白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:節約 ( 1913 ) タグの人気記事

昨日は日本のアマゾンプライムデーセールで盛り上がりましたが、目玉商品だったOPPO R11sは終わってしまいましたので、次の狙い目としてアメリカ版のプライムデーセールで安く輸入できるアイテムを紹介します。

なお、アメリカのアマゾンプライム会員は日本のアカウントとは別途必要ですので、まだ会員になっていない方は「Amazon.com Try Prime」から無料体験登録をしておきましょう。登録方法・無料期間中での解除方法は「海外版30日トライアルの登録/解約方法」の記事で解説しました。

アメリカのプライム会費は年額119ドル(月額12.99ドル)も掛かりますので、現地在住でない場合は元を取ることが困難でしょうから、解約忘れには十分注意してください・・・

では、注目商品をピックアップしていきます。商品によっては売り切れによって価格変更、出品者によって国際発送可否が変わることがあるので、各自で価格と条件を確認してから注文してください。

Sandisk micro SDカード/ 200GB 54.71ドル
Ticwatch E / 108.79ドル~

・・・パッと価格相場が判るセールで、あまり日本へ輸入しても安いアイテムは少ないですね(´∀`;) 上記以外の送料(輸入手数料)は別途掛かります。

まずEssential Phoneは2017年のハイエンドスマホで、これまでにも何度かアマゾンで値下げが行われてきましたが、499ドル→250ドルという驚異的な値引き幅です。スナドラ835機種でこの価格はヤバイですね~。

輸入手数料として+48ドル→(48ドルは見間違えだったのか、28.42ドルになってました)程かかりますが、それでも3.1万円程度で直輸入が可能です。ヤフオクでは5~6月末に新品が5万円台~6万円弱で落札されている実績もあるようですので、これ一つ輸入できるだけでもお得でしょう。

Essential Phoneはついぞ日本への正規投入は行われずじまいになりましたが、日本の技適を取得しているので堂々と国内ネットワークで使えるという強みがあります。

Essential Phoneのこの安さはかなりインパクトがあるので、在庫切れ・販売終了には注意して下さい。

この他スマホ類では、日本へ直送は出来ないのですがLG V35 ThinQが899ドル→600ドルまで値下げされています。

☆「LG ThnQ V35」/599.99ドル

V35はスナドラ845搭載機で、日本では未発売端末。

サンディスクのSDカードは日本のプライムセールでもセールになっていましたが、海外版も安い。数年前の感覚だと下手なポータブルハードディスクより安いですね。各容量が値下げされており、64GB版は13.99ドルです。

Ticwatch Eというのは今回私は初めて目にしたスマートウォッチデバイスなのですが、日本のアマゾンでは1.8万円くらいで売ってます。
d0262326_04090654.jpg
セルラーモデルではないのでスマートフォン等と一緒に使うタイプのウェアラブルデバイスで、android wear 2.0を登載しています。GPSが登載されており、マップ表示もできるそうです。

私にはガジェット系の商品しか価格相場がわからないので他ジャンルのセール品についてはどの程度価値があるものなのか分からないですけれど、やっぱりそれなりには安いのでしょう。プライム会員を試したことのない方は、この機会に登録して個人輸入にチャレンジしてみるのもよいでしょう。


by ke-onblog | 2018-07-17 04:18 | 端末輸入 | Comments(0)
アマゾンプライムセール、始まりましたね~。

最近のプライムセールは在庫処分セール感が強く、正直あまり期待していなかったのですが、いくつかSIMフリースマホカテゴリーで気になるものもありました。

とりいそぎ、プライムセールでそれなりに安そうなSIMフリースマホと価格だけ、メモ用にピックアップしていきます。

・OPPO R11s(スナドラ660機種) MVNOのエントリーパッケージセット 33,980円
・nova lite 2 17,050円
・Mate 10 lite 27,980円
・ZenFone3(メモリ4GB版) 22,980円
・ZenFone4(メモリ4GB,スナドラ630版) 27,980円

他にもセール対象になっているスマホはありますが、パッと見ではこのあたりは結構安いと思います(相場をまだ良く調べていないので、別に安くなかったらごめんなさい(´∀`;)。


エントリーパッケージではLINEモバイルが選べるものもありますね!あのパッケージはソフトバンク回線もドコモ回線も共通のはずですから、データSIM(SMS付き)プランを契約したいのなら紹介キャンペーンを経由するよりお得です(音声SIMを契約する場合は紹介特典で無料+2000円P還元があるので、エントリーパッケージが0円であってもを使うと損でしょう。関連記事:LINEモバイル 7/14-31 音声SIM契約で手数料無料+2000P貰える)。

OPPO R11sは今年日本に上陸したばかりのハイスペックモデルで、ちゃんと技適を取得している正規モデルです。

スナドラ660を搭載しており、処理性能的にはスナドラ820と同等かちょっと低いくらいで、かなりのパフォーマンスを持っています(他社スマホだと、ZenFone4のスタンダードモデルやAQUOS R Compact,arrows NX F-01KにもSDM660が使われています)。

国内の販売価格は6万円ほどであり、格安スマホサービスとのセット販売・安売りがほとんど行われず、発売当時以外はほとんど話題を目にしませんでしたけれど、この価格ならば買いかもしれません。

ヤフオクでは7月に入ってからも4万円を超える価格で落札されています。

エントリーパッケージはビッグローブ・ライン・OCNから選べます(すべて同額)。

買取店では16日時点で40~45kの査定を出しているところがありますので・・・


ZenFone3 ZE520KL 4GB版とZenFone4のカスタマイズ版はそれぞれZenFone5によって型落ちしています。最新モデルに比べるとスナドラ625・630は処理性能にちょっと物足りないところも出てきていますが、ゲームでたくさん遊ぶのでなければ、2万円台で買えるau VoLTEも使えるサブ用DSDSスマホとしてなら悪くないでしょう。

