白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:節約 ( 2020 ) タグの人気記事

iPhone XS/XS Max発売から一晩が経過しました。発売日に新機種を手に入れた人も、予約のタイミングが遅れて手に入れられなかった人も、入手はしたけどすでに手元にない人も、いろいろいらっしゃるかと思いますが、祭りは早くも終了のようです。

d0262326_08530991.png
9月22日朝の時点で、今回一番の品薄となっているとみられるiPhone XS Max 512GB ゴールドのアップルストア当日ピックアップ在庫が大量に追加されていました。

昨年のiPhone Xや他の過去の機種の場合にも、追加入荷分がアップルストアで即日受け取ることが出来るケースはありましたが、オンラインで早朝に在庫が復活してもすぐに埋まってしまうことば一般的でした。しかし、iPhone XS Maxはかなり長時間に渡って複数の店舗で当日購入が可能になっています。

アップルストアで自宅配送を選ぶ場合には10月3日~10月7日予定になっており、配送手配にはかなり遅延が出ています。最近では輸送コストが高まっていますので、送料無料で配送する数を制限して、店頭販売に力を入れているのでしょう。

そして、在庫が潤沢にあるとなるとiPhone XS/ XS Maxの売買相場・買取相場が盛り上がるはずもなく・・・

昨日はごく一部の店舗では販売価格をやや上回る査定を出して「お祭り感」を演出する買取店もありましたが、ざっとネットで査定を公開している買取店の価格を見る限り、すでに定価割れをしています。

昨日も書きましたけれど、アップルストアでのSIMフリーモデルの定価は以下の通りです。

・XS 64GB 121824円
・XS 256GB 140184円
・XS 512GB 165024円
・XS Max 64GB 134784円
・XS Max 256GB 153144円
・XS Max 512GB 177984円

で、いくつかの店舗のiPhone XS Max 512GBモデル(アップルストア購入分)の査定をピックアップしてみましょう。

・R社 166k
・L社 168k
・C社 167k
・I社 167k
・M社 167k
・S社 165k
・F社 165k
・G社 167k
・A社 172k
・J社 167k

こんな感じです。一見するとiPhone 6 Plus時を彷彿とさせるほどの高額ですが・・・全部定価割れです。

今からちょうど4年前、私はこんな表も作っていました。
d0262326_7144958.png
いや~、懐かしいですね。こんな時代も過去にはあったのですが・・・



昨晩、台数限定ながら「イオシス」で行われた179k(定価+1k)は、もう赤字覚悟の「お祭り感」を演出するためのプライスだったことがよく判ります。

それにしてもiPhoneのインフレは凄まじいですね。iPhone 6 Plus 128GB とiPhone XS Max 512GBでは圧倒的なパフォーマンス・機能に差があるとはいえ、たった4年で価格はほぼ2倍に。

キャリア版の購入で月サポやポイントの消費、クーポンや各種割引を併用してある程度安く手に入る見込みがあるのならば別として、それ以外の目的で注文した場合は・・・

まだ都内のアップルストアでは当日ピックアップが難しいみたいですし、近くにアップルストアが無い場合は通販で多少安く買いたいという需要はあると思いますのでヤフオクやフリマサイト等での売買はそれなりに活発になるとは思われますが、ここから4年前のような超高騰率になることはもうありえないでしょう。

iPhone XS/XS Maxの早期の値引き販売・型落ちiPhoneの在庫処分を待つか、例年通りならばあと1ヶ月もすれば2018年-2019年冬春モデルのAndroidスマホが発表されますので、そちらに頭を切り替えたほうが良さげです。


by ke-onblog | 2018-09-22 09:51 | 白ロム転売法 | Comments(0)
新規で買うならありかもしれません。

2018年9月21日~9月23日の3日間限定で、SBの準公式代理店とも言えるYahoo携帯において、公式オンラインでは販売が終わったはずのiPhone XやiPhone 8シリーズの値引き販売を実施しています。
d0262326_21105633.png
SBでは今日21日からiPhone Xが2万円ほど値下げされており、さらにそこから3万円引きが適用されるようです。

