白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:ドコモ ( 522 ) タグの人気記事

今夏最強のカメラスマホ、Huawei P20 Proのドコモ版 HW-01Kの白ロム価格がずいぶんと安くなってきました。

日本国内ではP20 Proをドコモ専売モデルとして販売するという珍しい売り方をしたHW-01Kは、2018年6月15日直後、非常に高値で売買されていた時期もありましたが、発売から2ヶ月が経過して人気に陰りが見えてきました。
d0262326_10395651.jpg
エントリーモデルのP20 liteとハイスペックモデル P20のSIMフリーモデルはそれぞれ3万円・7万円程度での発売となり、それはそれで個々に人気があるようですが、DxOMarkで依然最高スコアの109点となっているP20 Proは、ドコモ価格で10万円を超えています。

月々サポートや各種割引を使えばそれなりに安くなるものの、特価BLで定価購入しか出来ないユーザーにはなかなか手が出しづらいモデルとなっていましたけれど、2ヶ月間で白ロムの相場価格は5万円もの値下がりを起こしています。

発売日の直後ではオークションサイト等でおよそ11~12万円、白ロムショップならば13万円近くで売られていたHW-01K。iPhone X並の価格でした。

それが今や、そろそろ8万円を切れそうな勢いです。
d0262326_10465848.png
直近のヤフオクでの落札実績を見てみると、新品未使用状態のSIMロック解除済み白ロムでも80~85k程度での落札が行われています。
d0262326_10494697.jpg
ヤフオクだけで価格崩壊をしているわけではなく、「メルカリ」でもやはり8万円台での売買が見られます。

まだ一般的な白ロムショップでは9万円前後が相場(例えば「イオシス」では発売直後129,800円→現在89,800円へ4万円の値下げ)となっているものの、ヤフオクならくじ引き企画、メルカリならd払いによるポイント利用・還元が狙えるので、実質的な購入負担額はさらに安くなっていると言えます。

私もP20 Proを発売日から使っていますが、カメラは確かに面白いですし、顔認証・指紋認証の快適っぷりは他の夏モデルハイエンド機種と比べても勝るとも劣らないレベルの端末です(P20 Proの実機レビューはこちら

白ロムが10万円を超えていた時期ではカメラ機能のみを期待して買うのはやや辛い価格に感じていましたが、実質負担でなら8万円を切り始めた現時点の価格を考えると、悪くない水準になってきたように思います。

発売から時間が経てば価格が下がるのはどんなスマートフォンでも同じことながら、やっぱりドコモモデルになってもファーウェイのスマホは値下がりしやすいのかもしれません。

量販では機種変更でも値引き販売しているショップもあるようですし、最高峰と言われるP20 Proのカメラを体験してみたい人はキャンペーンで還元率が高くなるタイミング&さらなる値下がりも期待できそうなHW-01Kの白ロム価格をチェックしてみるのもよいでしょう。



by ke-onblog | 2018-08-18 11:02 | 白ロム転売法 | Comments(0)
皆さんすでにニュース等でご存知だとは思いますが、2018年8月上旬頃において、ドコモの公式オンラインショップをターゲットにしたパスワードリスト型攻撃によりdアカウントの乗っ取りが発生、およそ1,000台ものiPhone Xが掠め取られたとの情報が出ています。

公式には被害総額は発表されていないようですが、注文されていたのはほぼiPhone X 256GBだったそうです。ドコモの端末でもっとも価値が高いスマホがXの256GBなので、わざわざ他の機種を混ぜて盗むということはないでしょうから、その予想被害総額は1.4億円を超えているはず。

世の中に流通しているであろうiPhone Xの台数を考えると1,000台程度は微々たる台数なのかもですが、過去にあった携帯ショップでのiPhone強奪事件とは桁の違うレベルの被害が出てしまっています。


過去の日記にもありました。2013年の日付です。

当時は5s/5c合わせて313台、被害総額2700万円ほどだったそうですが、台数・端末の価値ともに今回のドコモオンラインショップのほうが格段に大きくなってしまいました。

今回の事件ではドコモから情報が流出したというものではなく、パスワード使い回しによってどこかで流出したパスワードの組み合わせをdアカウントでも試されて、アカウントが乗っ取られてことが発端のようです。パスワード情報がどこからも流出していない・使い回しをしていなければ大丈夫なはずですが、ドコモでは公式に対策として二段階認証の設定徹底を呼びかけはじめました。
外部からの不正なログインにより、お客様のdアカウントが使用され、不正に取得したdアカウントを使い、ドコモオンラインショップにて商品を購入する事象が確認されております。ドコモでは、お客様のdアカウントを不正に利用できないよう「2段階認証」をご用意しており、この認証機能を利用することで第三者による不正ログインを防止することができます。
ドコモのオンラインショップでは過去に利用歴が無くても、「dアカウントを持っている」+「ドコモ回線を持っている」というだけで注文ができてしまう状態だったので、すべてのドコモユーザーは一度オンラインショップにアクセスし、「お申込み履歴」をチェックしておくべきでしょう。
d0262326_21404198.png

