白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

カテゴリ:キャンペーン情報( 2092 )

来週は再びdポイントを高倍率で貯めることが出来るスーパーチャンスが始まりますけれど、その前に貯まりすぎて使いみちに困ってきているポイントを消費する良いチャンスに・・・なるといいですね。

d0262326_20244912.jpg
アマゾンでは2019年4月20日9時から23日までの87時間、「タイムセール祭り」を実施します。

ちょうど次のdポイント スーパーチャンスが始まる4月24日~の期間とは重複しないため、ここはdポイントを貯めるよりも使う場面でしょう。

なおdポイントではなくアマゾンのポイントアップキャンペーンも同時開催されます。


87時間のタイムセールでは事前の目玉商品としてApple iPadおよびApple Watch・MacBook Airが出ることが予告されています。
d0262326_20304352.png
過去のタイムセールでは旧型のiPad , Apple Watchが対象になったことがあります。今回は先日発売された2019年モデルのiPad mini5, iPad Air3が出てから初めてのタイムセールということになりますが・・・どのモデルまで対象になるのか、楽しみです。2019年モデルの登場で型落ちになった機種が安くなったりすれば狙い目になりそうです。


私は自宅パソコンで使うためのキーボードが欲しいな~と思って先日から探しているのですけれど、事前に出ているウォッチリストでは、ゲーミング用のモニターやキーボード・マウスなどは多数登場するようです。また、新生活シーズンでもあるからか、家具系も多そうです。

前回の3月末のタイムセールではP20 liteが安かったりしましたので、今回のセールでも何かお得なスマホが出てこないかなと注意して見ておこうと思います。

【追記】:iPadは2018年モデルの9.7インチ第6世代、ウォッチはSeries 3のGPSモデルが対象となりました。スマホ類ではZenFone 5Qが24980円、R17 Proが64090円などの値下げが出ています。



by ke-onblog | 2019-04-19 20:48 | キャンペーン情報 | Comments(6)
もともと低価格なエントリーモデルであり、白ロムの相場は安めの機種ではありますけれど、この在庫は相場から若干かけ離れて安いように思われます。

2019年4月17日15時29分時点において、スマホのフリマサイト「ムスビー」にて、2018年11月に発売されたLGV36の美品白ロム(Aランク)が、6000円で販売されています。
d0262326_15311510.png
ネットワーク制限▲のジャンク扱いかな?と思ったのですが、赤ロム保証ありでこの価格です。

LGV36の白ロムは新品でも1万円前後で売買されているので、中古が嫌だという人は新品を選んでも良いと思いますが、まだ発売から半年も経過していないモデルかつ、ACアダプター 03(定価900円相当/micro USB用)もセットになっていますので、中古品としてもかなり安めだと思われます。

LGV36の主なスペックは、5.0インチ HDディスプレイに13メガピクセルのカメラ、Snapdragon 425、RAM 3GB/ROM 32GBのVoLTE対応スマホです。

ワンセグ・防水・おサイフケータイは非対応。スペック的にはスマホとして最低限のレベルかな?というところなのでメイン利用にはオススメしませんが、au回線の保守用・子供のおもちゃ用レベルには十分なのではないでしょうか。

ちなみに、ゲオ(ゲオマート)でのLGV36の白ロム価格は新品15,698円、Aランク14705円、Bランク13234円です(2019年4月17日時点)。

ただし、この在庫は赤ロムは永久保証ではありません。
商品ご購入日から30日以内 ・・・・・ ・・・・ご購入代金を全額保証
商品ご購入日から31日~90日以内 ・・・・・ ご購入代金の70%補償
商品ご購入日から91日~180日以内 ・・・・・ご購入代金の50%補償
商品ご購入日から181日~365日以内 ・・・・・ご購入代金の20%補償
商品ご購入日から366日以降・・・・・・・・・・補償対象外
このような低価格のスマホが赤ロム化する可能性がどのくらいあるかは不明ですが、赤ロムになってもWi-Fi利用だけなら問題ないはずなので、自宅でSNS/動画閲覧用などにするのなら十分でしょう。



