白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:プリモバイル祭り ( 126 ) タグの人気記事

日本国内においてiPhoneは昔から一度投げ売り・値下げ合戦が始まるとAndroidスマホよりも一括0円・キャッシュバックによる還元が盛られやすい(ショップとして売りやすい)という傾向はあったかと思いますけれど、今年はちょっと異常なペースで価格破壊が進んでいる気がします。

もうすぐ開かれるAppleの新製品発表会?を控えての動きだとしたら、本当に何か新しい端末が出てくるのではないかと邪推してしまいますが・・・

今週3月24日・25日は、年度末商戦のほぼ最終段階ということで、ノルマ達成のためなのか多くの携帯ショップ・量販店等でiPhone X/8/8 Plusが格安で販売されているようですね。具体的にどこでいくら、とは言いませんが、値引き幅としては過去の最盛期を彷彿とさせるような還元もちらほらと。

キャリア別では、今週末は圧倒的にauですね! ドコモは公式で端末購入サポート化したのである程度見た目に安い一括価格の提示は可能なはずですし(ドコモのiPhone一括値引きキャンペーン情報はこちら。限定の値引きクーポンもあります)、ソフトバンクでも結構早い段階から8/8Plusについては安売りを見かけましたが、iPhone Xを激安一括価格で出しているのはauが中心でしょう。

総務省はもう過剰なキャッシュバック・0円表記販売規制、覆面での調査はやめてしまったのでしょうか(笑)
d0262326_21065812.jpg
iPhone8とiPhone 8 Plusは2017年9月、iPhone Xも2017年11月の発売日からまだ半年も経っていないのに、どうやらauでは条件次第で一括0円での販売もあるようですね。MNPau端末購入サポートにすらなっていないはずなのに。

auでのiPhone X 64GBの定価は128,160円~iPhone 8 64GBでも91,440円ですから、もちろん0円に届かせるためにはそれ相応のハードルがあります。auスマートバリュー・下取り・クーポン・コンテンツ加入・クレカ加入・事前予約・複数台契約・抱き合わせ販売などなど、見た目に良い条件ほど値引き条件がきつくなるのは避けられませんが、一括0円まで届かなくても、程よい条件で提供するショップ情報もいくつか目にしました(無理に一括0円表記のお店を狙うより、条件の緩いショップのほうがオススメ。0円にこだわるショップは条件後出しが多いので、条件の比較精査が難しくなります)。

しかし、一方でauで優遇されているのはやはりほとんどがMNP(他社乗り換え)契約のみです。私がチェック出来ていないだけかもですが、機種変更向けではコジポ・引き止めクーポン/ポイント還元等を除くと、auでは大特価案件系は相変わらず少ないようです。

MNPでの還元が自粛された1~2年前に、機種変更との差額が抑えられていた頃もあった気がしますが、やはりまだまだMNP優遇は止まらず、2018年3月シーズンのセールではむしろ加速しているように感じました。先週比でも、全体的に案件がよくなりましたね(もちろんお店に依りますけれども)。

ということで今週末までにMNP弾を撃ち尽くした人、MNP弾を予め用意しておけば・・・と後悔している人もいらっしゃるかもですが、来年以降も同じように比較的新しいモデルのiPhoneも年度末に一気に値下げされることに備え、プリモバイルでMNP弾の補充を考えているのなら、3月中の購入・開通をオススメします。
d0262326_21262378.png
今月はまだ1週間ありますので、ギリギリまだオンライン注文でも間に合うと思います(通常3-4日程度で到着・開通可能)。

☆「ソフトバンクプリペイド携帯 Simply(602SI)

Simplyは4千円のプリチャージ代金を含み、一括6458円。本体は購入後すぐにSIMロック解除が可能で、ドコモやワイモバのSIMで通話・通信が可能ということで、白ロムも需要が高い状態を保っています。少なくとも、以前の301Zよりも優秀なMNP弾でしょう(ちょっと流通数が増えすぎて価格が下がってきていますけれども(苦笑)。

過去には年度末セールシーズン最終段階になると、プリモバのオンライン在庫が枯渇するタイミングすらありましたが、今年の狙い目・Simplyはまだ発売から日が浅く、在庫が豊富なので品切れの心配は少ないかもしれませんが、4月に入ってからの開通になってしまうと2019年3月にあるかもしれないセールに間に合いませんので、弾補充は早めに行っておきましょう。

SBのプリペイド回線は特価総合判断中でも購入可能です(契約不可の総合判断中は買えませんが)。1名義あたり同時にプリペイド回線が持てるのは2回線まで、確か枠は転出後の翌日には空いていたかと思います(直近でのデータを把握していないので、各自よく情報収集をしてください^^;)