一般的なことは上記の記事で一通り紹介しましたが・・・今回の事件、よく考えると凄いですね。

まだ警察による捜査状況なども一切不明なので憶測でしかありませんけれど、dアカウントが乗っ取られる+機種変ではコンビニ受取で追加の本人認証が一切ない状態で買える・受け取れてしまう(確認メールも行かないように変更してしまえる)というセキュリティ不備・不足はとりあえずさておきまして、「どうやって1,000台もコンビニで受け取れたのか?」とか。

普通に考えて1000台を一人で受け取り、売りさばくのは大変そうなので、犯人は単独犯ではなくグループっぽく見えます(皆さんもそのくらい売買しているって?( ゚∀゚)アハハ~)。

今どき流出したパスワード・IDくらいはいろんな闇ルートで売買されていそうな気はしますので、ログイン・注文のあたりまでは単独でも出来そうな感じはありますが、受け取るコンビニをまさか同じ店舗で全部届けさせたわけではないでしょう。

dアカウントの不正アクセス・商品購入が発生していたのはここ2週間程度のことという話なので、短期間で一気に購入されてしまったということのようですし。手動で機種変更の注文をすると1台あたり10~15分程度はかかりますので、一人で1000台分だとぶっ続けで作業しても1週間くらい注文するだけで時間が掛かってしまうはずです(グループでやったのでなければ、自動で注文するプログラムを組んだとしか思えないですね)。

ドコモのオンラインショップをつかったコンビニ受取では全国25,000店舗ものコンビニを自由に指定できるものの、犯人あるいは犯人グループはそのほぼ全てを受け取り済みということですから、特定の地域に大量に未使用品のドコモ iPhone X 256GBばかりが移動したことになりそうです。

少なくともiPhoneを受け取った人物がいて、それを渡した店員さんは目撃しているはず。当然コンビニなら監視カメラもあったことでしょう。捕まるかどうかは状況が判らないので予想も付きませんけれど・・・でも、犯人グループは日本国内に居る・居たことだけは確実でしょう。

そして、盗まれた大量のiPhone Xが国内市場に出回ってしまっている可能性もあります。

ドコモオンラインショップで販売された時点ではキャリアのSIMロック解除はされていないはずですから、そのままではドコモ以外の回線では使えません(正規手段以外のロック解除方法もいろいろあるので、その限りではないのかもですが)。

盗まれた端末のIMEIはすべて分かっているはずですから(それこそdアカウントでログインしてMy docomoの「最終購入端末 」を見れば判る)、ドコモがロックを掛けて赤ロム化することは出来るでしょう。

でも、犯人側からすれば、赤ロム状態のままだろうがなんだろうか、売ってしまえばある程度のお金になってしまうわけですので、端末を海外で売りさばく手段を持っていない犯人・グループであれば、国内に流してしまった可能性は十分にあると推測できます。

これだけ大量にiPhoneを盗んだ犯人が盗品を普通の白ロムだと偽って売る程度のことを躊躇するとは思えません。

もちろん、普通の買取店では赤ロムどころかネットワーク制限が△の状態でも買い取りを拒否・買い取りの時点で本人確認を行うはずではあるのですが、そういう状態がスルーされて売買が完了してしまうケースも考えられます(個人間取引とか、小さな買取業者がゴニョゴニョして・・・とか)。

そういう端末を買ってしまうと、当然モバイル利用は出来ません。私が聞いたことのある事例では、赤ロムだと知らずに購入 → 赤ロム化 → ショップに持ち込む → 窃盗品だと判り警察沙汰、という面倒事に巻き込まれるケースもありえます(確かその話では、販売したショップが交換品を補償してくれたはず)。

不正購入された費用や契約の状態自体はドコモがdアカウントの乗っ取りを把握することで対処してくれるはずですが、すでに犯人の手に渡ってしまったiPhoneを回収するのは容易では無いはずです(犯人が盗んだ端末で発着信をするわけではないでしょうから)。海外へ渡ってしまった場合は尚更でしょう。

犯人がどのような組織で、どのくらい周到に今回の事件を起こしたのか分からないので盗まれたiPhoneの行方についても想像の域を出ませんけれども、どこに盗まれたiPhoneがあっても不思議ではないので、異常に安く新品のドコモiPhone Xを売るよ、とか、買取店を運営している方々は大量に未使用品を持ち込む怪しい人物には気を付けておきましょう。

iPhoneに限った話ではありませんが、白ロムを買うときはネットワーク制限が○である状態、あるいは赤ロム保証がしっかりしているショップ以外で購入するのはオススメしませんので、市場相場と比べて異常に安い販売商品を見かけても、安易に飛びつかないよう気を付けたいところです。


by ke-onblog | 2018-08-14 22:23 | スマホニュース | Comments(8)
夏休み期間ということで、ドコモのカーシェアリングサービスがキャンペーンを盛っています。

