AQUOS R Compact
・AXON7

7機種がセール期間を残して完売となりました(過去のセールでは在庫が途中で追加されることもあったため、完全に終了かどうかは判りません)。

残り3機種のうちHTC U11 life, SH-N01は売れ残っていますが、ZenFone Max Plus(M1)は3カラー中2色までが売り切れに。

そしてタイムセールとして販売されたP10 Plus, GRANBEAT、昨日販売されて1分と保たずに売り切れたMate10 Proの3回も好評だったようですね。

楽天スーパーセールは11日1時59分が最終となります。そして、楽天モバイルのタイムセールの最後の注目商品、ZenFone 5(ZE620KL)の登場です。
d0262326_12175970.png
通常価格は楽天モバイルの音声SIM契約手数料を含めて56,194円のところ、半額以下の27,778円(税込みでちょうど3万円)。買い物マラソンを完走、楽天ゴールドカードやモバイル回線をすでに契約中など、各種SPU条件を満たしていれば最大で20%以上のポイント還元もあるため、通常時の価格よりはかなりお買い得になることは間違いないでしょう。
d0262326_18353554.jpg
ZenFone5(ZE620KL)は最上位のZenFone 5Z(ZS620KL)に比べると、CPUがスナドラ845→スナドラ636へ、ストレージが128GB→64GBへダウングレードされているものの、カメラやDSDVなどの重要な機能性は同じですので、ゲームを超快適に遊びたいというユーザー以外はこちらで十分でしょう。

他社でもZenFone 5はある程度安売りされており、「NifMo(ニフモ)」では端末価格48,889円(税別)にデータSIMでCB12,000円~、音声SIMなら16,000円~という案件もありますけれど、維持費・端末価格・ポイント還元率を考えると、やはり今回の楽天セールのほうが確実にお得です。

楽天モバイルでの販売台数は楽天限定カラーのムーンライトホワイトが130台、ブラック・シルバーがそれぞれ100台の、合計330台が放出されます。

昨日のMate 10 Proは休日の午後という参加しやすいタイミングかつ台数が110台と少なかった影響も大きいながら、私がチェックしていたところでは30秒くらいでグレーが売り切れ、50秒くらいでブルーが無くなっていました。

ZenFone 5の場合は台数が3倍、開始時刻が平日の深夜という微妙な条件です。

需要はMate10Proより多そうに思われる反面、開始時刻まで粘って注文するユーザーがどのくらいいるのか・・・

落ち着いて注文すればたぶん買えると思うのですが、油断は禁物です。開始時刻から数分遅れただけで間に合わなくなる、寝落ちしてしまうと当然買えなくなりますので、必ず入手したい人は頑張って起きていましょう。

なお、購入手続き後にキャンセルすると手数料が2000円取られてしまうので、購入希望の色を寝ぼけて間違えないように気を付けてください。

2018年9月11日深夜1時00分、争奪戦開始です。


by ke-onblog | 2018-09-10 22:00 | キャンペーン情報 | Comments(6)
先日も少し日記に書きましたが、9月7日にauショップでも買えるようになった物理キー搭載SIMフリースマートフォン BlackBerry KEY2を安く買えるチャンスが到来しました。
d0262326_00574960.png
9月10日0時~11日1時59分までの26時間限定・先着6000枚まで使える楽天ビック専用の10%OFFクーポンが出ています。

対象は2万円以上のすべての商品で、一律10%引きになります。


他種クーポンとの併用は不可能・利用はお一人様1回限りですが、全商品に使えますので高額商品を買うのであればぜひ使っておきましょう。

BlackBerry KEY2ならデュアルSIMモデルは7979円引き、シングルSIMモデル(ROM128GB版)ならば8,797円も安くなります。
d0262326_03095276.png
上位モデル(シングルSIMですけど)のBlackberry KEY2 BBF 100-9が、デュアルSIMモデルの定価+1,000円で買えちゃいます。auショップでSIMフリー機種の安売りをやっているのかどうか未確認ですが、たぶんショップでは定価販売しかやっていないと思われますので、お買い得でしょう。


もちろん現在開催されている楽天スーパーセールの買い回りポイントアップも対象ですので、買い物マラソンで10倍+SPUで14倍など、最大還元までの達成にはハードルはありますが、10%クーポンに加えて最大で20%超えるポイント還元も貰えるはずです。