ZenFone4のカスタマイズモデルは発売開始当時44,800円(税別)で、今は34,800円に値下げされていますが、税込27,980円はかなり安いです。IIJmioではMVNOセットでようやく実質29,800円(税別、5000円分のアマギフ還元)です。



by ke-onblog | 2018-07-16 12:19 | キャンペーン情報 | Comments(2)
先日dトラベルの3万ポイントキャンペーン分の期間限定ポイントが貰えたので、dポイントを使って何かお得に買い物が出来ないかなと、d払いが使えるサイトを探していたところ、7月17日正午まで限定で使える、ABCマートオンラインストアの値引きクーポンがありました。
d0262326_06393364.png
過去にも500円引き・1000円引きクーポンが出ていたこともありましたが、今回は500円引きクーポンのみです。

クーポンはABCマートのオンライン会員なら誰でも利用することが出来ます。クーポンコードは「abc96」です。

対象商品は以下のページにある3900種類くらいのシューズ・アパレル商品です。


安いものだと3,000円くらいから運動靴やサンダル系のアイテムや、メンズ/レディースそれぞれのカジュアルシューズ・ビジネスシューズまで、かなり多くのジャンル・メーカーの商品が対象です。

クーポンはオンラインでのみ利用可能、ABCマートではオンラインで取り置き注文→店舗購入も出来ますが、店舗受取りサービスもクーポン対象外になるので注意してください。

私も過去にもABCマートのオンラインストアでdポイントを使って靴を買ったことがありますが、商品によっては店舗での販売価格より高い、定価のままで売られているものもあります。一方ではオンラインのほうが在庫は多く、セールで値下げされているものも少なくありませんので、好みのデザインの靴があるかどうかまず調べて、それが近くの実店舗でいくらで売られているのか調べてみるのも良いでしょう。

今はABC-MARTのオンラインストアはd払いによる「スーパァ~d曜日」の対象にもなっており、最大で7倍のdポイント還元対象ではありますが、d曜日のカウントはポイント・割引後の価格で3,000円以上の決済が必要となりますので、全額ポイントで買う場合は買い回りが付かない(もちろんポイントも付かない)ので気をつけて下さい(関連記事: 2018年7-9月期 d曜日はd払いで最大7倍 ポイント付与条件/上限と注意点 )。


その他dポイントが使えるオンラインショップだと、サンプル百貨店のドリンク系がセールになっています。

今の一番人気は今流行りの透明なミルクティー。
d0262326_06560566.png
550mlのペットボトルが48本で1,390円(税込・送料込)は安いですね!美味しいかどうかは知りませんが(笑) 賞味期限が短く、2018年08月25日までとなっていますけれど、夏休み期間くらいはカバー出来ますので、夏休み・お盆休み時期に家族や親戚・友人などたくさんの人数が集まる機会に飲む用途でまとめ買いするのもいいですね。申込の可能数は5個までとされています。


さらに食べ物系でポイントをつかうのなら、dデリバリーでは16日まで対象店舗の宅配注文に対して50%バック+ポイント利用分20%バックによる、70%還元をやっています。
d0262326_07015994.png
対象店舗はガスト・ピザーラ・バーミヤン・PIZZA SALVATORE CUOMO・ジョナサン・ビバパエリア・柿家鮨の7チェーン店です。

50%バックキャンペーンはエントリーが必要なので、注文前に忘れずキャンペーンページからエントリーをしておきましょう。



by ke-onblog | 2018-07-16 07:08 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(4)
ドコモのホテル・旅行予約サービス「dトラベル」にて予約できる、クオカード・アマゾンギフト券や各種商品券・特典サービスがついたホテル情報のまとめです。

dポイントを使って高還元なホテルに泊まったり、ビジネスで使ってもバレないアレな感じの利用の参考にどうぞ。

*宿泊価格は1人1室利用、2018年7月~8月で一番安そうな日にちのものです。宿泊日や予約するタイミングで価格の変更・プラン提供条件の変更もありえるので、各自で確認してから予約を取って下さい。

