白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

<   2018年 07月 ( 56 )   > この月の画像一覧

サービス開始から1ヶ月が経過したLINEモバイルのソフトバンク回線において、8月よりリアルタイムのスピードテストを公式サイトで確認できるようになります。

LINEモバイルではソフトバンク回線提供開始時に行った会見時に、「格安スマホ最速チャレンジ」という企画を発表していました。
d0262326_08413336.png
詳細は7月中に発表、とされていたのですが、公式サイトではまだ「Coming soon...」のまま、未発表で7月が終わってしまいましたが、SNS上でキャンペーンの開始を告知しています。


詳細は8月2日に公開されるということなのでまた後日確認してみる必要がありますが、プレゼント企画もやるということなので、LINEモバイルを最近契約した方はチェックして見る価値がありそうです。

現在の状況だとLINEモバイルのSB回線はお昼の混雑時にも30Mbpsくらい出ていますので(7月30日までのスピード実測定データはこちら)、すぐに1Mbpsを切るようなことはなさそうですが、今後利用者が増加するに従って徐々に速度が低下されることが予想されるため、混雑具合を見てから契約したいという方は日々の推移を確認してみましょう。

LINEモバイルでは8月31日までに契約(利用開始日を迎える)と、音声SIMの場合は月額300円から使える「スリーコインキャンペーン」(6ヶ月間900円割引)や、契約プランに応じて最大4000円分のLINEギフトカードがもらえる「初夏の選べるキャンペーン」なども実施していますので、夏休み期間に契約をする人もまだまだ増えそうです。

いまはワイモバイル、UQモバイルのサブキャリア並の快適さを維持しているLINEモバイルのソフトバンク回線ですけれど、いつまでこのクオリティを保てるのか、見ものです。

格安SIMサービスで超快適な状態を体験出来るのは早期契約者だけのメリットになることも多いので、少しでも長く快適にSB回線を使ってみたい人は、早めに開通させて速度の変化を見守ってみるのも楽しいかもしれません。

回線が遅くなったら解約しましょう。

by ke-onblog | 2018-07-31 21:49 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
ドコモの出前サービス、dデリバリーではさまざまな還元キャンペーンを実施していますが、上手くいけば「還元率100%超え」が出来そうです。

その方法は、「出前を食べるお仕事」です。
d0262326_16105651.png
「出前を食べるお仕事」は、ときどきdデリバリーに登録している回線にメッセージRで届きますね。いつもこの仕事を募集しているわけではなく、一定の間隔で単発の募集をしているのでしょうか。

今回は2018年8月24日~8月31日までの期間にdデリバリーを利用する予定があるユーザー向けです。

ただ、誰でも参加ができるというわけではなく、メッセージRにある「dジョブ-スマホワーク」を経由したアンケート画面から、1問だけのアンケートに答えて、選ばれたユーザーだけが2000dポイントの仕事を出来ます。

この事前アンケートに答えるだけでも1dポイントが貰えます(10万名で終了)。アンケートに答えるためにはdジョブへの登録(dアカウントでの連携)が必要ですので、参加してみたい場合は登録をしてからアンケートにて「希望する」を選びましょう。




by ke-onblog | 2018-07-30 16:16 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
2018年7月2日からサービスを提供開始したLINEモバイルのソフトバンク回線が順調に伸びているようです。

格安SIMサービス最速を目指すとしたLINEモバイルのソフトバンク回線では、サービス開始直後は非常に快適な状態を保っていたのですが、提供開始後10日程度経った頃から回線の混雑が見られ、顕著な速度低下が見られました。

私の測定したところだとお昼の時間帯で1.7Mbps前後まで下がっていることを7月13日に確認しています。
d0262326_08002906.jpg
このまま低速化してしまい、ワイモバイルとUQモバイルを除いた一般的な格安SIMサービスと同じレベルになってしまうのかな?という状況において、LINEモバイルでは公式に7月18日に設備強化を実施することを発表し、実際に速度の回復が見られました。

