白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:白ロム ( 1149 ) タグの人気記事

2つ連続でZenFone5Zネタです。ポイント還元を考慮した場合の実質負担額は先の日記で触れたヤマダ電機のほうが断然安いのですが、大量のポイントが溜まりやすい反面、消費が面倒くさいぷららポイントを一気に消費するという目的なら、こちらも悪くないかもしれません。

15日に配信されたひかりTVの「ひかりTVショッピング メールマガジンicon」にて、ZenFone5Z ZS620KLに使える5000PT還元クーポンが出ています。
d0262326_11501168.png
販売価格はヤマダ電機より3千円安い72,307円。ポイントを消費して購入する場合は関係ありませんが、一応購入ポイントも5倍になっています(d払いも可)。


メルマガのポイントクーポンは、端末代金をぷららポイント・dポイント等で全額支払いを行った場合にも付与されます。クーポンコードの有効期限は8月16日23時59分までとされていますので、d曜日とは併用不可。

全額ポイント購入をして、メルマガ限定クーポン分の5千ポイントだけ還元されるとして実質67kくらい。ZS620KLの市場相場は一般のショップではほぼ定価の7.5万円前後、オークションでは68~69kくらいの高値で売買されています。買取店だと63kくらいのショップもあります。

ヤフーショッピングで高倍率を狙える条件(ヤフープレミアム+SBスマートログイン+YJカード支払い等)が揃っている、Tポイント還元のほうが良いというのなら断然ヤマダ電機での購入のほうがおトクなはずですが、有効期限の近いぷららポイントが大量に余っているというのなら現状ではAndroid SIMフリースマホの最高峰であるZS620KLを買ってみるのも良さそうです。

なお、現在ZenFone 5ZはひかりTVで別途開催されているOCNモバイルONEのキャッシュバックキャンペーンの対象にはなっていませんので注意してください。
ひかりTVショッピング

by ke-onblog | 2018-08-15 12:03 | キャンペーン情報 | Comments(0)
au版のGalaxy S9+ SCV39あたりがオススメです。

2018年8月9日午前2時まで開催されている楽天市場のお買い物マラソンと同じ期間で、ゲオモバイル楽天市場店では全商品がポイント5倍になるキャンペーンを実施しています。
d0262326_19401331.jpg
最大倍率の達成にはいくつもの条件が必要となりますが、最大で27倍還元で白ロムを購入することができそうです。

・通常ポイント 1倍
・ストアポイント +4倍
・買い回り +9倍
・SPU +13倍

ゲオモバイルの楽天市場店は全国のゲオモバイル店頭在庫をウェブ上でも買えるようにしたものであり、各在庫は日本中のいろんな店舗から出品されていますが、基本的に同じランク(未使用~Cランク)のものであれば、価格が一律になっています。

発売されたばかりの新品あるいはAランク(傷が無い、新品同様級)が比較的安く、2018年夏モデルのスマホも在庫がたくさんあります。

例えば、

・au Galaxy S9+ SCV39 Aランク 69,562円
・au Galaxy S9 SCV38 Aランク 64,432円
・au Xperia XZ2 SOV37 Aランク 63,406円
・au P20 lite HWV32 Aランク 23,392円

AQUOS R2 SHV42は現時点ではありませんでした。

Galaxy S9+なら最大の27倍還元に到達できれば、実質5万円ちょっとで買える計算です。auの定価は112,320円ですので、赤ロム保証ありでこの価格はかなり安いです。付属品があるものも無いものも同額で売られているので、どうせなら付属品ありの出品を選ぶことを推奨します。

SIMロック解除あり/なしの在庫もありますが、8月6日時点では2018年夏モデルはほぼSIMロック未解除ですね。2017年8月以降の発売モデルであればau系MVNOのSIMならそのまま使えますので、UQ mobileやmineoのau回線で使う前提ならば特に問題ないはずです。