【(たぶん)最高還元率 62.9%】

(兵庫県)[62.9%] 神戸シティガーデンズホテル 4770円→クオカード3000円分

【自由設定 最大61.9%】

(山口県)[最大61.9%]ホテルサン防府 4300円+最大7000円分クオカードを自由設定

*予約時に名前の後ろに「3000(金額設定)」等と入力すると、基本料金に上乗せした分だけクオカードが貰える仕組み。

【驚異の還元率60%~】
(四国)[60.2%]カプセルホテルニューグランド 8,300円→クオカード5,000円分

(関西)[60.2%]サウナ&カプセルホテル ルーマプラザ 13,300円→クオカード8000円分

(東北)[60.0%]ホテルアベスト青森 10,000円 → クオカード 6,000円分

【超お得な還元率50%~】
(東北)[59.8%]ホテルニューマーブル 11,700円 →クオカード7000円分

(九州)[59.4%]ステーションホテル隼人 10,100円 →クオカード6000円分

(関西)[56.6%]ホテルアベスト姫路 15,900円→クオカード9,000円分

(関西)[56.2%]FIRSTCABIN 御堂筋難波 16,000円 →クオカード9000円分

(中部)[53.6%]名古屋伏見モンブランホテル 11,600円→クオカード6000円分

(九州)[54.5%]ベッセルホテル苅田北九州空港 11,000円 → クオカード 6,000円分

(中国)[クーポン利用時54.3%]ホテルエリアワン岡山  10,200円→(先着クーポン利用で1000円引き) → クオカード 5,000円分

(九州)[53.2%]ハイネスホテル久留米 9,400円 → クオカード 5,000円分

(中部)[50.6%]松本ツーリストホテル 9,880円→ クオカード5000円分

(北海道)[50.0%]藤田観光ワシントンホテル旭川 10,000円 →クオカード5000円分

(中国)[50.0%] [クーポン利用時55.6%]ホテルわこう 10,000円(先着クーポン利用で1000円引き) →クオカード5000円分

【都内にもある還元率40%~】
(東北)[49.9%]ホテル小田島 10,022円クオカード5000円分

(東北)[49.5%] ホテルパールシティ秋田川反 10,100円→クオカード5000円分

(四国)[49.1%] ビジネスホテルマツカ 10,180円→クオカード5000円分

(九州)[49.0%]ホテル・レクストン鹿児島 10,200円→クオカード5,000円分

(四国)[48.8%]高松センチュリーホテル 8,200円クオカード4000円分

(九州)[48.1%]ホテルエリアワン博多 10,400円→クオカード5000円分

(中部)[47.6%]ホテルイタリア軒 10,500円 → クオカード5000円分

(四国)[47.6%]ホテルエリアワン高知 10,500円 → クオカード5000円分

(北海道)[47.6%]ビジネスインノルテII 10,500円 → クオカード5000円分

(関東)[47.6%]つくばスカイホテル 10,500円 → クオカード5000円分

(中国)[47.6%]松江シティホテル別館/本館 10,500円 → クオカード5000円分

(九州)[47.6%]ホテルタイセイ 10,500円 → クオカード5000円分

(四国)[47.2%]高知パシフィックホテル 10,600円→ クオカード5000円分

(中国)[47.2%]広島タウンホテル 10,600円 → クオカード 5,000円分

(関東)[46.3%]ホテル横浜ガーデン 10,800円 → クオカード5000円分

(北海道)[46.3%]北海ホテル 10,800円 → クオカード5000円分

(九州)[45.9%]ベッセルホテル都城 10,900円 → クオカード5,000円分

(関東)[45.7%]新小岩パークホテル 10,940円 → クオカード5000円分

(中国)[44.4%]アークホテル広島駅南 9,000円 → クオカード4000円分

(中部[43.5%]ホテル明治屋 11,500円→クオカード5000円分

(九州)[43.0%]アークホテル熊本城前 9,300円→クオカード4000円分

(関東)[42.6%]ホテル日本橋サイボー 11,750円→クオカード5000円分

(関西)[42.1%]ホテルナチュレ大阪梅田 11880円→クオカード5000円分

(関東)[41.7%]アールズフォレストイン 1人あたり6,000円(2名必須)→クオカード5000円分

(中国)[41.7%]アークホテル岡山 12,000円→クオカード5000円分

(関東)[40.8%]ホテルウィングインターナショナル横浜関内 9,800円→クオカード4000円分

(関東)[40.4%]桐生エースホテル 12,372円→クオカード5000円分

(関東)[40.0%] ホテルトムス 12,500円→クオカード5,000円分

【十分お得な還元率30%~】

(関東)
[39.8%]尾道ロイヤルホテル 12,560円
 → クオカード5000円分

(中部)[39.5%]Le palais 上前津みなみ 7600円×2泊以上 → クオカード 3000円×泊数

(関東)[38.5%]ホテルテラス横浜 7,800円 → クオカード3000円分

(関東)[38.4%]COCO STAY 西川口駅前 13000円→クオカード5000円分

(九州)[36.6%] ニューステーションホテル・プレミア 8,200円 → クオカード3000円分

(中国)[35.7%]ベッセルホテル東広島 8,400円 → クオカード3000円分

(関東)[34.7%]ホテル朋泉<草加> 8,650円 → クオカード3000円分

(関東)[34.3%]ホテルプラザオーサカ 8750円 → クオカード3000円分

(北海道)[34.2%]ホテルサンルート札幌 14,630円→クオカード5000円分

(東北)[34.1%]弘前東栄ホテル 8,800円 → クオカード3000円分

(九州)[34.1%]ホテル法華クラブ大分  8,800円 → クオカード3000円分

(関西)[34.1%]ホテルサンルートソプラ神戸 8,800円 → クオカード3000円分

(関東)[33.8%]ホテルクラウンヒルズ勝田2号元町店 8,880円→クオカード3000円分

(中国)[33.7%]ホテルパールガーデン 8,900円 → クオカード3000円分

(中国)[33.4%]アビス イン 岡山 8,980円 → クオカード3000円分

(北海道)[33.3%] ベッセルイン札幌中島公園 9,000円 → クオカード3,000円

(関東)[33.3%]ホテルサンライフガーデン 9,000円 → クオカード3,000円

(関西)[32.3%]アークホテル京都 9,300円 → クオカード3,000円分

(東北)[31.6%] ホテルウェルネス横手路 9,500円 → クオカード3,000円分

(北海道)[31.6%] ホテルプロモート函館 9,500円 → クオカード3,000円分

(中部)[31.3%]ビジネスホテル豊田ビラージ 9,580円 → クオカード3000円分

(沖縄)[30.3%]スマイルホテル沖縄那覇 9,900円→クオカード3000円分

(関東)[30.1%]ホテルリステル新宿 9,940円 →クオカード3000円分

上記以外にも20~40%程度の還元率となる金券付きホテルはいっぱいあります(ざっくりと探すだけで数百件のプランが出てくる)ので、目的地に合わせて探してみましょう。

2018年7月・8月に開催されている全員に3万dポイントプレゼントの条件を上手くクリアすれば実質2,000円で8万円分の宿泊が可能です。

さらに商品券以外にも値引きクーポンや特典が使えるケースもあります。ポイントプレゼントキャンペーンはエントリーも必要ですので、必ずエントリー・予約を行うときは対象となるdアカウントを使いましょう。

☆「dトラベル


by ke-onblog | 2018-07-14 23:37 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
え~、すでに複数の方にこれまでLINEモバイル契約の招待をさせて頂いたのですが・・・契約済みの方にはちょっと残念なお知らせ、これから契約しようとしていた人には朗報です。

7月2日からソフトバンクのネットワークを利用した格安SIMサービスを始めたLINEモバイルにおいて、2018年7月14日~7月31日までの2週間強の期間、「招待キャンペーン」の特典が増強されます。
d0262326_15585476.png
キャンペーンが始まるのは明日14日から、招待キャンペーンを利用して音声SIMの契約を行った場合に限り、事務手数料の無料化(通常3,000円)に加え、2,000円分のLINEポイントが貰えるようになりました。

d0262326_16005446.png
現在LINEモバイルではソフトバンク回線提供開始を記念して「スリーコインキャンペーン」として、音声回線プランの基本料金を6ヶ月×900円割引する施策(ドコモ回線・SB回線どちらでもOK)を用意しており、最安で月額300円から利用が可能になっていますので、今回の2,000円分のポイント特典を考慮すると、かなりのお得感です。