18日に行われた増強によって確かに混雑は解消されていたのですが、前回は7月2日受付開始 → 7月13日という10日ほどで速度低下をしてしまっていたので、増強幅を超えるくらいまた申込が殺到したら・・・という心配もまだ残っていました。

18日の増強直後のデータは以前日記に書きましたが、その後LINEモバイルのソフトバンク回線の速度がどうなったのか、平日のお昼にスピードテストをした結果を見てみましょう。
d0262326_12525011.png
上記はすべて平日の12時30分前後にダウンロード速度を測定した結果です。毎日測っているとすぐにパケット容量を使い切ってしまいますので、密度は低い点はご容赦ください。

私の観測している範囲では、7月18日→7月30日まで平日の最も混雑する時間帯においても30Mbpsを切ること無く、非常に安定した速度が出ています。

特に7月14日~7月31日までの期間限定で開催された、招待キャンペーンによる最大5000円割引(事務手数料無料+2,000LINEポイントプレゼント)という新規獲得向け施策により、回線増強後もかなりの利用者が増えたであろう時期でしたけれど、LINEモバイルのソフトバンク回線はまだまだ空いています。18日に、いったいどれだけの投資をしたのでしょうか(´∀`;)

ある程度は他社MVNOよりマシな速度になるのかな?くらいの期待はしていましたが、ここまでの快適性をLINEモバイルが提供してくるとは、ちょっと予想以上です。この速度をずっと維持するようなことがあれば、マジで「第二のワイモバイル」ですね。

これまで「格安SIMを速度で選ぶならサブブランドのワイモバイル・UQモバイルの二択」だったところに、LINEモバイルのソフトバンク回線が並ぶことになるのでしょう。このままの速度を保てるならば、ですけれども。

LINEモバイルとしては「混雑時間帯にも1Mbpsを切らない」というのを目標に掲げており、1Mbpsを切るようならデータ容量をプレゼントするという企画を出していました。
d0262326_13000165.png
このキャンペーンの詳細は7月中に発表、としていましたが・・・もう7月30日ですよ? 7月18日以前の未増強時期の速度がどのようなものだったのか気になりますが、少なくとも18日以降分については、1Mbpsを下回ることは無かったはずです。

現在ソフトバンク回線を契約すると容量が2倍になるキャンペーンをやっており、私の契約分でも1GB→2GB分が付与されていましたが、度重なるスピードテストによって残り100MBを切っているので、来月でいいので1GB欲しいです(´∀`)

常時30Mbps以上の速度が出るようなサービスを維持することは、ワイモバイル・UQモバイルと同等の力を入れ方をしないと無理でしょうから、いつまでもこの超快適な通信環境が続くとは思えません。しかし、7月後半の新規ユーザー優遇キャンペーンを出してもまだこれだけ余裕があるのなら、もうしばらくはLINEモバイルのソフトバンク回線は他のMVNOよりスピードの速い状況が続いてくれそうです。

LINEモバイルのキャンペーンとしては、最大4000円分のLINEギフトコードが貰える「初夏の選べるキャンペーン」が8月31日まで延長されていますので、招待キャンペーンが終わったあとはそちらを使うのもありでしょう(初夏の~は招待キャンペーン・エントリーパッケージとの併用不可)

by ke-onblog | 2018-07-30 15:45 | 格安SIM(MVNO) | Comments(2)
2018年夏スマホ最後のフラッグシップモデル、Xperia XZ2 Premium SO-04Kの発売が7月27日から始まり、さっそく白ロムがオークションサイトに登場しました。
d0262326_07015236.jpg
左からXperia XZ2 Compact SO-05K, XZ2 SO-03K、そしてPremium XZ2 SO-04Kです。ドコモのXperiaスマホとしては最大の5.8インチ 4Kディスプレイを搭載した最新鋭のスマホということで、発売直後の白ロム価格はどのようなものになるのか興味ありましたが・・・驚きの価格で売買が始まっています。

d0262326_07093065.jpg
ヤフオクでは29日にSIMロック解除済みのXperia XZ2 Premium SO-04Kは98,000円~135,000円での落札が見られます。