ドコモのカーシェアサービス「dカーシェア」では、自家用車を借りる・貸すだけではなく、提携されたレンタカーを利用してもdポイントが貰えるチャンスがあります。

2018年8月時点でいくつものキャンペーンが同時展開されており、強運の持ち主ならば最大で21,500円相当の特典をゲットできるチャンスがあります。一部は既存ユーザーでも利用できるキャンペーンも新しく追加されています。

【1.抽選でdトラベル1万円クーポンが当たる】
d0262326_23090344.jpg
8月3日から始まった新しい新規登録者向けのキャンペーンとして、dカーシェアに登録&エントリーするだけで、毎週40名(3~5日登録分は13名)にdトラベルで使える1万円引きクーポン(10,001円以上の宿泊で使える)が貰えます。

クーポンは会員登録から3週間以内にプレゼントされるということなので、すぐに登録すればギリギリ8月分に間に合うでしょうか。dトラベルでは9月・10月も3万円の利用でdポイントがもらえるキャンペーンもやっており、以前より還元率は大幅悪化しましたが規定金額は「クーポン値引き前」の価格で判定されるので、クーポンが当たればかなりおトクです。

【2. dヒッツ登録で500dポ(既存OK)】
d0262326_23150210.jpg
こちらはすでにdカーシェアに登録済みの場合でもOKなキャンペーンで、8月31日までにdカーシェアでエントリーの上、dカーシェアのサービスを1回以上利用+dヒッツを新規契約すればもれなく500dポイントが貰えます(すでにdヒッツを利用中の場合は対象外)。

dヒッツの月額料金は500円ですが、初回31日は無料なので実質2ヶ月分(消費税は掛かりますけど)がタダで使えることになります。


【3. 抽選で20人に1人10000dポ】
d0262326_23201228.jpg
8月24日までの期間中にdカーシェアのサービスを合計で24時間以上かつ5千円以上したユーザーから20人に1人の確率で10,000dポイントが当たります(要エントリー)。

【4.新規登録で最大1,000dポイント 】
d0262326_23225274.jpg
最後の一つは7月1日から9月30日まで実施している、新規登録者向けのキャンペーンです。新規登録をするだけで100dポイント、さらに対象期間中(会員登録完了日を含む月の、翌月末まで)に1回でもdカーシェアのサービスを使うと+900dポイントが貰えて、合計で1,000dポイントがもれなく貰えます。

以上、新規登録者なら4つのキャンペーンがすべて併用できます。

条件を達成すればもれなく1,500dポイント、運が良ければさらに10,000dポイントと10,000円dトラベル値引きクーポンが貰える、ということですね。

すべてのサービスはドコモ回線の契約者でなくても、dアカウントだけ取得すれば利用・エントリー可能です。

これだけキャンペーンが重なるのは夏休みである今だけだと思われます。とりあえず無料登録するだけでも100dポイントが貰えますし、未登録の方はこの機会に登録&利用して、運試しをしてみるのも良いでしょう。

それぞれのキャンペーンでエントリーが必要ですので、各施策の条件をよく確認してチャレンジしましょう。



by ke-onblog | 2018-08-06 23:29 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
2018年8月、夏モデル商戦のスマートフォンがほぼ出揃いました。

5月~7月にかけてドコモでは9種類のスマートフォンが追加され、それに伴いいくつかのモデルが型落ちし、生産終了・販売終了となってきています。

また、ここしばらくドコモでは大きな価格変更は行われてきませんでしたが、2018年8月3日よりiPhone8やXperia XZ1シリーズ, Galaxy Note8など一部の機種を契約変更向けに端末購入サポート化しました。

Xiプランからの機種変更ではJOJO L-02Kの端末購入サポート化もされるなど、そろそろ2017年夏~冬モデルの在庫処分が本格化しそうな気配があります。

まだ多くの機種がFOMAからの変更のみ一括割引の対象になっているのですぐに影響が出ることはないと予想されますけれど、旧機種の在庫処分が始まると白ロム価格相場が大きく動くこともあるため、8月上旬時点の主要スマートフォン機種の白ロム価格を記録用に残しておこうと思います。

なお、前回のチェックは「2018年5月31日」にやりました。過去との価格変動状況を比較したい方は過去記事も併せてチェックしてみてください。

今回からは2018年夏モデルもチェックしていきます。以前は全メーカーのモデルを一記事にまとめていましたが、今は旧機種・新機種が入り混じり台数が多いため、まずはXperiaからいきます。

・Xperia XZ2 Premium SO-04K(67k)・・・110~130k

発売したばかりの最新モデル。まだ相場といえるほどたくさんの売買歴はありませんが、思ったよりも実際の評判は高く、人気があるようです。8月4日時点、「ムスビー」では110,800円から未使用品が出品されているようです。

・Xperia XZ2 SO-03K(48k)・・・80k前後

5.7インチに大型化したXperiaのスタンダードモデル、SO-03Kはあまり白ロムが売買されていません。デュアルカメラが搭載されたのはプレミアムだけ、ドコモ限定モデルならコンパクトもあるので、中途半端なXZ2の白ロムは需要・供給ともに少ないのかもしれません(XZ2のサイズが好みな人には問題ないのですが)。