by ke-onblog | 2019-04-17 15:48 | キャンペーン情報 | Comments(0)
ドコモ2018年冬モデルとして発表され、「iF GOLD AWARD 2019」を受賞したマニア向け端末 カードケータイ KY-01Lの白ロム価格が若干下がってきました。

d0262326_04564392.jpg
本体重量47グラム、厚み5.5mmという超絶軽量・スリムなストレートガラケーであるカードケータイ KY-01Lは、そのあまりにも小さな筐体ゆえに出来ること・使える機能は限定です。一般のガラケーユーザーが「携帯電話だ」と思って機種変更をしてしまうと九分九厘後悔するのではないかと個人的には思うほど、従来の折りたたみ携帯・ストレート携帯とも、スマホとも全く違う(OSはAndroidベースなので、使い方としての類似点は当然多くありますけど)といっても過言ではない仕様です。

私も購入して今はiPad mini5と一緒に使っていますが、、、正直、iPadとセットにしたところでまだキツイ(特に電池が)使い勝手です。


上記の記事でも結構ディスっているように読めるかもしれませんが・・・個人的には、こういう変な端末のほうが最新スマホを買ったときよりワクワクして、楽しいです( ゚∀゚)アハハ

KY-01Lの1台だけではスマホやガラケーの代わりとして使うには難がありすぎるのですけれど、「超小型携帯で遊ぶ・使い方を考えてみる」という試行錯誤自体を目的としてカード携帯を買ってみるという、マニアならでは遊びもオススメです。

カードケータイ KY-01Lには通話(VoLTE)・メール・ブラウザ利用・テザリング・防滴といった携帯電話としての最低限の機能はあります。ストラップホールもあるのでバンドの長いネックストラップなどを付けて「常に携帯を身に付け、電話をすぐ取り出して使いたい」というビジネスユースが最も一般的に想定される使い方でしょう。私も最初はそれを目的に買いました。
d0262326_05131884.png
ドコモの公式価格では、KY-01LはFOMA→Xi買い替え時の実質価格が他の機種と違って0円にならず、下手なスマホより割高(月サポが891円しか付かない)になりますけれど、白ロムで追加購入するのであれば、昨年に比べてずいぶん相場が下がり買いやすくなってきました。

2019年4月時点で、新品に拘らなければオークション等で1万円台半ば~2万円弱での取引が見られます。おそらく、買ってはみたけれど使いづらかった・もう飽きたという人が多いのでしょう(苦笑)

新品の場合は昨年12月~1月頃は3万円近くが相場になっていたと思いますけれど、今はオークション以外でも2.5万円を切っています。
d0262326_05441964.png


現在買い物マラソンでポイントアップ対象になっているゲオモバイルの楽天市場店では、KY-01Lの未使用品は24,418円・美品は23,392円(それぞれ税込)

ゲオモバイルは現在ベースポイントが+3倍になっていますので、買い周りを含む各種ポイントアップ条件をすべて満たすとポイント還元率は28倍になるそうです。最大還元倍率を達成するのはかなりたくさんの条件がありますけれど、買い周りを達成+楽天カード利用+ベースポイントで10数倍くらいまでなら比較的容易に到達出来ると思います。

2.4万円出せばちょっとした格安スマホが買える価格じゃないか!という気もしますけれど(そう言えば先日のセールならiPhone 7 128GBモデルも24999円でしたし)、そこは普通のスマホ・ガラケーでは飽き足りなくなってきた人でも楽しめる(かもしれない)体験のための必要経費ということで・・・

プリモバイルのSimplyも待受機種として人気があると思いますけれど、Simplyと比べてもKY-01Lは段違いに小さいです。
d0262326_05382118.jpg
実用性はともかく、持っているだけで周りに自慢できる端末(特にガラケー世代の人には十中八九、ウケます)でもありますので、白ロムが安くなったタイミングを狙って1台コレクションしておくのもアリだと思います。