ドコモでの定価が112,752円であることを考えると流石に13万円超の売買が今後続くとは思えませんが、Xperia XZ2, XZ2 Compactに比べても、まずまずな需要があるようです。

フリマサイト「ムスビー」でもすでに多数の出品があり、いくつも売約済み(取引中)になっています。
d0262326_07140709.jpg
フリマサイトでの相場は124,000円~。手数料込みでおよそ12.8万円くらいになりますので、ヤフオクより若干安く買えるようです(ヤフオクの13万円超はちょっと高すぎ?)。

12万円超という白ロム価格は、前モデル Xperia XZ Premium SO-04Jの発売当初の売買相場と同じ~やや高い水準です。

販売価格自体がSO-04Jより高いので、このくらいの価格は想定の範囲内とも言えるのですが、個人的にはXperia XZ2 Premium SO-04Kはあまりにも本体が巨大化&auでの取扱も開始されてしまったので、正直ドコモモデルの需要も少し減りそうかな?とも思っていたのですが(苦笑)

ここで、他のXZ2シリーズとプレミアムの定価・機種変更価格を比較してみましょう。

・Xperia XZ2 SO-03K 94,608円/ 実質47,952円
・Xperia XZ2 Premium SO-04K 112,752円/実質 67,392円
・Xperia XZ2 Compact SO-05K 79,056円/実質32,400円

XZ2 Premiumを基準として、SO-03Kのほうが19,440円安く、SO-05Kでは34,992円もの実質負担差があります。

で、白ロム価格相場(7月末時点)を見てみると、

・Xperia XZ2 SO-03K 85k~90k
・Xperia XZ2 Premium SO-04K 120~130k
・Xperia XZ2 Compact SO-05K 70~78k

SO-03Kはあまり白ロムが出回っていないので上記の価格は適当な見積もりですが、そんなには外れていないでしょう。

ドコモでは専売としているXperiaのコンパクトモデルが人気になることも多いのですが、白ロムの流通数が多く、発売から時間が少し経ってしまったので相場はすでに大きく下落しています。今年のSO-05Kは「コンパクト」と呼べるほどに小さくもないですし(´∀`;)

Xperia XZ2 Premiumは確かに巨大化はしていますが、同じく巨大化したXZ2を買うのならいっそ最上位のプレミアムを!という人も少なからずいるでしょうから、それなりの需要もあるはずです。


SO-05KとSO-04Kだと今は40k以上の白ロム価格差が生じ得るため、来月機種変更が出来るようになる回線があるのなら、SO-04Kという選択もありなのかもしれません。

特にドコモのオンラインショップでは先着10000人まで、ソニーストアで使える5000円分のお買い物券がもれなく貰える特典があるため、dポイントを消費しつつ買うのならSO-04Kがしばらくは有利になりそうです。

と、同じ考えをする人も多そうなので、価格相場が落ち着くのも早いかもしれません。公式オンラインストアには即納在庫は十分ありますので、あとはスピード勝負でしょう。


by ke-onblog | 2018-07-30 07:43 | 白ロム転売法 | Comments(2)
ドコモから発売された究極のカメラスマホ P20 Pro HW-01Kをお得に買える発売記念が早くも(あるいはようやく?)終わりそうです。
d0262326_10024230.png
2018年6月15日の発売日以降、ドコモモデル HW-01Kを購入し、専用のキャンペーンサイトからIMEIや各種情報を入力すると先着10,000名までにもれなく5000dポイントをプレゼントするという、比較的大きなキャンペーンを実施してきましたが、対象期間として設定されていた2018年8月31日まで1ヶ月以上を残した7月下旬時点で、先着枠の残りがわずかとなったと告知が出るようになりました。

キャリアではどの端末が何台売れた、といった公式発表はしていないはずですが、HW-01Kは発売から1ヶ月で、まだ1万台も売れていないのでしょうか?