・Xperia XZ2 Compact SO-05K(32k)・・・70~75k

ドコモ専売のXperiaコンパクトの最新作は発売から1ヶ月が経過し、7万円~8万円程度で売買されています。従来の5.2インチシリーズからの買い替え需要があり、取引数は多め。

・Xperia XZ Premium SO-04J(39k)・・・60~65k

発売から1年が経過した型落ちのプレミアムは、ドコモの公式オンラインショップでは少し前に完売して在庫切れが続いています(すでに生産も終わっています)。XZ2シリーズの巨大化ボディに比べるとSO-04Jすらコンパクトに感じられるので、まだ需要はありそうなのですが・・・スナドラ835搭載機種は割安な機種も多いので。今後価格が上昇するかどうかは微妙なところでしょう。

・Xperia XZ1 SO-01K(20k)・・・60~70k

今でもXZ2よりも売れている、XZ1の白ロムは人気が高く、新品未使用品はかなり高めで推移しています。2018年6月に通常機種変更でも月々サポートが増額されているためもう少し白ロム相場が下がるかと思いましたが、思ったより高いまま推移している印象です。FOMAからの機種変端末購入サポートで買うならSO-01Kは結構オススメ。


・Xperia XZ1 Compact SO-02K(15k)・・・60~65k

今やドコモの機種変更需要ではトップと言っても良いほどに人気がある、型落ちのコンパクトペリア。2018年春に一時期だけ端末購入サポート化入りした時点で少し相場が下がりましたが、まだ比較的高値を保っています。


(カッコ内の数字は機種変更時の8月時点の実質価格)

ドコモのXperiaシリーズでは、2017年冬モデルのXZ1(XZ Premiumは夏モデル)からXZ2へのフルモデルチェンジが半年程度で行われたため、現時点ではまだ型落ちモデルも入手しやすい状況が続いています。

XZ2シリーズについては各個人の好みによるところが大きいものの、致命的な不具合を抱えていたり、不人気になっているわけでもないため、旧機種の白ロムに極端な需要が集まるという自体にはなっていません。

しかしながら機種変更の価格に新旧それぞれ大きな差があり、「お買い得感」という意味では型落ちしたXZ1,XZ1 Compactに人気が集中しています。

特にXperia XZ1 Compact SO-02Kの白ロムはまだ高い印象。1年前、SO-02Jはもともとミドルスペックだったということもありますけれど、同じく機種変1.5万円でこの時期には4.5万円くらいまで値下がりしていましたので。そういう意味でも、Xperia XZ1 Compactはかなりお買い得でしょう。

今後再度型落ちモデルにXi機種変更へも端末購入サポートが拡大されるかどうかは不明です(今の人気ぶりだと、購入サポート化しなくても在庫が捌けそうですし)。

よく見直すと、Xperia XZ Premium, XZ1, XZ1 Compactの3機種とも6~7万円前後で売買がされていますね。現在は機種変端末購入サポートで投げ売りされているわけでもないので暴落もしていませんし、それぞれ高すぎては売れないけれど、ハイエンドモデルが6万円前後ならお買い得、という水準に収束しているからでしょう。

2017年夏~冬モデルの多くに使われたSnapdragon 835搭載機は評判が良い機種が多く、今後型落ち効果で安くなってくる時期に白ロムで機種変更するにはちょうど良いモデルでしょう。

ただ、Xperia XZ Premuimや Galaxy S8、S8+といった夏モデルはすでに在庫がなく、機種変更向け端末購入サポート入り・月サポ増額等で一斉に投げ売り!という段階になる前に終わったので、新品白ロムが欲しいのなら買えるうちに買っておいたほうが無難かもしれません。


by ke-onblog | 2018-08-04 15:46 | 白ロム転売法 | Comments(0)
ドコモから発売された究極のカメラスマホ P20 Pro HW-01Kをお得に買える発売記念が早くも(あるいはようやく?)終わりそうです。
d0262326_10024230.png
2018年6月15日の発売日以降、ドコモモデル HW-01Kを購入し、専用のキャンペーンサイトからIMEIや各種情報を入力すると先着10,000名までにもれなく5000dポイントをプレゼントするという、比較的大きなキャンペーンを実施してきましたが、対象期間として設定されていた2018年8月31日まで1ヶ月以上を残した7月下旬時点で、先着枠の残りがわずかとなったと告知が出るようになりました。

キャリアではどの端末が何台売れた、といった公式発表はしていないはずですが、HW-01Kは発売から1ヶ月で、まだ1万台も売れていないのでしょうか?