ドコモモデルでも夏モデルやdocomo with機種が安いです。

・docomo Xperia XZ2 SO-03K Aランク 66,484円
・docomo Galaxy S9 SC-02K Aランク 69,562
・docomo arrows Be F-04K 未使用 23,392円/ Aランク 22,366円
・docomo AQUOS sense SH-01K 未使用 19,288円 / Aランク 18,262円

F-04Kなんてまだ発売から2ヶ月しか経ってないですが、もうこんなお値段に。ヤフオクでも21-24kくらいが相場なので、ポイント還元・ポイント利用をして購入するならお買い得だと思います。

ちなみにゲオモバイルで商品検索をする場合は機種名ではなく型番で探すと良いです。「Xperia XZ2」では一件もヒットせず、型番だけが登録されていますので機種名だけでは見つかりません。


by ke-onblog | 2018-08-06 20:01 | キャンペーン情報 | Comments(0)
今年のハイエンドモデル向けSoC SDM845搭載機では、国内においてはASUSのZenFone5Z(ZS620KL)が最高峰のコストパフォーマンスを持った機種として発売直後には話題になりましたが、値下げのスピードでは海外端末のほうがやはり早いですね。
d0262326_08332541.jpg
技適を取得し、国内向けにしっかりとサービス・対応周波数を合わせて発売されている端末と価格を比較するのは可哀想な気もしますけれど、Xiaomiの最新ハイエンドモデル Mi8のデュアルSIM・RAM 6GB, ROM 128GBモデルがエクスパンシスで週末セールとして6.6万円→52,305円まで値下げされています。

ノッチあり、デュアルカメラ、スナドラ845搭載でRAM 6GB/ROM 128GBという組み合わせはちょうどZenFone5Zと同じです。ZenFone 5Zの国内定価は69,800円(税別)であり、エクスパンシスの発売直後の定価との比較であればZenFone 5Zの安さが感じられたのですが、、、


送料と関税を考えると5.6万円くらいで輸入できるはずです。更に上位のRAM 8GBやROM 256GBのスマートフォンも最近は存在しますが、一般用途としては最高レベルの性能でも6万円を切れるというのは驚異的ですね~。

個人輸入をするのならAliexpressを使えばもう少し安く輸入出来ると思いますが、現在の最安クラスは430ドルくらいでしょうか。


現在の為替相場だと430ドル=4.8万円くらいになりますので、オプション送料や保証を付ける・関税が掛かった場合にはエクスパンシスより若干安い程度でしょう。

ZenFone 5ZはMVNOとのセットでもう少し安く買えるチャンスが多いかと期待していたのですが、2018年8月時点では思ったより安く出す格安スマホサービスはありませんね。

今一番ZenFone 5Zが安いのはニフモでしょうか。3GBのデータSIM契約で1.2万円キャッシュバック付きで本体が64,445(税抜)なので、定価より1.7万円くらい安くなります。


契約なし、ポイント還元で良ければ、今日から始まる楽天のお買い物マラソンかヤフーショッピングのヤマダ電機が強いです。



今日は5のつく日なので、ポイント倍率が高め。私のアカウントだと最大で26倍還元と表示されています。スマートログインやYJカードでの支払いが最大還元条件には入っていますが、単品購入で26倍到達が可能です。
d0262326_09012282.png
26倍相当、19,578Tポイントを貰ったとして、実質負担額は55,804円。これでようやくエクスパンシスのMi8と並べる価格です。

楽天の場合はビックカメラで出ている10%オフクーポン(8月4日18時から利用可能)を併用すると安くなります。
d0262326_09102298.png

☆「楽天ビック ZenFone 5Z ZS620KL」/ 73,224円(税込)

基本ポイントは1倍なので、楽天マラソン適用時に最大で23倍くらいにまで行けるはずです。セールが始まった時点で倍率が変わっている可能性もあるのであくまで参考値ですが、10%引き+ポイント20倍還元になったとして、実質5.3万円くらいになるはずです。