ゲオマート【GEO-MART】

by ke-onblog | 2019-04-15 05:48 | キャンペーン情報 | Comments(2)
昨日はソフトバンク版のキャリアロックが掛かった状態のPixel 3が5万円前後にまで値下がりしているという日記を書きましたが、今度は「SIMロック解除済み」の在庫・価格情報です。

最大還元に到達するためには条件がいくつかあり、新品ではない点を妥協できるなら、SIMフリー状態ではかなり安い水準なはずです。
d0262326_17544467.png
2019年4月6日時点、ヤフーショッピングにある在庫でソフトバンクモデルのSIMロック解除済み 美品ランクの中古在庫が64,800円(税込み)になっており、そこから対象者限定で3%オフクーポンが出ています。


販売価格で税込み62,856円であるのに対して、各種条件を満たすと最大で22倍分のTポイントが貰えます。
d0262326_18000023.png
(ポイント倍率は注文のタイミング・アカウントの状況によって異なります。上記はクーポン適用前基準の表示)

私のメインIDの場合だと、

通常ポイント6倍
+Yahoo! JAPANカード利用 2倍
+ヤフプレ特典 4倍
+ヤフプレ会員限定ストア特典 +5倍
+SBスマートログイン設定 5倍

この条件で、単品購入でも22倍・13816Tポイントが貰える計算です(倍率はキャンペーンの参加状況・実施日によって変わります)。もちろん支払いにTポイントを使うことも出来ます。

このショップは初期保証は1ヶ月(レビューを書くと6ヶ月に延長)、赤ロムは永久保証ありです。

オークションやフリマで買うのがイヤという場合は、Tポイント還元を大量に含んでも良いならばかなり安い部類だと思います。ソフトバンク版のSIMロック未解除在庫ならもっと安くオークション等で買えるのですが、SIMフリーになると一気に価格相場が高くなるので。

あとは・・・赤ロムになっても構わない(保証なし)というのであれば、楽天のモバックス京都店ソフトバンク版 SIMロック未解除でPixel 3 64GBの新品未使用品が49,800円(税込)で出ています。

また、これも昨日の日記でも書いたゲオマート 1周年セール会場iconでは、SIMロック未解除のPixel 3 64GBモデルがAランク中古52,999円、新品 54,999円(税込)になっています。

それぞれ保証やキャリアロックの有無、使えるポイント・貰えるポイントに違いがあるので一概にどれが一番お買い得かとは言い切れませんが、、、現時点での価格・キャンペーンを考慮して比較すると、

・ロック未解除 赤ロム保証なし新品 49,800円(モバックス)
・ロック未解除 新品 5万円前後 (オークション/フリマの相場)
・ロック未解除 Aランク中古 赤ロム保証あり 52,999円(ゲオ) 
・ロック未解除 未使用新品 赤ロム保証あり 54,999円(ゲオ)
ロック解除済み ABランク中古 赤ロム保証あり 62,856円+Tポイント13,816円分付き(携帯市場)
・Google Play 公式定価 SIMフリー 95,000円

それぞれメリットとデメリット、中古品の場合はリスクも多少あるので、どれが良いかは各自で判断してみてください。


by ke-onblog | 2019-04-06 18:24 | キャンペーン情報 | Comments(0)
4月に入ってパタリとスマホのセット販売セールは止まってしまいましたけれど、白ロムの値下がりはむしろこれからが本番です。

連発で白ロムの価格情報を書いている気がしますが、iPhoneの中古が欲しい人には7・8もかなりなお買い得感が出てきました。
d0262326_11134113.jpg
本日2019年4月5日から7日までの3日間、ゲオ・ゲオモバイルの公式ウェブ販売サイトであるゲオマートにて、サイト開設1周年記念セールが始まっています。
ゲオマートでは全国のゲオ・ゲオモバイル店頭でも売っている在庫を取り寄せることが可能なのですが、店舗販売価格より多分安くなっています(店舗の場合はSIMとのセット値引きが最近主流になっているようなので)。