他に価格が高くてクーポンが使える商品だと、Surface Goの本体あたりも良さそうです


一律10%引きになることを活かして、比較的販売価格が高く・発売されたばかりで他所ではほとんど値下げされていない商品を買うときに使うと良いでしょう。

利用可能な枚数は6000と限定されており、「取得」時点ではなく「利用」された数によってカウントされますので、枚数に余裕があるうちになるべく早めに使っておきましょう。

また、ブラックベリー・サーフェスゴーは対象外なのですが、楽天ビックでは同じく11日1時59分までの期間限定で対象商品に限ってポイントが最大10倍に設定されている商品グループもあり、2万円以上の商品であればクーポンも併用出来るため、なにか欲しいものがないか探してみるのも良いかと思います。


by ke-onblog | 2018-09-10 01:15 | キャンペーン情報 | Comments(0)
昨日の冷風機はすぐに売り切れてしまったようなので、次の狙い目を。

スペックはやや低いですがau VoLTE通信・通話が可能で、防滴対応、DSDSが出来るSIMフリースマホ Moto G5sをひかりTVのクーポンおよび各種割引を併用すると実質1.3円くらいで買えます。メイン機種にするにはちょっともの足りないスペックですが、格安SIMを入れてサブ機種・予備機種にするならお手軽です。
d0262326_06563739.png
Moto G5sは2017年秋に発売されたモデル。現在はMoto G6シリーズが出ているので1世代型落ちしているモデル。

発売当時の価格は26,784円くらい(税別で24,800円)であり、ひかりTVショッピングでの販売価格は19,800円(税込)です。価格.comの最安値は18,600円、ヤフオクでの売買相場は新品未使用で16,000円くらいでしょう。

カラーはゴールドとグレーがあります。


ひかりTVの通常価格はちょっと高めですが、このくらいの差額は以下のキャンペーンを使うことで補えるでしょう。

・購入ポイント 1倍 198PT
・メルマガクーポン 2,000PT
・d曜日(7倍時)1,386 dポイント
・たまるCP(15,000円~19,999円利用時) 3,000PT

合計6,584円相当のポイント還元により、実質13,216円くらいで買えます。

Moto G5sの動作確認を3キャリアMVNOの「mineo」で調べてみると、ちゃんと3キャリアともすべての回線で使えることが確認されています。
d0262326_07074032.png
 3G:B1/B2/B5/B8/B19(B6含む)  4G:B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41
対応バンドもまずまず豊富です。

Mogo G5sの主なスペックは、5.2インチフルHD・スナドラ430・RAM 3GB/ROM 32GB・3000mAh・メインカメラ16メガピクセル(f 2.0)、本体重量157グラム。

指紋認証はフロントにあり、今風のデザインではないものの、実質1.3万円で買える新品のDSDSスマホは他になかなか無いでしょう。gooスマホやヤマダ電機のEvery Phoneの低スペック機種なら1万円台の無くもないですけれど、フルメタル一体型デザインのMogo G5sのほうが品質は高いでしょう。

SIM契約も不要ですので、お手軽さ重視・たま~るCPクリアのために2万円くらい使いたいのならばアリかと思います。

クーポンの有効期限は2018年9月9日まで。d曜日・たま~るCPは一応来週まで続きますが、同じクーポン・在庫が来週もあるとは限りませんので、購入希望の人は今日中に注文しておくのが良さそうです。



by ke-onblog | 2018-09-08 07:21 | キャンペーン情報 | Comments(4)
9月4日から始まった楽天市場のスーパーセールも半分の期間が過ぎました。これから週末に差し掛かり、楽天モバイル楽天市場店ではいよいよ明日8日から残り3回のタイムセールも始まります。

今回は通常セール品が10機種、タイムセールで4機種、プレセールでは3機種が販売されていました。

全期間を合わせると10,000台以上が販売されるわけですが、すでに一部の機種で売り切れが出始めました。

週末の間にゆっくりと購入をしようと考えていた人も、そろそろ購入の検討を終わらせないと、ほしい機種・色が終了してしまう可能性もありますので、人気の傾向を見ていきましょう。
d0262326_17240288.png
・HTC U11 life : 特に品薄の様子無し
・arrows M04:在庫が1000台もあったので、余裕はありそう
・honor9:グレー/ブルーが完売(400台分)。残りはブラックのみ
・ZenFone 4 Max:1000台すべて完売
・iPhone SE 16GB:ゴールドが完売(300台分)。残りはローズゴールドのみ
・ZenFone 4 :430台すべて完売
・ZenFone Max Plus M1:ブラックが完売(30台分)。他色はまだあり
・AQUOS R Compact : 300台すべて完売
・SH-N01:各色まだ在庫あり
・AXON7 :グレーが完売(10台分)。ゴールドはまだあり