条件次第ではもっと高倍率になる可能性もありますが、10%引きクーポンがかなりおトクですね~。クーポンは3万円以上の商品で利用可能・先着5000枚なので、欲しい方は4日18時にすぐに使えるように先に取得しておきましょう。


by ke-onblog | 2018-08-05 09:20 | 端末輸入 | Comments(2)
2018年8月、夏モデル商戦のスマートフォンがほぼ出揃いました。

5月~7月にかけてドコモでは9種類のスマートフォンが追加され、それに伴いいくつかのモデルが型落ちし、生産終了・販売終了となってきています。

また、ここしばらくドコモでは大きな価格変更は行われてきませんでしたが、2018年8月3日よりiPhone8やXperia XZ1シリーズ, Galaxy Note8など一部の機種を契約変更向けに端末購入サポート化しました。

Xiプランからの機種変更ではJOJO L-02Kの端末購入サポート化もされるなど、そろそろ2017年夏~冬モデルの在庫処分が本格化しそうな気配があります。

まだ多くの機種がFOMAからの変更のみ一括割引の対象になっているのですぐに影響が出ることはないと予想されますけれど、旧機種の在庫処分が始まると白ロム価格相場が大きく動くこともあるため、8月上旬時点の主要スマートフォン機種の白ロム価格を記録用に残しておこうと思います。

なお、前回のチェックは「2018年5月31日」にやりました。過去との価格変動状況を比較したい方は過去記事も併せてチェックしてみてください。

今回からは2018年夏モデルもチェックしていきます。以前は全メーカーのモデルを一記事にまとめていましたが、今は旧機種・新機種が入り混じり台数が多いため、まずはXperiaからいきます。

・Xperia XZ2 Premium SO-04K(67k)・・・110~130k

発売したばかりの最新モデル。まだ相場といえるほどたくさんの売買歴はありませんが、思ったよりも実際の評判は高く、人気があるようです。8月4日時点、「ムスビー」では110,800円から未使用品が出品されているようです。

・Xperia XZ2 SO-03K(48k)・・・80k前後

5.7インチに大型化したXperiaのスタンダードモデル、SO-03Kはあまり白ロムが売買されていません。デュアルカメラが搭載されたのはプレミアムだけ、ドコモ限定モデルならコンパクトもあるので、中途半端なXZ2の白ロムは需要・供給ともに少ないのかもしれません(XZ2のサイズが好みな人には問題ないのですが)。

・Xperia XZ2 Compact SO-05K(32k)・・・70~75k

ドコモ専売のXperiaコンパクトの最新作は発売から1ヶ月が経過し、7万円~8万円程度で売買されています。従来の5.2インチシリーズからの買い替え需要があり、取引数は多め。

・Xperia XZ Premium SO-04J(39k)・・・60~65k

発売から1年が経過した型落ちのプレミアムは、ドコモの公式オンラインショップでは少し前に完売して在庫切れが続いています(すでに生産も終わっています)。XZ2シリーズの巨大化ボディに比べるとSO-04Jすらコンパクトに感じられるので、まだ需要はありそうなのですが・・・スナドラ835搭載機種は割安な機種も多いので。今後価格が上昇するかどうかは微妙なところでしょう。

・Xperia XZ1 SO-01K(20k)・・・60~70k

今でもXZ2よりも売れている、XZ1の白ロムは人気が高く、新品未使用品はかなり高めで推移しています。2018年6月に通常機種変更でも月々サポートが増額されているためもう少し白ロム相場が下がるかと思いましたが、思ったより高いまま推移している印象です。FOMAからの機種変端末購入サポートで買うならSO-01Kは結構オススメ。


・Xperia XZ1 Compact SO-02K(15k)・・・60~65k

今やドコモの機種変更需要ではトップと言っても良いほどに人気がある、型落ちのコンパクトペリア。2018年春に一時期だけ端末購入サポート化入りした時点で少し相場が下がりましたが、まだ比較的高値を保っています。


(カッコ内の数字は機種変更時の8月時点の実質価格)

