白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:節約 ( 1815 ) タグの人気記事

前回の記事に引き続き、フレッツ光からの「光コラボ」への転用についての勉強メモです。

前回は「フレッツの新規契約に比べて転用のキャッシュバック特典は少なめ」というような話を書きました。

過去記事:フレッツ光転用でキャッシュバックが貰えるサイト・金額一覧

スマホ契約でキャッシュバック100kオーバーというのを日常レベルで見てきた人たちにとっては、少々物足りないCB額に思えてしまうかもしれませんね(笑)

では転用ではなく、いっそのこと新規でコラボ光回線に契約するのはありなのかな?というのを例をあげて検討してみたいと思います。

転用・新規でのCB額は代理店によって額が異なるので全ての代理店バージョンを検証するのは面倒くさすぎますが、今回は比較的転用・新規ともにCBの大きな「ブロードバンドナビ株式会社 ソフトバンク光コラボレーション」で行ってみます。キャッシュバック申し込みが1月11日までと明日までなので、急ぎの案件でもありますけど・・・(キャンペーンの延長がなければ、12日以降はたぶんCBが1万円くらい減ります)

この代理店を通して契約すると、

・新規ソフトバンク光コラボ契約 → 25000円キャッシュバック
・フレッツからソフトバンク光へ転用 → 18000円キャッシュバック

となります(*この転用CB額は[SoftBank 光 もうすぐ1周年記念乗り換えキャンペーン]を併用していますので、「ヤフーBBフレッツ」からの転用は対象外になるのでご注意)。

既存フレッツ光からの転用の場合、すでに光回線の工事が終わっていれば「工事費」は新たに発生すること無く乗り換えられます。しかし、フレッツ以外の回線・新規での契約をする場合にはフレッツ工事が要りますので、屋外工事ありの場合最大24,000円の工事費が発生します。
d0262326_14574342.png

光の工事費って結構高いんですよねぇ・・・。屋内工事のみでも9600円なので、新規と転用のキャッシュバック差額全額(工事費には消費税も掛かります)を上回ります。

関連として、転用前のフレッツ回線の工事費を分割で支払い途中の場合、転用後には「転用した先から分割の残債を引き継いで請求」されます。転用前に支払った工事費は無駄になりませんので安心してください(回線の種類が変わる場合は転用ではなく新規契約になるので、新たに工事費が発生します)。

どのタイプの工事が必要になるかは住んでいる建物、現在契約中のプランによると思いますので絶対ではありませんが、すでにフレッツを契約中の場合はあえて一度解約し、新規でソフトバンク光などのコラボレーション回線を契約するのは無駄が多いかな?ということで良さそうです。

キャッシュバック額が大きいから新規ほうがお得、とはならない可能性が高いので、目先の利益のみに惑わされずよく考えてみてください。


by ke-onblog | 2016-01-10 15:14 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
2-3月のインターネットの契約更新シーズンが近づいていますので、自宅の固定回線の契約でキャッシュバックを狙うための情報を収集中です。

後ほど見やすく比較表にしようかなと思っているのですが、まずはメモを兼ねて「光転用」についてのキャッシュバックについてまとめていきます。

転用による光コラボレーションは、今は「ドコモ光」「ソフトバンク光」など携帯回線とのセット割引が利かせられるようになったため、フレッツ光から契約変更しようと考えている方も多いかと思います。

私の調べた範囲では、「ドコモ光」への転用ではキャッシュバックが貰えるキャンペーンはたぶんありません(これから先も無いのかどうかは判りません)。ドコモ回線とセットにするならドコモ光が良いという方もいらっしゃると思いますが、ドコモ光でキャッシュバックを貰うためには「一般のCB付きフレッツ回線を先に契約し、CBをもらった後にすぐにドコモ光へ転用させる」というような搦め手を使うのが一般的(?)のようです。

一方で、ソフトバンク光の場合は光転用でキャッシュバックが貰える代理店がいくつかありますので、各自条件に合うかどうか確かめてみる価値はありそうです。


キャッシュバック額一覧を列挙する前の注意事項として、光コラボでの割引を狙う場合には関連サービスとのセットでの利用が大前提です。

「光コラボ」ならどんなサービスでも割引がきくわけではありません。例えば、

ドコモ光 → ドコモの携帯電話とセットで割引
ソフトバンク光 → ソフトバンクの携帯とセットで割引
So-net 光 → auの携帯とセットで割引(他So-netサービスでも割引あり)
OCN 光 → OCN モバイル ONEとのセットで割引

