白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:節約 ( 2189 ) タグの人気記事

先日から祭り状態となっているドコモの投げ売り案件 JOJO L-02Kの一括648円化によって、白ロム価格が急落しています。

もともと12.5万円という超高額なJOJO L-02Kの白ロムが「メルカリ」では3万円台で取引されていることすらあるようです。ヤフオクでも4万円台前半まで相場が下がっています(1月23日確認時点)。

JOJO L-02KのベースV30+のスペックを考えると新品の白ロムが4万円に達した時点ですでにかなりのお得感・高コスパなハイスペックスマートフォンになったな~という印象を受けますが、一方では「白ロムがちっとも安くないスマホ」というのもあります。
d0262326_01215461.jpg
これからのスマートフォン買い替えシーズンを迎えるにあたり、「安いスマホが欲しい」というのであれば1月18日にJOJOスマホと一緒に値下げされた2018年夏モデルも選べますけれど、まだ他の人があまり持っていない・新しい端末が使いたい!・白ロムとして高い価値のある端末が欲しいというのなら、あえて白ロム価格が高い・流通数が少ないモデルを購入するという方針もありでしょう。

あるいは将来値引き増額・公式で値下げされたときのために、それぞれの特徴・狙い目の機種を覚えておく価値はあるかと思います。

では、2019年1月下旬時点で価値の高い=白ロムでの入手が格安購入は難しい機種をピックアップしていきましょう。

【Galaxy Note9(2018年冬モデル)】

トップ画像に使ったので、まずはこれ。
d0262326_01285434.png
2018年冬モデルとしてドコモ・auから発売中のGalaxy Note9 SC-01LおよびSCV40は、発売日(18年10月25日)からすでに2ヶ月以上が経過しているにもかかわらず、ドコモ版だと10万円を優に超えます

旧モデルのGalaxy Note8も発売当時は10万円をしばらく超えていましたが、今回のNote9はそれを上回っていますね。

SIMロック解除済み状態ではSC-01Lが120,000円前後、SCV40は92,000円前後でヤフオクにて売買歴が見られます。

Note9はSDM845・RAM6GB/ROM 128GB、可変絞りのデュアルカメラ、Bluetooth対応の内蔵Sペン、4000mAhバッテリーなど、確かに最高クラスの仕様・旧機種からのパワーアップをしていますので、高値で推移すること自体は不思議ではありません。

ただ、ドコモの定価だとNote8もNote9も全く同じ価格に設定されていたので、もう少し下がっても良さそうなものですが、これはドコモ公式価格がNote8に比べてNote9はMNP時もあまり安くない設定であるからでしょう。

現時点でSC-01L白ロム供給はまだまだ少なく、今の価格がお買い得とは言い難いです。新品で買いたいのなら、かなりの予算を用意しなければならないでしょう。au版 SCV40でも9万円以上が相場です。

ドコモ定価 126,360円:機種変更80,352円、MNP 63,504円


*ドコモの各契約種別価格は2019年1月23日、「ドコモオンラインショップ」の各割引適用時。詳しくは公式HPでチェックしてください。

【Xperia XZ3 (2018年冬モデル)】

続いて、ソニーの最新フラッグシップモデル Xperia XZ3も高値を保っています。

XZ3はドコモ・au・ソフトバンクそれぞれから発売されているためNote9ほどの高値ではありませんが、ドコモ版はかなり高めの印象があります。
d0262326_01493950.png
ドコモ版SO-01L SIMロック解除済み白ロムの相場は90,000円~95,000円程度。最近はXperiaスマホもすぐ安くなるモデルも多い中では、比較的よく頑張っている印象です。

値段の高さもあるのですが、まだまだ白ロムの流通量自体が少ないために新品・未使用品の入手は難しいでしょう。2018年夏モデルであるXperia XZ2シリーズよりもXZ3のほうが人気自体はあるらしいですが、先日のXZ2シリーズ値下げによって今後需要と供給のバランスが変わってくるかもしれません。