3月27日のAppleイベントで何が出るのかワクワクするところではありますが、MVNOだけではなくキャリア回線を今後も契約するのであれば使いたい時に使えるMNP弾と回線枠の確保は必要不可欠。計画的に準備して将来に備えておきたいところですね。


by ke-onblog | 2018-03-25 21:37 | キャンペーン情報 | Comments(17)
勢いで買ってしまったソフトバンクのプリペイド式携帯 Simply(シンプリー・型番 602SI)の使い道(プリペイドSIMや本体)を考えてみようかと思います。
d0262326_03525633.jpg
4,000円のプリペイドチャージ(事務手数料もここから引かれる)を含み、わずか6,458円で買うことが可能なプリペイド方式のSimplyは、その名の通り端末としての機能は非常にシンプルです。ソフトバンクのプリペイド携帯(シンプルスタイル)としては初の「Android搭載 4Gケータイ」ということになるのですが、これがなかなかに限定された使い道しか思いつきません(苦笑)

では、まずは本体の方から使い道を考えてみます。

4Gケータイと言えば現在は各社で「ガラホ」や「ガラスマ」と呼ばれる、LTE通信が出来る新型ケータイがありますが、Simplyは本当に「通話・メール機能だけあれば良い」という人向けに、かなり機能が削られています。

私も今はドコモのAQUOSケータイ SH-01Jを使っているのですが、それとは全く別次元の端末です。SH-01Jは結構遊べるのですが、Simplyは遊ぶ余地がありません(´∀`;)

AndroidベースになったSH-01Jを始めとしたガラホ機種には、初めからLINEが入っていたり防水・ワンセグ・おサイフケータイ・テザリング機能などにも対応しており、昔で言うところの「全部入り携帯」のような多機能さがあります。

さらに、通常の使い方ではありませんが、あまり複雑なことをしなくても結構簡単にアプリを追加することも出来ます。スマホのようにサクサクと操作をするというわけにはいかないもののツール系のアプリやニュースアプリはかなりいい感じに使えます。

しかし、Simplyではアプリ追加は非常に難しそうです。

SH-01JもGoogle Play Storeに非対応なのでスマホのようにアプリを入れられるわけではありませんが、apkファイルを生成して転送すると、インストールが可能でした。

ですが、Simplyでは通常の方法ではアプリをインストールする方法は無さそうです。
d0262326_04071140.png
apkファイルをSDカード経由で移動させてみましたが、「このファイルは開けません」と表示され、インストールが始まりません。

SimplyもGoogleのストアにはもちろん非対応なのですけれど、この機種には提供元不明アプリのインストールを許可する、といったAndroidスマホのセキュリティ設定項目自体が存在せず、システムを丸ごと書き換えるレベルのこと(root取得)をしないと、アプリの追加は出来無さそうな感じです。

また、本機種はWi-Fi接続によるインターネットが出来ないので、そもそもネット通信を必要とするアプリの利用・ネットサーフィンには向きません。仮にネット接続が必要なサービスが使えたとしても、Simplyで通信をするために60日ごとにチャージをしつづけるなど、正気の沙汰ではないでしょう(普通にネットも使いたければ「ワイモバイル Simply(603SI)」を買い、ケータイ・スマホプランに加入すればよい。高機能を求めるなら、ガラホを買ったほうが絶対に快適だと断言できます)。

ネット接続はBand 1/8でLTE通信が可能ですが、画面が小さいのでやっぱり用途は限られるでしょう。動画を見る・PC向けHPを見るのはかなり辛いです。
d0262326_04160158.png
でも、動画が再生できないわけではなく、ブラウザ上でならYoutubeで動画の視聴も可能でした。どうしても外で動画を見たいなら、Simplyでもなんとかなります。

シンプルスタイル(4Gケータイ)では、専用の月額300円で100MBまで使えるプランがありますので、従来のガラケー感覚でちょっとしたウェブ閲覧をするくらいなら問題ないでしょう。オンライン購入時には初期チャージ4000円分から事務手数料とユニバ料が差し引かれて751円残っているはず(ユニバ料は購入時期によって変動します)なので、初期チャージ有効期限のうちに最大2ヶ月分使えます

Simplyには音楽再生アプリもありませんので、ミュージックプレイヤーとしての利用も不可でしょう。イヤホンジャックがなく、Bluetooth接続も不能なのでワイヤレスでも有線でもイヤホンが使えません(micro USBからの変換なら使える?かもしれませんが、変換アダプタは同梱されていません)。

ワンセグ・おサイフケータイ機能もありませんので、テレビやSuica/電子マネーとしての財布代わりにもなりません。

カメラは付いていますが、200万画素なのでおもちゃレベル。ちょっとした記録用なら十分とも言えますが、ちょっと性能の高いガラケーのカメラとも比べられないくらい粗いですね。

ここまで書いているだけだと、本当にSimplyには使い道が無いような感じになっちゃってますが、やっぱりこの機種は「電話とメールができればOK」というだけの機種だと考えれば、バッテリー容量が大きめで電池が長持ちなのは良いです(連続待機で約500時間)。余計なアプリが使えない→アプリの動作で電池を消費することもないとも言えます。

また、SIMロック関連については、ソフトバンクでは12月1日からSIMロック解除ルールが変更され、本体代金を一括払い済み(購入サポ非適用時)であればSIMロック解除が出来ると思われますが、到着当日ではまだ支払情報がシステムに反映されていないのか、エラーが出ます。
d0262326_04342373.png
101日待たないと解除できないのか、完済情報が反映された時点で解除できるようになるのか現時点では良く解りません(おそらく後者だと思うのですが、現在問い合わせ中です)。