HW-01Kを買っておいて、このキャンペーンに応募しない人は滅多に居ないと思うのですが・・・どうなのでしょうか。手続きが面倒だからやらない、という人もいるのかもしれませんが、とにかくまだ応募者は1万人未満のようです。

1万台という数が多いのか少ないのかも良く判りませんが、AppleのiPhoneだと発売から3日で何百万台が売れた~と発表していた時期もありましたので、それに比べると先着1万人分に到達するまで、ずいぶん時間が掛かっているようにも感じられます。

d0262326_10003763.jpg
私も発売日からHW-01Kを使ってきましたが、カメラ・顔認証+指紋認証はかなり気に入っているものの、それ以外は割と普通?とも。P20 Proに限らず、インターフェイスや文字変換の違いなどはメーカーごとに特色はありますが、慣れればずば抜けてどこかのメーカーが良い・悪いという印象も持ちません(慣れる前にころころと機種を変えるせいかもしれませんが(´∀`;)。

P20 Proは海外でも発売されており、ドコモモデルではUIにかなり手が加えられており、さらにデュアルSIMではなくシングルSIMに変更されるなど、海外スマホのハイエンド機種購入に慣れたマニアには少しもの足りず、国内の一般ユーザーにはiPhone, Xperia, Galaxyなどのトップメーカー機種との知名度の差から、あえてHW-01Kを選んで機種変更するという人も少なかったのかもしれません。

Kirin 970はパフォーマンスは十分高いですが、スナドラ835~845と比べて特に優れているわけでもないので、カメラよりゲームを優先するというのならスナドラ搭載のAndroidスマホかiPhoneを選ぶ人のほうが多かったのかも、とも


価格面でもP20 Pro HW-01KはMNPでの契約ならば月々サポートが-3,375円とかなり優遇されているものの、機種変更だと月サポは−1,944円と普通なので、機種変更需要はかなり限られていそうです。

白ロムの価格相場から見ると、発売直後の6月下旬時点ではHW-01KのSIMロック解除済み在庫は高い需要があり、オークションサイト等では軽く定価を超えていました。

2018年7月末時点ではだいぶHW-01Kの白ロム価格は下がり、新品未使用状態で8.5万円~9万円前後が相場です。

2018年7月29日時点において、

・ヤフオクの落札相場を見ると、6月15日~7月29日までにおよそ120件の落札履歴、17件の出品があります。

・メルカリでは26件の取引歴(うち21件はSOLD OUT)があります。

・ラクマでは50件強の取引歴(うち40件くらいはSOLD OUT)があります。

・白ロムのフリマサイト・ムスビーでは、現在29件の出品(うち13台は売却済・取引中)があります。

・楽天ショッピングには、3つのショップ出品があります(93,980円~96,500円)。

・ヤフーショッピングには、1台も在庫がありません。

・イオシス(オンライン)には1台も在庫がありません。

各店の在庫は共通していることもある(ネット通販とオークション等も同じストアが同じ在庫を販売している)ので、必ずしも上記の出品・販売数の合計がHW-01Kの白ロム流通数を推し量る目安になるというわけではありません。

イオシスには1~2週間くらい前は何台も在庫があったのですが、値下げしたタイミングで一気に売れてしまったようですね。

これで発売記念キャンペーンの5000dポイントプレゼントが終わると、さらに白ロムの流通量は減るのかもしれません。

機種変更で買う場合は使えませんが、2018年7月31日までなら新規・MNP向けの5400円引きウェブクーポンもあります。


クーポンとポイント還元を考慮するとドコモオンラインショップでMNPしても、割引をいくつか使えれば、

本体価格103,680円 - 月サポ最大 81,000円 - ポイント還元 5,000dP - シークレットクーポン 5,400円 - 家族まとめて割 5,184円 - dカード特典(一括) 1,964 dP -家族紹介特典 10,000dP = 実質マイナス4,868円~

