白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

6月15日に発売開始されたばかりのドコモ最新スマホ P20 Pro HW-01Kの白ロムが実店舗でも購入できるようになってきたようです。

先日はオークションやフリマサイト上のHW-01Kの白ロム価格相場について日記を書きましたが(詳しくは過去記事参照)、先週末時点ではまだ個人売買系以外のルートでの入手は難しかったので、ショップから買いたい人は秋葉原に行ってみましょう。
秋葉原のイオシスにて、SIMフリー P20 Pro HW-01Kのブラック・ミッドナイトブルーがそれぞれ入荷しており、お値段は税込み129,800円(税込み)にて販売されています。

最新の在庫情報については各自で問い合わせてください。

→オンラインからでも通販注文が出来るようになりました。


オークションでも発売日には12万円近くでの高値で売買がされていましたので、こんなところでしょう。携帯電話が13万円というと驚愕の高さのように感じなくもないですが、最新ハイエンドスマホは10万円超えも当たり前の時代になってきました。

HW-01Kはドコモで契約すれば機種変更で実質57,024円で買えることを考えると、その差額72,776円。

シェアの子回線で追加するとしてシンプルプラン+spモード+シェアオプ=1,780円×1.08×24ヶ月=4.6万円くらいの維持費になりますので、ドコモのスマホ回線・シェアグループがあるのなら、白ロム単品で買うよりも2年間新規回線を追加するほうが安上がりになります。

MNPの場合はさらに差額があり、オンライン購入でもシークレットクーポンと先着10,000名までに購入・応募手続きすれば貰える5,000dポイントを考慮すると、実質12,280円相当で買えます。


MNPで子回線をたくさん増やすことができるのなら、圧倒的にドコモで買ったほうがお得だと言えますが、種々の理由でドコモで契約できない・割引が使えない人はイオシスに行って実機を見てから購入してみるのも良いでしょう。
d0262326_17205145.jpg
私も発売日からP20 Proを使っていますが、本当にカメラはヤバイです(上記はブログ用に縮小しています)。この写真は縮小以外は一切加工していません。

手持ちでここまで撮れるスマホカメラは他には無いでしょう。昨年から使ってきたGalaxy Note8も夜景撮影に強いスマホだと思ってきましたが、P20 Proのカメラはちょっと別格すぎます。

Huaweiの夜景撮影モードは通常の長時間シャッター撮影とは別の機能による補正効果ながら、ここまで綺麗に処理出来るのかと。P20 liteなどの低価格モデルや旧モデルにも夜景撮影モードはありますが、P20 Proほど簡単には撮れません(P20 liteだとSSを1秒にしても手持ちでは結構ブレる)。

13万円出せばエントリーモデルの一眼レフカメラならレンズセットで買えてしまうほどの価格ですが、サクっと夜景を撮るのなら、P20 Proのほうがお手軽で印象的な写真が作れます。

白ロムに13万円までの価値があるかどうかは、発売直後のお祭り価格感もあるので何とも言えないところですけれど、「スマホカメラをよく使うので最高峰のものが欲しい」というのなら、HW-01Kは普通に手に入れる価値のある、オモシロ端末だと思います。

まだまだ強い需要があると思いますが、新規・MNPで買うのなら先着1万円のポイントキャンペーン、6月30日までのオンラインクーポン・ご家族紹介特典による還元・値引きを上手く使って、安く手に入れてみましょう。



# by ke-onblog | 2018-06-19 17:33 | 白ロム転売法 | Comments(4)
2018年6月18日に大阪北部で発生した強い地震の影響を受け、ドコモの公式オンラインショップの商品配送に大きな影響が出ています。

明日6月20日はソニーの新機種 Xperia XZ2 Compact SO-05Kの事前購入手続きが始まる予定日でありましたが、発売日入手を狙っていた方はご注意ください。
大阪府北部を中心とした地震による被災者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。 2018年6月18日(月曜)に発生いたしました大阪府北部を震源とする地震の影響により、ドコモオンラインショップでご購入いただいた全ての商品について到着までに遅延が発生しております。なお、ドコモショップ受取サービスおよび、コンビニ受取サービスでの受取をお申込みのお客様につきましては、受取を選択いただいたドコモショップ・コンビニ店舗の状況により商品のお受取ができない場合がございます。 また、2018年6月20日(水曜)午前10時よりご購入手続きを開始いたします「Xperia™ XZ2 Compact SO-05K」についても遅延する可能性がございますので、あらかじめご了承ください。 お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
オンラインショップの業務自体は通常通り実施され、Xperia XZ2 Compact SO-05Kの購入手続きも予定通り実施はされますが、明確な配送・商品到着予想が出来なくなっています。

ドコモの端末流通ルートでは大阪の配送センターから商品が送られるため(他に配送倉庫があるのかどうか知りませんけれど)、地震の影響による交通機関のマヒが直接的に影響するのでしょう。

ただ、影響の範囲はそれほどまでに甚大なものではないようで、郵便局のHPによると、
郵便物等のお届け状況 :郵便物・ゆうパックのお届けに半日程度の遅れが発生いたします。 なお、道路状況により、更に遅れが生じる場合がございます。
対象地域:近畿地域で引受または配達となるもの 次の地域間で配達となるもの 東北、関東、甲信越、東海または北陸地域 ⇔ 中国、四国または九州地域 北海道 ⇔ 中国または四国地域 北陸、中国または四国地域 ⇔ 沖縄県
郵便物等の配達状況 :郵便物等の配達が困難となっている地域はありません。
とされています。テレビのニュースを見る限りでは一部の建物・建造物の倒壊や火事の被害もあり、被災された方々もいらっしゃるようです。陸送の場合は道路の封鎖などはあまり行われていないような情報が見てとれますが、上記の通り大阪以外のエリアでも半日程度の遅延、近畿地域周辺での配送・受け取りには影響が出そうです。