全体としては21,600円以下のスマホ・タブレットが全品3割引になっており、低価格帯のスマホも買いやすくなっています。

また、目玉商品としてピックアップされている機種だと、

・au iPhone 7 128GB Aランク中古 24,999円
・SB iPhone 8 64GB Aランク中古 34,999円
・ドコモ Galaxy S9 SC-02K 44,999円
・au Galaxy S8 SCV36 24,999円
・ドコモ Xperia XZ Premium SO-04J 34,999円
・au iPad mini4 128GB 29,999円

上記価格はいずれも税込み(4月5日時点)。普段はなかなか安くなりづらい新しめのiPhoneが大きく下げられています。今は通常販売されていないProduct REDカラーも在庫があります。

ゲオの「Aランク」商品であれば画面に傷が無いレベルのはずなので、メイン利用としても耐えうる品質のものが多いです(写真に映らないレベルの傷ならAランクになることもあるため、個別の商品に「傷がない/新品同様」などと明記されているものを探しましょう)。

特に安くなっている在庫はSIMフリーではない(解除済みのものには解除済み、と記載があります)ものの、iPhone 7ならdocomo with化された影響で32GBモデルなら結構安く(3万円台後半)新品白ロムも出回っていますけれど、128GBモデルでこの価格なら、auユーザーのサブ・保守用スマホとしても良さそうですね。

Galaxy S8 SCV36はSDM835搭載機種です。私もドコモ版のS8を持っています。5.8インチというディスプレイサイズに比して非常に軽く、持ちやすいサイズです。価格を気にしないのなら昨日の日記で書いたPixel 3のほうが個人的には好みですが、そのさらに半額という安さは十分に魅力的です。

ゲオの中古品は赤ロム永久保証あり、初期不良保証あり、ウェブ上で画像付きで商品が見られる(付属品の有無も判る)ので、安心感が高いです。そのぶん普段は若干高めの価格設定がされていることも多いのですけれど、上記のピックアップ機種の相場はフリマサイト等に比べても悪くないレベルかと思われます。

セール価格は同じランクのものなら一律になっています。それぞれ個別中古品であるため、同じランク・同じ価格で売られているものにも多少の品質の違い(傷が目立たない/傷が全く無い、付属品が無い本体のみ/付属品すべてあり)もあります。欲しい機種があれば早めに在庫をチェックして、より状態の良いものを確保しておくことをオススメします。

また、私には相場がよく判りませんがスマホ以外ではゲーム機本体・ソフトも安くなっているようです。


by ke-onblog | 2019-04-05 11:48 | キャンペーン情報 | Comments(5)
2019年2月1日に発売されたばかりのハイコスパスマホシリーズ「nova lite」の最新作 nova lite3がNTTレゾナントのヤフー店・楽天店で開催されているセールで安く買えます。
d0262326_00062487.png
nova lite3は通常価格でも2.6万円程度であり、「格安スマホ」らしい価格のモデルですが、2019年4月3日~4月18日11時まで開催されているスプリングセールにおいて、SIM契約不要で3,000円引きになり、今日4月5日は5のつく日でポイントアップも狙えます。


スプリングセールの他の対象機種はすべて音声SIM契約必須ですが、nova lite3は契約任意(事務手数料が無料になるパッケージは貰える)です。

今はOCNの音声SIMセット販売でもnova lite3は14,800円にしかならないので、単品購入がオススメです(次の大きなセール・キャンペーン時にはSIMセットで数千円くらいになりそうですけど)。

本体価格19,800円(税込みだと21,384円)に対して、単品購入でも条件を満たすと3000ポイント以上のバックがあります。
d0262326_00133418.png
nova lite3の主なスペックは、Kirin 710(Antutuベンチマークだと13万点くらい)、RAM 3GB/ROM32GB 、電池容量3400mAhの6.21インチサイズディスプレイを搭載しています。

カメラは13メガ+2メガなので最上位のP20 ProやMate20 Proのような写真は撮れないと思いますが、この実売価格は相変わらずの「超高コスパミドルエントリースマホ」ですね。