このくらいで買えます。

先着1万名に間に合うように買うのなら、急いだほうだ良いでしょう。


by ke-onblog | 2018-07-29 10:47 | キャンペーン情報 | Comments(0)
2018年7月28日10時より、KDDIの通販サイト Wowma!(ワウマ)にて、エントリーと緩い買い回り条件で高倍率のポイントが貰える「Wowma!還元祭」が開催されます。
d0262326_09152077.png
ワウマはいわゆるショッピングモールサイトであるため、販売者(出品者)によって販売価格がバラバラであり、一部プレミアム価格を付けて販売しているストアもあるのですが、Apple AirPodsの新品を、アップルの定価より安く販売されている在庫があります。


セール開始前の時点で、新品の最安値は17,800円。アップルストアでの定価は18,144円ですので、ちょっとだけですが公式価格より安く買えます。17800円で取り扱うストアは2店舗あるのですが、そのうち1店舗はストアポイントが2倍(2.0%)になっています。

ここで、Wowma還元祭の施策として、

・1店舗1000円以上の購入、1ストアで5倍・2ストア以上で10倍
・Wowma!ポイントプログラムで+7倍

というものがあります。ポイントプログラムの倍率は過去の利用状況によって異なりますが、最低でも3倍(レギュラー~アプリ利用)になりますので、買い回り分を達成できれば10%以上のポイントが貰えます。

10倍キャンペーンの付与上限は20,000ポイントとされています。
エントリー&2店舗以上購入でポイント10倍キャンペーンは、モールからのポイント付与額が 20,000 ポイントを超える場合、一律 20,000 ポイントの付与とさせていただきます。
スマホカテゴリーで人気の商品だと、15000mAhの大容量モバイルバッテリーが2,380円(6%ポイント)というのがあります。どんなクオリティの製品かは知りませんが(苦笑)、買い回り達成には丁度いいかもしれません。


また、上記の17,800円のAirPodsには使えませんが、一定の金額以上の対象ストア購入で使える300円・500円・1000円・2000円オフクーポンも出ていますので、買い回りを達成するときにクーポンが使えるかどうか確認してから注文するとお得です。





by ke-onblog | 2018-07-28 09:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
7月27日・28日限定で利用できる、ひかりTVショッピングの2500PT還元クーポンが使える程よいアイテムで何かおトクなものがないかな~と探していたところ、キヤノンのデジタル一眼レフカメラ用の交換レンズが結構お買い得です。

セールになっているのはCANONのエントリー向け、レンズ内に手ブレ補正機構を搭載したデジタル一眼レフカメラ APS-C用、EF-S 10-18 F4.5-5.6 IS STMです。
d0262326_07422258.jpg
CANONの一番安い標準レンズが18~55mmであるのに対し、このレンズは10mmから18mmの広角ズームレンズとなり、同じ位置から撮影すると1枚に写る風景の範囲が広くなる、パノラマ写真のような効果が得られるレンズです。
d0262326_14284623.jpg
一般的には風景撮影、屋内撮影で被写体から物理的に離れることが出来ないような場所で広い範囲を写すために使われるレンズですが、この手のレンズでは軽量で安価なので、私も2年くらい前、キヤノンのデジカメを使っていた頃に買いました。

このレンズは2014年発売のモデルなので新製品でもなんでもないのですが、カメラレンズは発売から数年経ってもそれほど市場価格は変わらず、2年前の購入価格が3.5万円であったのに対し、今の価格.comの最安値でも3.1万円だそうです。

それがひかりTVショッピングでは33,800円(税込)になっています。

アマゾンでは3.5万円くらいなので、販売価格もまあまあ安いのですが、ポイント還元の効果が大きめです。

33,800円の販売価格に対して、

・購入ポイント 14倍 4,172PT
・27/28日限定 GOGOクーポン 2,500PT
・d払い(7倍時) 2,366 dポイント

合計9,038ポイントが貰えて、実質2.5万円を切ることが出来ます。

メーカーの定価は46,000円(税別)であり、こういうレンズは本体と一緒に販売されるレンズキットとして同梱される以外の購入ではあまり安売りされることがなく、流通量が少なめであり、精密製品であるがゆえに中古品になるとゴミやカビ、動作などを見極めるのがネット通販では困難なので(自分でレンズ内部までクリーニング出来るレベルの技術があるのならよいのかもですが)、初心者こそ新品を買ったほうが安心でしょう。