ボールドにした機種が売り切れが出ている人気のモデルということになります。

正直、「え、この機種も売り切れるの?」という印象の機種もありますけれど、在庫数が判る機種だけを数えても、最低でも2,500台は売れています

ZenFone 4 Maxはプレセールで売れ残っていたため、こちらのセールでも完売までは行かないかと見ていましたけれど、思いのほか、早くなくなりましたね。

他にもZenFone 4, AQUOS R Compactが両方完売しているところを見ると、ハイスペックモデルに人気が集中しているようです。

honor 9は過去に何度もセールが実施されていますが、まだ今回も売れています。楽天限定カラーのミッドナイトブラックが余っているのはちょっと皮肉なところでしょうか(´∀`;)

ZenFoneシリーズも4 Max, Max Plus M1は定番モデルとして需要はあったようです。

このあと開催されるタイムセールは、

・9月8日 19時 GRANBEAT 88,194円→27,593円
・9月9日 15時 Mate 10 Pro 93,194円→45,186円
・9月11日 1時 ZenFone 5 56,194円→27,778円

この3回です。週末の8日・9日は参加しやすいタイミングでしょうし、いずれも価格がけっこう高い商品ですから、スーパーセールに併せてポイントバック分も含めて割安で入手出来るチャンスを狙う人は多いかもしれません。

楽天モバイルの端末セットセールは公式サイトでほぼ常時開催されていますが、新規事務手数料も込みで半額+ハイスペック機種を買いやすいスーパーセールは3ヶ月に1度の機会ですので、参加するかどうかよく考えて買い物を楽しみましょう。



by ke-onblog | 2018-09-07 23:33 | キャンペーン情報 | Comments(2)
今日9月6日からスタートしたソフトバンクの新プラン「ウルトラギガモンスター+/ミニモンスター」を適用して購入できる、iPhone 6s Plusの一括0円案件がヤフー携帯に追加されました。
d0262326_22482369.png
今回入荷したのはiPhone 6s Plus 32GBモデルのゴールドとローズゴールド。価格は新規・MNPともに一括0円です。

iPhone 6s Plusは先日128GBモデルも一括0円で販売されていたのですが、すぐに売り切れてしまい、現在も在庫が復活していません。

128GBと32GBモデルが同じ価格というのはどうかとも思いますが、128GBモデルの再入荷があるのかどうかは不明なので、32GBモデルで妥協出来るのなら在庫があるうちに買っておきましょう。

料金プランは基本プラン(無料通話無し・準定額・定額)、ウルトラギガモンスター+とミニモンスターから選べ、どれを選んでも一括0円です。
d0262326_22521746.png
新プランなので月月割は付きません。基本プラン+ミニモンスターで、最初の1年は月額3,220円~。

Yahoo携帯で実施している11,000Tポイント・8000円キャッシュバックの新プラン用条件は以下の通りです。
d0262326_22552968.png
ソフトバンクの新プランでは2年契約をしなければ機種購入時の月月割が付く運用も出来るはずなのですが、ヤフー携帯では2年契約しか選べない(2年契約を外すと、自動でハートフレンド割が適用されてしまう)ので、iPhone 6s Plus購入時に月月割を付ける方法はありません。

新プランの場合は大量のパケットが欲しい・カウントフリー機能が使いたい人にとっては有利なのでしょうけれど、月月割が付かない分の端末値引きをどこで調整するのか気になっていましたが、とりあえずiPhone 6s Plusのような型落ち機種ならば2年契約前提ならば一括0円に出来るようですね。