特典を受けるための条件は以下の通りです。
【招待された方】
・キャンペーン期間中(14日から)に、招待URLよりLINEモバイルを音声通話SIMで申し込みしている。
・2018/7/31(火)までに利用開始日を迎える。
・LINEモバイルの公式アカウント(LINE ID:@linemobile)で契約者連携をしている。
・特典付与時点まで、契約者(招待する方)も新規契約予定者(招待される方)も契約を継続している。
利用開始日の定義はドコモ回線とソフトバンク回線/新規契約かMNPかの契約種別で異なりますので気をつけて下さい。

<ドコモ回線の場合>
「新規番号での申し込み」で申し込んだ場合は、商品が発送された翌々日
「MNP転入」で申し込んだ場合は、「利用開始手続きが完了した翌日」か「商品が到着した3日後」の早い方
<ソフトバンク回線の場合>
「新規番号での申し込み」で申し込んだ場合は、「利用開始手続きが完了した翌日」か「商品発送日の8日後」の早い方
「MNP転入」で申し込んだ場合は、「利用開始手続きが完了した翌日」か「MNP予約番号有効期限の最終日の翌日」の早い方
新規だと「利用開始手続きをした翌日」というところがミソです。つまり、SIMカードが遅くとも7月30日までに届いていないとLINEポイントが貰えない可能性があります。

なお招待キャンペーンで特典が追加されたのは音声SIM契約のみで、データプラン・データプラン(SMS付き)の契約については従来どおり事務手数料の割引(データプラン1000円・SMS付き500円)なので、データプランで契約するのなら招待キャンペーンを経由するより、エントリーパッケージを使ったほうが安いはずです。


また、招待する人にも特典が追加され、期間中に音声SIM契約の利用者を招待すると1人あたり3000ポイント貰えるそうです。

ということで、ただ招待するだけで面白くないですので、期間中に私の招待キャンペーンを受けて音声回線を契約して頂きポイントが貰えた場合、そのポイント額の2倍相当を予算として、何かしらスマホ・ガジェットを購入してレビューをします。

以前似たようなことをmineoの紹介キャンペーンでも実施し、全国ゲオモバイル(および白ロム販売店)巡りをしたりしました(過去記事:[夏休み企画] ゲオジャンクを探しに全国行脚しよう!)。またポイントが貰えたら、何をやるか・何を買うか、アンケートをさせてもらいましょう。

LINEモバイルの招待キャンペーンについては、招待URLを1契約ごとに発行する必要があり、1日に1回しか発行が出来ません(発行後24時間で有効期限も切れる)ので、7月14日~25日まで毎日招待し続けても最大12人までとなります。

*招待キャンペーン増量自体は7月31日までやっていますが、7月31日までに「利用開始日」を迎える必要がありますので、私からの招待は25日発行分で一旦終了させて頂きます。申し込み→利用開始日まで、通常3~4日は掛かるので。

→ 20時30分までにお問い合わせ頂いた方を以って、25日までの発行分は終了しました。以降、26日分過ぎでの発行でも構わない人のみ、ご連絡ください。

招待を希望される方は、本ブログ記事に非公開コメント設定にチェックを入れて、メールアドレスをご連絡ください。ご連絡頂いた先着順に招待URLをお送りします(申し訳ないですが送付する日にちは選べません。記載して頂いたメアドに、招待予定日をお伝えします)。

12人を超えてしまった場合、キャンペーンが延長されなければ通常招待キャンペーンのみ適用(事務手数料無料)されることになると思いますが、それでもよければ26日以降分の招待URLも発行します。

招待キャンペーンをご希望される場合は、

【終了】【25日に間に合う場合のみ招待希望】:(ここにメールアドレス)

または

【26日以降の場合も招待希望】:(ここにメールアドレス)

と書いて頂ければと思います。

詳しいキャンペーン情報、プラン料金等は公式サイトをチェックして下さい。


紹介キャンペーンについては以上の通りなのですが・・・ちょっと懸念事項もありまして、2018年7月13日現在、サービスが開始された直後の7月1週目に比べて、ソフトバンク回線の混雑時間帯の速度が落ちてきています(´∀`;)

6日測定時点では平日12時台でも20Mbpsを超えて続けていたのですが、13日12時30分頃の測定では、2Mbpsを切っていました。
d0262326_16334727.png
この状態でYoutubeの1080p画質を選んで再生したところ、途切れること無く視聴は出来たのでまだそれなりに快適ではありますが、もう爆速と呼べるレベルではなくなってきました。

そこに明日から始まるこの招待キャンペーンですから・・・7月が終わる頃にはどんな有様になっているやら。

LINEモバイルは「格安SIMサービス最速」を目指すと宣言しており、速度が1Mbpsを切る場合(自社測定)はデータ容量をプレゼントするとまで豪語していますので、設備増強をして対応する気もあるのでしょうけれど。

LINEモバイルのソフトバンク回線に申し込みが殺到しすぎていて、ちょっと対応がまだ開始されていない感じです。SIMの配送手配が遅れるほど注文が入っているそうですから、速度が戻るよりもさらに利用者数が増加し続けて、速度が落ちてしまう可能性もあるかもしれません。

契約者数を増やすのに一生懸命なのはビジネスとして当然なので良いのですけれど、せっかくソフトバンクと業務提携してやるのであれば、ワイモバ並とは言わずとも、それなりに快適な状態を保たないと平々凡々なMVNOになってしまいそうです。

ただ、それでも招待キャンペーンを使って事務手数料無料・6ヶ月300円回線+2,000円分のポイントが貰えるのなら試しに契約してみるくらいの価値はあると思いますので、興味のある方で招待URLが欲しい方はお早めにご連絡ください。



by ke-onblog | 2018-07-13 16:52 | 格安SIM(MVNO) | Comments(22)
余っているぷららポイントの消費に良いかもしれません。

