白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:節約 ( 2102 ) タグの人気記事

まだいい買い物の日セールのお得な印象が抜けきらないタイミングですけど、これはなかなか良さそうです。

性能はミドルクラスの中では下、エントリーモデルとしては上位といったポジションになるHuaweiのnovaシリーズの現行機種 nova lite2がNTTレゾナントのヤフー店で15日11時から「秋の大特価スマホ市セール」として、OCNモバイルONEのエントリーパッケージ付き商品(契約任意)が35%オフに値下げされる予定です。

値下げ後価格は普段goo Simellerで音声SIM契約必須セットで販売されているものより安くなるという、ちょっと意味不明なレベルの投げ売りです。
d0262326_03360060.png
通常価格は24,624円で、15日11時から35%OFFの15,984円に値下げされる見込みです。最近価格チェックを怠っていたので詳細は把握出来ていませが、単品購入でここまで安くなるのは過去最安値級ではないでしょうか。

OCNではnova lite2を音声SIMセット価格(らくらくセット)で通常時は18,144円で売っていますので、通常価格で買うのは馬鹿らしくなるレベルです。

ただし、在庫が少ない・瞬殺される可能性があるため、購入したい人は開始時間直後にチャレンジしたほうが良いかもです。


*ヤフーショッピングには音声SIM契約必須のセットも売ってますので、購入ページを間違えないように気をつけて下さい。

で、今日は5の付く日です。もちろん、購入に対してTポイント還元もあります。

アプリ購入・ヤフプレ・スマログ・Yahoo! JAPANカードなどの条件を満たせば16倍(2,544Tポイント)のポイントが付き、実質13,440円になります。これは安いでしょう。

nova lite2は過去にもセット商品や単品でのある程度の安売りは行われているものの、現在でも新品白ロムがヤフオクでは18~19k前後で取引されていますので、今回のセール品の安さは際立っています。

d0262326_03481525.png
nova lite2のスペックは、Kirin 659なのでP20 liteと同じです。上位モデルと違いDSDS, DSDVなどには非対応(nano SIM2スロット)・Leicaレインズ搭載のP20上位シリーズのようなカメラ画質を期待してはいけませんが、5.6インチサイズで本体重量が143グラム、厚さ7.45mmと軽量なので持ち易さ・操作性は魅力です。

au回線には非対応なので、ドコモ・ソフトバンク・ワイモバ系の格安SIMを挿して保守用にするのならアリかと思います。

また、このnova lite2の特価商品には使えませんが、ヤフショ全体で使える5%オフクーポンも出ています。
d0262326_03420554.png
獲得条件は「ヤフプレ会員かつスタンプラリーの特定ランク」というものがあります。ヤフショをうろうろしていたらポップアップで出てきました。一部のストア・商品を除き、3万円以上10万円以下の商品がすべて5%オフになります。利用期限は今日11月15日限り、先着3万回まで。

ヤフープレミアム会員になるだけで6ヶ月無料・2,000円引きクーポンが貰えるキャンペーンもあります(特典の対象になるかどうかはID次第。入会ページに特典が表示されていれば対象になります。詳しくは過去記事参照)ので、ヤフプレ会員になってヤフーショッピングにアクセスしてみましょう。




by ke-onblog | 2018-11-15 04:01 | キャンペーン情報 | Comments(6)
2018年も残すところ一ヶ月半となり、今年のふるさと納税の寄附先選びで迷っている事ができる時間もそろそろ限られてきました。

2018年分のふるさと納税は基本的に年内(12月31日まで)に終わらせれば適用されますが、自治体によって早めに年内の受付を終了することを事前案内しているところも多くあります。

今年はふるさと納税返礼品に関する国と自治体の激しい攻防によって還元率の高いお得なふるさと納税返礼品が増えたり減ったりしましたが、ふるさと納税の返礼品としては「3割の上限」を守りつつ、実際には寄付額に対して還元率4割超えになる「お得な特典付きふるさと納税」が出来る自治体がまだ存在します。
d0262326_05591855.png
ふるさと納税返礼品の還元率(返礼品市場価値/寄付額)を総務省もチェックしているなかで、抜け道として考え出されたのが、この「アマゾンギフト券プレゼント」です。

ふるさと納税の受付サイト「ふるさと納税サイト「ふるなび」」では以前より寄付額に対して1%相当のアマゾンギフト券が貰える特典を用意していましたが、以下の3自治体では2018年12月31日まで限定で、10%分のアマゾンギフト券が返礼品に上乗せして貰えちゃいます。