販売されているモデルと価格は、

・iPhone X 64GB スペグレ 10,9440円 → 一括79,440円
・iPhone 8 64GB(各色) 86,400円 → 一括35,760円

です。

購入条件は以下のように指定されています。
・対象機種を新スーパーボーナス(一括払い、または分割払いのいずれか)で購入すること。
・従量プラン+専用2年契約※1+データ定額50GBプラスまたはデータ定額ミニモンスターに加入すること。
・オンラインでの購入であること(店頭、電話での購入は対象外)。 本ページの購入ボタンからの購入であること(本ページ以外の場所からのオンライン購入は対象外)。
※2 月月割、ガラケ→スマホ割対象回線は本特典対象外です。
ヤフー携帯ではSBのアウトレット品を扱うこともありますが、こちらは普通の新品販売のようです。

iPhone Xの場合は30000円引き、iPhone 8で50,640円引きですので、iPhone 8の割引は結構オイシイです。公式サイトでやるとXSとの比較でいろいろとアレでしょうから、一応代理店扱いであるヤフー携帯に在庫を投げたのでしょうか(笑)

ヤフー携帯のIDクーポンが使えるならさらに8,000円キャッシュバック・11,000Tポイント還元も貰えます。

iPhone Xに関してはMNPなら「スマホ乗り換え.com」でも4.5万円キャッシュバック(初月ギガモン+が条件、問い合わせキャンペーンIDは「0926」)がありますので、1.5万円差がありますから維持費を考えてもヤフー携帯より有利。

ヤフー携帯の良いところは新規でも同額の値引きであること、最初からミニモンスターでも同じ価格であることの2点ですね。

iPhone 8,iPhone Xの新規契約としては他のネット型代理店より有利っぽいので、チェックしてみるのも良いかもしれません。

なお、このキャンペーンでは9月6日から始まった新プランでの契約が必須です。機種変更は対象外なので旧プランや月月割を使うことは出来ません(2年契約無しでの契約は不可)。

タイムセールは21時~翌日9時までの夜間から朝まで開催しています。



by ke-onblog | 2018-09-21 21:29 | キャンペーン情報 | Comments(2)
iPhone XS/XS Maxの発売日を迎えました。

今年もアップルストアには行列ができて、日本とは思えないグローバルな雰囲気になっていたそうですね。

私は今年は数年ぶりに新型iPhoneをスキップし、今回はApple Watchに手を出してみました。
d0262326_10582230.jpg
Apple Watchは昨年のシリーズ3のときに買ってみようとは思ったものの、予約が遅れて発売日入手に間に合わなかったために見送りましたけれども、今年はちゃんと買えました(∩´∀`)∩

それはさておき・・・

本日21日付けで、ドコモとソフトバンクが型落ちしたiPhone X(64GB/256GB)の値下げを発表しています。こちらのほうが私的に優先順が高いので、Apple Watch Series4のレビューはまた気が向いたらやります。

d0262326_11030605.png
NTTドコモは21日から、iPhone X 64GB/256GBの新規・機種変・MNPすべての契約種別で月サポを増額することで実質1万円ほどの値下げを行いました。


64GBの場合は2376円→2808円、256GBの場合は2403円→2835円に月サポが増えました

ソフトバンクの場合は2018年9月6日から月月割が実質廃止されているため、割引の増額ではなく本体価格の値下げがされました。

64GB:2,730円×48ヵ月(131,040円)→ 2,280円×48ヵ月(109,440円)
256GB: 3,110円×48ヵ月(149,280円)→2,660円×48ヵ月(127,680円)

64GB,256GBともに21,600円の値下げ

SBのほうが値下げ幅は大きいですが、ドコモの場合は「オンライン限定特典」を使うとあと5,184円安くなります。

アップルストアではすでにiPhone Xの販売が終了しているように、キャリアへのX提供もすでに打ちきられていると見られますが、このタイミングでの値下げはiPhone XS/XS Maxの登場に伴う在庫処分以外の何物でもないでしょう。

SBのネット代理店「スマホ乗り換え.com」ではXのMNP契約で4.5万円キャッシュバックを先週から継続してやっていますので、値引き分と併せて昨日までの通常価格から6.6万円引きです(下取り別。2台で5000円、3台で10,000円CB上乗せ。問い合わせ用キャンペーンIDは「0926」)。

iPhone Xの値下げによってiPhone XSとの価格差がやや広がりましたが・・・市場はどういう反応をするのかよく判りません。私は安ければXで十分だと思いますが、XSの新色ゴールドや512GBモデル、多少向上したカメラなどに魅力を感じる層がどれくらい居るのか。