ひかりTVショッピングにて2018年7月13日の1日間限定で使えるクーポンとd払いの「スーパァ~d曜日」、そして通常購入ポイント10倍を併用することで、一世風靡したニンテンドーのクラシック ミニファミコン+ミニスーパーファミコンのセットがちょっと安く買えます。

d0262326_19290935.png
ニンテンドーのクラシックミニシリーズ、ファミリーコンピューターは定価5,980円、スーパーファミコンは7,980円とされており、ひかりTVショッピングの販売価格は定価そのままながら、ぷららポイント・dポイントを使って購入することが可能です。

さらに13日0時~23時59分まで限定で、15,000円以上の全商品に使える 1500PT還元クーポンコード「a0713ff」を利用することが出来ます。


セットの販売価格は15,076円、購入ポイントは10倍です。スーパーd曜日でエントリー・買い回りを達成すれば最大7倍のdポイントも貰えますので、

15,076円 -(限定クーポン1,500PT+購入10倍1,500PT+d払い 1,050dP) = 実質11,026円

このようなお値段で入手可能です。購入ポイント・d払いのポイントは、支払い時にポイントを使うと目減りしますが、クーポン分は全額ポイント払いをしても付与さます。

*価格、ポイント還元率は12日夜時点のものを参照しています。もしかしたら日付変更と同時に値上げ(あるいは値下げ)されてクーポンが使えなくなる・ポイント倍率が変わってしまう可能性もあるので、各自で確認してから購入検討をしてください。

1500PTクーポンは税込1.5万円以上の商品になら何にでも使えますので、ファミコンは要らないという人は別のなにかに使ってみて下さい。クーポンの利用は1名1回限りです。クーポンによるポイント有効期限は付与された翌月から3ヶ月です。

クーポンは買い物かごに入れてから、注文手続きを進めていくと表示される入力欄で「変更」を選び「a0713ff」と入れて、適用を確認してください。
d0262326_20031144.png
他にお買い得そうなアイテムは・・・スマホ機種購入に使うのは中途半端ですね。15k以上で1.5kPT還元ですので、2万円以下の商品で使うのが好ましいです(他のクーポンと併用不可)。

例えば、

・PRO TREC PRG-270-1JF 15,394円
・BenQ 23.8型LCDワイドモニター 15,600円
・サンドームM ヘキサセット 15,800円(ポイント10倍)

などがあります。

クーポンの利用開始は13日になってからですので、それまでに価格.comの最安値挑戦リストから1.5万円~のものをチェックして、なにか欲しいものがないか見てみるのが良いでしょう。PC周辺機器や腕時計、キャンプ用品、生活家電あたりのカテゴリーだと1.5万円前後の商品が多い気がします。


by ke-onblog | 2018-07-12 20:06 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(2)
ドコモの2018年夏モデル発表からそろそろ2ヶ月が経過します。

まだXperia XZ2 Premium SO-04Kとタブレット dtab compact d-02Kは発売前ですが、今年のフラッグシップモデルとなるSnapdragon 845搭載のハイエンドモデル、トリプリカメラ搭載のファーウェイ機種、そして低価格モデルのdocomo with機種まで合計で8モデルが発売済みです。
d0262326_14030841.jpg
ハイエンド機種の白ロムもまだ発売されたばかりながら、発売直後の時点よりも幾分安く買えるようになってきた機種もありますので、2018年7月中旬時点における各機種の白ロム価格情報をメモ用にまとめておきましょう。

ハイエンドモデルはもちろんまだ気軽に買えるほどまで値下がってはいませんけれど、docomo with対象の新機種2モデルはすでに結構お買い得です。


・Galaxy S9 SC-02K (53,136円) ・・・75~85k

ドコモオンラインショップでは7月初週のランキング10位に入っている、Galaxyのスタンダードモデル S9はオークションでの流通量は少なめですが、「中古スマホ・白ロム専門サイト/ムスビー」には7万円台前半から在庫が多く出ています。

S9は持ち易さで言えばこの夏モデルの中では上位にあると感じるものの、デュアルカメラ・トリプリカメラが主流となっている現時点ではちょっと面白味に欠けるのか、それほど売れている印象はありません。1世代前のGalaxy S8 SC-02Jは昨年機種変価格がどんどん値下げされていった(そして現在は3万円も下げられている)ことを考えると、S9の買い時は今ではないのかもしれません。

・Galaxy S9+ SC-03K (64,800円)・・・95~110k

昨年のS8/S8+,そしてS9とは異なりデュアルカメラに対応・RAM 6GBに強化されたGalaxy S9+は安定した人気があり、市場流通価格は相応に高めのまま維持しています。SIMロック解除済みの未使用品は7月に入ってからも10万円超えをしています。

Galaxy Note8からペン機能を取り去り、CPUとカメラをレベルアップさせたようなモデルですので、価格さえ気にしなれば人気が出るのは順当なところ。オンラインショップではS9より上の8位にランクインしています。

Galaxy S9/S9+シリーズについては新発売に合わせて5,000円相当のdポイントが貰えるキャンペーンを実施していましたが、現在は購入期間・応募期間ともに終了しています。

Galaxyシリーズについては8月にも次世代大画面モデル Galaxy Note9が発表される予定だそうですが、昨年の流れだとNoteの発売と同時期に+モデルの販売・在庫が一気に少なくなったりもしましたので、S9+も買い時が難しい機種になりそうな予感です。

・Xperia XZ2 SO-03K(47,952円)・・・90k前後

従来の5.2インチから5.7インチに巨大化したXperiaのスタンダードフラッグシップモデル XZ2 SO-03Kはオークションではごくわずかしか新品の売買は見られず、白ロムの流通量はかなり限定的です。それでも売れ筋ランキングでは現時点で6位。