→結果、予想通り購入から数日経つとソフトバンクのシステムに支払情報が反映されたあと、My softbankから解除が出来ました
d0262326_18254958.jpg
SIMロック解除方法は、My Softbank上で手続きを進めると発行される数字のコードをメモしておき、SimplyにプリペイドのSIM以外を挿して、表示される空欄にコードを入力、OKを押すとすぐに解除が行われます。私は楽天モバイルのSIMで確認を行いましたが、4Gでの音声接続と音声通話が利用できました。

SIMロック未解除状態だと、ソフトバンクのプリペイド4Gスマートフォン用SIM・ワイモバイルのデータ通信用SIM(n101)では利用不可でした。
d0262326_04404691.jpg
その他、ソフトバンクにはたくさんのSIMの種類があるので、もしかしたらそのままでも使えるSIMもあるのかもですが、私が試せるSIMは他にはありませんので検証できるのはここまで。

SIMロック解除が出来れば一応ドコモやワイモバ等のSIMでも通話が出来る・当然ながらAPNの設定項目もあるので、パケット通信も出来ます

ドコモ回線ではXiかけ放題プランのSIMで、データ通信・通話・SMSが利用可能なことは確認済みです。ちゃんとLTEで繋がり、ブラウザ上で表示できるサイト・サービスならそれなりに使えます(操作がしやすいとは決して言えないですけども)。

ということで、Simply本体には通話とメール、簡単なブラウザ閲覧以上のことを期待しないほうが良いでしょう。

より詳しい仕様は公式サイトで確認して下さい。

☆「ソフトバンク Simply(シンプルスタイル)

続いてプリペイドSIM・回線側の使い道について。
d0262326_04393386.jpg
ソフトバンクのSimply用SIMは「シンプルスタイル 4Gケータイ nanoUSIMカード」という新しいSIMカードになっています。プリスマ・3GケータイタイプのプリモバイルのSIMとは別種であり、互換性がありません。機種変更で注文した場合は必ずSIMの切り替えが必要になるはずです。

ここからはまだ検証が不十分なのですが、通話・SMSの利用だけならばSIMフリーのiPhone, Androidスマートフォン各種で設定不要で利用が可能でした。もともとソフトバンクのプリペイドSIMはSIMカードだけで契約が可能ですので、Simply専用のSIMというわけではありません。

ただ・・・私が確認出来たのは通話・SMSだけです。データ通信はiOS/Androidスマホ共に不可でした。

ソフトバンクのシンプルスタイル(4Gスマホ)用のSIMカードであれば、APNを以下の値に設定すれば使えます。

APN:plus.4g
ユーザー名:plus
パスワード:4g


プリスマ用のSIMと互換性が無かったのでダメだろうとは思いましたが、上記のAPNを設定しても、SIMフリースマホでSimply用SIMを利用して通信をすることは出来ませんでした。万が一を考慮して3Gスマホ・ケータイ用のAPNも試しましたが、接続不可という結果でした。

シンプルスタイル(プリペイドSIM)でネット接続を行う機能を「アクセスインターネットプラス」とソフトバンクでは呼ぶのですが、これが4GケータイSIMでは使えないことになっています。
一部USIMカード[ iPhone 用、iPad 用、シンプルスタイル(ケータイ)専用SIMなど]ではアクセスインターネットプラスはご利用いただけません。
APN・プロファイルを何らかの方法で抽出・設定することが出来ればSimply以外の端末で通信することが出来る可能性はありますが、たぶん難しいです。ユーザー名・パスワードを抜き出すアプリなどをSimplyに入れることも不可能ですし。

しかし、通話とSMSさえ出来ればネットはWi-Fi接続に限定する、DSDS(シンプルスタイル側のSIMを音声・3Gに固定)端末で使うのであれば、チャージが切れても1年は受信専用通話回線として運用出来るので、他のシンプルスタイル回線と同じような使い方は出来るでしょう。

[追加情報]:コメントにてご質問頂いた実験結果です。シンプルスタイル4Gケータイ用のSIMをソフトバンクの3Gケータイに挿してみたところ、通話・SMSは設定不要で使えました。が、ネット接続は出来ず「ネットワーク調整」に失敗するため、エラーが出まくる機種(301Z)があります。エラーは出ても1回だけの機種(740SC)もあるので、プリペイドSIMを利用した通話専用機種としての他SBガラケー流用は、出来なくもないですが注意が必要です。

最後に、MNP用の回線・端末としては、Simplyはおそらく他社からみて「ガラケー」扱いになりますので、ドコモのはじめてスマホ割、auの初スマホ割りの適用出来るかと思われます。現在各キャリアはガラケーからのマイグレを推し進めており、大きめの割引優遇が期待できます。

Simplyを新規購入したとして、1年以内の解約(MNP転出)をすると19,800円の高額の違約金が設定されていますので、12月中に開通させたとしてMNP転出出来るようになるのは2018年12月1日からです。そのときにスマホデビュー者向け割引が続いている保証はありませんが、多少の条件変更はあっても、おそらく継続しているでしょう。