ドコモ定価 98,496円:機種変更51,840円、MNP 34,992円



【カードケータイ KY-01L (2018年冬モデル)】

私はこういう変わった端末(およびガラケー機種)も好きなのですが・・・白ロム流通量はまだ増えてきません。
d0262326_02020918.jpg
発売時点において4Gストレートケータイで最軽量・最薄のドコモケータイとなったKY-01L。話題性は抜群でしたが実際に使ってみると単品利用を考えてしまうとちょっとストイックすぎる機能しかないな~という感じでしたが(苦笑)、白ロムでサブ機に欲しいという人も多そうなカードケータイ。

d0262326_02062396.png
おそらく「買ってみたけど目的に合わなかった・イメージと違った」というユーザーにより中古売却ならばオークションにもある程度見られます。KY-01Lの新品在庫になると流通は少なく、未使用品は30,000円~35,000円くらいの高値となっています。

ドコモのXiケータイはこのKY-01Lの発売と合わせるようにパケットプランを外しても月サポが適用できるようになったため、通話専用で使えるドコモ回線を1本だけでも保持しておきたい、というユーザーには向いていると思います。

白ロムでの購入は中古品ならばそれなりに安く買えるチャンスもあるかもいれません。

ドコモ定価 31,752円:機種変更10,368円、MNP 10,368円


【AQUOS zero (2018年冬モデル)】

個人的に白ロムで安くなったら買いたいな~と思っている、AQUOS zero。SBモデルでも白ロムはまだまだ高めです。
d0262326_02140029.png
性能自体も高いのでそう簡単には安くはならないだろうとは思っていましたが、AQUOS zeroを新品・未使用で入手しようとすると9~10万円程度のコストが必要です。

AQUOS zeroは2018年12月21日に発売されてまだ1ヶ月しか経過していないという事情もありますが、白ロムの流通数は本当に少ないです。安く買えるかという問題以前に、白ロムの在庫自体を見つけるのが困難です。

SB定価 99,840円

☆「ソフトバンク AQUOS zero

【INFOBAR xv (2018年冬モデル)】

最近auのガラホ案件を全然チェックしていないので安く買えるチャンスがあるのかどうか把握していませんが、INFOBAR xvの白ロムがauのガラホとしてはかなりの高値で推移しています。
d0262326_02301634.png
インフォバーブランドの15周年記念として発売されたINFOBAR xvは、ある種のファンアイテムとしての価値があるのでしょうか。

LINEや+メッセージに対応する一方で、防水にもおサイフケータイにも非対応なガラホということで一般需要は高くはなさそうですが、白ロムが4万円以上で売れているところをみると、それなりに欲しい人もいらっしゃるのでしょう。

au定価 51,840円 全種別実質35,640円

☆「au INFOBAR xv KYX31

上記に挙げた機種はいずれもまだ発売から日が浅く、安売りされていない・流通数が少ない機種ばかりです。値下げ販売もあまり行われていないはずなので、白ロムが安くならないのは当然です。

他にもGoogle Pixel 3/XL、Mate20 Pro, AQUOS R2 Compactあたりも発売されたばかりなので白ロムを安く買うのは難しいでしょう。

この2019年1月~3月の時期で、2018年冬~2019年春モデルがすぐに価格改定される可能性は低いかもしれません。しかし投げ売りされて安くなった機種の白ロムではつまらないという人は、上記のような入手困難な新機種が掘り出し物価格になっている在庫を探してみるのも面白いかもしれません。


by ke-onblog | 2019-01-24 11:25 | 白ロム転売法 | Comments(0)
Snapdragon 835を搭載しながら機種変更で一括648円で買えてしまう超激安スマホに堕ちた、ドコモ限定のスマートフォン JOJO L-02Kが、ドコモの公式オンラインショップで1月23日、再び買えるようになりました。

すでに店頭にはほとんど在庫がなく、追加生産も絶対にされないコラボモデルであるため、今を買い逃すとドコモ公式の激安価格で買うことは二度とできなくなる可能性が高いこともあり、超売れまくっているL-02K。もう多くの方が手に入れた頃と思います。

一気に4万円の値下げが実行された1月18日、そして大量の再入荷があった1月21日ともに、1日で完売してしまっていましたが、23日にまたしても予告通り再入荷をしています。

ドコモショップ・量販店等への納品はすでにされていないそうなので、近くにない場合はすぐにオンラインで手配をしたほうが無難です。21日の再入荷時には夕方には売切れたので、夜まで保たない可能性も十分あります。


この勢いだと来月までは保たなそうなので、今月が買い替え時期ではない人には厳しいかもしれません。おそらく今回が最後です(キャンセル・返品分は除く)。

今回のJOJOスマホ V30+は普通に性能が高い万能系モデルであるため、ジョジョの奇妙な冒険に興味のあるユーザーだけでなく、普通に「安くて使えるスマホが欲しい」という多くのユーザーが入手をしていると思われますので、値下げ直後以降の需要も強い模様です。

