白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

併用できる期間は限られますが、これはちょっと面白いです。

DMM mobileは2018年2月22日~2018年5月9日の期間、公式ウェブサイトからの申し込みで全プランの新規契約手数料が無料化(通常3240円)されます。
d0262326_15423191.png
手数料の無料化は1人1回線だけの適用ですが、データプランでも音声プランでも、契約容量に関わらず全プランの契約で事務手数料がタダになります(SIMカード準備料は別途394円掛かる)。

そして、別途DMM mobileで実施中の格安SIMサービス提供3周年記念として、2018年2月28日までに契約中のユーザー(新規・既存両方。2/28までに契約申し込み手続きが完了していれば対象になる)に対し、事務手数料が無料になるシリアルコードを全員にプレゼントしています。

つまり、今日22日から28日までの1週間に限り、実質2回線分の新規事務手数料が無料になるということです。

既存ユーザーにはすでにシリアルコードは配布されていますが、28日までに契約した場合は3月中旬頃にシリアルコードがメールで配信される予定とのことです。

3周年特典のコードは契約者本人以外でも利用可能なところがポイントですね。

また、同じく3周年記念キャンペーンとしてHuawei P10などのSIMフリースマホが当たるキャンペーンもあります。
d0262326_19285527.jpg
DMMの最安料金はライトプラン(最大200kbps)でデータ通信専用 月額440円~から契約可能です。契約初月の料金は日割りです。
初回の日割りプラン料金はSIMカード手配時から5日後を起算日とした日割計算
データSIMならすぐに審査は終わるはずですので、今日申し込みを実行したとして、2月分の料金はほんの数日分(数十円)だけで済むでしょう。

音声SIMの場合は最低利用期間が12ヶ月・短期違約金9,000円が掛かりますので、MNP弾にはあまり向きませんけれど、2~3ヶ月だけDMMモバイルを試してみたい+アマゾンで800円ほどで販売されているシリアルコードを手に入れたいのならお得でしょう。

2ヶ月以上使うつもりなら、契約時に私の契約回線用紹介URL「https://mvno.dmm.com/-/i/?i=4njEJy9」から申し込みを行うと、1GBのデータ容量が貰えます。
【4月に特典を受ける場合】
・2月1日0:00~2月28日23:59にご紹介を受けた方がご利用を開始
・ご本人とご紹介を受けた方の2月分決済と3月分決済が完了
・特典付与時点でDMM mobileを利用している
MVNOの契約手数料が無料化されるエントリーパッケージ・シリアルコードはよく安売りされていますし、キャンペーンで0円や1円になることも珍しくはありませんが、契約直後にシリアルコードが貰える特典はあまり聞いたことがないので、余っている端末にSIMを入れておきたい人は2月28日までのキャンペーン併用可能期間に契約してみると良いでしょう。

☆「DMMモバイル


# by ke-onblog | 2018-02-22 16:05 | キャンペーン情報 | Comments(2)
買おうかどうしようか悩んだのですが、やっぱり買っておけば良かったです・・・
d0262326_08084539.jpg
2.45インチと一般的なスマホの半分以下の極小ディスプレイを搭載した小型スマホ「Jelly Pro」が2018年2月下旬頃より国内で正式に販売開始となり、アマゾンで13,799円で販売開始後、2月22日時点で在庫がなくなりました。

もともとJelly Proはクラウドファンディングのキックスターターで出資を募り、開発・販売が行われたという経歴があったということですが、アマゾンで正式に販売するくらいだからもっと数が出るのかと思ってスルーしたのですが・・・

2月22日までのヤフオク相場ではアマゾンのセール価格を余裕で超える落札歴があります。
d0262326_08130873.png
一応Unihertzの公式サイトに行けば124.99ドル(およそ13500円)で輸入できますので、高騰化するのは最初だけだとは思うのですけれど、片手にすっぽりとスマホ全体が収まるというユニークなサイズ感は逆に新鮮でウケているようですね。

性能面ではもちろん価格相応というか、2.5インチというサイズで出来ることは限られるもののAndroid 7.0搭載である「スマートフォン」なので、使い方の幅は広そうです。通話専用機の場合はソフトバンクのSimplyなどガラケータイプのほうが電池が長持ちで便利だと思いますが、メールやSNS専用+αを気軽に持ち運べるのは面白そうです。