Simplyの白ロムとしての価値はまだはっきりとは解りませんが、SIMロック解除済みであればそれなりの高値で売れるかもしれませんので(今後急落の可能性もあり)、そのあたりの価値も考慮に入れてSimplyを選ぶのが良いでしょう。少なくとも、全く同じ額で購入できる3Gプリペイドケータイの301Zを選ぶメリットは小さいです(301Zが優れる点は一回り小さく・軽いことぐらいでしょう)。

Simplyの細かいレビューをするほどの特徴が無い(あえて言うなら「電話とメール以外に使い道がない」というのが特徴)ですが、後日詳しいレビューもどこかで書きたいと思います。

「SIMロック解除が可能なストレートケータイ」というだけでもかなりレアですし、価格もプリペイドチャージを除けば実質2.5千円という超絶格安機種なので、興味のある方は自分で買っていろいろと試してみれば良いでしょう。

シンプルスタイルの審査はかなり早く、現在はオンラインで注文しても2~3日で自宅に届き、送料・代引き手数料も無料で買えます(もちろんクレカでも支払えます)。

3G/4Gの既存プリペイド回線からも機種変更が可能なので、MNP先が無く回線延命を考えていたのなら、追加チャージ代わりに機種変してしまうのもありかもしれませんね。

☆「ソフトバンク Simply(プリペイド携帯)


by ke-onblog | 2017-12-19 06:40 | 白ロムコラム | Comments(11)
公式ホームページが昨日301Zの記事を書いている時点でプリモバアウトレットのページが「Coming Soon」になっているな~とは思っていたのですが、このタイミングでアウトレット品に新しいケータイが追加されました。

301Pは2014年1月に通常契約向けに販売されていた3Gガラケーです。シンプルスタイル入りは初めて・・・だったと思います。たぶん。
d0262326_10412764.jpg
通常のポストペイド契約の場合は定価47,520円で売られていた機種ながら、今回のアウトレット品は4000円の初期チャージ込みで9,980円(税込み)になりました。

☆「ソフトバンクアウトレット 301P

プリモバ最安の301Zが同じく4000円のチャージ込みで6,458円なので、+3000円ほどで防水・ワンセグ付きのガラケーになると思えばありですかね。SIMカードのサイズは標準サイズなので、同じ大きさの3Gケータイ用ならば他のガラケー回線のSIMを入れ替えて使うことが出来ます(通常のケータイ回線からプリモバへ機種変更契約をすることは出来ません)。

状態が良くない中古品ならば301Pの白ロムは5000円以下でも手に入れることは可能ですが、ソフトバンクのアウトレット販売品の多くは新品同様レベルの製品が届きます(あくまで「アウトレット」なので、全く傷がないことを保証するものではありません)。4千円のチャージを考慮して実質6000円という価格は超お得というレベルでもないですけれど、公式の1年保証も付いていますので安心感はあるはずです。

301Pはもともとカラフルなラインナップがあることが一つの特徴であり、アウトレット用在庫も全8色すべてがあります。保守用などの在庫もアウトレット品として回されているのかもですね。

ソフトバンクの折りたたみ防水ガラケー本体が欲しい人は比較的新しい301Pのプリモバを手に入れて便利に使ってみるのも良いでしょう。


PANASONIC SoftBank COLOR LIFE 4 WATERPROOF 301P ブラック

新品価格
¥19,800から
(2017/2/9 10:53時点)


by ke-onblog | 2017-02-09 11:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
昨日のイオシスではソフトバンクのプリモバ(シンプルスタイル)として発売中の携帯電話機種 301Zを3,500円で買い取っていたようですね。
d0262326_04562164.jpg
私もまだ一台保守用として持ってます。ZenFone3 Ultraと比べると本当に玩具用のようなサイズ感。まぁ、値段も10倍違うわけですけど(笑)

最近ちっとも301Zの相場を見ていなかったので推移は不明なのですが、以前はもう少し市場の評価は低かったような気がします。

301Zもすでに発売から2年半が経過しました。まだ現在でも普通に販売されていますので入手は容易であり、MNP弾として最安値級なのは今も変わっていないと思うのですが、最近はMNP弾補充をする人口が減ってしまって白ロム流通量も不足気味なのでしょうか(´∀`)

昔は買取店でも1000円前後の最低しかつかないショップが多かったと思っていたのですが、3.5kならまずまずですね。
301Zの買い取りでググったらこのブログの過去記事もHITしました。ちょうど2年前の日記ですが、この時スマーケットで1000円だったと記載があります。今はスマーケットでは未使用品の場合は2600円でした。

あとはじゃんぱらだと3000円になっていますけれど、今はイオシスの方がちょっとお得ですね。

オークションでもちょっと相場が上がっており、直近の落札歴で新品の場合は4,000円~5,000円くらい。こちらも以前は4,000円行けば御の字って感じだったのに、相場が上がっています。