私にとって、このEF-S 10-18mmは初めて買った広角レンズだったのですが、買った当時は標準レンズとはちょっと変わった写真が撮れるのが面白くて、よく持ち歩いたものです(´∀`) 

これから夏休みでいろいろと出かける機会も増えるでしょうから、広角レンズの最初の一本にはオススメ出来ます。キヤノンのKissシリーズ(EF-Sマウント)のカメラなら、だいたい使えるはずです。

カメラのレンズ対応、細かいスペックはキヤノンのメーカーホームページ等を参照下さい。



by ke-onblog | 2018-07-28 08:17 | デジイチ | Comments(0)
2018年夏モデルのハイエンド端末 Galaxy S9+の白ロムがかなり安く買えそうです。

7月27日10時~7月31日23時59分までの期間、楽天市場にて開催されている「超ポイントバック祭」にて、いつもの買い回りではなく購入金額に応じてポイント倍率がアップするキャンペーンが始まっています。
d0262326_19361767.png
いくつものショップで買い物をしなくても、期間中の買い物合計金額のみによってポイントが10倍貰えるため、高額な商品を単品で買いたい・ピンポイントで欲しいものだけを買えばよいので、買い物マラソン案件よりとてもお手軽です。

さらに、ゲオモバイルの楽天店では超ポイントバック祭と同じ期間、ストア内のポイントがすべて10倍になっています。
d0262326_19393325.png
この2つのキャンペーンは重用できますので、10万円分の白ロムを買えば、それだけで19倍ポイントバックに到達出来ます。

あとはSPUで楽天カード、モバイル、各種サービス利用条件などをすべてクリアすれば+13倍のポイントアップがありますので、ゲオモバイルでの最大倍率は1+9+9+13=32倍(32%還元)までいけるはずです。

私はGalaxyシリーズはS7 edge, Note8, S8と昨年はいっぱい買ったので、今年のS9/S9+はスルーしたのですが、ゲオではauモデルのSCV39がすでに結構安くなってきています。

付属品無し、ディスプレイ下に少し傷がついたものとなりますが、最も安いものだと単品購入で実質4万台に到達出来ます。

【Galaxy S9+ SCV39 Bランクの場合】

販売価格 62,606円(税込)
→ 6万円到達 6倍=3,756ポイント
→ ストアポイント +9倍=5,634ポイント
→ SPU 最大+13倍=8,138ポイント
=実質 45,078円~

【Galaxy S9+ SCV39 Aランクの場合】

販売価格 69,562円(税込)
→ 6万円到達 6倍=4,170ポイント
→ ストアポイント +9倍=6,255ポイント
→ SPU 最大+13倍=9,035ポイント
=実質 50,102円~

単品購入に拘らなければ、期間中に10万円以上利用で上記よりもさらに+4%分のポイントが貰えます。


購入金額に応じた10倍ポイントキャンペーンは上限12000ポイントまでとなっていますので、13.3万円分くらいまでの買い物で最大倍率を維持できます。

SPUの条件は結構面倒くさいものが多いので+13倍まで到達できる人は少ないかもですが、それ以外の分だけでもまずまずの還元率になりますので、欲しい白ロムがあるのならこの機会に状態の良い割安なものを探してみるのも良いかもしれません。


ドコモ版 SC-03Kだとまだ新品の白ロムは9~10万円くらいします。SIMロック解除もされていませんが、auのネットワークで使うことを決めているのならSCV39で十分でしょう(au系MVNOの VoLTE SIMでもロック解除不要で使えます)。


by ke-onblog | 2018-07-27 20:02 | キャンペーン情報 | Comments(0)
昨晩の日記の続きです。

本日7月27日12時より開始される、ひかりTVショッピングとOCNモバイルONEのキャッシュバックキャンペーンについて、昨日は面倒だったので一番人気となりそうなP10 Plusだけの試算を行いましたが、売り切れ時の次点機種を考えるために、対象となる10機種すべての価格を計算しておきましょう。