HW-01Kを買っておいて、このキャンペーンに応募しない人は滅多に居ないと思うのですが・・・どうなのでしょうか。手続きが面倒だからやらない、という人もいるのかもしれませんが、とにかくまだ応募者は1万人未満のようです。

1万台という数が多いのか少ないのかも良く判りませんが、AppleのiPhoneだと発売から3日で何百万台が売れた~と発表していた時期もありましたので、それに比べると先着1万人分に到達するまで、ずいぶん時間が掛かっているようにも感じられます。

d0262326_10003763.jpg
私も発売日からHW-01Kを使ってきましたが、カメラ・顔認証+指紋認証はかなり気に入っているものの、それ以外は割と普通?とも。P20 Proに限らず、インターフェイスや文字変換の違いなどはメーカーごとに特色はありますが、慣れればずば抜けてどこかのメーカーが良い・悪いという印象も持ちません(慣れる前にころころと機種を変えるせいかもしれませんが(´∀`;)。

P20 Proは海外でも発売されており、ドコモモデルではUIにかなり手が加えられており、さらにデュアルSIMではなくシングルSIMに変更されるなど、海外スマホのハイエンド機種購入に慣れたマニアには少しもの足りず、国内の一般ユーザーにはiPhone, Xperia, Galaxyなどのトップメーカー機種との知名度の差から、あえてHW-01Kを選んで機種変更するという人も少なかったのかもしれません。

Kirin 970はパフォーマンスは十分高いですが、スナドラ835~845と比べて特に優れているわけでもないので、カメラよりゲームを優先するというのならスナドラ搭載のAndroidスマホかiPhoneを選ぶ人のほうが多かったのかも、とも


価格面でもP20 Pro HW-01KはMNPでの契約ならば月々サポートが-3,375円とかなり優遇されているものの、機種変更だと月サポは−1,944円と普通なので、機種変更需要はかなり限られていそうです。

白ロムの価格相場から見ると、発売直後の6月下旬時点ではHW-01KのSIMロック解除済み在庫は高い需要があり、オークションサイト等では軽く定価を超えていました。

2018年7月末時点ではだいぶHW-01Kの白ロム価格は下がり、新品未使用状態で8.5万円~9万円前後が相場です。

2018年7月29日時点において、

・ヤフオクの落札相場を見ると、6月15日~7月29日までにおよそ120件の落札履歴、17件の出品があります。

・メルカリでは26件の取引歴(うち21件はSOLD OUT)があります。

・ラクマでは50件強の取引歴(うち40件くらいはSOLD OUT)があります。

・白ロムのフリマサイト・ムスビーでは、現在29件の出品(うち13台は売却済・取引中)があります。

・楽天ショッピングには、3つのショップ出品があります(93,980円~96,500円)。

・ヤフーショッピングには、1台も在庫がありません。

・イオシス(オンライン)には1台も在庫がありません。

各店の在庫は共通していることもある(ネット通販とオークション等も同じストアが同じ在庫を販売している)ので、必ずしも上記の出品・販売数の合計がHW-01Kの白ロム流通数を推し量る目安になるというわけではありません。

イオシスには1~2週間くらい前は何台も在庫があったのですが、値下げしたタイミングで一気に売れてしまったようですね。

これで発売記念キャンペーンの5000dポイントプレゼントが終わると、さらに白ロムの流通量は減るのかもしれません。

機種変更で買う場合は使えませんが、2018年7月31日までなら新規・MNP向けの5400円引きウェブクーポンもあります。


クーポンとポイント還元を考慮するとドコモオンラインショップでMNPしても、割引をいくつか使えれば、

本体価格103,680円 - 月サポ最大 81,000円 - ポイント還元 5,000dP - シークレットクーポン 5,400円 - 家族まとめて割 5,184円 - dカード特典(一括) 1,964 dP -家族紹介特典 10,000dP = 実質マイナス4,868円~

このくらいで買えます。

先着1万名に間に合うように買うのなら、急いだほうだ良いでしょう。


by ke-onblog | 2018-07-29 10:47 | キャンペーン情報 | Comments(0)
6月15日の発売日以降高値を保ってきたドコモのハイエンドスマホ P20 Pro HW-01Kの白ロム価格が少し安くなってきました。

HW-01Kの定価は103,600円であり、iPhone XやGalaxy Note8などの超高額スマホに比べると若干安いながら、10万円を超える高級モデル。国内ではドコモ専売となっているためHW-01Kの白ロムは希少価値もあり、発売日より比較的高値での売買が見られました。

発売から2週間が過ぎた7月上旬時点では、HW-01Kの白ロムはいくつかのショップで10万円を切る在庫が出始めています。完全な未使用・新品ではなく、「ほぼ新品」レベルの中古品の白ロムも流通し始めていますので、10万円を超えるのはちょっと・・・と躊躇っていた人は、妥協できる水準の価格を考えながら、いつ買うか再検討してみるのも良いでしょう。
d0262326_11533524.jpg
発売日には129,000円~での販売在庫しか見られなかったフリマサイトでは、新品の最安値は91,900円~、SIMロック解除済み在庫も95,000円前後まで下がりました(手数料別途)。

過去の売買分もいくつか見ることが出来ますが、10万円前後という価格にもかかわらず、結構売れていますね~。取引中も含めて、ざっと30台弱が売買されたようです。

☆「ムスビー

ヤフオクでも落札価格は下がってきています。
d0262326_12001689.png
まだいくつか10万円ジャストでの落札もあるようですが、SIMロック解除済みで95,000円前後で買える出品も見られます。