☆「静岡県南伊豆町」/年内受付12月24日まで

例えば、長野県小谷村ならば5万円の寄付で1.5万円分のモンベルポイントバウチャー(+有料のクラブ会費1年分)と、アマゾンギフト券5000円分が貰えます。

1.5万円分のポイントだけであればちょうど寄付額に対して3割の還元率ですが、アマゾンギフト券特典が増量されている今だけは4割還元を超えるお得さになります。

小谷村には他にもスポーツ用品を扱うヒマラヤのオンラインショップで使えるクーポン(3割還元)・コールマンオンラインポイント(3割還元)・ネスレプレミアムポイント(3割還元)も選べ、それぞれやはり10%のアマゾンギフト券が貰えてしまいます。


2年前にはこの小谷村のふるさと納税返礼品は5割の還元を行っていたのですが、自主規制により額面上の還元率は3割に落とされてしまいました。

最盛期の還元率には少し及びませんが、使い勝手の良いアマゾンギフト券を10%分貰える今の特典も、他の自治体に比べれば格段に高いおトクさです。アマゾンギフト券還元システムに規制が入らないうちに使っておきましょう。

ふるさと納税をしてアマゾンギフト券を貰うためには、ふるなびの会員・ログイン状態でクレカ(Yahoo!公金支払いもOK)で寄付をする必要があります。

d0262326_06230697.png
正しく寄付が完了すると、後日ふるなびのマイページにアマゾンギフトコードの発行ボタンが出現します(通常は寄付を行った翌々月から発行可能になります)。

自治体によっては銀行振込・郵便振替が選べるところもありますが、アマゾンギフト券が欲しい場合はクレカで支払いましょう。

アマゾンギフト券はコードタイプのみでの発行です(物理的なカードで貰うことは出来ません)。発行後、すぐにアマゾンのアカウントで登録・利用が可能になります。

アマゾンギフト券増額キャンペーンの付与上限・下限はありませんので、収入がたくさんある人も少ない人も、一律で10%還元の上乗せを狙えます。

南伊豆町・小谷村・南伊豆町ともに地域の特産品も多数取り揃えられています。普段はなかなか購入・取り寄せすることがない食品や特産物をふるさと納税で貰ってみるのも楽しいものです。

実際に手続きをしてみればわかりますが、ふるさと納税の仕組み自体はそれほど難しいものではありません。普通にネット通販が出来る程度の登録・操作の知識があれば誰でも出来ますので、まだ今年の寄付を終わらせていない人はアマゾンギフト券が10%分上乗せしてもらえるお得な3自治体から選んでみることをオススメします。

*アマゾンギフト券のキャンペーンは予告なく終了・条件変更される可能性もあります。寄付時の条件をよく確認して手続きを行って下さい。


by ke-onblog | 2018-11-14 11:45 | ふるさと納税 | Comments(0)
これはどうなるでしょうか・・・一般ユーザー受けはしそうです。

KDDIが運営する通販モールサイト「Wowma!」において、2019年1月中旬以降を目処に、ワウマでの購入金額に対して最大10%相当を、auの通信料金から割引するサービスを提供することが発表されました。
d0262326_19535841.png
公式HPのイラストでは「3万円のお買い物をして3000円分還元→スマホ料金請求が4000円に!」と書かれています。

ニュースリリースを見る限りでは購入金額・ポイント還元の上限は無いみたいですので、上記の想定ならば7万円分の買い物をワウマですれば、スマホ料金の請求はタダになるのでしょう。

一般的なユーザーの場合はそうそう頻繁にワウマの通販でお買い物をする機会もないのかもしれませんが、一部のヘビーユーザーの方々ならば、簡単にスマホ料金0円が達成出来そう・・・でしょうか。
d0262326_19580829.png
サービスのイメージとしては、ワウマでの前月のショッピング金額に対して、当月に発生したスマホ料金に対して還元(割引)が実施され、その翌月の請求時が減額されている、という感じになるそうです。

同じようなサービスは例えば楽天モバイルならば、「通信料金を楽天スーパーポイントで支払う」という設定が出来ますので、それと似たような感じだと考えれば良さそうです。つまり、従来Wowmaの買い物で貯まっていたポイント還元を、自動でauの利用料金に充当するということですね。