セール期間中に5のつく日は今日4月5日以外に4月15日もありますが、現在NTTレゾナント系列店では年度末セール時からの出荷遅延が継続しているみたいなので、早めに注文しておいたほうが良いでしょう。


by ke-onblog | 2019-04-05 00:20 | キャンペーン情報 | Comments(0)
日本投入の公式発表がされた直後は「良さそうではあるけれどちょっと高いな...」と感じたPixel 3も、思った以上に過去のNexusシリーズにも劣らない「高コスパスマホ」になりつつあります。
d0262326_16071147.jpg
先の2019年3月年度末セールシーズンにソフトバンク・ドコモ両社からの投げ売り&SIMフリーモデルでも若干の値下げ販売・特典強化販売が行われた結果、2018年11月の発売時に定価95,000円だったPixel 3 64GBモデルも、契約不要の単品購入で5万円から買えるようになってきています。
d0262326_15472732.png
ソフトバンク版でSIMフリー化がされていない状態だと、新品未使用品の白ロムでも5万円ジャスト~5万円前半でオークションサイトでは手に入れることができるようになってきています。ロック解除済みだと一気に価値が跳ね上がって6万円を超えますけれど、キャリアロック版にしてもちょっと下がり過ぎでは?という水準です。


【追記】:2019年4月5日、ゲオのウェブセールでSB版Pixel 3 64GBが大きく値下げされています。Aランク中古で52,999円、新品も54,999円になっています→「ゲオマート 1周年記念セールicon」/2019年4月7日まで


ソフトバンクで発売されているモデルは「G013B」という型番で、ロック以外の性能・仕様は同じ(日本で販売されるiPhoneのように。海外版の「G013A」は技適がありません)。SIMロック解除をすればau VoLTEでもつながるはずです(私もPixel3にはauのSIMを入れています)。
d0262326_15015287.png
B11は非対応ですがB19,B18/26、B21と幅広く対応しています。

現在ソフトバンクではまだ「中古/白ロム購入者によるSIMロック解除」には非対応です。しかしおそらく2019年9月以降には現在ドコモが実施している中古購入品の解除対応と同等の変更がされると期待できますので、それまで我慢してSB回線で使えるのならPixel 3の新品が5万円というのはかなりお買い得なレベルだと思います。

Pixel 3にはキャリアアプリのプリインストール・独自カスタマイズがされていないので、そういったサービスを使いたいというユーザーにはあまり向かないのかもしれませんが、個人的にはPixel 3をiPhoneのサブとして使っているため、「スマホで使う基本的なツールアプリ」すら必要ないので、かなり快適で気に入っています(メインにするにはちょっと電池の持ちが悪く感じる・ズームをしたいときにはやはりデュアルカメラ機種のほうが上なのでサブ止まり)。
d0262326_03383083.jpg
最近は6インチ超の大きなスマホもたくさん使ってきたのでそういうサイズにも慣れてきてはいますが、Pixel 3くらいのサイズ感は心地よく感じます(横幅68.2mm・重さ148グラムなので、古いスマホの5.0インチサイズ前後のイメージ)。

そしてなんと言ってもライトアップや夜景シーンでのカメラの強さ。
d0262326_15193439.jpg
このブログだと圧縮した小さな写真しか載せられませんけども、手持ち撮影でコレです(PC表示でクリックしたときに出てくる画像でオリジナル横幅4000px→800pxなのでおよそ1/5のサイズ。スマホ等でご覧になった場合のサムネイルはもっと小さいはずです)。

画素数が小さい・ズームが効かないのでディティールはかなり潰れてしまいますけれど、P20 Pro, Mate 20 Proなどと比べて勝るとも劣らないレベルです(仕上がりがHuaweiとGoogleだとかなり雰囲気が違うので、画質以上にどちらを良いと思うかは個人の好みに依るでしょう)。ズームに関しては専用レンズを持っているP20 ProやiPhone Xに若干劣ります(作例比較はこちら)。