なお、価格・ポイント倍率はセール開始前のデータに基づいていますので、各自セール開始後の最新情報と見比べてから注文するようにしてください。ひかりTVではセールに併せて値上げしたり、ポイント数を上げ下げするのは日常茶飯事なので(笑)

では、いきます(色によって価格が異なる場合は、最も安い色で試算します)。

・P10Plus/ 特典30,000円CB+21,000PT

64800円-(30,000CB+21000PT+648PT+2500PT+4536dP)= 実質6,116円

・P10 特典30,000円CB+21,000PT

63,800円-(30,000CB+21000PT+638PT+2500PT+4466dP)= 実質5,196円

・Mate10 Pro 特典20,000円CB+24,000PT

74,800円-(20,000CB+24000PT+748PT+2500PT+5,236dP)=実質22,316円

・Mate9 特典20,000円CB+21,000PT

59,980円-20,000CB+21000PT+0PT+2500PT+4193dP)=実質12,287円

・CAT S60 特典20,000円+30,000PT

87,120円-20,000CB+30000PT+4355PT+2500PT+6097dP)=実質24,168円

・CAT S41 特典20,000円+24,000PT

65,800円-20,000CB+24000PT+658PT+2500PT+4606dP)=実質14,036円

・iPhone 6s+ 特典20,000円+18,000PT

55980円-20,000CB+18000PT+5590PT+2500PT+3913dP)=実質5,977円

*8/5まで、5000PTクーポンがメルマガ読者向けに出ており、

55980円-20,000CB+18000PT+5590PT+5000PT+3913dP= 実質3,477円

・iPhone 6s 特典20,000円+15,000PT

48,800円-(20,000CB+15000PT+4880PT+2500PT+3,416dP)= 実質3,004円

*8/5まで、5000PTクーポンがメルマガ読者向けに出ており、

48,800円-(20,000CB+15000PT+4880PT+5000PT+3,416dP)= 実質504円

・GRANBEAT 特典20,000円CB+21,000PT

59,799円-(20,000CB+21000PT+5970PT+2500PT+4,179dP)= 実質6,150円

・Zenfone3 laser 特典10,000円+12,000PT

24,800円-(10,000CB+12000PT+0PT+0PT+1736dP)= 実質1,064円

以上です。購入時にポイントを利用、GOGOクーポン以外を利用した場合などは計算がずれてくるので、各自で必要に応じて再計算してください(すべてプロモーションコードを利用した場合のポイント数で計算しています)。

やっぱりP10 Plusが圧倒的に安いと思います(大量のポイント処理が面倒になる、というデメリットは無視するとして)。

次点はP10, iPhone 6s Plusもまぁまぁ?でしょうか。16GBはちょっと容量が少ないですけれど。

キャンペーンのエントリー・適用条件・キャッシュバック・ポイントのもらい方は過去記事か公式サイトの利用規約をよく読んで確かめて下さい。


by ke-onblog | 2018-07-27 11:45 | キャンペーン情報 | Comments(7)
また来ました、運営がNTT系列であることを活かしたひかりTV(NTTぷらら)とOCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)の超絶コラボ案件。今回も在庫の争奪戦が予想されますので、事前に購入したい機種と価格、条件をよく把握してから挑みましょう。

対象期間中、ひかりTVショッピングで端末購入(SIMフリースマホ)とOCNモバイルONEの音声SIM回線プランを契約し、指定条件をクリアすると、最大で30,000円の現金+30,000ポイント+2500PT+7倍相当dポの還元を、総取りすることが可能になります。
d0262326_22461486.jpg
販売価格とポイント還元率についてはセール期間中に変動する可能性があるため、以下で行う購入シミュレーションは7月26日時点の情報に基づく予想値となりますけれど、ファーウェイの型落ちハイエンドモデル P10 PlusおよびP10が狙い目になると予想しています。