iPhone XSとiPhone Xの価格が近ければ当然XSを買う人の方が多いと思いますが、思ったよりも進化が少なかったiPhone XSの売れ行きがイマイチだったときには、売上を確保するためにもXの在庫処分でXRの発売まで繋ぎたいと考えても不思議ではありません。8/8Plusも在庫が少なくなってきているみたいですし。

iPhone Xの在庫は長くは続かない可能性が高く、これまでのiPhone在庫処分のように年末・年度末までセールが続く・値下げ競争が過熱するということはやや考えづらいので、購入するうタイミングが難しそうです。

iPhone XSを買うつもりでMNPのスケジュールを立てていたのなら、Xの在庫があるうちに買っておくのも良いかもしれませんし、まだ待てるならXSの値下げやXRを待つ戦略も無くは無さそうですし・・・難しいですね。



by ke-onblog | 2018-09-21 11:24 | 白ロム転売法 | Comments(0)
今年はau→SB→ドコモの順番でした。

いよいよ明後日に迫った2018年モデルiPhone XS, iPhone XS Maxの発売日。すでにキャリアのオンライン予約では発売日入荷分について在庫の割当が始まっています。

auは16日から、ソフトバンクは18日、そしてドコモは今日19日10時からウェブで本申し込みが出来るようになります。



*[追記]:ドコモの発売日販売分はすべて売り切れでスタートしました!SIMフリーの在庫は多そうでしたが、もしかしたらキャリア版の在庫はそこまで多くないのかも?購入するなら早めに、 キャンセルする場合でも、もう少し様子をみても良いかもしれません。

発売日に着荷させるためには19日10時直後に手続きをしないと発送が遅れる(在庫の割当は「予約順」ですが、発送処理は「本申し込み手続き順」になる)ため、発売日入手がしたい人は今日が勝負です。
d0262326_05434601.png
ドコモからの公式入荷連絡はこの後19日10時から一斉に始まりますが、すでにオンラインショップの申し込み履歴には入荷状況が反映されているはずです。

初回分の確保が出来ていれば「商品入荷済み」に、まだ在庫の割当がされていなければ「商品取り寄せ中」の表示に。

今年のドコモは9月から全契約種別の事務手数料の無料化・オンライン特典で1台の購入でも5,184円引き(またはポイント還元)を追加したため、オンライン注文が激増していそうですが・・・それ以上にXS/XS Maxの在庫が需要に対して十分にあるのかどうか、今日判明しますね。

10時以降、オンラインサイトで即納在庫があるかどうか表示が出ますので、そこで品薄かどうかおよその判定が出来ます。

【ドコモのiPhone XS/XS Max 入荷・在庫情報集めています】 [情報募集]ドコモiPhone XS/Max予約順番・入荷連絡・在庫状況まとめ

オンラインでとりあえず予約した皆様、ぜひご協力をお願い致します!m(_ _)m

去年はドコモのオンラインサイト上で予約順位の確認も出来ましたが、今年はやらないそうです。今年の場合は予約順位だけ分かっても、予約開始後に価格が発表された影響で相当キャンセルする人が多そうですけれども(苦笑)

アップルストアの予約状況を見る限りでは、自宅配送分はもう間に合いません。店頭ピックアップ分ではXSならば予約開始日当日でなくても発売日に受け取りが出来たはずです。
d0262326_06012726.png
SIMフリーモデルはほぼ全モデルが1週間待ちの状態に。

例年ほどの品薄にはならない見込みですが、いくらでも・どこにでも在庫がありふれるほどには発売日には在庫が行き届かない模様です。

しかし2次入荷も早そうなので、ポイント消費目的で買う場合にはやはり「発売日直後に入手できるかどうか」が勝敗の分かれ目になるのは今年も変わらないでしょう。

みんながキャンセルすれば、逆に競争率が低くなるかもしれませんので、需要と供給のバランスをどこまで読めるか、市場の反応をチェックしながら待ちましょう。


by ke-onblog | 2018-09-19 06:11 | スマホニュース | Comments(4)
ちょっと興味深い流れです。

先日Appleから発表された2018年新モデル iPhone XS, XS Max, XRの登場と同時に販売終了が確定した最後の?コンパクトモデル、iPhone SEの買い取りを強化しはじめるショップが複数確認されています。