ソフトバンク版Mate20 Proもかなり白ロム価格が安くなってきていますが、新品にこだわる・画面が小さい方が好みであるのなら、ソフトバンクのキャリアロックが掛かったPixel 3の白ロムは穴場です。

SIMロック解除済みのほうが価値が高くなるのは普通のことですが、相場に1.5万円以上の差が出来るというのは「Pixelというちょっとマニアックな端末である」×「年度末で投げ売られた在庫が需要以上に流通している」ことが原因だと推測されます。一般のソフトバンクユーザーの大半はiPhoneユーザーでしょうし、Pixel3のような端末を買うユーザーはSIMフリーに拘る方も多いと思います。

しかしそこであえてPixel 3は試してみたかったけれど値段が、、、と諦めていた方は、SBキャリアロックの掛かった白ロムを狙って安く済ませるというのもアリかと思います。

といってもまだPixel 3の在庫がどこにでも安く売られているというわけではなく、2019年4月上旬時点では白ロムショップ系での価格は高め(キャリアロック状態でも7万円超えのショップもあるくらい)なので、フリマ・オークション系のルートで買うと安く済ませられそうです。

2019年4月時点でドコモでの端末購入サポート・ソフトバンクでのPixel 3ハッピープライスキャンペーンが終わっているため、今後の価格下落速度は抑制されると見ています。極端に今の相場から値上がることもない(SIMロック解除待ちの在庫が順次市場に放流されるでしょうから)と予想していますので、掘り出し物を見つけたら早めに確保しておくほうが良いかもしれません。

Pixel 3のファーストインプレッションでは「10万円は高いな!」と思いましたけれど、ソフトバンク版限定ながら今、このスペック・仕様で5万円なら試してみる価値のある水準でしょう。


by ke-onblog | 2019-04-04 15:46 | キャンペーン情報 | Comments(0)
SIMフリー版・新品にこだわらない、SB回線で使いたい人にならアリかもしれません。

2018年冬モデルとして発売中のトリプルLeicaレンズ搭載 Mate20 Proのソフトバンクモデルは先の年度末セールで投げ売られた影響を受けて、白ロム価格が大きく下落しています。

SIMフリー版の場合は定価12万円という超高額モデルであったため、さすがにまだ2019年4月時点でも単品購入時には買いやすい価格というほどには値下がりしていない(9万円前後)のですが、ソフトバンクの中古白ロムはすでに4万円台に突入し始めました。
d0262326_18312938.png
上記は「ムスビー」に出品されている在庫で、美品状態(Aランク)のSB版です。

現時点でネットワーク制限が△となっていますが、赤ロム保証あり(購入から半年は全額返金保証あり)なので、特に実用上問題はないでしょう。

ファーウェイのスマホでは2019年モデルとしてP30 Proが発表済みですが、Kirin 980のCPU・超広角レンズはこのMate Proと同じもののはず(2000万画素)です。ディスプレイ面内蔵の指紋認証、ワイヤレス充電による給電機能もMate20 Proも対応しています。

ムスビーでは送料・消費税以外に別途手数料が3.24%(3万円以上の商品の場合)掛かりますので、購入総額は50,381円です。在庫は一品限りなので「中古相場」としてはまだ4万円台で買える在庫は少ないと思いますけれど、オークション等を見ても新品も6万円台半ば~7万円台前半くらいまで下がっており、なかなかお買い得感があります。

先日ドコモモデルのP20 Pro HW-01Kは機種変更の月々サポートが減額されてしまい、機種変の端末購入サポートにもならなかったのであまり年度末前後での白ロム価格相場の下落が期待できない展開になっているため、ソフトバンク回線ユーザーがHW-01KのSIMフリー版を買って使うよりはMate20 Proの安い白ロムを探したほうがお得になってきそうです。


by ke-onblog | 2019-04-02 18:45 | キャンペーン情報 | Comments(5)
アマゾンのタイムセールは以前より魅力的なものが少なくなっていると感じていたので最近はチェックすら怠ることも増えてしまったのですが、これはお買い得だと思います。