ドコモのオンラインショップだけではなく、大阪周辺を通るあらゆる物流に影響が出てしまうと予想されます。自然災害によることなので仕方がありません。一刻も早い復旧を祈るばかりです。

ドコモオンラインショップのお知らせ:https://www.mydocomo.com/onlineshop/information/notice/20180618_01.html
ドコモ 需要なお知らせ(自然災害等):https://www.nttdocomo.co.jp/info/network/kansai/pages/180618_00_m.html
ドコモ 災害用音声お届けサービスと災害用伝言板の提供開始について :https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/180618_00_m.html

実は私も昨日関西におりまして、新幹線・JRの運転見合わせの影響をモロに受けました・・・。幸い宿泊していたホテルやその後の仕事には影響はありませんでしたが、新幹線乗車中に数十分途中停車してしまったり。

地震発生当時は緊急地震速報が鳴りまくり(いっぱいスマホを持っていたので^^;)、ホテルのエレベーターが安全のために停止したり。震源からは少し離れていたので揺れ自体はそこまで大きく感じませんでしたが、びっくりしました。

地震、怖いです。

まだ余震の恐れもあるかもしれませんので、近畿地域にお住まいの方・大阪付近で用事がある、大阪を通るルートで移動する場合は十分にお気をつけください。

# by ke-onblog | 2018-06-19 06:00 | スマホニュース | Comments(2)
6月15日に発売されたばかりのドコモ最新スマホ P20 Pro HW-01Kの白ロム価格相場情報です。
d0262326_10583637.jpg
世界初のLeicaトリプルカメラレンズを搭載したP20 Proは海外向けのグローバルモデルを国内で買う場合であっても10万円を切ることは困難なレベルなほど、高額なスマートフォンになっています(海外版P20 Proの価格情報はこちら)。

ドコモモデル HW-01Kの場合も本体の定価は10万3,680円とされており、かなり高めです。MNPで買う場合には総額8万円以上の月々サポートが適用されるため、実質負担は安いですが、ドコモで契約したくない人がHW-01Kを手に入れるためには、白ロムで入手する必要があります。

2018年6月17日時点において、まだ発売直後ながらオークションサイト・フリマサイトにHW-01Kの白ロムが登場し始めており、結構なお値段で売買がされているようです。

d0262326_11063568.jpg
まず、ヤフオクでは新品未使用状態かつSIMロック解除済みであれば115k-120k前後での取引があったようです。

件数が少ないので統計は取れませんが、カラーによる人気にそれほど大きな差がでるようなことにはなっていないようです。ドコモの公式ストアにもブラック・ミッドナイトブルーともに在庫は十分あるため、色による流通数の偏りは発生していないはずです。

d0262326_11114681.jpg
スマホ専用のフリマサイト「ムスビー」では、129,000円~くらいで何件か出品があります。

出品はありますが・・・さすがにこの価格で買う人はあまりいないようですね(苦笑) 1件だけ129kで取引中の表示になっていますが、それ以上の価格の在庫は残っています。

MNP価格(オンライン専用シークレットクーポンを使えば17,280円~)から比べて+100k overという、かなり良い相場です。ここまでの高値になるのは発売直後だけだと思われますけれども、ドコモスマートフォンの白ロム相場としては最高額レベルです。ここまで高くなるスマホはiPhone X 256GBくらいでしょう。

現時点ではオークション・フリマサイト以外にはHW-01Kの白ロム販売は見当たりませんでした。もう少し時間が経てば白ロム専門店・リサイクル店の通販やヤフー・楽天市場等でも在庫が出回ると思いますが、ネットで簡単に買えるルートはヤフオクとムスビーのほぼ2択です。

P20 Proに11万円超の価値があるかどうかは私には何とも言えませんが(笑)、カメラの性能は確かに他機種とはワンランク違う面白さがあり、高級コンデジ+ハイエンドスマホをそれぞれ買う代わりにP20 Proを、という選択もありえるかな、と思わせられるほどのクオリティです。

ドコモの2018年夏モデルスマホの他ハイエンド機種白ロムは、

・Galaxy S9 SC-02K・・・85-90k
・Galaxy S9+ SC-03K・・・95-100k
・Xperia XZ2 SO-03K・・・90k
・AQUOS R2 SH-03K・・・85-90k

くらいの相場です(XZ2の流通数はかなり少ない)。スナドラ845とKirin 970だと、Antutuベンチマーク上のスコアだけで比較すればP20 Proは2割くらい低い(参照: [実機レビュー]ドコモP20 Pro HW-01Kのサイズ・カメラ・Antutuベンチマーク評価)ものの、大抵のアプリはスムーズに動きます。カメラを重視しないのならP20 Proである必要もないかと思うのですが、この価格差と性能差をどう考えるかは人それぞれでしょう。

ドコモ夏モデルで残るハイエンドモデルは、6月22日発売のXperia XZ2 Compact SO-05K、7~8月発売予定のXperia XZ2 Premium SO-04Kです。

いずれも発売直後の白ロム価格はかなり高値になりますが、時間が経てばある程度は安くなります。また、新機種も良いのですが1世代古い2017年夏モデル~2018年春頃までに発売されたSnapdragon 835搭載機種の白ロムもかなりお買い得になってきています。

下手すればスナドラ845機種はスナドラ835搭載機種の白ロム2台分くらいの価格になることもあるので、新機種でなければ使えない機能を使いたいのか、ある程度の性能があれば安いほうが良いのかをよく考えてスマホを選ぶと良いと思います。


# by ke-onblog | 2018-06-17 19:46 | 白ロム転売法 | Comments(0)