「けっこう安い(販売)・高い(買取)」でお馴染みのイオシスでも在庫が枯渇しているらしく、買取額の値上げを検討中だとか。

私は最近のSEの買取相場を追跡していなかったので細かい価格変動は把握していないのですけれど、底値だった頃に比べて1~2割くらいすでアップしている?のでしょうか。イオシス以外のショップでも、いくつか買取増額を実施したショップがネット上ですぐに見つかりますね。

iPhone SEには16GB,32GB,64GB,128GBの4モデルがありますけれど、UQ/ワイモバで扱われていることから今流通しているモデルの殆どは32GBか128GBです。

ざっと調べてみると、32GBを最大で27kくらいから、安いところは15k(ずっと更新していないのでしょう)くらいの表示のショップもあります。相場は20~23kくらいが多いでしょうか。

UQ,ワイモバ版、キャリア版、SIMロック解除済みかどうかでもかなり相場がブレるのでヤフオクでの落札実績からは明確な価格上昇な流れをつかみにくいところですが、、、

直近の落札相場では32GB(SIMロック解除済み) 33~35kくらいで売買されているようです。そして、128GBモデルに至っては・・・
d0262326_17032516.png
っ?!

いたずら入札?かと思ったのですが、iPhone SE 128GBを7万円超えで落札って・・・。SIMフリーに拘らず実質負担で良ければそろそろiPhone Xが買える価格なのですけれど(参照: docomo版iPhone X 256GB 新品白ロムが実質70,500円)。

その直前では128GBモデルは5万円前後で取引されており、7万円を超えているのはこの直近3件だけ(5万でも高いと感じますが)。

今後アップルがiPhone SEサイズの端末を永久に出さないかどうかはアップルのみぞ知るところですけれど、今回の2018年モデルがすべて5.8インチ超えのラインナップであるにもかかわらず、iPhone SEを公式サイトから削除したことが白ロム業界に与えるインパクトは思った以上に大きいのかもしれません。

まだiPhone SEの取り扱い終了発表から1週間も経っていませんので、これから未使用のSEの相場がもう少し上を目指す可能性もありそうです。

これがAndroidスマホのコンパクトモデルなら、どんなに人気な機種でも2年以上発売が前のモデルになってしまうとスペック的にもシステム的にも時代遅れ感が強くなりますが、iPhoneの場合は2年位ならまだまだ普段使いには現役と言っていいモデルでしょう。私もバカみたいにハイエンド機・最新モデルを買い続けてはいますけれど、個人的に6s/SEの処理能力があれば十分だと思っていますし(笑)

iOS12はiPhone 5sですらアップデート対応しています。少なくともiPhone SEもあと2年くらいはOS更新が続くと見られますので、SEの未使用品をホールドしている人は市場の価格相場変化に注意しておきましょう。焦らなくても大丈夫そうですので。

現在の価格相場で買い集めて、もっと値上がるまで保持→転売というレベルにまで行けるかどうかはわかりませんが、供給が絶たれ・需要があれば上がります。

SEはワイモバ・UQの投げ売りが活発になった影響で過小評価されていたとも言えるのかもしれませんが、アップルがiPhone SE2的なモデルを出すまで、SEの需要はしばらく続く見込みです。

大画面モデルに全面的シフトをさせたいアップルと、市場が求める(一部であったとしても)モデルに開きが出るというのは企業的には良いことではないのかもしれませんけれど、白ロム業界的には面白い価格変動が見られるかもしれないので、ちょっと楽しみです。


by ke-onblog | 2018-09-18 17:35 | 白ロム転売法 | Comments(13)
9月14日から始まったiPhone XS/XS Max、今年は過去のどのモデルよりも発売日在庫が豊富にありそうな雰囲気ですので、皆さんすでに興味が薄れ始めている頃かと思います。

一方で、iPhone XS/XS Maxの登場と入れ替わりにアップルストアから消えてしまったiPhone X, iPhone SE, iPhone 6s/6s Plusなどの旧モデルの今後の価格変動や在庫状況が気になっている人も多いようです。
d0262326_10542656.jpg
iPhone SEは2016年3月に発売された、iPhone 5sのボディにiPhone 6s相当のチップを入れて、カメラ性能もアップさせたコンパクトモデルとして人気がありましたが、発売から2年半で公式上は終了となりました。

すでにアップルストアだけでなくauのオンラインショップからもページがなくなり、ソフトバンク・ドコモオンラインではページ自体はありますが在庫が一台もありません(私が最後にドコモのウェブ在庫を見たのは8月中頃)。