昨年夏に発売されたP20 liteがアマゾンタイムセールでサムスンの64GB micro SDカードセットになって、契約不要なのに17,980円にまで値下げされています。
d0262326_15120104.png
P20 liteは上位モデルのP20 ProやP20ほどのカメラ性能は持ちませんが、3万円前後のスマホとしては完成度が高いことでトップランクの人気を誇る格安モデルです。

SDカード単品の価値はアマゾンの価格で1680円になっていますので、本体としては16,300円ほど。そこからさらに、2019年3月31日までファーウェイが実施している「2億台突破 お客様感謝祭」の商品券対象にもなるはずですから、急いで買って応募すれば3,000円分の商品券も貰えるはずです。

今日30日は3月最後のd曜日でもありますので、d払いを使えば最大6倍のポイントも貰えるでしょう。

P20 liteの新品白ロム市場価格はオークション等を使ってもまだ1.8万円前後のはずです。発売から半年以上が過ぎているとは言え、個人間売買ではない新品SIMフリーのP20 liteがこの値段で64GBのSDカード付き・3000円分の商品券付きというのは破格ではないでしょうか。

2019年3月30日15時18分時点では各色在庫有り。


Pのliteシリーズは当サイトの読者さんでもかなりユーザーが多い機種なのですでにお持ちの方もたくさんいらっしゃるかもですが、スマホデビュー用やサブ用に丁度良い価格帯です。

by ke-onblog | 2019-03-30 15:23 | キャンペーン情報 | Comments(7)
本日2019年3月29日15時から始まる、ひかりTVショッピング平成最後の大規模 ハイパーSALEについてまとめていきます。

ひかりTVでは頻繁に高還元セールやクーポンが出ますが、今回はどちらかというと「ポイントを貯めるため」のキャンペーンではなく、ポイントを使ってお得になるものが多そうなので、使い切れないほどのぷららポイント・dポイントを貯めまくった方は、ここが勝負どころです。
d0262326_12070698.png
今日明日はドコモの決済システム「d払い」を使うことでdポイントが貰える倍率も上がりますが、最大でも6倍どまり(通常は3倍、買い周り達成で6倍)にしかなりません。年末-お正月シーズンにやっていた最大50倍の魔法のスーパーチャンス時のような倍率にはなりません。

そのかわりポイント還元原資分が商品自体の価格値下げ・ポイントクーポン分に反映されて以前よりも販売価格自体を安く設定されているものを狙っていくのが良さそうです。

今回のセールではd払い分はあまり気にせず、購入時のぷららポイント倍率が高いものにはぷららポイントを使わずd払いで、購入時ポイント倍率が低いものにはぷららポイントの消費を優先しましょう。


このあと発表・有効になるクーポンは、

・1.5万円以上の商品に使える一律5,000PTクーポン 2500枚
・3万円以上の商品に使える一律9,000PTクーポン 3500枚
・メルマガ読者限定で貰える43種類のクーポン

が予告されています。普段発行されているひかりTVのクーポンよりも高還元・大幅な値引き券種が出ることが期待できます。

一例として事前告知されているクーポンでは、

・Mate20 Pro 限定 30,000PT (現時点の価格118,000円、ポイント0倍)
・オフィス付き LAVIE Hybrid ZERO  30,000PT(現時点の価格 178,000円、ポイント10倍)
・ミラーレス OMD EM10 III EZ WZキット 30,000PT(現時点の価格 90460円、ポイント1倍)
・ルームエアコン 霧ヶ峰Style FLシリーズ14畳用 40,000PT(現時点の価格 149,800円、ポイント10倍)

などがあります。これらには一律5千/9千クーポンを使うより専用クーポンを使ったほうが還元率が上がります。ぷららポイントで全額支払ってもポイント数固定クーポンの場合は3万・4万ポイントが減額されること無く貰えるので、ポイントは積極的に使っちゃいましょう(10倍商品の場合は・・・微妙ですね)。

「3万円以上」・「1.5万円以上」という判定は注文手続き時にカートに入っている合計額で決まりますので、複数の商品の合計でもOKです。規定額にちょっと足りない商品を買いたい場合には、テキトーな小物を追加して調整しましょう。