また、ヤフーショッピングにも白ロム在庫が出てきました。


7月3日時点でSIMロック解除済みの在庫が97,000円(税込)で売られています。ソフトバンクのスマートログイン特典やヤフープレミアム会員特典、今後の各種ポイントアップ時に買えば、すぐに実質7~8万円くらいで買えそうです(次の最初の狙い目はたぶん5の付く日でしょう)。

海外版のP20 Proが欲しい場合は、イオシスにAランク中古品が99,800円~(税込)で販売されています。


P20 Pro HW-01Kをオンラインで買う場合には、7月31日まで使える新規・MNP専用5,400円引きクーポンもあります。MNP時には月サポが81,000円付き、実質17,280円(クーポン利用時)で買えますので、MNP弾があるのなら白ロムを買うよりシンプルプラン+シェアオプションで回線を増やした方が安く手に入れられます。

HW-01Kの白ロム相場は10万円を切り始めてはいますが、まだまだMNPで買うのならHW-01Kが最もお得でしょう。

まだ先着10,000名・5,000dポイントのプレゼントキャンペーンは枠が余っているのかどうか不明ですが、キャンペーンページから応募は出来るようです。


by ke-onblog | 2018-07-03 12:11 | 白ロム転売法 | Comments(2)
6月15日に発売開始されたばかりのドコモ最新スマホ P20 Pro HW-01Kの白ロムが実店舗でも購入できるようになってきたようです。

先日はオークションやフリマサイト上のHW-01Kの白ロム価格相場について日記を書きましたが(詳しくは過去記事参照)、先週末時点ではまだ個人売買系以外のルートでの入手は難しかったので、ショップから買いたい人は秋葉原に行ってみましょう。
秋葉原のイオシスにて、SIMフリー P20 Pro HW-01Kのブラック・ミッドナイトブルーがそれぞれ入荷しており、お値段は税込み129,800円(税込み)にて販売されています。

最新の在庫情報については各自で問い合わせてください。

→オンラインからでも通販注文が出来るようになりました。


オークションでも発売日には12万円近くでの高値で売買がされていましたので、こんなところでしょう。携帯電話が13万円というと驚愕の高さのように感じなくもないですが、最新ハイエンドスマホは10万円超えも当たり前の時代になってきました。

HW-01Kはドコモで契約すれば機種変更で実質57,024円で買えることを考えると、その差額72,776円。

シェアの子回線で追加するとしてシンプルプラン+spモード+シェアオプ=1,780円×1.08×24ヶ月=4.6万円くらいの維持費になりますので、ドコモのスマホ回線・シェアグループがあるのなら、白ロム単品で買うよりも2年間新規回線を追加するほうが安上がりになります。

MNPの場合はさらに差額があり、オンライン購入でもシークレットクーポンと先着10,000名までに購入・応募手続きすれば貰える5,000dポイントを考慮すると、実質12,280円相当で買えます。


MNPで子回線をたくさん増やすことができるのなら、圧倒的にドコモで買ったほうがお得だと言えますが、種々の理由でドコモで契約できない・割引が使えない人はイオシスに行って実機を見てから購入してみるのも良いでしょう。
d0262326_17205145.jpg
私も発売日からP20 Proを使っていますが、本当にカメラはヤバイです(上記はブログ用に縮小しています)。この写真は縮小以外は一切加工していません。

手持ちでここまで撮れるスマホカメラは他には無いでしょう。昨年から使ってきたGalaxy Note8も夜景撮影に強いスマホだと思ってきましたが、P20 Proのカメラはちょっと別格すぎます。

Huaweiの夜景撮影モードは通常の長時間シャッター撮影とは別の機能による補正効果ながら、ここまで綺麗に処理出来るのかと。P20 liteなどの低価格モデルや旧モデルにも夜景撮影モードはありますが、P20 Proほど簡単には撮れません(P20 liteだとSSを1秒にしても手持ちでは結構ブレる)。

13万円出せばエントリーモデルの一眼レフカメラならレンズセットで買えてしまうほどの価格ですが、サクっと夜景を撮るのなら、P20 Proのほうがお手軽で印象的な写真が作れます。

白ロムに13万円までの価値があるかどうかは、発売直後のお祭り価格感もあるので何とも言えないところですけれど、「スマホカメラをよく使うので最高峰のものが欲しい」というのなら、HW-01Kは普通に手に入れる価値のある、オモシロ端末だと思います。

まだまだ強い需要があると思いますが、新規・MNPで買うのなら先着1万円のポイントキャンペーン、6月30日までのオンラインクーポン・ご家族紹介特典による還元・値引きを上手く使って、安く手に入れてみましょう。



by ke-onblog | 2018-06-19 17:33 | 白ロム転売法 | Comments(4)
6月15日に発売されたばかりのドコモ最新スマホ P20 Pro HW-01Kの白ロム価格相場情報です。
d0262326_10583637.jpg
世界初のLeicaトリプルカメラレンズを搭載したP20 Proは海外向けのグローバルモデルを国内で買う場合であっても10万円を切ることは困難なレベルなほど、高額なスマートフォンになっています(海外版P20 Proの価格情報はこちら)。