Galaxy S9より機種変更価格は安いはずなのですが、流通が少ないので白ロム価格は若干高めの傾向と言えるか・・・微妙です。

ワイヤレス充電・バイブレーション機能などの新機能もありますが、XZ2 Premiumのようにデュアルカメラは搭載されておらず、目立つ新機能がないため、夏モデルのラインナップ中では平凡です。ソフトバンク・auでも同型モデルが売られているため、あえてドコモ版の白ロムを高く買いたいという需要はなさそうです。

XZ2もあのデザイン・大きさを許容出来るのなら特に問題はない機種だとは思うものの、公式の発売記念・割引キャンペーンが特に無く、むしろ型落ちして値下げされたXZ1 SO-01K(実質2万円)のほうが今は人気です。オンラインショップの週間ランキング1位は、XZ1ですから。


・Xperia XZ2 Compact SO-05K(32,400円)・・・76~85k

ドコモ独占モデルとして扱われるXperiaのコンパクトスマホ XZ2 Compact SO-05Kは6月下旬の発売でしたので比較的まだ新しく、白ロム価格は定価比でいうと若干他機種より高め、Snapdragon 845搭載機種というカテゴリーなら安めです。

XZ2 Compactも従来機種から比べるとかなり大きく、丸く(背面パネルが)なったものの、一応は5.0インチかつ縦長ディスプレイ・上下のベゼルが狭くなったことでボディの幅・長さはそこまで変わらなかったので、過去の5インチ前後のモデルからXZ2シリーズのペリアに買い換えるのならSO-05Kかな、というユーザーさんは多そうです。

7月1週目の人気ランキングではXZ1 SO-01Kに次ぐ2位で、夏モデルの中では一番人気となっています。


・AQUOS R2 SH-03K(49,248円)・・・80~90k

世界初、動画と静止画撮影を同時に行うことが出来る特殊なデュアルカメラを搭載したシャープのフラッグシップモデル R2は6月8日に発売され、一ヶ月が過ぎました。ドコモでは事前予約+6月中の購入で8,000dポイント、オンラインショップでは機種変更値引きクーポンをばらまいた結果、2018年6月期のランキングは2位に入っているもの、キャンペーンが全て終わった7月1週目ではランキング圏外に行ってしまいました・・・

Xperia XZ2 SO-03Kより機種変更負担額が2000円ほど高いことを考えるとSH-03Kの白ロムは相対的に割安ではあります。ヤフオクでは80kを下回る価格での落札も見られます。

・P20 Pro HW-01K (57,024円)・・・88~91k

ドコモのハイスペック夏モデルでは最も白ロム流通量が多い、P20 Pro HW-01Kは6月15日に発売された直後は11~12万円程度まで高騰するという人気っぷりでしたが、7月上旬時点ではやや流通過剰に陥っており、新品・SIMロック解除済みでも8万円台で買えるようになってきました。

オークション・フリマの個人間取引ではなくヤフーショッピング等を使ってポイント還元を狙う場合でも、実質8万円前後まで下がっています。

P20 Proのグローバルモデルも徐々に安くなっており、「エクスパンシスicon」でも9万台で購入できるようになってきましたが、ドコモモデルのほうが値下がりは速いです。

P20 Proのカメラは本当に突き抜けたクオリティになっていますので、下手な高級デジカメを買うよりオススメです。


・LG Style L-03K(40,176円)・・・28~30k

ハイエンドに拘らない人に今、個人的にイチ押しのモデルはこのL-03Kです。ドコモオンラインの人気ランキングでは5位。

ドコモウィズ対象機種の白ロム流通価格は「ドコモの定価-1万円」くらいの価格に収束する傾向にあり、L-03Kもまだ発売から3週間ほどですが、あっという間にヤフオクでは2万円台に突入しはじめました。

LG StyleはSnapdragon 450搭載機種ですので処理能力はちょっと低めで、ゲームを楽しみたいのならオススメしません。RAMは4GBあるのですが重い3Dアニメーションを多用するゲームだとカクツキが見られますので(参照:L-03Kレビュー)。また、カメラ性能も同じLGの2017年冬ハイエンドモデルV30+ L-01K(JOJO L-02K)には遠く及びません。

ただ、それを除けば、価格の割によく動きます。

ドコモウィズ機種で唯一の18:9比率 5.5インチ フルHD+の大画面ディスプレイを使っており、ノッチもありません。本体重量が146グラムと軽量かつ防水・防塵対応、ワンセグ・おサイフケータイにも対応していますので、まさに「スペックはほどほどで長く使える」ことを重視したdocomo withモデルらしい仕様。

特別に面白味があるモデルではないのですが、白ロムで買ってサブ機・入門機としてしっかり使いたい人にはちょうど良いでしょう。

・arrows Be F-04K (33,696円)・・・22~25k

富士通の子会社である「富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社」がポラリス・キャピタル・グループに株式譲渡されて初めて発売されたことになる(?)arrowsスマホ、F-04Kの白ロムも定価から1万円ほど安くなっており、こちらもかなりお買い得が出てきています。

ディスプレイはずっと5.0インチ HD解像度のままですが、スナドラ450・RAM 3GB・ROM 32GBへと大きくスペックアップしつつ、3.3万円というこの価格に抑えて販売しているのはかなり頑張っている気がしましたが、白ロムはさらにリーズナブルな次元に。

過去のarrows Beは価格相応に多くの機能が削られており、F-05Jには指紋認証すらありませんでしたが、今回はarrows NX F-01Kに採用された特殊な指紋認証センサー内蔵ボタン「Exlider(エクスライダー)」を引き継いでいます。

arrowsブランドの「割れないスマホ」としての性能もMIL規格14項目(F-05J時)→23項目対応へ増えており、頑丈さを重視したいスマホ初心者向けのモデルとしては十分な性能でしょう。