それぞれメルマガクーポンの場合も利用可能数上限があるため、クーポン配布予定時刻の29日15時に、登録したメールアドレスをチェックしましょう。


*具体的にお得に買えそうな商品のピックアップは後ほど追加していきます。セールが始まった直後に値上げ・ポイント倍率改定などの調整が行われることも多いので。

【追加情報】

セール始まりました。若干アクセスがしづらい状態となりましたが、アクセス不能にまでは成らず。

15時直後、メルマガクーポンの設定がまだ反映されていないのか配信されたクーポン情報を開いても「対象商品無し」と表示されてしまうページがあります(→すでに直っています)。
d0262326_15053765.png
対象なしとなっていても、メルマガにある画像から判別できる商品で対象になっているものなら、クーポンが使えます(カートに入れて試せば判ります)。急がない場合・対象かどうか判らないものが買いたい場合はシステムの修正を待ちましょう。

最大9万ポイント~倍率10倍クーポンなど、スマホ、カメラ、家電類など、たくさんの専用クーポンが出ています。


そして、OCNモバイルONEの契約キャンペーンも再開されています(29日12時受け付け開始済み、4月16日11時59分終了予定)。
d0262326_12275140.png
音声SIM契約セットで最大2万円の現金キャッシュバックと1万PTが貰えます。これは先述のハイパークーポンと併用が出来ます。

Mate20 Proの場合ならクーポン併用で現金2万円+4万ポイントが貰えることなり、まずまずの還元率です。

今回は対象機種も多く、発売されたばかりのZenFone Max M2なども在庫があります。

☆「ひかりTVショッピング OCNモバイルONEキャッシュバックキャンペーン(3月末版)」(要エントリー、期間中の開通やオプション維持条件あり)

ちょっと古い機種ですがP10 Plus 39,800円なんていうのもありますね~。3万円を超えているのでハイパーセールクーポンを使って、全額ポイント払いをしても2万円現金+19,000PTバックが狙えるはずです。

【追加情報】

15時直後の時点において、メルマガクーポン(個別)とOCNキャッシュバックの両方対象になった商品は以下の通りです(ポイントはメルマガクーポン+OCN契約CP達成時の最大)。

・ROG Phone 最大2万円+5万PT
・Mate20 Pro 最大2万円+4万PT
・Nova 3/P20/AQUOS R2 Compact 最大2万円+3万PT
・P20 lite 最大2万円+2万PT

それぞれ固定ポイントクーポン(1万~4万PT)なので、全額ポイント利用でも上記のポイント・キャッシュバックは条件を達成すれば獲得可能です。

個別クーポンの対象になっていないZenFone Max M2, Pro M2などにはハイパーSALEクーポンを使うことが出来ます。ZenFone Max M2(28,620円)を買うなら+1380円分の何かを追加して「合計で3万円以上」をカートに入れれば9000PTクーポンが使えます。


OCNの契約キャンペーンについても購入時にポイントを使っても貰えるキャッシュバックやポイントが減ることはありませんので、ポイントを使う良いタイミングになるでしょう。

ただし、OCNの契約をすでに5回線持っている場合・同じスマホセットを過去に購入したことがある場合(購入制限がある機種に限る)、OCN契約自体がブラックリストになってしまっている場合にはOCNモバイルONEとひかりTVのセット契約キャンペーンには参加出来ませんので、過去にたくさん契約しまくった方は気をつけてください。

OCNの契約キャンペーンは過去のキャンペーンに比べて特別に優れたものではありませんので、参加するかどうかは各自でよく考えましょう。今回はハイパーSALEのクーポンがメインです。

過去のクーポンに比べておトク度が高いものが出てくる見込みなので、めぼしい商品は開始直後に狩り尽くされる可能性もあります。29日15時開始直後にアクセスできるよう、準備をして臨みましょう。


by ke-onblog | 2019-03-29 12:35 | キャンペーン情報 | Comments(7)