ドコモのXperiaシリーズでは、2017年冬モデルのXZ1(XZ Premiumは夏モデル)からXZ2へのフルモデルチェンジが半年程度で行われたため、現時点ではまだ型落ちモデルも入手しやすい状況が続いています。

XZ2シリーズについては各個人の好みによるところが大きいものの、致命的な不具合を抱えていたり、不人気になっているわけでもないため、旧機種の白ロムに極端な需要が集まるという自体にはなっていません。

しかしながら機種変更の価格に新旧それぞれ大きな差があり、「お買い得感」という意味では型落ちしたXZ1,XZ1 Compactに人気が集中しています。

特にXperia XZ1 Compact SO-02Kの白ロムはまだ高い印象。1年前、SO-02Jはもともとミドルスペックだったということもありますけれど、同じく機種変1.5万円でこの時期には4.5万円くらいまで値下がりしていましたので。そういう意味でも、Xperia XZ1 Compactはかなりお買い得でしょう。

今後再度型落ちモデルにXi機種変更へも端末購入サポートが拡大されるかどうかは不明です(今の人気ぶりだと、購入サポート化しなくても在庫が捌けそうですし)。

よく見直すと、Xperia XZ Premium, XZ1, XZ1 Compactの3機種とも6~7万円前後で売買がされていますね。現在は機種変端末購入サポートで投げ売りされているわけでもないので暴落もしていませんし、それぞれ高すぎては売れないけれど、ハイエンドモデルが6万円前後ならお買い得、という水準に収束しているからでしょう。

2017年夏~冬モデルの多くに使われたSnapdragon 835搭載機は評判が良い機種が多く、今後型落ち効果で安くなってくる時期に白ロムで機種変更するにはちょうど良いモデルでしょう。

ただ、Xperia XZ Premuimや Galaxy S8、S8+といった夏モデルはすでに在庫がなく、機種変更向け端末購入サポート入り・月サポ増額等で一斉に投げ売り!という段階になる前に終わったので、新品白ロムが欲しいのなら買えるうちに買っておいたほうが無難かもしれません。


by ke-onblog | 2018-08-04 15:46 | 白ロム転売法 | Comments(0)
ソフトバンク回線の格安SIMサービスがLINEモバイルに続いて来月9月からmineoでも始まるタイミングで、ソフトバンクモデルのiPhoneの白ロムが非常に安くなってきています。

d0262326_01233898.png
すでに売り切れていますが、8月2日に入荷したらしい在庫では、ジャンクではない一般中古のソフトバンク iPhone 6s 16GBモデルが9,800円になっていたようです。

クオリティは「フレームに薄傷あり、液晶画面は綺麗」で、1万円切りです。

容量は16GBと少ないですがiPhone6に比べても格段に処理能力が高い6sも、もうこんなお値段で買える時代に。

iPhone 6sの発売は2015年9月でしたから、もう3年前のモデルだと考えれば価格が下がるのは当然ながら、iOSのアップデートサポートはさらに2年前の5sですら続いていますので、初心者用が格安SIMでPhoneデビューするには十分でしょう。

ノジマの白ロムは容量や状態によってもちろん価格は異なります。説明文を読む限りではより状態の悪いものに見える在庫に高い価格がついていたり、ジャンク品よりも状態が良さそうな白ロムが安く売られていたり、バラバラです。

それでも2018年8月のこの段階で、iPhone 6sの白ロムはドコモモデル・auモデルでも1万円台前半から選べるようになってきていますので、値下げされている在庫・状態の良さそうな在庫が入ることはこれからも増えてくるのでしょう。

ノジマオンラインはd払いが使えるため、dポイントを消費して買うことも出来ますし、d曜日・バースデーチャンスなどを活用すれば更に実質価格は下がりますので、安いiPhoneが欲しい人は金曜・土曜を中心に在庫の入荷チェックをしてみることをオススメします。