旧モデルのarrows BeおよびSIMフリーのM03,M04なども安くはなっていますが、あと数千円も出せばF-04Kが買えるというのはお得だと思います。


*括弧内の価格はドコモの公式機種変価格。各機種の価格詳細・キャンペーン等は「ドコモオンラインショップ」を参照。

ハイエンド機種は気軽に買える価格ではないながら、昨今の「最新機種のハイエンドモデルは10万円超えも当たり前」みたいな風潮を考えると、まだ流通数が少ないGalaxy S9+ SC-03Kを除き、すべて10万円以下で買える相場になっています。ドコモウィズ機種なら新機種も2万円台にまで落ちてきていますし、お手頃です。

ドコモでは特価BLで割引は効かないけど新機種が試したい・MVNO回線で使うそこそこ使える安いスマホが欲しいといった目的ならば、これからますます価格が熟れてくる2018年モデルスマホを安く買えるタイミングを狙ってみるのも良さそうです。



by ke-onblog | 2018-07-12 17:30 | 白ロム転売法 | Comments(0)
OCNモバイルONEの音声回線セットによる、届いたらすぐに使える「らくらくセット」の大幅値引きが結構お得なgoo SimSellerにて、7月13日11時より「灼熱のウルトラサマーセール」というセール予告が出ています。
d0262326_02590490.jpg
7月12日時点では上記の画像バナーが出ているだけで、対象機種は不明です。バナーにはP20 liteらしき機種のイラストが見られますので、P20 liteの値下げが期待できそうです。

現在goo Simsellerのヤフー店・楽天店では「キラキラ七夕セール」が7月5日~17日の期間で実施されていますが、それとは別のようですね。あちらも5の付く日・買い物マラソンと絡ませると相当安くなりますが、本家サイトでは何を、どの程度安くするのか気になります。

どの程度の値下げになるかは当日になってみないと分かりませんが、過去にはgoo Simseller本家サイト限定でgooのスマホ g08を先着限定価格で実質1,800円(現在の単品通常価格25,800円)として販売したり、Huaweiの新機種を速攻で値引き販売したりすることも多いため、条件次第ではすぐに売り切れるほどの特価で格安スマホを入手出来るかもしれません。

詳細は13日にまたチェックする予定ですが、特価商品を狙う場合は13日11時直後にアクセスしてみましょう。

☆「goo SimSeller

また、同時開催として同じくOCNモバイルの音声SIMセット販売である、中古スマホ(白ロム)の販売も行っており、そちらでもセールが開催されます。

d0262326_03100345.jpg
☆「goo SimSeller 中古らくらくセット/選べるSIMセット

gooの中古スマホ販売は音声SIM契約必須のらくらくセット分と、SIMのエントリーパッケージがついてくる「選べるOCNモバイルONEセット」があります。後者の場合は回線契約は任意です(そのかわり、価格設定は・・・)。

らくらくセット用のセール開始前の在庫・価格をいくつか上げてみると、

・ドコモ Xperia XZ Premium SO-04J 美品白ロム 40,800円
・ドコモ Xperia XZ1 SO-01K 美品白ロム 43,800円
・ドコモ iPhone 7 Plus 256GB 美品白ロム 46,800円
・ドコモ iPhone 7 256GB 美品 35,400円
・SIMフリー iPhone X 64GB 新品 89,800円

すべて税別。ネットワーク制限が△な在庫もありますが、2年間赤ロム保証があります。

ドコモの白ロムは中古状態なので安いとも高いとも言い難い微妙な価格設定ですが、iPhone X 64GBモデルのアップルストア定価は112,800円ですから、23,000円安いです。音声SIMの維持費・あるいは即解約のコストを考えても、アップルで定価購入するより安くなります。

契約手数料(3000円+SIMカード手配料394円)は別途掛かりますが、ひかりTVショッピングのOCN契約キャンペーンのようにごちゃごちゃしたオプション条件はありません。

らくらくセットも最低利用期間は6ヶ月、短期解約違約金は8,000円です。音声回線は月額1,600円~。

らくらくセットの販売は1人あたり1セット限りとされています。もしセールで大特価になっても、たくさん注文は出来ませんので気をつけて下さい(名義を分散させればもちろん複数台買えます)。

中古白ロムも価格設定・入荷数次第ではすぐに売り切れる可能性がある(以前は「モザイクセール」というユニークな中古セールが行われたこともあります)ので、こちらもセール開始直後にチェックすることをオススメします。


by ke-onblog | 2018-07-12 06:45 | キャンペーン情報 | Comments(0)
貯まったdポイントを家族サービスとして還元しやすいドコモの旅行・ホテル予約サイト dトラベルで実施中の夏休みに使えそうなキャンペーンを一挙にまとめてチェックしておきます。

d0262326_09283366.jpg
7~8月のdトラベル向けキャンペーンで主軸となるのは、前回5月・6月にも実施されていた「2ヶ月連続利用で3万ポイント全員プレゼント」キャンペーンです。

前回よりも条件は若干劣化しましたが、それでもキャンペーン単体での還元率は最大37.5%と高水準であり、夏休み期間中ということで、連休を取りやすい時期ですので条件のクリアは比較的容易かと思います。

3万ポイントキャンペーンについては過去記事にも書いたので、そちらを参照下さい。

ざっくりとだけ3万Pキャンペーンについて獲得条件を書くと、

・2018年6月1日~8月31日までにエントリーを行う
・7月に総額3万円、8月に総額5万円以上の国内宿泊を行う
・ポイント付与(2018年9月中旬予定)まで、メールサービスの登録を維持する

以上のような項目があります。

dトラベルのキャンペーンが優れている点は、「クーポン適用・ポイント利用前の金額で条件を判断」していることであり、他のキャンペーンを組み合わせることでさらにお得度をアップ出来るというところにあります。
クーポンご利用分・dポイントご利用分による割引前のご宿泊代金の合計が対象となります
dトラベルのホテル予約には期間固定のものを含めてdポイントが利用できますので、比較的大きな金額を一気に利用するチャンスです。まぁ、また期間限定ポイントがあとで増えちゃうわけですけれども(笑)

利用できる日程・宿泊施設に限定されるものが多いですが、2018年7月~8月の期間で以下のような種々の併用可能なキャンペーンが出ていますので、旅の目的に合致しているかどうかチェックしてみる価値がありそうです。