他にもnova lite2、DIGNO Jは「おとくケータイ」で一括0円+キャッシュバック付きになっています(キャンペーンIDは「2812」、9月17日まで)。

総務省も型落ち・廉価機種は一括0円はOKというスタンスなので、端末代金の安い機種が欲しいなら、今後も型落ちモデル・低スペックモデルが狙い目になりそうです。


by ke-onblog | 2018-09-06 23:04 | キャンペーン情報 | Comments(4)
楽天モバイルのタイムセールよりは買いやすい可能性が高い、ZenFone5Z(ZS620KL)に使えるキャンペーン・セールがこのあと12時よりひかりTVショッピングで始まります。

概要は昨晩の日記に書いた通り、ほぼ毎月やっているひかりTVショッピングとOCNモバイルONEの格安SIMセット契約案件によりキャッシュバックと高ポイント還元を駆使するとこにより、DSDV対応・スナドラ845搭載・RAM 6GB・ROM 128GBの鬼スペックスマホが、最大実質2万円くらいで買える(d曜日やバースデーチャンスなどのタイミング・条件によって最大還元は異なる)というものです。

現時点での販売価格予定は72,560円(税込)。価格コムの最安値では67500円~とされており、これまでにもYahooショッピング等の高ポイント還元時に買えば実質5万円くらいで買うチャンスはいくらでもありましたが、ひかりTV向けの案件では2018年6月に瞬殺されて以来、およそ3ヶ月ぶりの登場です。

今回のセールもほぼ6月に実施されていたものの焼き直し・・・というか条件は悪化していますけれど、うまく条件を満たすことが出来れば、実質負担額は2万円を切ることも出来ますので、争奪戦になる可能性が高いと見ています(販売台数が需要に比べて極めて少ない可能性がある)。販売価格が自体は高いため、ぷららポイントの消費にも持ってこいです。

欲しい人は各キャンペーンのエントリーが可能になる2018年9月6日12時より、必要キャンペーンへ即エントリー・購入にチャレンジしましょう(ただし、焦りすぎて補償オプションの加入を付け忘れないように)。

エントリー・機種購入・SIM契約の順番は関係ありませんから、まず先に端末の在庫確保から行きましょう。先に回線契約をして、あとで端末が買えなかったときは悲惨ですので。


購入はおひとりさま1台のみです。色違いならそれぞれ1台ずつ買えます。


最も安く買えるタイミングは今日ではなく明日0時以降の、d曜日にd払い(最大7倍)を使ったケースとなりますが、過去の事例を見る限りたぶんそこまで在庫が保ちません。どのくらい在庫があるのかは聞いていないのでどうなるかは分かりませんけれど、確実にひかりTVで購入したい人はd払い分は妥協したほうが無難です。

OCN契約・たま~るキャンペーン・はじめてクーポン(初回利用/過去1年以上利用歴が無い場合)・d払い(d曜日・バースデーチャンス・マスチャレ等)などを組み合わせることにより、1万円現金CBと4万円相当分を超えるポイントが狙えるチャンスは滅多にないでしょう。

回線とオプションの維持に2万円以上の出費が必要となるものの、それでも総額4万円台くらいの負担で済ませられるはずです。ポイントによる還元を大量に含む点に目をつぶれば、十分にお買い得なレベルにはあると思います。

9月9日15時から販売される楽天タイムセールのMate10 Pro(45,186円)や11日1時から始まるZenFone5も魅力的ですが、あちらはひかりTVよりもハードルが低く、知名度が高いため、競争率はひかりTVの比ではないでしょう。楽天も買い回りやSPUで最大還元にまで到達する難易度はかなり高いですけれど、ひかりTVのキャンペーン比べれば全然マシですね(笑)

このひかりTVとOCNのキャンペーンは次第に条件が面倒くさくなってきましたので、気合を入れて臨まないと適用条件の漏れが発生したり、還元されたポイントの利用で心が折られます。


いっそOCN契約をしないという前提で今回のひかりTVキャンペーンをつかうのなら、P20 liteが結構お買い得かもしれません。
d0262326_20340643.png
6日時点の販売価格が31,300円(すでに昨日よりちょっと値上がってます(´∀`;)であり、たま~るCP分が3万円でおそらく6000PT還元(条件が前回から変更される可能性もあるので、開始後に各自で確認してください)、メルマガ読者むけに届いている3,000PTクーポン併用、d曜日7倍到達で2191dポイントを貰えば、単品購入でも実質2万円くらいで入手可能になります。
d0262326_12031978.jpg
たま~るCPの詳細が発表されました。やはり総額3万円以上で最大6000PT還元でした。