☆「ノジマオンライン 中古コーナー


by ke-onblog | 2018-08-03 07:33 | キャンペーン情報 | Comments(0)
2018年夏モデルのハイエンド端末 Galaxy S9+の白ロムがかなり安く買えそうです。

7月27日10時~7月31日23時59分までの期間、楽天市場にて開催されている「超ポイントバック祭」にて、いつもの買い回りではなく購入金額に応じてポイント倍率がアップするキャンペーンが始まっています。
d0262326_19361767.png
いくつものショップで買い物をしなくても、期間中の買い物合計金額のみによってポイントが10倍貰えるため、高額な商品を単品で買いたい・ピンポイントで欲しいものだけを買えばよいので、買い物マラソン案件よりとてもお手軽です。

さらに、ゲオモバイルの楽天店では超ポイントバック祭と同じ期間、ストア内のポイントがすべて10倍になっています。
d0262326_19393325.png
この2つのキャンペーンは重用できますので、10万円分の白ロムを買えば、それだけで19倍ポイントバックに到達出来ます。

あとはSPUで楽天カード、モバイル、各種サービス利用条件などをすべてクリアすれば+13倍のポイントアップがありますので、ゲオモバイルでの最大倍率は1+9+9+13=32倍(32%還元)までいけるはずです。

私はGalaxyシリーズはS7 edge, Note8, S8と昨年はいっぱい買ったので、今年のS9/S9+はスルーしたのですが、ゲオではauモデルのSCV39がすでに結構安くなってきています。

付属品無し、ディスプレイ下に少し傷がついたものとなりますが、最も安いものだと単品購入で実質4万台に到達出来ます。

【Galaxy S9+ SCV39 Bランクの場合】

販売価格 62,606円(税込)
→ 6万円到達 6倍=3,756ポイント
→ ストアポイント +9倍=5,634ポイント
→ SPU 最大+13倍=8,138ポイント
=実質 45,078円~

【Galaxy S9+ SCV39 Aランクの場合】

販売価格 69,562円(税込)
→ 6万円到達 6倍=4,170ポイント
→ ストアポイント +9倍=6,255ポイント
→ SPU 最大+13倍=9,035ポイント
=実質 50,102円~

単品購入に拘らなければ、期間中に10万円以上利用で上記よりもさらに+4%分のポイントが貰えます。


購入金額に応じた10倍ポイントキャンペーンは上限12000ポイントまでとなっていますので、13.3万円分くらいまでの買い物で最大倍率を維持できます。

SPUの条件は結構面倒くさいものが多いので+13倍まで到達できる人は少ないかもですが、それ以外の分だけでもまずまずの還元率になりますので、欲しい白ロムがあるのならこの機会に状態の良い割安なものを探してみるのも良いかもしれません。


ドコモ版 SC-03Kだとまだ新品の白ロムは9~10万円くらいします。SIMロック解除もされていませんが、auのネットワークで使うことを決めているのならSCV39で十分でしょう(au系MVNOの VoLTE SIMでもロック解除不要で使えます)。


by ke-onblog | 2018-07-27 20:02 | キャンペーン情報 | Comments(0)
また来ました、運営がNTT系列であることを活かしたひかりTV(NTTぷらら)とOCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)の超絶コラボ案件。今回も在庫の争奪戦が予想されますので、事前に購入したい機種と価格、条件をよく把握してから挑みましょう。

対象期間中、ひかりTVショッピングで端末購入(SIMフリースマホ)とOCNモバイルONEの音声SIM回線プランを契約し、指定条件をクリアすると、最大で30,000円の現金+30,000ポイント+2500PT+7倍相当dポの還元を、総取りすることが可能になります。
d0262326_22461486.jpg
販売価格とポイント還元率についてはセール期間中に変動する可能性があるため、以下で行う購入シミュレーションは7月26日時点の情報に基づく予想値となりますけれど、ファーウェイの型落ちハイエンドモデル P10 PlusおよびP10が狙い目になると予想しています。