301Zはシンプルスタイル(プリペイド)専用モデルとして発売されていますので、一般契約では売っていないはずです。SIMを入れ替えれば通常契約3Gケータイ用SIMとの互換性はあり、301Zの白ロムは超シンプル&小型携帯としては確かにレアな機種ではありますね。キャリアの最新ガラケーはほとんどが4Gケータイになってしまったので、従来通りの通話・メールが出来れば十分という人には過剰なスペック・不必要な出費と考えるユーザーもまだいるでしょう。

301Zはオンラインショップでいつでも送料無料・代引き手数料無料で6,458円で買えます。代金に含まれる初期チャージ4000円分から事務手数料・ユニバーサル料金も差し引かれるので、チャージをしない限り(あとは普通ありえないですが短期解約をしない限り)追加料金は発生しません(プリペイドなので支払い用口座やクレジットカード登録も必須ではありません)。

☆「ソフトバンクプリペイド携帯 301Z

正確な日数を確認したことが無いのですが、プリモバは一括購入が基本なので契約後はほどなくネットワーク制限も○に変わっていたと思いますので、手放す場合は○になってから持ち込むのが良いでしょう(開通操作を行わず自動開通日まで待っている間は△のまま?という話も聞いたことがあります)。

過去にはアウトレット品としてさらにおトクなプリペイド回線を作るチャンスもあったのですが、最近ご無沙汰です。実質800円スマホとしてDIGNO Uの追加はありましたが、305SHに比べれば魅力は劣ります。その305SHも1月5日の入荷を最後に、公式HPからページがなくなりました。

2月・3月はプリモバ弾の補填時期でもあるので、何か激安品があれば良いのですが・・・ 

プリモバ弾は短期解約にならないようにするためには「12ヶ月分の月跨ぎ」が必要になるため、仕込みのタイミングが最も需要です。プリモバ弾だけで使うのなら好きな時期に買えばいいですが、他の回線とタイミングをあわせたいなら1年間先まで見越してスケジュールを立てなければならない点は面倒ですが、301Zが3.5kで売れるというのなら、簡単に1年分の維持費込みで実質3000円の弾が作れるということでもあります(転出時の手数料はもちろん別途必要)。

プリモバ回線はSMSの受信もできますので、最近流行り?なクーポン発行とかも出来るんじゃないですかね(´∀`)

ソフトバンクのシンプルスタイル回線は同時には1人2回線までしか持てませんので、今後いつ出るかどうかわからないプリモバ祭りを待つか、301Zが高めに売れそうなタイミングで安牌を選ぶかはそれぞれの判断です。

関連記事: [図説]シンプルスタイル 違約金無しでMNP出来る期間・日程計算


by ke-onblog | 2017-02-09 06:20 | 白ロム転売法 | Comments(7)
305SHの在庫が終わってしまったようでページすらなくなってしまいましたが、代わりに同額で防水スマホが実質800円で登場です。
d0262326_10064736.jpg
この機種は404KCとしてソフトバンク・ワイモバイル(DIGNO C)からそれぞれ発売中の低価格なスマートフォンであり、昨年新品の製品がシンプルスタイル(プリペイド契約のスマホ)に追加されていました。

新品の場合は新規・機種変更で22,140円(1万円チャージ込み)という価格設定になっており、スマホの性能を考えるとあまりお得感がないな・・・と思っていたとこころです。

しかし、今日から販売開始になったアウトレット品のDIGNO Uでは本体は新品同様級の返品商品ながら、価格は一気に半額の10,800円になりました。この価格には1万円の初期チャージ費用も含まれていますので、本体価格は実質800円ということになります。

☆「ソフトバンク DIGNO Uアウトレット在庫

価格は以前即完売を繰り返していたAQUOS CRYSTAL 305SHと同じですね。DIGNO Uの中古白ロムの価値は低いので本体だけが欲しいのなら白ロムで買ったほうが安く済むと思いますが、チャージ有効期間の長いプリスマ用回線とセットで手に入れたい人ならありだと思います。

DIGNO Uのスペックは上記公式サイトに書いてありますが、主なところを挙げておくと 4G/4G LTE対応・5.0インチ qHDディスプレイ・防水、防塵対応、CPU MSM8916 1.2GHz、RAM 1GB, ROM 8GB, バッテリー容量 2300mAh, 重量約146g。ワンセグ・おサイフ機能は非対応となります。

305SHよりスペック的にはちょっと落ちますが、防水機能があるのは良いですね。ネット閲覧やSNS利用くらいならこの程度の機種でも十分出来ると思いますので、プリペイド期間を使い終わったら自宅でWi-Fi専用のお風呂用スマホにしても良いでしょう。SIMロック解除には非対応なので他キャリアでは使えませんが、ソフトバンクの同じ規格のAndroid用SIMであれば、ポストペイド用SIMでも使えるはずです。

ちなみに、買取相場は完全未使用の場合なら5000円前後といったところですが、アウトレット品は外箱・初期フィルムがないので中古査定の上限がギリギリでしょう。高めのところだと「スマーケット」が中古買取で最大4000円になってますね。

アウトレット在庫は台数限定での販売になるので、欲しい方は早めに確保したほうが良いでしょう。


by ke-onblog | 2017-01-19 10:22 | 白ロム転売法 | Comments(0)
今回は在庫数がかなり多かったので即日完売とまでは行かなかったようですが、販売開始から5日目にしていよいよ在庫が減ってきたようです。