最大「10%」の内訳も今のワウマでのお買い物で貯まるポイント還元率と同じようにいくつか条件があり、10%に到達させるためにはクレカタイプのワレカやスマパス加入が必須となります。
d0262326_20032566.png
最初にニュースリリースを見たときには「これまでのポイント還元に上乗せしてスマホ料金が10%分還元が増えるのか?!」と思った人もいらっしゃるかもですが、そうではないようです。「ポイントアッププログラム」or 「Wowma! のauご利用料金還元」を選べるようになる、というだけのようです(ストアや期間限定ポイント還元がある場合はポイント付与+料金還元というように、特典が分かれることになる?のでしょう)。

実際にサービスが始まってみないと良く分かりませんが、これはポイント還元で受け取るよりau利用料金還元をしたほうが有利になる・・・ということなのでしょうか。

普段のワウマポイントアッププログラムは会員ランクによって最大7倍としていますが、キャンペーン時には十数倍にアップすることもあります。au料金還元を選択しても、そういったキャンペーン時の高還元を料金値引きとして反映出来るのであれば節約効果が期待できるかもしれません。

もしポイントアッププログラム選択時のみ現在開催されているような10倍以上のキャンペーンが適用出来るように改定・条件が追加された場合にはau料金還元を選ばないほうがお得なるケースも考えうるため、まだ何とも言えない感じです。

au料金からの値引き選択時に、請求料金を超える還元があった場合にはどうなるのかも良く分かりません(11月13日時点のニュースリリースには書かれていないようです)。おそらく超過分はポイント還元か翌月繰越になるのかな?と思われますが、料金0円までが上限になった場合にはこれまた微妙でしょう。

ただ、auかんたん決済 ✕ au WALLET クレカ利用の5%還元分が常時使えるのは強そうです。

ワウマの商品は全体的に高めな印象もありますが、来年1月以降のサービス開始後に条件をよく確認し、効果的にau料金を下げられそうなのであれば使ってみる価値はあるでしょう。

また、別途キャンペーンとしてauスマートパスプレミアム会員であれば、2018年12月1日~翌年3月末まで、1回の買い物(1500円以上)あたり最大600円分までの送料をポイント還元するプログラムも始まります。

☆「Wowma!


by ke-onblog | 2018-11-13 20:24 | スマホニュース | Comments(8)
14時27分、またしてもLINEモバイルでiPhone SE 128GBの在庫が買えるようになっています(「ワイモバイル」でも14日入荷予定分が買えます)。

LINEモバイルのiPhone SEはソフトバンク回線とのセット契約でなければ買えません。データSIMセットなら月額500円(1GB)からの最安プラン+最低利用期間もなく使うことが出来るため、回線のお試し+最後のコンパクトiPhoneの在庫を確保したいのなら、データプランで十分です。


一方で、音声回線を申し込むのであれば2018年11月7日から新しく始まった、「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」も併用可能です。

d0262326_14341275.jpg
以前やっていた300円キャンペーンでは「月額900円✕最大6ヶ月」の値引きでしたが、今回の新施策はLINEフリープランのみ1200円→300円への900円✕3ヶ月値引きとなりますが、その他のSNS/MUSIC+プランを選ぶと月額1390円✕3ヶ月値引きになります。

以前の「2周年キャンペーン」に比べると劣化していることは否めませんが、LINEモバイルをツイッター・インスタ・フェイスブック用として使っているスマホに入れて使うのであればコミュニケーションフリーの3GBプランが月額300円で使えるのはなかなかお得です。頻繁にSNSで案件チェックをすると、それなりにデータ通信量を消費しますからね~。

新300円キャンペーンは2019年1月31日まで(キャンペーン適用判定基準には注意してください)実施されています。

ワイモバイルとLINEモバイルだけはiPhone SE 128GBの在庫が頻繁に再入荷していますが、UQモバイルの在庫は見かけなくなり、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアの在庫もめったにないはずです。

LINEとワイモバの販売分がいつまで続くかは分かりませんが、入荷するたびに売り切れているのでまだまだ需要>供給になっているのは間違い無さそうです。欲しい方は早めに確保しておきましょう。


by ke-onblog | 2018-11-13 14:44 | 格安SIM(MVNO) | Comments(3)
日本でもドコモが機種変更の月サポを増額させて実質1.5万円まで大幅値下げをしましたが、海外でも投げ売りが始まったようです。

2017年冬(日本では2018年1月発売)モデルとなる、LG V30+のアメリカ版 LGUS998Uが、アメリカのアマゾンで発売当時の929.99ドル→399.99ドルへ、半額以下にまで安くなっています。

d0262326_01503425.png
日本向けではありませんので国内で使うことを想定するのであればドコモモデル(L-01K)・auモデル(LGV35)を買ったほうが良いですが、輸入コストを含めて440ドル≒およそ5万円で仕入れることができます。