こんな感じで、それぞれの「光コラボ」とセットに出来る対象サービスが限定されます。ドコモ光を契約してもソフトバンクの携帯料金の割引は出来ませんし、OCN光に転用しても3大キャリアの回線値引きはありません。現在利用中、または将来使いたいサービスと合わせて選ぶのがお得なのです。そこを上手く選べない方は、転用するメリットは残念ながら少ないでしょう。


もう一つ、以下でピックアップする「光転用」のキャッシュバックは、良くある「フレッツ契約のキャッシュバック最大○万円!」のような高額CBではありません。フレッツの新規契約ならキャッシュバック5万円以上のキャンペーンもいくらでもあると思いますが、「光コラボへの転用」の場合は1万円以下、契約内容によってはCBは全く付かないところもあります。

すでにフレッツ光を利用中でコラボへ転用する場合は、あまり高額のキャッシュバックを期待し過ぎてはいけません(笑) もし「最大キャッシュバック5万円」と書いているサイトがあれば、それはきっと同時に扱っている新規契約の話です。


ではそろそろ本題に。

*キャッシュバック還元のタイミング・還元方法・最大還元額の対象プランはそれぞれで異なりますので、各自よく確認して申し込みを検討してください。

☆「万が一遅かったらポイントバック!【GMOとくとくBBのドコモ光】

エリア限定・・・CB10,000円または5,000円(利用地域による)
 +
全員・・・dポイント10,000円相当


☆「株式会社イムソニア(OCN光コラボ)」/2016年1月末まで

フレッツ転用・・・CB 5000円
自社転用・・・CB1000円 (既存OCNのネット契約から変更)


☆「株式会社イムソニア(So-net光コラボ)」/2016年1月末まで

フレッツ転用・・・CB 12000円
自社転用・・・CB1000円 (既存ソネットのネット契約から変更)


☆「ブロードバンドナビ株式会社」/1月20日まで

ソフトバンク光へ転用・・・CB18,000円
Mひかりへ転用・・・CB 0円
@T COM ヒカリへ転用・・・CB 10,000円
U-NEXT光へ転用・・・ CB 8,000円
So-net 光へ転用・・・ CB 10,000円
ビッグローブ光へ転用・・・CB 10,000円
OCN 光へ転用・・・CB 3,000円
@nifty光へ転用・・・ CB 12,000円


☆「株式会社NEXT(Mひかり転用)」/1月31日まで

・Mひかりへ転用・・・CB 10,000円


☆「株式会社NEXT(U-NEXT光転用)

・U-Next 光へ転用 ・・・ CB 5,000円


☆「株式会社リタ(So-net光転用)」

So-net 光へ転用・・・ CB 7,000円


☆「excite光

エキサイト光への転用・・・ CB 無し

ただし、月額料金がマンションで3360円~、戸建てでも4360円~と他社より安め。


☆「SoftBank 光(株式会社シナジーパートナーズ)」/2016年1月11日まで

ソフトバンク光へ転用・・・CB 10,000円(ここは昨年までCB8000円だったはず)


フレッツ光ではサービス提供外の地域・キャッシュバック額が東西エリアで異なることも良くあります。CBを貰えるまでの時期、振り込み・送付方法、キャッシュバックの条件としてオプション契約があるところもあるかもしれません。

CB狙いで契約される方は申し込み期限と、各種条件をよ~く確認して下さい。代理店契約ではキャッシュバックが大きいところほどトラップ満載だったりしますので、特典をもらい損ね無いように最大限の注意を払って下さい。

光転用ではなく新規でフレッツを申し込むと、工事費は別途掛かりますがキャッシュバックが数倍に増えますので、どちらが有利なのか(そもそも今使っているのは転用できるフレッツ光なのかどうか)も良く考えて下さいね。


by ke-onblog | 2016-01-10 07:52 | キャンペーン情報 | Comments(15)
こういうのがノジマからお正月に出でるのだろうと思っていたのですが、三が日ではなく三連休の方に販売だったのですね。

ほぼ毎月恒例のノジマウェブサイトの企画商品「お楽しみ箱」は、お正月バージョンということで「お年玉箱」になっています。

もう初日の発売分は終わってしまいましたが(9日の15時スタートだったのですかね?)、明日10日・11日も数量限定で発売されます。

☆「ノジマ お年玉箱(3連休・数量限定)」/5400円(税込み・送料無料)