キャンペーンの対象ラインナップ10種類と還元額は以下の通りです(7/26時点、ポイント1.5倍コード利用時。対象機種は増える可能性もあります)。

・「Huawei P10 Plusicon」/ 30,000円CB+21,000PT
・「Huawei P10icon」30,000円CB+21,000PT
・「Huawei Mate10 Proicon」 20,000円CB+24,000PT
・「Huawei Mate9」 20,000円CB+21,000PT
・「ONKYO CAT S60」20,000円+30,000PT
・「ONKYO CAT S41」20,000円+24,000PT
・「iPhone 6s Plus 16GB(SIMフリー)icon」20,000円+18,000PT
・「iPhone 6s 16GB(SIMフリー)icon」20,000円+15,000PT
・「ONKYO GRANBEAT」20,000円CB+21,000PT
・「ZenFone3 Laser」10,000円+12,000PT

ぷららポイント(PT)を1.5倍に増やすためのプロモーションコードは「aff_ocn08」です。これを使わないと上記の2/3に減額されるので注意してください。

キャンペーン適用条件とコードの使い方は、ざっくり書くと以下の通りです(詳細は公式HPでエントリー時に要確認)。

・7月27日昼12:00から8月20日昼11:59までに、ひかりTVで対象機種購入・発送されていること
・ひかりTVショッピングサイト内の専用申込ページからOCNのSIM申込、手続きを実行すること
・機種購入時にぷらら補償(月額コース)に加入、2019年2月25日まで維持
・OCNのSIMは「音声SIM契約」+「OCNでんわ10分かけ放題/トップ3かけ放題/かけ放題ダブルのいずれかに加入」
・キャンペーン終了後に届くキャッシュバック用の「口座登録フォーム」で1.5倍コード「aff_ocn08」を入力する

上記がOCNコラボキャンペーン分です。さらに、7月27日から開始される「GOGOポイントクーポン!キャンペーン」(27日・28日限定)を併用すると、2500PTが貰えます(25,000円以上の商品すべてが対象)。


このポイントクーポンはひかりTVショッピングで事前に取得・機種購入時に、コード入力が必要です。

さらに、明日7月27日・28日および8月の金曜・土曜日ならd払いを使うことにより「スーパァ~d曜日」のポイントアップ最大7倍が適用出来ます。

以上の条件を踏まえると、以下のような価格でP10 Plusが買えます。

P10 Plus本体価格 64,800円に対し、

通常購入ポイント1倍:648PT
OCN音声SIMキャンペーン:30,000円現金CB
OCN補償オプションキャンペーン:14,000PT
OCN 1.5倍コード増額分:7,000PT
GOGOポイントクーポン:2,500PT
d払い(買い回り達成7倍時):4,535 dポイント

以上合計、58,648円相当(1ポイント1円として)の還元により、実質6,116円で買えます。

P10 Plusは型落ちはしていますけれど、今でもアマゾンでは5.5万円ほどで売られている高級スマホです。

他の機種もお買い得感が高く、GOGOポイントクーポン・d払いが併用できるのは明日明後日の2日間のみとなりますので、スタートダッシュが重要になります。P10,P10 Plusは売り切れたら、すぐに再入荷する見込みは限りなくゼロに近いでしょう。販売カラーも限定的ですし。

GOGOクーポンは1人で何度でも使えるので1名義あたりのOCN契約上限である5台まで買ってもOKですが、機種・カラーによって1人あたりに販売制限がついていることもあるので注意してください。また、d払いの7倍キャンペーンは上限毎月1万ポイントまでなので、高額機種を買いすぎるとカンストします。

キャンペーン開始は7月27日12時から、GOGOポイントクーポンは27日0時から取得出来るはずなので、事前に入手しておきましょう。12時になったら即購入すべきですが、焦りすぎて最初の落とし穴であるぷらら補償を付けるのを忘れないようにしましょう。