一方では、「機種変更の端末購入サポート」対象の機種になると、端末の中古・白ロムとしての価値が暴落する傾向にあり、値下げから1週間経たずして、すでにJOJOスマホ L-02Kも激安水準に突入しています。
d0262326_10371865.png
本来12.5万円するはずのスマホが、端末単体でも4万円台前半で買えるようになっちゃいました。予想の範疇の値下げ率ですけれども、早い。

まだ回線の更新・買い替えの時期ではない、ドコモ特価BLで買えなかった、格安SIMで使うために端末だけを追加したいのであれば、ドコモ公式で売切れたあとは値下がりまくったL-02K白ロム在庫を狙うのもかなりお得になるでしょう。

過去に、「ハイスペックなのに投げ売りされた機種で、白ロムが安くなった端末」というと私はXperia Z3 SO-01GやXperia Z3 Compact SO-02Gを思い出すのですが、L-02Kはそれ以上に白ロムがお得になると予想しています。

SDM835・SDM845を搭載したハイエンドモデルで日本の技適を取得していない海外スマホでも、300ドル(輸入コストを含めて3.5万円くらい)前後が一般的な最安相場であり、日本円にして4万円を切るモデル自体は無いわけではありません。

過去にはSDM835搭載のEssential Phoneが3万円以下で買える(要個人輸入)時期もあったほどです。

ただ、Essential Phoneが超特価で買えたのも極僅かな期間だけであり、おそらく底値であった224ドルになっていた頃から半年経った今、日本で新品単品入手をしようとするとジョジョスマホと同じくらいのコストが掛かるのではないでしょうか。

その他のSDM835機種も「新品で買う」ことにこだわると、やはり4万円以下での入手は難しい機種ばかりです。SBで投げ売りされたこともあるU11あたりなら3万円台も狙えるかもですが、スペック的にはV30+のほうが上のはずです。

今回の値下げによってL-02Kはバカ売れしているものの、やはり限定1万台という流通上限があるため、底値になるのは早くてもその後の若干の回復があっても良いような・・・予想は難しいですが、白ロム相場がどの水準に落ち着くのかも、とても興味深いです。

L-02Kは学割やウェルカムスマホ割などを使えば新規・MNPでも維持費はかなり格安なので、新しく回線追加をするのも良いですし、白ロムだけでも安く買える狙い目機種となってくれる展開は「携帯料金/端末販売分離」がされてしまうと発生しづらくなると予想されますので、今年が最後の祭りになるのやもしれません。



by ke-onblog | 2019-01-23 10:45 | キャンペーン情報 | Comments(4)
ついにこのときがやってきました。

2018年にいろいろと問題になったふるさと納税の高還元率返礼品のなかで、2019年になっても最後まで生き残っていた5割還元の日本旅行ギフト券の提供が2019年1月31日を以って打ち切られることが確定してしまいました。

いずれこの日がやってくるだろうとは予想されましたけれど、寂しくなります。
d0262326_11500849.png
2月以降の掲載予定もなく、将来復活することは無いでしょう。

5割還元の超お得な日本旅行ギフトカードをもらっておきたいのなら、今回が本当に最後だと思ったほうが良さそうです。

なお、受け付け上限に達し次第1月末を待たずに打ち切られる可能性もあるため、駆け込み申し込みは早めに済ませましょう。


かつてはたくさんの自治体が類似の5割還元旅行券を扱っていましたが、2019年1月時点で貰えるのは和歌山県高野町だけのはずです。他の自治体はすでに撤退済みなので、ここが打ち切られてしまうと本当におしまいだと思います。

実質2000円負担だけで貰える上限寄付額がわからない人は「ふるなび-ふるさと納税控除上限計算機」を活用しましょう。年収と家族構成などを個別で入力するとより正確な数値が出せます。

2018年度の後半はとても盛り上がったふるさと納税の高還元返礼は、2019年においては「やりすぎたらふるさと制度の控除対象から外す」と総務省が制度変更の方針も示唆しているため、年末になっても昨年のような状態にはならない可能性が極めて高いです。

今後もふるさと納税をしないよりは、しっかりと制度を活用して寄付をしたほうがお得なことは間違いありませんが、これまでのような判りやすく高還元返礼品は望むべくも無くなりそうです(お米やお肉など、明確な金額は不明でも実際の市場価格に対しておトク度の高そうな返礼品ならばまだまだありますけど)。