キャンペーンの対象ラインナップ10種類と還元額は以下の通りです(7/26時点、ポイント1.5倍コード利用時。対象機種は増える可能性もあります)。


・「Huawei P10 Plus」/ 30,000円CB+21,000PT
・「Huawei P10」30,000円CB+21,000PT
・「Huawei Mate10 Pro」 20,000円CB+24,000PT
・「Huawei Mate9」 20,000円CB+21,000PT
・「ONKYO CAT S60」20,000円+30,000PT
・「ONKYO CAT S41」20,000円+24,000PT
・「iPhone 6s Plus 16GB(SIMフリー)」20,000円+18,000PT
・「iPhone 6s 16GB(SIMフリー)」20,000円+15,000PT
・「ONKYO GRANBEAT」20,000円CB+21,000PT
・「ZenFone3 Laser」10,000円+12,000PT

ぷららポイント(PT)を1.5倍に増やすためのプロモーションコードは「aff_ocn08」です。これを使わないと上記の2/3に減額されるので注意してください。

キャンペーン適用条件とコードの使い方は、ざっくり書くと以下の通りです(詳細は公式HPでエントリー時に要確認)。

・7月27日昼12:00から8月20日昼11:59までに、ひかりTVで対象機種購入・発送されていること
・ひかりTVショッピングサイト内の専用申込ページからOCNのSIM申込、手続きを実行すること
・機種購入時にぷらら補償(月額コース)に加入、2019年2月25日まで維持
・OCNのSIMは「音声SIM契約」+「OCNでんわ10分かけ放題/トップ3かけ放題/かけ放題ダブルのいずれかに加入」
・キャンペーン終了後に届くキャッシュバック用の「口座登録フォーム」で1.5倍コード「aff_ocn08」を入力する

上記がOCNコラボキャンペーン分です。さらに、7月27日から開始される「GOGOポイントクーポン!キャンペーン」(27日・28日限定)を併用すると、2500PTが貰えます(25,000円以上の商品すべてが対象)。

このポイントクーポンはひかりTVショッピングで事前に取得・機種購入時に、コード入力が必要です。

さらに、明日7月27日・28日および8月の金曜・土曜日ならd払いを使うことにより「スーパァ~d曜日」のポイントアップ最大7倍が適用出来ます。

以上の条件を踏まえると、以下のような価格でP10 Plusが買えます。

P10 Plus本体価格 64,800円に対し、

通常購入ポイント1倍:648PT
OCN音声SIMキャンペーン:30,000円現金CB
OCN補償オプションキャンペーン:14,000PT
OCN 1.5倍コード増額分:7,000PT
GOGOポイントクーポン:2,500PT
d払い(買い回り達成7倍時):4,535 dポイント

以上合計、58,648円相当(1ポイント1円として)の還元により、実質6,116円で買えます。

P10 Plusは型落ちはしていますけれど、今でもアマゾンでは5.5万円ほどで売られている高級スマホです。

他の機種もお買い得感が高く、GOGOポイントクーポン・d払いが併用できるのは明日明後日の2日間のみとなりますので、スタートダッシュが重要になります。P10,P10 Plusは売り切れたら、すぐに再入荷する見込みは限りなくゼロに近いでしょう。販売カラーも限定的ですし。

GOGOクーポンは1人で何度でも使えるので1名義あたりのOCN契約上限である5台まで買ってもOKですが、機種・カラーによって1人あたりに販売制限がついていることもあるので注意してください。また、d払いの7倍キャンペーンは上限毎月1万ポイントまでなので、高額機種を買いすぎるとカンストします。

キャンペーン開始は7月27日12時から、GOGOポイントクーポンは27日0時から取得出来るはずなので、事前に入手しておきましょう。12時になったら即購入すべきですが、焦りすぎて最初の落とし穴であるぷらら補償を付けるのを忘れないようにしましょう。


回線の維持費等については基本的に前回7月上旬開催時と同じなので、細かい計算をしたい人は過去の日記を参照ください。


by ke-onblog | 2018-07-26 23:28 | キャンペーン情報 | Comments(10)