回線の維持費等については基本的に前回7月上旬開催時と同じなので、細かい計算をしたい人は過去の日記を参照ください。


by ke-onblog | 2018-07-26 23:28 | キャンペーン情報 | Comments(10)
発売以来比較的高値での取引が続いてきた、2018年夏モデル docomo P20 Pro HW-01Kの白ロム価格情報です。

ドコモでは定価102,600円で販売されているHW-01Kの白ロムがヤフーショッピングにて新品未使用状態で、各種施策を併用すると実質7万円くらいで買えそうです。

25日0時時点において在庫は1点限りとなりますが、販売価格も相場よりやや安い白ロムが最大で20倍のTポイント還元を受けられるチャンスがあります。

d0262326_00045327.png

カラーはブラック、新品未使用状態で赤ロム永久保証あり。

上記のスクショ画像ではポイントは「最大16倍」と書いてあるのですが、これ以外にYJカードの所有者限定で23日~25日の期間で開催されている買い回り+4倍キャンペーンが併用できます(Yahoo! JAPANカード)。

87,980円の販売価格に対し、

・基本ポイント 1倍 879Tポイント
+5の付く日(アプリ利用) +4倍
+ヤフープレミアム会員 +4倍
+SBスマートログイン特典 +5倍
+YJカード特典 +2倍
+YJカード買い回り達成 +4倍

以上合計20倍、Tポイント17,580円相当分が還元され、実質負担は70,400円になる計算です。

Yahoo! JAPANカードによる買い回り条件は、対象となるアカウントでエントリー後、期間中に1ストア1,000円以上の買い物を2ストア以上で行えばOKという緩いものです(キャンペーンによる付与上限は5000TP)。対象のアカウントであればカードページ、ヤフーショッピングのページでキャンペーン情報が出ます(対象となる条件は非公開)。

P20 Pro HW-01Kのヤフオク相場は以前よりもずいぶん安くはなってきましたが、まだ8万5千円くらいはします。他の白ロム店での価格は9万円以上が相場ですので、販売価格自体も結構安い水準です。

ドコモへMNP出来るのならばクーポンを使うことで実質17,280円(+5000dポイント)で買えるものの、機種変更の場合は通常実質負担57,024円~と安くはないP20 Pro。

期間固定ポイントが大量に含まれますが、ソフトバンクのスマートログイン設定をしたアカウントがある、YJカードを持っていることなど、比較的簡単な条件でHW-01Kを安く単品入手出来るチャンスかと思います。

HW-01Kのレビューはこちらのページを参照。未だに先着1万名の5000dポイントキャンペーンが続いている(?)ところを見ると一般受けはあまりしていないようですがマニアが次々とP20Proを手に入れているという印象はありますので、スマホ好きならば一度は体験してみる価値があるでしょう。




by ke-onblog | 2018-07-25 00:31 | キャンペーン情報 | Comments(0)
先月は2018年になったこの時代に、iPhone 6を販売して度肝を抜いてくれたYahoo携帯のアウトレット販売に、ついにiPhone 7 128GBが登場です!

これは結構良いかもしれません。
d0262326_23192569.jpg
在庫はiPhone 7 128GBのブラックとゴールドがあり、対象の契約は新規とMNPのみながら、一括価格+月月割が付くのが特徴です。

新規の場合は本体が一括24,800円+月月割3210×24回=実質マイナス52240円、MNPならばさらに1万円安い一括14,800円+月月割3210円×24回付きです。

さらに、この契約はYahoo携帯のオリジナル特典である11,000Tポイントまたは8,000円現金キャッシュバックも併用が出来るため、MNPの場合なら実質負担6,800円(8kCBを選択した場合)で買えちゃいます。