V30+ LGUS998Uの主要スペックはSnapdragon 835、6.0インチのQHD OELDディスプレイ、標準+広角のデュアルカメラ、RAM 4GB ROM 128GBと、日本モデルとほぼ一緒のようです。

ただ、対応バンドは・・・
d0262326_01550377.png
CDMAに対応していますが、日本のキャリアで使われている主要バンドは非対応なものが多いようです(技適はないでしょうから、通常の利用で国内ネットワークで使ってはダメですけれど)。

このバンドで使い勝手の良い国・海外の携帯会社で使うことを前提にするのなら、400ドルは破格に見えます。

発売当時の価格が930ドルでしたし、現在の他のアメリカの通販では700ドル以上が相場です。BEST BUYでは744ドル・B&Hでは680ドル、ウォルマートだと500ドルとなっていますので、アマゾンの400ドルは圧倒的な安さのはず。


LGUS998Uの仕様は公式サイト「https://www.lg.com/us/cell-phones/lg-US998U-Unlocked-v30-plus」を参照下さい。

V30+はドコモではノーマルモデルがL-01K、JOJOコラボモデルがL-02Kです。L-02Kなら機種変更で一括3.8万円。

発売当時の価格はドコモモデルも高くて人気があったようには感じませんでしたが、性能面では(特に軽さが)かなりいい感じです。軽量化のためバッテリー容量が少し少なく3060mAhとなっており、電池の持ちは少し物足りないと感じましたが、実利用可能時間は105時(ドコモ基準)であり、Xperia XZ3(約100時間)よりは保ちます。

☆「ドコモ L-01K」/機種変実質15,552円~(5184円ポイント還元別途)
☆「ドコモ JOJO L-02K/機種変一括 38,232円

by ke-onblog | 2018-11-13 02:15 | 端末輸入 | Comments(0)
良い滑り出しのようです。

2018年冬モデルとして発表されていたGalaxy Feel2 SC-02Lが11月9日に発売され、早速個人売買サイトに白ロムが出回り始めました。

Galaxy Feel2は初代Feel SC-04Jの後継機でありますが、スペックやデザインを大幅に変更しています。新機種は最新の流行である縦長・大画面モデルになったため、他機種との差別化がやや弱くなったとも言えるためどのような人気になるのかな?と少しだけ危惧していた部分もあったのですが、出だしは好調です。
d0262326_13550093.png
発売日である11月9日分のヤフオク落札履歴を見ると、わずかに定価を上回る取引もあったようです。次の取引は2日後になり価格は急落しはじめますが、金に糸目を付けず発売日に入手したいというユーザーはどの機種でもいらっしゃるようで。

Galaxy Feel2 SC-02Lの定価はdocomo withスマートフォンの中では高めですが、iPhone 6s 32GBよりは安く設定されました。
d0262326_14000977.png
Galaxy Feel2には通常の月々サポートは適用されませんけれど、代わりにdocomo with割引(1500円)が適用されますので、月々サポートと同様に24ヶ月適用した場合の割引適用価格に直すと、実質3,240円に相当します。

2018年に9月に登場したdocomo with用iPhone 6s 32GBの場合は 42,768円 → 実質3,888円でした。

iPhoneはよく「リセールバリューが高い」と言われるものの、さすがに発売から3年を超えている+with化の影響もあって、新品・SIMフリー状態であっても白ロム価格はずいぶん安くなってしまいました。
d0262326_14081642.jpg
いい買い物の日効果なのか、11月11日の落札価格はちょっと高めですけれど、今のiPhone 6s 32GBモデルの相場は32-34k前後です。

公式価格で比べる限りはGalaxy Feel2 SC-02LのほうがiPhone 6s 32GBより安い負担で白ロムは高く売れる状況、ということですね。

d0262326_14115109.jpg
直近の落札ではまだ4万円を超えています。

白ロムのフリマサイト「ムスビー」では、SIMロック未解除(赤ロム保証あり)だと3万円台に。
d0262326_14130787.jpg
遠からずこの白ロム価格相場は逆転すると思いますけれど、SC-02Lの価格が3万円台前半になるにはもう少し時間が掛かるでしょう。