ドコモモデル HW-01Kの場合も本体の定価は10万3,680円とされており、かなり高めです。MNPで買う場合には総額8万円以上の月々サポートが適用されるため、実質負担は安いですが、ドコモで契約したくない人がHW-01Kを手に入れるためには、白ロムで入手する必要があります。

2018年6月17日時点において、まだ発売直後ながらオークションサイト・フリマサイトにHW-01Kの白ロムが登場し始めており、結構なお値段で売買がされているようです。

d0262326_11063568.jpg
まず、ヤフオクでは新品未使用状態かつSIMロック解除済みであれば115k-120k前後での取引があったようです。

件数が少ないので統計は取れませんが、カラーによる人気にそれほど大きな差がでるようなことにはなっていないようです。ドコモの公式ストアにもブラック・ミッドナイトブルーともに在庫は十分あるため、色による流通数の偏りは発生していないはずです。

d0262326_11114681.jpg
スマホ専用のフリマサイト「ムスビー」では、129,000円~くらいで何件か出品があります。

出品はありますが・・・さすがにこの価格で買う人はあまりいないようですね(苦笑) 1件だけ129kで取引中の表示になっていますが、それ以上の価格の在庫は残っています。

MNP価格(オンライン専用シークレットクーポンを使えば17,280円~)から比べて+100k overという、かなり良い相場です。ここまでの高値になるのは発売直後だけだと思われますけれども、ドコモスマートフォンの白ロム相場としては最高額レベルです。ここまで高くなるスマホはiPhone X 256GBくらいでしょう。

現時点ではオークション・フリマサイト以外にはHW-01Kの白ロム販売は見当たりませんでした。もう少し時間が経てば白ロム専門店・リサイクル店の通販やヤフー・楽天市場等でも在庫が出回ると思いますが、ネットで簡単に買えるルートはヤフオクとムスビーのほぼ2択です。

P20 Proに11万円超の価値があるかどうかは私には何とも言えませんが(笑)、カメラの性能は確かに他機種とはワンランク違う面白さがあり、高級コンデジ+ハイエンドスマホをそれぞれ買う代わりにP20 Proを、という選択もありえるかな、と思わせられるほどのクオリティです。

ドコモの2018年夏モデルスマホの他ハイエンド機種白ロムは、

・Galaxy S9 SC-02K・・・85-90k
・Galaxy S9+ SC-03K・・・95-100k
・Xperia XZ2 SO-03K・・・90k
・AQUOS R2 SH-03K・・・85-90k

くらいの相場です(XZ2の流通数はかなり少ない)。スナドラ845とKirin 970だと、Antutuベンチマーク上のスコアだけで比較すればP20 Proは2割くらい低い(参照: [実機レビュー]ドコモP20 Pro HW-01Kのサイズ・カメラ・Antutuベンチマーク評価)ものの、大抵のアプリはスムーズに動きます。カメラを重視しないのならP20 Proである必要もないかと思うのですが、この価格差と性能差をどう考えるかは人それぞれでしょう。

ドコモ夏モデルで残るハイエンドモデルは、6月22日発売のXperia XZ2 Compact SO-05K、7~8月発売予定のXperia XZ2 Premium SO-04Kです。

いずれも発売直後の白ロム価格はかなり高値になりますが、時間が経てばある程度は安くなります。また、新機種も良いのですが1世代古い2017年夏モデル~2018年春頃までに発売されたSnapdragon 835搭載機種の白ロムもかなりお買い得になってきています。

下手すればスナドラ845機種はスナドラ835搭載機種の白ロム2台分くらいの価格になることもあるので、新機種でなければ使えない機能を使いたいのか、ある程度の性能があれば安いほうが良いのかをよく考えてスマホを選ぶと良いと思います。


by ke-onblog | 2018-06-17 19:46 | 白ロム転売法 | Comments(0)
2018年夏モデルの中で、国内ではドコモのみが扱うモデルとなったHuawei P20 Pro HW-01Kに続き、ドコモお得意のソニーのコンパクトモデル「Xperia XZ2 Compact SO-05K」の発売日が2018年6月22日で確定しました。

Xperia3兄弟のうち、価格が最も安いコンパクト機種は機種変更での人気がとても高いそうです。そして、白ロムの需要も。
d0262326_18292226.jpg
今回のXZ2シリーズでは3サイズともに大きくデザインが変更され、XZ2 Compactも「コンパクト」とはやや言い難い168グラムという重量感のあるボディになりました。

ディスプレイ比率が18:9になったことで本体のサイズ(縦・横)としては5インチオーバーの他機種に比べて小さめで、「小型で持ちやすい」というコンセプトは維持されていると思います。また、XZ2が198グラム、XZ2 Premiumが230グラム台となっていますので、一般的なスマホとしての重量に収まっているのはXZ2 Compactだけという印象を私は持ちました(´∀`;)