アップルストアではSIMフリーのiPhone Xの販売ページがなくなりましたが、キャリアのiPhone Xは少し前にドコモの公式サイトで一時的に販売終了表示が出たり、今も在庫切れになっているモデルもありますが、現在在庫があるぶんだけは販売を続けるようです。au, SBともにiPhone Xは今のところ販売が続いていますね。

また、iPhone 6sについては9月からドコモがdocomo with機種の対象に拡大して販売を再開していますが、au・ソフトバンクのサイトからは販売ページが消えました(ドコモでもwith用の32GB以外は販売終了済み)。

さらにアップルストアではまだ販売が続いているiPhone 7, iPhone 7 Plusですが、逆にキャリアでは在庫がありません。ドコモでは7 Plusはページが無くなり、7も在庫が一台もありません。ソフトバンク・auではページ自体が消えました。

iPhone 8, iPhone 8 Plusについては各社ページは残っているものの、アップル・au・では在庫がありますが、ドコモとソフトバンクでは256GB・Plusの在庫がほとんどありません。

いろんなモデルの在庫状況がごちゃごちゃしてきたので簡単にまとめると、

・iPhone X:SIMフリーが終了、キャリアは在庫あり
・iPhone 8:au, 64GBモデルは在庫各社あり。256GBは品薄気味
・iPhone 8 Plus:ドコモ・ソフトバンクは在庫少ない
・iPhone 7:SIMフリーはあり。キャリア在庫はほぼ無し
・iPhone 7 Plus:SIMフリーはあり。キャリアは販売ページすら無し
・iPhone SE:SIMフリー、3キャリアで在庫なし。UQ・ワイモバにはある
・iPhone 6s:docomo withのみあり。あとはUQ/ワイモバ

こんな感じです。アップルストアでは新機種の発売と共にiPhone 8/7シリーズの値下げを行いましたけれど、キャリアでは在庫の問題が・・・

例年であれば新モデルの登場前後で旧機種の値下げ・投げ売りが始まることもあるのですが、Xについては今後アップルから在庫の供給がなさそうなので、キャリアでも今ある在庫を売り切ったら終わりかもしれません。どのくらい在庫を抱えているか次第ですが・・・在庫がもう多く無いのなら、大幅な値引き・投げ売りが過熱することはないかもしれません。

iPhone 8/8 Plusはドコモが9月から値引げ(月サポ・購入サポ割引増強)をしたため、すでにドコモでは在庫が少なめです。auもMNPau購入サポート化した影響と、iPhone XS/XS Maxに比べて割安感がある現行モデルを買い求める人が続けば、早めに在庫が無くなりそうです。

7/7 Plusは・・・そろそろサブキャリアに在庫を回して欲しいところですね。キャリアでの在庫販売が復活することはまず無いでしょう(docomo withのような例もありますが)。SEも然り。

Appleストアでの6s/SE販売が終了しましたので、ワイモバイル・UQモバイルの主力だったiPhone2種の在庫もそのうち終わりそうです。そうなったとき、サブキャリアが次に扱う端末は7シリーズが有力ですね。

キャリアで在庫処分的な販売が盛り上がれば白ロム相場は9~12月頃にかけて下がり始め、翌年2~3月の年度末セールで最盛期を迎えるというのがセオリーなのですけれど、今年はXの販売をアップルストアが打ち切ったので、キャリアでの売り方も読めなくなりました。

iPhone XS, iPhone XS Maxが不振だったとしてもまだ10月26日発売の廉価モデル iPhone XRも控えています。去年の9月に8/8Plus発売・11月に本命Xの発売をしたタイミングとは逆の順序になり、昨年の8/8 Plusの値引きは割と早めに始まりましたが(ドコモでは12月末に購入サポ化した)、今年はどうなるのか・・・

8月下旬頃にauではiPhone 8/8Plus/Xの値引き販売を実施するショップも多かったみたいなので、あれを超える案件も在庫が豊富だったならば順当に次の年末~年度末に発生した可能性もあったはずです。