個人的な意見としては、Galaxy Feel2はよく出来た機種だとは思いますが、白ロムに4万円以上を出すならばGalaxy S8を買ったほうが・・・と思わなくもありません(´∀`;) S8はもう販売が終了しているので新品在庫は少なめですが、先月の時点で5万円くらいで売買されていましたので。

比較として、2018年夏モデルとして発売されたLG Style L-03Kは定価40,176円で販売されていましたが、2018年11月時点の白ロム相場は25kくらいまで下がっちゃいました。同じレベルで下がるとすると来年2-3月頃にはSC-02Lも2万円台に突入してる可能性もありますけれど、Galaxy Feel2はドコモ専売でしたので発売直後の白ロム需要はそれなりに強かった、という感じでした。

docomo with機種は発売直後を狙うか量販店等で機種変特価を狙うかのどちらかになるため、タイミングがすべてです。

SC-02Lを白ロムで買いたい人はあと2-3ヶ月待てば、きっと破格で買えるはずです。


2年毎にどんどん機種変更をするのなら月サポが1620円(消費税8%として)より高い機種はいくらでもあるので(機種変最大は「M Z-01K」の月サポ3618円)、with機種を選ぶ必要もありませんが、やはり「購入時の価格が安い」・「同じ機種を長く使いたい(あるいは今後SIMフリー機種・白ロムで使う)」人にdocomo with回線は需要があります。

初代Galaxy Feelも発売直後に白ロムは高値で売買されていたため、今回の値動きは想定の範囲内でした。他社でも取り扱うAQUOS sense2より狙い目だったことは確かでしょう。

ドコモの次の新発売機種はカードケータイ KY-01Lですね(11月下旬予定)。これもどんな値動きをするのか楽しみです。



by ke-onblog | 2018-11-12 14:35 | 白ロム転売法 | Comments(0)
いい買い物の日、やはりヤフーショッピング系はおトクなものが探しやすいです。

ヤフーショッピングでは普段から5の付く日や各種ポイントアップ条件を満たしていれば10倍や20倍のポイント還元も当たり前のように適用されますが、Apple製品の正規ディーラーで高倍率のポイントに設定しているストアは稀です。

しかし、今日11月11日だけはプレミアム会員+スマートログインを設定していれば最低でも16倍のポイント対象になるため、普段はあまりポイント還元が狙えないAir Podsは狙い目です。
d0262326_12152698.png
ノジマのヤフーショッピング店ではAir Podsをアップルストアの通常価格(18,144円)より安く売っている上に、今日は最大ポイント18倍還元により、実質1.4万円で買えます。

☆「ノジマヤフー店 Apple Air Pods MMEF2JA」/ 17,268円(税込)

ノジマ以外にもいくつかヤフーでAirPodsを取り扱っているストアはありますが、定価より割高な価格設定です。

ポイントの内訳は、

・通常ポイント 172TP
・Yahoo! JAPANカード特典 344TP
・プレミアム会員特典 688TP
・スマートログイン特典 860TP
・いい買い物の日 プレミアム会員限定特典 1032TP

これで3096ポイント(18倍)です。本体販売価格もアップルより安く、買い回りなし、1品だけの購入でこの還元率になるので、おトク度が高めです。

ノジマの通常自社オンラインサイトでもAir Podsはもちろん売ってますが、d払いを使っても最大8倍にしかなりませんので、今日ばかりはヤフー店を使った方がお得でしょう。

ただ、ヤフー店にはApple WatchやiPadなどは取り扱われていません。ラインナップが限定されていますので、在庫のあるもので安い商品を探し出す必要があります。中古白ロムもありません。

SIMフリースマホを買うならヤマダ電機のヤフー店なら28倍ですし、目利き力が試されます。


売り切れた時用に、ノジマ以外のAirPods取扱店もチェックしましょう。


by ke-onblog | 2018-11-11 12:34 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(2)
2018年も残すところあと僅か2ヶ月となり、今年のふるさと納税の寄付期限も迫ってきました。

今年もふるさと納税関連のゴタゴタが相次ぎ、さらに直近でもいろんな問題が総務省と自治体の間で発生し、ギリギリの攻防が続けられているようです。

その影響をうけて、残念ながら2~3ヶ月前に比べてふるさと納税の返礼品として汎用性の高い金券・ギフト券・旅行券類を扱う自治体が急減しています。

前回2018年9月にチェックしたときにはたくさんの自治体が扱っていたのですが・・・

多くの自治体は圧力に勝てなかったようですが、まだ今年の寄付を行えていない人は2018年11月11日時点で生き残っている自治体を活用して、節約・節税をしましょう。

*最近のトレンドとして、短期間だけ・週末/月末だけお得なふるさと納税返礼品を出稿する・裏メニューを用意する自治体まで存在するようです。チェックしたタイミング次第で打ち切り・復活を繰り返す傾向にありますので、高還元率の返礼品を探す場合は日々のチェックを欠かさないようにしましょう