詳しいプリスマ 305SHの話は過去記事等を参考にしていただくとして、11月21日午後6時時点で全4カラーで販売されていた在庫のうちホワイトが売り切れて購入不可(エラー)表示が出るようになりました。
まだブラック・ブルー・ピンクは買えます。

☆「ソフトバンク シンプルスタイル305SH」/10,800円


在庫は数百台あったと聞いていますが、ホワイトが最初になくなるのですね~。次はたぶんブラックが先に無くなります。私はブルーを持っていますが、以前はブルーしかプリスマとして販売されていなかったので、ホワイト・ブラックの方が希少性は確かに高そうです。再入荷は・・・総合判断でお断りされた分が多ければ1回くらいは追加があるかもですね(笑)

305SHはスペックも高くはなく、素材もちょっとチープな感じは否めません。そのため白ロムも状態がとても良くても価値が高いとは言いがたいので、個人的なオススメはネット閲覧や音楽プレイヤーとして使い潰し、将来は「その他Android機種」として下取りにでも使うのが良いかと思います。その場合はどの色でも価値は余り変わらないと言えるので、好きな色を選ぶと良いでしょう。

昨今ではなかなかMNPをしたくなるような案件も少なくなってきてしまっていますが、、、2017年末頃にはこの業界はどうなっているでしょうか。プリモバ弾の使い道が残っていれば良いですねぇ。

なお、305SHは2015年6月以前に通常モデルとして発売された機種なので、SIMロック解除には対応していません。他社MVNO回線等では使えないので注意してください。オクで探すとロック解除を請け負っている業者がゴニョゴニョ…  そこまでして使う価値があるかどうかは微妙ですが、そのあたりは自己責任でどうぞ(笑)


by ke-onblog | 2016-11-21 19:05 | キャンペーン情報 | Comments(0)
いい買い物の日に間に合わせればもっと盛り上がったでしょうに、と思わなくもないところですが、本日11月17日にソフトバンクのオンラインショップ限定販売 プリペイドスマートフォン「AQUOS CRYSTAL 305SH」がアウトレット在庫として入荷しています!

私の知る限り、前回最後に販売されたのは2016年4月5日のことでした。今回も入荷後即売り切れが予想されるので、欲しい方は速攻で注文しておきましょう。高確率で明日では間に合いません。

☆「ソフトバンク シンプルスタイル305SH」/10,800円

お値段は据え置きの10,800円(税込)。在庫はホワイト・ブラック・ピンク・ブルーの各色が用意されていますが、アウトレット品ということで数量限定での販売となります。

プリペイドチャージが10000円分含まれていますので、本体の価格は実質たったの800円。送料・代引き手数料も無料・契約の事務手数料は初期チャージ分から差し引かれて届きますので、10,800円以上の出費は発生しません(自分でチャージしない限りは)。

最近では305SHの代わりにソフトバンクのプリスマ用には上位モデルの304SHが18,000円で売られており、こちらはこちらでとてもお買い得感があったために入荷する度に即日完売を繰り返していましたが、、、まだ305SHの在庫もあったのですねぇ。

ただし、前回までは「新品」としての販売出会ったのに対し、今回は「アウトレット」です。オリジナルの本体箱はなく、透明のクリアケースでの発送になるはずですので本体をリリースする際には注意してください。

305SHのSIMカードはnano SIMです。ソフトバンクのAndroid機種およびSIMフリーモデルで周波数が対応していればSIMを差し替えて使うことも可能です(iPhoneの場合は通話・SMS受信は可能)。

ソフトバンク公式のアウトレット品はほぼ新品同様の状態で届く事が多い(傷がないことを保障は出来ませんけど)ので、中途半端な白ロムを買うよりも絶対にお得です。

305SH,304SHの両方を私も所有しています。自分で使うなら304SHのほうが格段に便利なのでどちらかを選べる状態なら+7200円で304SHをオススメしますが、プリモバ弾用や用途を限定した利用目的ならば305SHの10,800円という価格的メリットが勝るでしょう。

いずれにせよいつでも買える商品でないことは確かなので、購入検討をする方は急ぎましょう。冒頭でも書いたように305SHの在庫入荷は本当に久しぶりのことで、ここ数年プリスマの特価セール品は在庫が長続きした試しがありません。

総合判断中の方はプリスマが買えない可能性もありますが、通常「プチ総合」レベルの人であれば買えるはずです(回線枠に上限もあるので、よく注意書きを読んでから注文しましょう)。

305SHのレビュー、他のプリスマ機種との比較は「モバイルびより 304SHと305SHのスペック比較」に書いておきましたので、スマホ本体にも興味がある方は参照してみて下さい。



by ke-onblog | 2016-11-17 10:20 | 白ロム転売法 | Comments(0)
立て続けにソフトバンク系のセール在庫品入荷情報です。

昨日一昨日くらいまでは在庫が無かったと思っていましたが、10月20日15時現在、ソフトバンクのオンラインストアでアウトレット品のスマホを「プリペイド式」で契約出来る機種に AQUOS Xx 304SHが入荷しています。