一部中身の参考商品が出ていますが、1人用の電気カーペット・モバイルバッテリー・マッサージ器などがあるようです(*水は入っていません)。

販売価格は5千円ですが、中身の合計額は1万円以上とのこと。これは昨年12月にあったクリスマス箱と同等ですね。

アタリ商品はダイソンのPure hot+cool。市場通常価格は6万円超です。

他にもニンテンドーDS,PS Vita, ソニーのスマートウォッチ3など、合計9名分ですが豪華賞品があたります。

明日・明後日の販売時刻はまだ発表されていません。ノジマのツイッターかFacebookに情報が出るはずなので、購入する場合はチェックしておきましょう。一瞬で即完売になるようなことはないですが、1時間くらいで売り切れることも多いみたいです。

商品到着は節分の頃となっていますので、2016年は2月3日前後ですね。「お年玉箱」というには若干無理があるのでは・・・


by ke-onblog | 2016-01-09 23:12 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(2)
7日は1ドル117円台まで突っ込んでますね。

2015年のドル円相場120円台をちょろちょろしていた期間が長かったと思いますが、昨年11月頃をピークに円高方向に転換し、年始にかけてもずるずると円高が進みました。

私も昨年1ドル123円くらいの頃に手持ちのドルを全て円に買えたのですが、あれは正解でした(もっとも、大した額ではなかったですが)。

円高・円安はどちらかになれば良いという問題ではないですが、商品を海外から輸入する場合には円高のほうがありがたいのは事実です。

これからキッシュバックが無くなって日本のスマホが高くなるなら、海外から輸入すれば良いのです。というと言い過ぎな気もしますが(技適の問題もいろいろありますしね~)、SIMフリースマホの価格を追跡していると明白に安くなっているのを実感できます。

日本でも利用できる海外製SIMフリースマホの代表格はiPhoneでしょうけれど、今季はXperiaZ5シリーズが日本の技適を通っているモデルがあり、人気が出ています。

それぞれの型番は、

・Xperia Z5 E6653
・Xperia Z5 compact E5823
・Xperia Z5 Premium E6853

です。これ以外の型番だと日本で合法的に使えないかもなのでご注意を。例えばZ5PのE6883はデュアルSIM版ですが、それだと日本の技適マークが出せないそうですね。

SIMフリースマホの輸入といえば「エクスパンシスicon」。年末にかけてはクリスマスクーポンなどもありましたが、それよりも円高効果での値下がり具合の方が影響が大きそうです。

1月6日時点の価格は以下のとおりです(税別・送料別)
 
・Xperia Z5 E6653 70,500円
・Xperia Z5 compact E5823 56,700円
・Xperia Z5 Premium E6853 77,980円

ドコモモデルのZ5 compact SO-02Hなんて白ロムで8万円以上するので、SIMフリーモデルのなんと安いことか。機能が全く同じとは行きませんが、この価格差ならおさいふ機能より値段を優先させたい人もいるかもですね。

もう一つ私が最近注目している「Etoren.com」。こちらも値下がっています。

1月6日時点での価格は以下のとおり(こっちは税込みです)

・Xperia Z5 E6653 72,426円
・Xperia Z5 compact E5823 55,987円
・Xperia Z5 Premium E6853 83,623円(ゴールド)

こっちもZ5 compactの値下がりが顕著です。以前ブログで紹介した12月22日時点では今と同じ470ドルで56,967円と日記に書いていました。5万円の商品に対してたかが1000円の差という気もしますが、Etorenとしては価格を全く変えていないのに、為替相場だけで保護フィルム分くらいの値段が変わるのです。

1ドル118円として470ドルなら55460円ですが、関税まで含んでこの価格というのはどういう計算なんですかね?(笑)

ちなみに、Etorenでは日本のアマゾンでも販売を行っており、そちらの価格はE5823で64,200円になっていて割高です。

でも、Etorenのサイトから購入しても日本のアマゾン倉庫から発送されてくることもあると読者さんに教えて頂きましたので、日本の倉庫に在庫がある商品は届く時間はどちらでも大差ないのかもですね(返品・返金対応などはアマゾンではなくEtorenでの直接対応になるなどの違いはあるでしょう)。