今年はいろいろと過去の状況とは異なった展開をしそうです。少なくともiPhone XS, XS Maxについては発売日に超品薄・入荷まで数ヶ月待ち、という状況は発生しそうにもありませんので、MNP弾のタイミングを今の時期に当て込んで用意していた方は、XS/XS MaxからXRへ変更・もうあと1ヶ月もすれば2018年秋冬モデルのスマホも登場するはずですので、そちらへ作戦の変更も考えたほうが良いのかもしれません。


by ke-onblog | 2018-09-17 11:42 | スマホニュース | Comments(12)
先日登場してわずか1日で条件変更となってしまった徳島県佐那河内村のクオカードほどではありませんが、こちらも使い勝手が良さそうです。
d0262326_07113632.png
今回期間限限定で登場した返礼品は、静岡県小山町の「アメリカン・エキスプレス百貨店ギフトカード」です。寄付額に対して4割の還元率で、10万円からの寄附で申請ができます。


百貨店ギフトカードは全国178の加盟店(2018年4月4日時点)で、プリペイドカードのように残高が尽きるまで何度でも利用できる、有効期限のないタイプの商品券

利用できる店舗は日本全国各地にあり、高島屋・三越・伊勢丹・丸井今井・そごう・大丸・阪急・西武・小田急・京王・松坂屋などなど、大手の百貨店で利用が可能です(全部の系列店で利用できるというわけでも無いみたいです。対象店舗は「日本百貨店協会HP」を参照)。

小山町といえば1万円から寄附可能・4割還元の「サーティワンアイスクリーム金券」でも有名ですが、百貨店ギフトカードは贈答用にも使われるほど利便性も良く、同じ4割還元なので人気が出るでしょう。

小山町はすでに総務省に「3割以上の返礼品を提供する自治体」として目をつけられています。現状では「見直しの意向無し」としていますが、全国どこでも使えてしまうギフトカードは特に危ない気がします。直近で佐那河内村の例もありますし、申し込みが殺到すれば。。。

制度改正が行われてしまうと確実に改悪・終了してしまう類の返礼品であるため、佐那河内村で寄付しそびれた人は申し込みが出来るうちにふるさと納税の手続きを済ませてしまいましょう。

☆「ふるなび ふるさと納税控除の収入別目安
by ke-onblog | 2018-09-16 07:27 | ふるさと納税 | Comments(0)
昨日14日16時から始まったiPhone XS, iPhone XS Maxの予約では、Xから変わり映えしない仕様・あまりにも高い販売価格が影響したのか、全体的に注文が少なかったようです。

在庫が少なそうなiPhone XS Maxや新色のゴールドカラーは比較的早めに発売日発送の在庫が捌けていたようですが、予約開始直後に手続きを行えば、過去のモデルに比べればかなり簡単に発売日在庫を誰でも買うことができそうな雰囲気でした。
 
iPhone XS, iPhone XS Maxに関しては、事前のアンケートでも「買わない・様子見」という方が多かったですので、まぁこんなものか、という印象でしたが、一夜明けて9月15日朝の時点でアップルストアの在庫を確認してみると、Apple Watch Series 4のほうがよほど品薄になっているようです。

d0262326_07451549.png
昨日私も予約した、Apple Watch Series 4 GPSモデル 40mm スペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツループは、現時点でお届け予定が10月15日~22日まで遅れ始めました。iPhone XS Max 512GBゴールドでも10月3日~(今朝は9/27~10/4まで短縮)だったので、いずれのiPhoneよりも入手が難しくなっています。

これは・・・品薄なのか、発送が遅延し始めているからなのかよく判りませんが(全部のモデルで3週間以上待ちになっているので、後者っぽい)、とにかくアップルストアでの発売日入手はすでに難しそうです。

iPhoneに関してはすでに成熟期に達しており、性能はiPhone Xよりも高くなっているのはそうなのでしょうけれど、iPhone Xの時点で十分すぎるくらいに高いパフォーマンスを持っていたことから、今回の「2018年モデルのガッカリ感」へ繋がっているという印象があります。しかし、Apple Watchの進化は「まだまだこれから」感もありますので、iPhone XS, iPhone XS Maxに面白みを感じなかった人は第4世代まで来たApple Watchを試してみるのも面白いかもしれません。

ドコモでApple Watchを予約・購入する場合には、ドコモ回線が必須(dアカウントに回線が紐付いたものでないと購入不可)となりますが、dポイントを使って買うことも出来ます。


auの場合はau+1 collectionでそれぞれ予約が出来ます。


ソフトバンクはオンラインショップ予約は受け付けていません。

どのくらい在庫があるのか分かりませんが、ノジマオンラインでも買えますね。d払いのd曜日を狙えばポイント還元があってお得です。


by ke-onblog | 2018-09-15 08:04 | 白ロム転売法 | Comments(0)
つい先程、9月14日16時1分に開始された2018年モデルiPhone XS, iPhone XS Maxの、各社予約受け付け状況のメモを残しておきます。