Xperia XZ2 Compactは他のハイエンド機種に比べるとやや性能が削られているところはあるものの、スナドラ845搭載機種の中ではディスプレイサイズは(たぶん)最も小さく、「小型でハイエンド」を求める人は少なからず居るはずです。
d0262326_18440762.png
上記はスナドラ845搭載機種をディスプレイサイズ順に並べてみたリストですが、XZ2 Compactの次にディスプレイが小さいのはもう5.7インチサイズになってしまいます。最近では6インチ近いスマホも当たり前のように出回っているものの、他のハイエンドモデルはかつて「ファブレット」と言われたようなサイズ感の機種ばかりになるので、好みが分かれるところなのではないかと。

他社製品は「大画面でも薄型・軽量」というデザインのスマホも多いので、XZ2 Compactが最軽量ではないのですが、持ち易さはやはりトップクラスだと思います。

ドコモでの公式価格は、本体定価が79,056円、新規・機種変更時の月サポが1,944円となり実質32,400円、MNP時には月サポ−2,646円で、実質15,552円です。
d0262326_18394098.png
MNPの価格優遇はある程度仕方ないとして、P20 Proのように機種変とMNPで価格差が3万円以上にかけ離れているようなことはありません。

XZ2・Premiumも大画面好き・最上位モデルが好みというのなら良いと思うのですが、今回XZ2 Premiumもauから発売されることが決定していますので、希少性という意味でも、国内でドコモだけが販売するXperia XZ2 Compact SO-05Kに期待しています。

スペックに拘らない人には型落ちして値下げされたXperia XZ1 Compact SO-02Kのほうが良いかな・・・とも思うのですが、発売直後は新機種のほうが人気になるのは間違いないでしょう。

XZ1 Compact SO-02K時の発売直後も、白ロムの需要は強かったです。1ヶ月くらいはかなりの高値で売買されていました。

公式ウェブサイトでのSO-05Kの事前購入手続きは2018年6月20日10時より始まります。発売日に品薄になるとは考えにくいですが、発売日に入手したい人は予約→購入手続きを早めに行い、即SIMロック解除出来るように準備を進めておきましょう。


by ke-onblog | 2018-06-15 19:01 | 白ロム転売法 | Comments(6)
2018年夏モデル商戦注目の一台、docomo Huawei P20 Pro HW-01Kのオンライン事前購入手続きが先程13日10時より始まりました。

ドコモスマートフォンとしてのファーウェイ端末は久しぶりとなりましたので、メーカーとしての在庫確保量・人気傾向の予想が難しい状態でしたが、初回販売分の在庫はそれなりに用意されていたようです。
d0262326_12141703.png
13日12時時点において、ドコモの公式サイト上の表記はミッドナイトブルー・ブラックともに在庫ありで、即納。昨日までに予約をしていたユーザーのところには、すべて在庫確保のメールが届いているはずです(メールが来て無くても、在庫確保が出来て入ればオンラインショップのお申込み履歴から手続きができます)。


ハイエンド機種の場合は初回分の在庫を過剰に仕入れないこともありそうなものですが、少なくとも予約分以上のHW-01Kがすでにドコモに納品されているのですね~。

これが予約が少なかったから余っているのか、大量の予約に耐えられるくらいたくさん初回分を確保していたのかは不明ですが・・・

今回はMNPの価格優遇が大きく、機種変更価格は高めでしたので、それほど大量にはオーダーは入っていないのかもしれません。このブログの読者層だとMNP/乗り換え契約は日常茶飯事かもですが、おそらく大半の携帯ユーザーは機種変更で買う機会のほうが多いので、実質価格でも5.7万円のP20 Proは高めに感じられたでしょう。

誰でも安く買える機種の場合は白ロムの供給とバランスが崩れて価格が安くなりやすいので、特に問題になるような状況ではないと見ていますが、品薄になるほどの人気でもないのか~、と言ったところです(´∀`;)

なお、HW-01Kの購入キャンペーンとして実施される先着10000名・5000dポイントのプレゼントキャンペーンの受付は、6月15日から以下の専用ページにて開始されます。オンラインでは今日から購入手続きは出来ますが、応募は一般販売と同じ15日からです。発売日入手をする方も、忘れずに応募しましょう。


応募方法の詳細はまだ不明ですが、他社の類似キャンペーンだと購入したドコモの回線番号・IMEI・注文番号や予約番号が必要になることもあるので、15日以降に詳細をチェックしてください。

余談ですが、さきほどASUS ZenFone 5Z(ZS620KL)の発売日が6月15日として発表されたようですね。P20 ProおよびP20, P20 liteと被せてきました(笑) ZenFone 5Zは国内正規価格を69,800円(税別)にするという、思ったよりも割安感のある価格を設定してきたため、そちらにハイスペック需要・人気が分散サれそうな点は少し懸念事項になりました。

すでに発売済みのGalaxy S9シリーズ、Xperia XZ2シリーズ、 AQUOS R2を含めて、この夏のハイエンドモデルはどこが勝つのか、見ものです。

by ke-onblog | 2018-06-13 12:30 | スマホニュース | Comments(3)