今は1ドル120円を切っていますが、1ドル80円なんて時代もあったわけで。それもたった4年前のことです(2012年1月で1ドル77円くらいでした)。

470ドルを80円/ドルで計算すれば・・・37600円!Xperia Z5 compactが4万円以下なんて即買レベルですね。

昨年のようにドコモでSO-02Hが投げ売りされるのなら白ロムが4万円くらいで買える日がくるのかもですが、いろいろと雲行きが怪しくなっているので、ドコモのプリインストアプリもなく、docomoロゴも無いSIMフリー版というチョイスもありかと。

どこまでこのあと円高に進むのか、また円安に戻るのかは私には予想は付きませんが、大きく為替が動く場合には来月登場が噂されるiPhone6cや秋のiPhone7にも直接影響してくる可能性もあるため、海外旅行に行かなくてFXなどもやらない人でも為替の動きはちょっと意識しておくと良いかもしれません。

エクスパンシス

by ke-onblog | 2016-01-07 11:54 | キャンペーン情報 | Comments(9)
ノジマの白ロム在庫は毎日のようにチェックしていますが、今年初めてお買い物をしてみたら「お年玉ポイント」なるものが1月1日に付与されてたことに今更気付きました。

ランクによって違うのかもですが、私は100円分のオンライン限定で利用できるポイントがあり、その期限が1月11日までとなっていました。

わざわざ100ポイント消費するために無駄遣いする必要はないですが、せっかくなので消費しておきました。

デジイチ用のプロテクターが安かったので。サイズ経にもよりますが、半額以下になっているものもあります。

☆「ケンコー PRO1Dプロテクター

いつもはアマゾンで買っていたのですが、ノジマが価格.comで最安値かつお年玉ポイントを使って安く買えました。

私は手持ちのレンズにはとりあえずこのケンコーのプロテクターをつけているのですが、このPRO 1Dには「(W)」というのが付くのと付かないのがある?ノジマのサイトに掲載されているメーカー商品ページにジャンプすると「(W)」のついた良く見かけるシリーズと同じっぽいですが。。。

メーカー取り寄せなのか発送に10営業日も掛かりますけど(´Д`;) 予備としての購入なので良いんですけどね。

あとはジョーシンウェブも200円分のお年玉クーポンが来てましたね。あちらは3日間だけだったので使わずに終わってしまいました。

お正月セールもほぼ終了してしまいましたが、ノジマは基本的に送料無料なのでポイントが余っているのなら適当に安い商品をオーダーしておくのも良いかもしれません。


by ke-onblog | 2016-01-07 06:33 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
今年は(今年も?)白ロム業界にとって大きな変動がありそうな一年です。

2016年最初の価格チェックということで、今回はいつもよりも多めの機種で相場チェックをしていきます。現状で買い時を迎えた機種も買い時を過ぎた機種もありますが、今年の春以降にどう動いていくのか、その基準となる価格相場を把握しておくことは重要でしょう。

前回は昨年11月28日のチェックが最後だったので、1ヶ月ちょっと振りです。お正月シーズンを挟んでいるのでこれからすぐに相場が少し動きそうなので、冬休みにゲットした端末の売却や買い替えで不要になった端末の現金化の参考にもどうぞ。


ではドコモの機種から行きます。各コメントは前回チェック時からの変動です。

・Z3 SO-01G 50000円~60000円 引き続きばらつき大
・Z3 compact SO-02G 45000円~50000円 上値がやや上昇

・ZETA SH-03G 52000円~58000円 高値での取引続く
・ARROWS NX F-04G 46000円~48000円 変化なし
・Z4 SO-03G 45000円~60000円 下値は変化なく、上値が大幅振れ
・A4 SO-04G 42000円~48000円 45k前後に収束傾向
・S6 SC-05G 48000円~51000円 ほぼ変化なし
・Galaxy Note Edge SC-01G 48000円~52000円
・dtab d-01G 11000円~12000円
・AQUOS EVER SH-04G 34000円~36000円

・Z5 SO-01H 75000円~78000円 
・Z5C SO-02H 90000円前後
・Z5P SO-03H 80000円~85000円

Xperia Z5 compact高すぎ(笑)機種としての出来が良いのは判りますが、いくらなんでも9万て・・・。01H,03Hが端末購入サポートに入ったのに対し、SO-02H割引不足なことが影響しているのだとは思いますが、ドコモのスマホとしては最高級レベルになっちゃってます。SIMフリーモデルでも「Etoren Sony Xperia Z5 Compact 4G/LTE E5823」なら6万円切ってますので、ワンセグやおさいふケータイを使わないならばこちらをオススメします。