以下、過去に取り扱いのあったギフト券系返礼品情報も含めて、11月時点の取扱状況をチェックしていきたいと思います。

×「栃木県矢板市-Relux旅行券」 5割還元/2万円~

9月時点では「見直し予定なし」でしたが、取り下げられました。


9月時点で5割→3割に見直しが実施されましたが、11月時点で取り下げられました。


→9月以降、復活することはありませんでした


11月時点で取扱無し。

和歌山県高野町 日本旅行ギフトカード」5割/2万円~/見直し予定無し

11月時点で日本旅行ギフトカードが貰える唯一(?)の自治体です。


予告されていたとおり10月末で終了しました。復活は多分無いでしょう。

静岡県小山町 サーティワンアイスクリーム金券」4割/1万円~/見直し予定無し

商品券系の王道。現状維持で頑張っているようです。

静岡県小山町 リンガーハット商品券」4割/1万円~/見直し予定無し


旅行券系はことごとく取り下げられています。

茨城県鹿嶋市 Peachセット」5割/1万円~

Peach系は10月から利用条件が一部変更されましたが、提供を継続しています。

ということで、9月→11月の時間経過で、半数くらいの自治体が脱落しました。先月はアマゾンギフト券を4割還元で配る自治体もありましたが、今月はまだ出ていないでしょうか。

他には、用途はやや限定されますが、長野県小谷村のモンベルポイントバウチャーも人気です。


このモンベルポイントは17,000円の寄付で5000円相当のモンベル直営店およびオンラインストアで使えるポイントが貰えます。これだけなら還元率は29.4%で総務省の「3割上限」を守っているように見えるのですが、実はここに通常年会費1,500円の「モンベルクラブ」の無料優待(既存会員の場合は1年延長)が含まれており、さらに10%分のアマゾンギフト券が貰える限定特典があります。
d0262326_01051087.png
これにより、1.7万円の寄付で「5,000円ポイント+1500円会費+1700円アマゾンギフト券=合計8200円相当」の特典が貰えることになるため、トータルで5割近い還元率になる”隠れ高額返礼品”だったりします。

これからウィンタースポーツシーズンになりますし、特別にスポーツをしない人でもモンベルのウェア系やツール系なら日常的に使えるアイテムもありますので、ポイントの活用は出来るでしょう。

返礼品の見直し・還元率の改悪を行う自治体は後を絶たない状況です。

最近の動向を見る限りではふるさと納税の高還元率返礼品・汎用性が高い金券・ギフト券系は自粛ムードが拡大してきてしまっていますので、お得に寄付できる時に手続きをしてしまうのが良さそうです。

まだ11月なので焦る必要はありませんが、一部の自治体は12月中旬~下旬頃に年内のふるさと納税受付を停止するところもありますから、早め早めの手続きをオススメします。


by ke-onblog | 2018-11-11 09:30 | ふるさと納税 | Comments(0)
ヤフオクの相場より安いです。

2017年冬モデルのdocomo withスマホやau, MVNO向けとしても同型モデルが発売されて大ヒットとなったAQUOS sense SH-01Kのセールがゲオの公式オンラインサイトで実施されています。
d0262326_17281679.png
ゲオでの通常価格は17,686円とされているSH-01KのAランク(美品)中古が、一律で12,381円になっています(未使用品は18,679円)。

SIMロック解除済みかどうかは不明(他機種の場合はSIMロック解除済みならば、「解除済み」という記載がありますが、SH-01Kにはありません)。

ヤフオクでの新品相場は15~18k程度まで下がっていますので、新品が良いならばオークションで買うことをオススメしますが、傷のほぼない美品中古になると逆にオークション等では出品が少なく、そこまで安くなっているわけでもないため、赤ロム保証のあるゲオのほうが安心で安いはずです。

Aランクであれば全部12381円になっていますけれど、個別の商品によって付属品が揃っている在庫も本体のみの在庫も混ざっています。ウェブページにそれぞれ個別状態の写真とコメントが載っていますのでひとつひとつチェックして、状態の有利な商品を探して購入することをオススメします。

☆「