初販売が8月19日、その後8月末に完売してからは9月に一度だけ在庫を見かけていました。その日も即完売してしまっており、その後1ヶ月間ず~っと在庫切れだったと思いますので、欲しかった方は急いで買っておきましょう。今からの注文であれば10月中の開通に間に合うはずです。

☆「ソフトバンク AQUOS Xx 304SH アウトレット」/ 1万8千円(1万円チャージ込み,税・送料・代引き手数料込み)

機種のレビューは過去に書いたとおりです。

このあたりや・・・

この辺の日記で実機レビューをしています。

もうすぐ11月11日の「いい買い物の日」に合わせたシンプルスタイルのセールもあるかな~と期待していたところですけれど、出るかどうかはまだ判らないので先にこちらで手を打っておくのもいいでしょう。今回の再入荷もあまり長く在庫が持たないかもしれませんので・・・。ソフトバンクのプリモバ回線は1名義あたり2回線までの枠制限がありますので、よく考えて購入検討をしましょう。


by ke-onblog | 2016-10-20 15:25 | キャンペーン情報 | Comments(5)
iPhone7/7 Plusの発売に伴い、MNP弾を使い切った方は今のうちに補充しておきましょう。

今年のiPhone7/7 Plusの販売価格では、ドコモは新規・機種変更・MNPの全てで同じ月々サポートを設定してきました。この点だけ見れば「MNPのメリットが減った」と感じるかもしれませんが、MNP転入だけに適用される値引・割引条件の緩和(まとめて割の転入条件とか)があり、au・ソフトバンクでは月額割引のMNPは今年も実施されることになりました。

また、各キャリアでiPhone6s/6s Plusの安売りが始まったことによりMNP転入で本体一括0円にキャッシュバック特盛の案件が久しぶりに携帯ショップを賑わすことになっています。このブログの読者層だとiPhone7というよりは、こちらにMNP弾を発射した方の方が多いでしょうね(笑)

現在ドコモ・au・ソフトバンクで実施されている6s用の一括値引はすべて「MNP」に限定され、機種変更は用途が違うのでともかく新規契約ではiPhoneを激安でゲットすることは難しいでしょう。通常新規とMNPでは販売価格・キャッシュバックに天と地ほどの差が開いていますので、まだまだ低コストで用意できるソフトバンクのプリモバ弾(シンプルスタイル)の有効性が継続していると言っていいでしょう。


今ソフトバンクのオンラインショップでは特にプリモバ用のキャンペーンは実施されていないので、現状の最安プリモバ弾は定番の301Zです。購入コストは総額6,458円。

☆「ソフトバンクシンプルスタイル 301Z

今から注文すればたぶん9月30日までに開通できると思いますが・・・ちょっとこの時期はiPhoneの購入処理が増えているでしょうから、ギリギリになるようならプリモバを売っている量販店に行ったほうが良いかもしれません。10月開通でも良いなら急ぐ必要はありませんが、今月中に開通させておけば「2017年9月1日」から違約金無しで転出させられます。

関連記事: [図説]シンプルスタイル 違約金無しでMNP出来る期間・日程計算

301Zを買ったとして、転出手数料が3000円(+消費税)。トータルで1万円弱。昨今ではMVNO回線を即打ちする方法もありますが、音声回線の短期解約違約金だけで1万円ほどが掛かりますので、「準備期間を掛けて安く作れるプリモバ弾」と「いつでも準備できるMVNO弾」は上手く使い分ける必要があります。プリモバ弾は1名義2回線しか作れないという縛りもありますし、万能というわけでもないので。

格安スマホとセットで安売りされている端末をリリースして実質的に安くMVNO弾を作るという手もありますが、こちらは不確定要素が多いので、そのときになってみなければわからないところがあります。

おそらく、2017年9月には「iPhone7s/iPhone 7s Plus」が出ることでしょう。そのときに今年発売されたiPhone7/7 Plusが今の「6sシリーズ」のような状態になる可能性は非常に高いです。昨年の「6」も端末購入サポ入りもやはり新機種登場と同時時期でしたし。

また、6s/7の在庫がまだまだこの先も残っているだろうと予想するのなら、9月前後ではなく年度末の3月に合わせて補充するのも良いでしょう。シンプルスタイル回線はプリペイド分のチャージを行わずに放置してしまうと自動解約されるという制限によりとにかく「仕込むタイミング」が重要です。

かつてのようにポストペイド回線の大量回線維持が難しくなってきていますので、維持費の掛からないプリモバや低価格で遊べるMVNO弾でリスクを少なめにしながら運用するのがこれからの携帯代金節約には必要ですね~。


by ke-onblog | 2016-09-27 12:33 | 白ロム転売法 | Comments(1)
今日からソフトバンクでシンプルスタイル(プリペイド携帯・プリペイドスマホ)の契約で格安購入が可能になったAQUOS Xx 304SHを1年ほど前から使っていますので、機能性や使い勝手についてレビューをお届けします。
d0262326_22093677.jpg
304SHは2014年夏モデルとして発売されたシャープ製のハイエンドモデルでした。2013年に発売されたiPhone5sのゴールド人気を受けて、304SHにも金色があります。