【クーポン情報】

・香川こんぴら温泉(花の湯 紅梅亭・琴平グランドホテルサクラの抄)で使える割引クーポン 1万円引き(7.5万円以上)、5千円引き(4万円以上)、3千円引き(2万円以上)

・南三陸ホテル観洋で使える割引クーポン 1万円引き(8万円以上)、6千円引き(4万円以上)、4千円引き(2万円以上)

・サンルートプラザ東京で使える割引クーポン 5千円引き(5万円以上)、3千円引き(3万円以上)、1.5千円引き(1万円以上)

・沖縄限定 対象宿泊施設で使える割引クーポン 1万円引き(6.5万円以上)、8千円引き(4万円以上)、5千円引き(2.5万円以上)、2千円引き(1万円以上)

・静岡・伊東温泉の対象施設宿泊で使える割引クーポン 1.2万円引き(8.5万円以上)、9千円引き(6.5万円以上)、6千円引き(3.5万円以上)、3千円引き(1.5万円以上)

・レゴランド・ジャパン・ホテルで使える割引クーポン 1万円引き(8万円以上)、7千円引き(4.5万円以上)

・名古屋JRゲートタワーホテルで使える割引クーポン 4千円引き(2.5万円以上)、2千円引き(1.5万円以上)

・中国地方5県(鳥取/島根/山口/岡山/広島)限定クーポン 1万円引き(7.5万円以上)、7.5千円引き(5.5万円以上)、3.5千円引き(2.5万円以上)、2千円引き(1.5万円以上)、1千円引き(7千円以上)

・全国28施設ダイワロイヤルホテルで使える割引クーポン①(7月13日まで) 6千円引き(5万円以上)、2千円引き(1.5万円以上)

・全国28施設ダイワロイヤルホテルで使える割引クーポン②(8月27日から) 6千円引き(5万円以上)、4千円引き(3万円以上)、2千円引き(1.5万円以上)

・伊勢志摩鳥羽 旅荘海の蝶で使える割引クーポン 5千円引き(4万円以上)、2千円引き(提供対象全プラン)

*各種クーポンには先着数上限、利用可能プラン、適用除外日が設定されているものがありますので、取得・予約時に必ず割引可能か公式サイトで確認してから申し込みをしてください。

ざっくりと15~20%相当の値引きとなるクーポンが多いですね。3万dポイントキャンペーンと組み合わせると実質半額相当で泊まれることになりますので、お得度はかなり高いでしょう。

クーポンの対象プランがあるかどうかはまだ調べていませんが、以前紹介したようにギフトカード・商品券付きのホテルを狙うのも有効です。
d0262326_22175062.jpg
夏休み期間中の土日・祝日はやや価格設定が高くなっている可能性はありますが、とにかく高還元を狙うならクオカード付きホテルがオススメです(前回調べた高額クオカード付きホテルリストはこちら)。

いくつかのクーポンはすでに先着枚数が終わってしまっているものもありますので、取得・予約はお早めにどうぞ。

☆「dトラベル

dトラベルではないのですが、旅行先でdカーシェア経由でレンタカーを借りると初回登録者限定で最大1,000dポイントが貰えます。
d0262326_22045439.jpg
登録するだけで100ポイント、登録した日を含む翌月末までにカーシェア、レンタカー、マイカーシェアのどれかを1回でも使えば+900ポイントが貰えます。


by ke-onblog | 2018-07-11 22:19 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
日本でも2018年のアマゾン有料会員向けセール「プライムデー」セールが7月16日10時から始まりますが、本家アメリカでも同日程でプライムデーが実施されます。

現地向けにはアプリのインストール・サインインで10ドルが貰えるキャンペーンやアマゾンアシスタントの利用でクーポンが貰えたりするキャンペーンもやっています(日本からだと.com向けのアプリを通常はインストール出来ないので、適用したい場合は何らかの工夫が必要でしょう)。

アメリカのプライムデーセールにも日本から参戦することは可能です。日本に直送できる商品かどうか(あるいは輸入代行サービスを使うか)は良く判断してから購入する必要はあるものの、簡単に個人輸入をすることで国内販売品よりもかなり安くガジェットを入手出来るチャンスもあるはずです。

アメリカのプライムデーは東部標準時で16日午後3時スタート、日本時間だと13時間ずれているので17日朝4時から本セールは始まるのですが、すでに先行してカウントダウンセールが始まっています。
d0262326_01005304.png
その中で日本に直輸入できるものとして、Galaxyシリーズ向けのワイヤレス充電器として発売されているQi対応チャーチャー 2018年モデルが30ドル引きの39.99ドル(USバージョン)にて販売されています。


送料・輸入手数料を含めると5,300円弱ほど掛かってしまいますが、国内でのアマゾンで6500円ほどで売られています。値引率としては微妙なところですが、こんな感じで送料・関税まで含めても日本国内で買うよりも安く買えるチャンスがプライムデーセールには多数出てくることでしょう。

アメリカのプライム年会は月額だと12.99ドル、年払いだと119ドル(約13,200円)です。日本のプライム会費より3倍以上高いので、よほど高頻度で米アマゾン使う人以外は、お試し期間だけで終了させるべきでしょう。日本からはアメリカ向けのサービスの多くは使えないですし。
d0262326_01222914.png
アメリカのプライム会員も1ヶ月間のフリートライアル期間があり、それを過ぎると月払い・年払いに自動移行するシステムです。

基本的には全世界のアマゾンで日本のアマゾンプライム会員と同じような簡単操作・登録でお試しが出来ますので、日本のプライムデーセールだけでは物足りない人は試してみましょう(一度試用したアカウントでの無料再登録は、日本と同じく出来ません)。


フリートライアルの登録方法・解約方法について詳しい解説は過去記事でやりましたので参考にどうぞ。実際に登録→解約するまでの手順をスクショ付きで解説しています。



by ke-onblog | 2018-07-11 01:32 | 端末輸入 | Comments(2)