私はとりあえずアップルストア・ドコモ・au・SoftBank全部でチャレンジしてみました。

アップルストアのアプリでは16時1分には始まらず、以下のような表示になっちゃいました。
d0262326_16432493.png
購入が可能になったのは16時5分過ぎころだったでしょうか。そこから私はApple Watch Series4の購入手続きをしました。
d0262326_16451749.png

余裕で21日到着で買えました。

アップルウォッチを確保したのち、3キャリアの予約に。

ドコモは今年も開始直後に混雑でダウン。去年よりはマシでしたが、相変わらず3キャリアで一番残念な仕様です。10分以上は「アクセス不可」連発でした。
d0262326_16464120.png
au・ソフトバンクは今年も比較的簡単に繋がりました。SBは若干遅かったですが、アクセス不能にはなっていなかったと思います。

それぞれ16時15分頃にはスムーズに予約が出来るくらいに安定していました。

Apple Store販売分の在庫状況について、皆さんの予想通り一番品薄になると見られるのは「iPhone XS Max 512GB ゴールド」でした。

でも、それぞれのモデルはかなりの数が発売日に用意されていそうな雰囲気です(人気が無いだけかもしれませんが)。
d0262326_16511737.png
私の観測した範囲では、

・iPhone XS Max 512GB ゴールド →iPhone XS Max 512GBシルバー → iPhone XS Max 512GBスペースグレイ →iPhone XS Max 256GBゴールド →iPhone XS Max 256GBスペースグレイ、 iPhone XS 256GBスペースグレイ→iPhone XS 512GBゴールド

この順番でお届け予定が21日(発売日)ではなくなっていきました(売り切れ順は多少の前後はあるかもしれません)。

上記のスクショは16時50分のものですが、自宅配送分はMaxのゴールドはすべて発売日に間に合わない程度には、注文が入ったようです。ただ、店頭受け取り分はまだまだ在庫があります(14日17時時点)。

XSはどのモデルもかなりの数がありそうです。

シルバーはあまり人気がなく、スペースグレイのほうが品薄になりそう。これは発売日当日に、フリー在庫はかなり出るかもしれませんね。

ポイント消費目的等で買うのならまだしも、プレミアム価格を期待するのは難しそう。

d0262326_17022678.jpg

今年はこのLINEスタンプの出番は少ないかも。

DSDSが出来るらしい海外版のほうが世界的に人気になるかもしれませんので、何日も日本のアップルストアの前に並ぶよりは、海外のショップにでも並んだほうが良いのかもしれません(笑)


by ke-onblog | 2018-09-14 17:04 | 白ロム転売法 | Comments(4)
まもなく2018年最新iPhoneの予約が始まります。

公式サイトはそれぞれ以下のページで予約受け付けを開始すると告知していますので、開始時刻 16時1分になったら即アクセスして、一次入荷在庫を勝ち取りましょう。


【ドコモ】https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/purchase/onlineshop/index.html(PC/スマホ共通)/ドコモのサーバーは例年落ちやすいので注意

【SB】https://m.online-shop.mb.softbank.jp/products/iphone/index2.html/すでにXS, XS Maxのアイコンがあります。昨年はSBが一番簡単に予約できました

【au】https://www.au.com/pr/wadai//今年はカウントダウンしてます

【SIMフリー】Apple Store(app)」/公式アプリ(iOS専用)。事前にアプリのバージョンアップを忘れずに。昨年はアプリのショップ更新がちょっと遅かったです。

【SIMフリー】
http://store.apple.com/jp/iphone/(web)」/ 注文は画面右上の購入ボタンから。

今年は64GB/256GB/512GB、XS/XS Max、シルバー/スペースグレイ/ゴールドの組み合わせで全18種があります。急ぐあまりに注文したいモデルを間違えないように気を付けましょう。

特に新色・ゴールドに注文が殺到すると予想しています(アンケート結果でも断然ゴールド人気を予想する人が多かったです)ので、新色・新サイズを狙う場合は数十秒・数分の遅れが発売日ゲット~数週間待ちの運命を分ける可能性があるでしょう。

では皆様の健闘を祈っております。

by ke-onblog | 2018-09-14 12:00 | 白ロム転売法 | Comments(0)