こちらはたぶんすぐに売り切れたりはしないので、d曜日を待つことをオススメします(全額ポイント払いをするのならd曜日は関係ありません)。


他にもGOGOバザールで50倍ポイント還元のセールも12時から始まります。ぷららポイントを使ったり貯めたり、各自の目的に併せてうまくキャンペーンを使いこなしましょう。

by ke-onblog | 2018-09-06 11:30 | キャンペーン情報 | Comments(4)
またやってきました、OCNモバイルONEとひかりTVショッピングのキャッシュバック案件です。

もうクドいくらいに繰り返されているキャンペーンですけれど、今回は「GOGOバザール」と重複して始まるため、複数のキャンペーンを併用できるチャンスがあります。
d0262326_17435093.jpg
今回も公式サイトには記載されていないプロモーションコードで1.5倍のポイントが貰えますので、よく条件を確認して参加するかどうか検討してみてください。

*販売価格・購入に対するポイント倍率はこのあとセール開始後に変更されることもありえるため、以下は参考価格/ポイント倍率である点に注意してください。

今回のキャッシュバック案件は2018年9月6日12時~9月25日昼11時59分まで開催され、9月5日時点では以下の6機種が対象となります。

・Mate 10 Pro 2万円CB+2万PT (販売価格75,800円 )
・Mate9 2万円CB+1万PT (販売価格 55,000円)
・P20 lite 1万円CB+1万PT (販売価格 30,987円)
・ZenFone5Z 1万円CB+2万PT (販売価格 72,560円)
・ZenFone4 1万円CB+1万PT (販売価格 48,448円)
・AQUOS sense plus 1万円CB+1万PT (販売価格 48,460円)


上記はキャッシュバックは現金、ポイントはぷららポイント分です。ここで、キャンペーンへ申込・機種購入をしたユーザーに後日届く「口座登録フォーム」にて、プロモーションコード[aff_ocn09]を入力すると対象機種のぷららポイントが1.5倍になります。Mate10ProとZenFone 5Zの場合なら3万PTということになります。

9月5日時点で、ZenFone4はぷららポイント10倍・AQUOS sense plusには5倍の購入ポイントが設定されています。また、9月6日朝に配信されたメルマガに、ZenFone4とP20 liteに使えるっぽい3,000PTクーポンも出ています(*実際に使えるかどうか現時点では不明)。

さらに、同9月6日12時からは秋の創業祭、GOGOバザールが開催され、LINE IDと連携しているユーザーのみが対象となる「ポイントたま~るキャンペーン」が併用可能です。
d0262326_20340643.png
詳細は現時点では不明ですが、過去のキャンペーンと同じ条件なら対象期間中に3万円以上の利用で最大の6,000PTに達する見込みです。

たまーるキャンペーンはLINE IDの連携を実施していないとエントリー出来ないので、初めて使う人・過去に連携を行なった人もいちおう連携状態を確認しておきましょう。


たま~るキャンペーンで6,000PT貰えるとして、Mate 10 Proの場合ならOCNの契約キャンペーンと併せて現金2万円+3.6万ぷららポイント、さらにd払いのポイントで上乗せも出来るでしょう。

本来であればd曜日の対象になる7日・8日(金曜・土曜)に買えばさらにdポイントがたくさんもらえるはずですが、前回までの傾向だd曜日まで在庫が保たずに終わってしまうかのせいもあるため、特に還元率と人気が高いMate10 Pro, ZenFone 5Zの2機種を狙うなら、d曜日は無視して明日6日12時からすぐに購入手続きをすることをオススメします。

販売価格自体が高額な機種もありますので使いみちのないぷららポイント・dポイントの消費には向いているかもしれません。ポイントの無限ループですが(苦笑)

今回もOCNのキャッシュバックを貰うためにはOCNでんわ かけ放題オプション+ぷらら保証オプションの加入維持指定がありますので、もし参加する場合はしっかりと申込時のオプション追加・維持期間を確認してからチャレンジしましょう。


維持費については7月開催時のものと全く同じはずなので省略。6月以前に開催されていたものとは少しオプション加入・維持に関する指定が変わっているので注意してください(興味がある方は過去記事「ひかりTVのOCNキャンペーン回線維持費計算」をどうぞ)。
by ke-onblog | 2018-09-05 21:18 | キャンペーン情報 | Comments(3)