ディスプレイは5.2インチの大画面。最近海外端末で見かける超狭額スマホほどではないですが、画面の大きさに比較してボディが小さくなっています。5.2インチサイズは歴代プリスマで最大です。
d0262326_22121111.jpg
私にとって304SHはメイン機種ではないのでフィルムもケースも利用していません。裸のまま使い潰すつもりで酷使していますが、私の利用方法ではカバンやポケットに入れて行動することが全く無いため1年使ってもほとんど傷は付きませんでした。

ただし、ディスプレイは最近流行りの傷が付き難いガラスコーティングではないため、もしかしたら使用頻度が高い方は細かい傷が付くかもしれませんね。画面表面には飛散防止フィルムが貼ってあるようなので、もし傷だらけになってしまったら剥がしてしまうのも手かも(笑) 

関連記事:AQUOSスマホ SHL24の飛散防止フィルムを剥がす!

IGZOディスプレイを採用しているため静止画表示での電池表示が小さいのが特徴です。私の使っている端末はちょっとバッテリーがヘタり始めているので自宅のみの利用でも2日か3日に1回は充電が必要な状況になってしまいましたが、LTEでの連続待ち受け可能時間は約650時間です。

最近のソフトバンク向けシャープスマホではAQUOS Xx3の待受時間が約545時間、2015年夏モデルのAQUOS Xx2でも 約600時間となっており、304SHの方が電池性能に関しては上です(新型のほうが電池容量も大きいのですが、スペックが上がった影響で消費もデカイ)。

本体のサイズは 縦135 × 横幅72 × 厚さ9 mm。横幅は結構ありますが、縦方向に短め。

重さは約137グラムとなっており、5.2インチクラスの中では軽いほうだと思います。

・iPhone 6s 4.7インチ 143グラム
・Xperia X Performance 5.0インチ 165グラム
・Xperia Z5 5.2インチ 154グラム
・Nexus 5X 5.2インチ 136グラム

重量が近いNexus5Xのサイズは 縦147 × 横幅72 × 厚さ7.9 mmなので、薄くはないですがやっぱり縦にコンパクトです。


本体の発熱は連続利用すればそれなりに熱くなりますが、通常利用で過熱による制限が掛かったことは一度もありません。ただ、充電しながら連続で使っていると40℃以上まで上がって充電が止まることはありますね。

OSはAndroid4.4.2以降アップデートはされていませんが、現状で「Android5.0以降」が必須のアプリというのは少ないため、セキュリティー面はともかく利用面では特に困ることはありません。パズドラ・モンスト・ポケモンGOなどの人気ゲームアプリはちゃんと動きます。重い3Dゲームだとやや遅延が感じられることもあります。

システムの安定性はまずまず。フリーズすることはほとんど無かったと思いますが、極稀に突然再起動することがありました(1年で数回程度)。再起動後は全く問題なく動いているので原因は不明。

d0262326_22232534.jpg
充電端子はmicro USBで、本体の右側にあります。防水性能があり、キャップレスなので便利ですね。私はお風呂に304SHを持ち込みことが多く、これまでに何度か浴槽に落としていますが無事です(笑)

シャープのUI・文字入力などは普通です。ディスプレイを左右に縮小して片手で操作できるモードもあります(画面下中央から左右の上にスワイプすることでいつでも切替できます)。

カメラは13メガピクセル。2016年時点で高い評価を得ているモデル(Galaxy S7 edgeやHTC10, P9など)と比べると残念な画質ですが、スマホ上で見るくらいなら特に問題ないでしょう。
d0262326_22304447.jpg
304SHで撮影した朝焼け。
d0262326_22312452.jpg
ブログ用にサイズを縮小していますが、それなりの写真が撮れますね。

おサイフケータイ機能はSuicaなどFelicaを使ったサービスはシンプルスタイルでも使えます(NFCを使った決済機能は不可)。

ワンセグ・フルセグの感度は普通です。私の自宅では室内の奥にいくとフルセグの受信状態が悪くなることがありますが、内蔵アンテナを伸ばして窓際の部屋なら途切れずに見られますね。

これだけの性能を持ち、1万円の初期チャージを含んで18,000円ならば十分にお買い得だと思います。ソフトバンクのSIMロックが掛かっているためSIMフリーの格安スマホと比べるのはあまり意味はないのですが、1万円台で買える最新の格安スマホで304SHに総合力で勝てる端末は無いでしょう(SB専用というだけで304SHが負けている、という見方も出来ますが^^;)。

この他、詳しいスペックやシンプルスタイルの販売形態については公式サイトをチェックして下さい。

☆「ソフトバンク AQUOS Xx 304SH 詳細ページ

シンプルスタイルの契約期間・初期チャージの有効期限などについてはモバイルびよりの記事を参照してみてください。

☆「モバイルびより-[図説]シンプルスタイル 違約金無しでMNP出来る期間・日程計算


by ke-onblog | 2016-08-19 23:05 | キャンペーン情報 | Comments(2)