4G+3GでのDSDSは出来ませんが2枚のSIMが入るので、切り替えながら使えるだけでも国内+海外用SIMで運用という使い方もありそうです。

☆「https://www.unihertz.com/store/ja/product/jelly-pro-b/

並行輸入で儲かるほど売れそうな感じはしませんけれど、ニッチな需要はまだありそう。在庫がないと逆に欲しくなりますね(笑)

国内販売向けの追加生産分があるのかどうかわかりませんが、1.4万円ならばちょっと買って試してみたくなるお値段でした。単なる性能面で言えば他にコスパの高いSIMフリースマホはいくらでもありますが、この「超小型スマホ」というジャンルではJelly Proのライバルはほとんど居ない独壇場と言えそうです。

Unihertz Jelly Pro, 世界最小の4Gスマートフォン, 2GBのRAM と 16GBのROM を搭載したAndroid 7.0 Nougat ロック解除された, 青

新品価格
¥29,890から
(2018/2/22 08:24時点)


# by ke-onblog | 2018-02-22 08:25 | 白ロム転売法 | Comments(2)
2月7日からOCNモバイルONEとのSIM契約セット販売で盛り上がったNTTレゾナントの「らくらくセット」セールが、販売サイトを変更して再び始まりました。

前回より一部の端末が値上げされてしまいましたが、今度は最低利用期間のないデータSIM契約可能+無料スマホありです。実質0円ではなく、本体価格が0円です。
d0262326_16355059.jpg
NTTレゾナントが運営するサイトはたくさんあるのですが、今回は「SIM通-春の先取りセール」という自社メディアページ内でやっています。

販売期間は2月26日までの1週間。

販売価格は以下の通りです(税別、事務手数料別)。

nova lite2 8,800円
・honor 9 19,800円
Mate10 Pro 59,800円
・P10 lite 6,800円
・AQUOS Sense lite SH-M05 15,800円
・ZenFone4 ZE554KL 35,800円
gooスマホ g06+ 0円
・gooスマホ g07 1980円


赤文字の機種はデータSIMOK,その他は音声SIM契約必須です。契約自体はNTTレゾナントではなく,OCNモバイルONEのルールに準拠しますので、初めてOCN回線を契約する場合・料金プランなどは公式サイトを良くチェックしてください。

普通のキャリアでの「SIM契約+端末購入」とは違い、さきにOCNモバイルで契約→発行されるお客様番号(Nから始まる10桁の数字)を入れて、SIM通のサイトで端末を買うという特殊な手順になっているので気をつけて下さい。
d0262326_20160873.png
☆「OCN モバイル ONE

nova lite 2がデータSIM契約でOKで、前回のらくらくセットより安いのは脅威的。即解約前提でも1.5万円くらいで買えちゃいますね。他社価格は2.5万円くらいなので、安すぎでしょう。

g06+も超絶安いです。即解約すると初月無料特典が適用されずに1ヶ月分の料金が生じるはずなので、実質4千円くらい(事務手数料とコース料金1ヶ月分)のコストで1台買えます。

honor9は前回より7200円も高くなりましたが、それでもまだそこそこ安いです。P10 liteは前回と同額。

なお、今回もお一人様1台限りの記載がありますが、前回の購入制限はかなりザルだったみたいなので、ダメ元でいっぱい注文してみるのもありかも?しれませんが、営業妨害にならない程度にしておきましょう(申し込みに使う時間と労力の浪費になりますし)。


それにしても、前回のらくらくセットでhonor9をセール期間中に「完売」としておきながら(2月21日時点でも在庫なし表示のまま)、ほとんど間髪入れずにセールを再開するというのはどういうことなのでしょうか。商品の発送作業にもかなり遅延していたのに何のアナウンスも公式サイトには出ていなかったように思いますし。

SIM通もgoo SimSellerも全く同じ運営なので在庫元は同じだと思われます。今回の注文もhonor9を選んでしまうと届くまで1週間以上掛かるかもしれませんので気をつけて下さい。


# by ke-onblog | 2018-02-21 16:59 | キャンペーン情報 | Comments(2)