先日のiPhone 6は一括0円でも欲しがる人はもはや居ないのでは・・・と思われましたが、今回のiPhone7 128GBモデルはかなりお得でしょう。

なお、以前ヤフー携帯で選択できたホワイトプランは2018年6月27日に受付を終了してしまいましたので、契約できるプランはスマ放題・スマ放題ライトのどちらか+データプランになります(新しい「おてがるプラン」も選べますが、月月割が消えるのでオススメしません)。
d0262326_23305455.jpg
SBエアー・光などのおうち割セットを使えない場合はちょっと維持が高くなりますが、すでに割引が使える回線を使っている・この機会に一緒にネット回線も切り替えるというのなら、お手軽にiPhoneを入手+大きめの月月割を手に入れられるチャンスかもしれません。

☆「SoftBank Air(Yahoo!BBキャンペーン)」現金2万円キャッシュバックあり

☆「Yahoo携帯 アウトレットセール」/在庫がなくなり次第終了

キャッシュバックを貰うためには事前にYahoo IDでエントリー・クーポンの発行が必要となりますので注意して下さい。キャッシュバッククーポンについては以下の日記にも書きました。


by ke-onblog | 2018-07-22 23:31 | キャンペーン情報 | Comments(19)
ドコモ版のXperia XZ2 SO-03Kの白ロム相場はまだ9万円前後となっていますが、海外版は急速に値下がりしているようです。

海外端末が簡単に日本からも注文できる輸入代理店、エクスパンシスの週末セールにてXperia XZ2,Xperia XZ2 Compactが値引きされて、それぞれ62,500円・60,500円になっています。
d0262326_21213173.jpg
エクスパンシスでは2018年3月頃からXZ2を販売しており、初登場時は8.7万円ほどだったのですが、わずか4ヶ月でここまで安くなりました。


Xperia XZ2本体価格が62,500円の場合、送料・関税を考慮するとおよそ66,900円で買える計算です。

ドコモモデル SO-03Kと海外モデル H8296ではスペック・仕様がいくつか異なり、H8296はデュアルSIMスロット、RAMが6GBになっています。

H8296の対象周波数帯は以下の通り。
4G: LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/19/20/26/28/29/32/66/38/39/40/41
3G: Band 1/2/4/5/6/8/19 /
2G: 850/900/1800/1900 MHz
H8296を日本国内で使う場合は技適を取得していないので電波を出してしまうと通常は違法利用になりますので、海外旅行用です(関連記事: 技適マークのないスマホはWi-Fi運用でも違法?海外SIMフリー端末の利用と電波法 )。

ドコモ版のレビューについては以下の記事を参照下さい。


国内モデルでも7~8月に発売予定のXperia XZ2 PremiumならRAM 6GBなのですが、XZ2,XZ2 Compactは4GBモデルしかありませんでしたので、海外版のほうが多少は動きが良いかもしれません。

ソニーの現行モデルの最新・ハイエンドモデルが6万円台で輸入できるというのはかなり安く感じます。かつてはXperiaのブランド品は海外では高値で売買されていたような印象もあるのですけれど、SIMフリーモデルの値下がりは以前よりも早くなっています。

SIMフリー・デュアルSIMに興味がないのならau版 SOV37の白ロムも結構安く、フリマサイト・ムスビーで新品未使用・赤ロム保証ありで最安64,800円~で売られていたこともあります。


Xperia XZ2を実際に使ってみた感想としては、iPhoneのPlusシリーズ・XZ Premiumのような5.5インチクラスのスマホサイズでも気にならない人ならば、スペック・機能は十分に高いので、大画面のエクスペリアが欲しいのならアリだと思います。

個人的にはXperia XZ2 Premiumがデュアルレンズカメラを登載、他社カメラでもデュアル・トリプルカメラ、絞り可変、動画+静止画撮影など特徴的な新機能を持った2018年夏モデルが多い中で、XZ2は旧モデルから進歩がない普通のスマホカメラ、という感じだったのが少し物足りないと思いましたけれど、スマホカメラはどうでもいい・普通に撮れればそれで良い・旧シリーズのXperiaスマホレベルなら良いというのなら、XZ2を選ぶのも良いでしょう。



by ke-onblog | 2018-07-21 21:51 | 端末輸入 | Comments(0)