有効期限もなく使いやすい日本旅行ギフトカードが欲しい人は、昨年ふるさと納税をした人も今年が初めてになる人も、今のチャンスを逃さないように1月31日までの早いうちに手続きを行うことを推奨します。


by ke-onblog | 2019-01-22 12:03 | ふるさと納税 | Comments(2)
一体どういう在庫状況なのか販売の状態を見ているだけでは予測がつかない、不思議な印象です。

2018年に発売され、2019年1月18日に12.5万円の値引きにより新規契約でも機種変更でも、ぜんぶ一括648円で買えるようになってしまった、ドコモの超絶投げ売り案件のJOJO L-02Kの在庫は、ドコモの公式オンライン向けに大量にかき集められているようです。

d0262326_19563179.png
詳細はこの日記の過去記事にも連続でたくさん書いてきましたが、

・2018年3月23日 限定1万台・12.5万円で発売開始(割引・値引き無し)
(ただし発売当初のみ購入者向けの抽選特典があった)
・2018年11月1日 オンライン限定で38,232円まで値下げ
・2019年1月18日 全契約で648円まで値下げ
・2019年1月18日夜 オンライン在庫完売(入荷予定表示1月21日
・2019年1月19~20日 キャンセル分?と思しき在庫がちょくちょく入荷
・2019年1月21日 予定通り入荷 → 21時時点、完売(入荷予定表示23日

このようになっています。たしか昨年11月よりも前に端末購入サポートが適用されていたような気がしますが、興味がなかったので日記を読み返しても書いてませんでした(苦笑)

これまでの動きはまぁどうでも良いのですが、今回の値下げ騒動後、1月18日および今日1月21日はかなりの在庫がオンライン注文向けに開放されていたようですけれど、いずれも即日完売となりました。

そして、「完売」になるだけなら”在庫処分成功ですね~”というだけなのですけれど、1月21日21時時点で、またしても驚きの表示が。
d0262326_21022316.png
2019年1月23日に、さらに在庫が追加されるようです。

今日も爆発的に売れていたみたいなのでさすがに全部捌けたのかな・・・なんて予想していましたが、まだ到着していない在庫がある様子。

オンライン販売でも特価BL勢への販売拒否やキャンセル等によって在庫がちらほら戻ることもあるようなので、23日よりも前に少量再入荷する可能性もありますので、また買い逃してしまった方は随時チェックしましょう。


再び在庫追加が予告されるという事態は18日、21日にもまた買い逃してしまったという人には朗報かもですが・・・これは白ロム価格がとんでもないことになりそうです。

ここ数日でL-02Kの買取相場・売却相場は大きく動いています。ベースとなっているV30+ L-01KおよびL-02Kはもう発売から1年が経過するため、気の早い人だとそろそろ中古で売却して買い替えたくなっているかもしれませんが、今後さらに価値が下がっていく恐れがありますので・・・

現在のL-02Kの「機種変更648円」という価格は、1年前のハイエンドモデルの在庫処分価格としても相当にやすく(詳しくは過去記事参照)、昨年比で言えば一括1.5万円~2.5万円くらいで売られるのがフツーの水準でした(実際、L-01Kが一括1.5万円になっている)。

そこから逆算すると例年の2~3月の年度末投げ売りセールで安くなった高性能スマホかつ端末購入サポート対象機種の白ロム価格相場の値下がり傾向より、さらに1万円程度低い水準へ向かうことが予想されます。

V30+は大画面で軽く、カメラ性能もかなり良いほうです(DxOMarkの評価は低めですが、あれは広角レンズが全く考慮に入っていないはず)。ジョジョファン以外もきっと使ってみれば「648円のスマホにしてはすごすぎる」と感じると思いますので、まだ入手していない人は記念に1台買っておくのも良いでしょう。

こんな規模の値下げ、在庫処分をしなければ売れない状況が、今後またすぐ起きるとは限りませんので。


by ke-onblog | 2019-01-21 21:16 | キャンペーン情報 | Comments(7)
もう迷っている暇はなさそうです。

2019年1月18日10時より機種変更を含むすべての契約種別において一括12.5万円引きにより、わずか648円で買うことが出来るようになったドコモの2018年モデルハイエンドスマートフォン JOJO L-02Kが、2019年1月19日11時54分時点において、在庫数残りわずかとなりました。