Note Edge SC-01Gは未使用品で5万円前後の落札が見られたのですが、12月にはSIMロック解除版が6万円台後半で売れているものが見られます。一時期SC-01Gは多く売られていた事もあったと思いますが、在庫が減ってきたこの時期にSIMロック解除済みで付加価値を出した出品者の作戦勝ちですね。

今お買い得な機種は・・・あまりピンと来るものはないです。dtabか、Xperia A4くらいでしょうか。昨年のように3万円台で買えるようなハイエンド機種はなく、それなりに使える機種を買おうとすると最低でも5万円くらいは予算を見たほうが良いです。

続いてauに行きます。

・Z3 SOL26 45000円~47000円 下値が大幅に上がり、46k前後で安定
・Note Edge SCL24 39000円~43000円 僅かに上値上昇
・HTL23 28000円~30000円 下値が若干値上がり

・SERIE mini SHV31 19000円~26000円 上値が1割ほど値上がり
・isai VL LGV31 23000円~26000円前後  変化なし
・Z4 SOV31  36000円~40000円 若干値上がり
・SCV31 32GB 37000円~40000円前後 ほぼ変化なし
・SCV31 64GB 42000円~46000円前後 1割ほど値下がり
・HTV31 27000円~29000円前後 若干値下がり

・URBANO V02 25000円~30000円
・LGV32 40000円~48000円
・SOV32 60000円~68000円
・Qua tab 12000円~16000円 

auは2015年秋冬モデルが少なかったので相場は大きくは動いていません。在庫数の変動というより、冬休み効果で若干入札が増えて相場が上向いた機種もあるかな?という程度です。

お買い得な白ロムはHTV31, SHV31(MVNO利用不可), SCV31の64GBモデル, Qua tabあたりですかね。LGV32がちょっと安くなってきました。

では次にSB。普段は興味・需要が少ないので追跡すらしてませんけども。

・Nexus6P 32GB 51000円~57000円
・Nexus6P 64GB 60000円前後
・XperiaZ5(501SO) 55000円前後
・XperiaZ4(402SO) 35000円~40000円
・Galaxy S6 edge(404SC) 32GB 45000円~50000円

ソフトバンクはSBのネットワークを使った格安SIMでも始まれば相場が動きそうですが、昨年夏頃に噂があったきりで、音沙汰無し。MVNOへの卸しコストが高くて参入できないとか?

一括0円でばら撒かれているわりにはNexus6Pの価格が落ちませんね。SB版はSIMロックもまだ付いたままでしょうし、半年自分で使ってからSIMロック解除→放流という方も多いかもしれません。だとすれば春から夏にかけて中古白ロムの買い時がくるのかもですね。

最後にSIMフリーモデルの売買相場もチェックしましょう。

・honor6 Plus 30000円~32000円
・Xperia J1 compact(D5788) 35000円~37000円
・Zenfone2 Laser(16GB, JP) 22000円~25000円
・HTC Desire 626 20000円~23000円
・Huawei P8 lite 22000円~26000円
・Priori3 12000円前後
・Ascend G620S 12000円前後

なぜこのラインナップなのかは、皆さんわかりますよね?(´∀`)

Xperia J1 compactは前回の楽天モバイル半額セール時、タイムセール期間中に完売しきれなかった割には価格が大きく落ちずに頑張っています。h6PとJ1Cの販売価格差が5千円くらいでしたので、そのまま相場に反映されている感じです。

2014年あたりから格安SIMが一般に普及し始め、2015年は各サービスで値下げ競争が勃発しました。2016年も引き続きMVNOの元気がよさそうなので、白ロムの需要自体は増加傾向を見込んでいます。

白ロムの買いどき・売りどきは昨年以上に難しいものになるかもしれません。各員しっかりと動向を見極め、お得に売買できるようにチェックを怠らないようにしましょう。


by ke-onblog | 2016-01-06 06:10 | 白ロム転売法 | Comments(10)
プレミアム会費の方はまだ微々たるものといえるかもですが、ヤフオク出品手数料の値上げが迫っています。

ヤフオクの出品にはプレミアム会員である必要がありますし、Tポイントの優遇もあるため、簡単に元が取りやすいのでプレミアム会員になっている方は多いと思いますが、3月分から料金が一気に2割ほど上がります。
2016年3月1日より会員費を月額380円(税抜き)から月額462円(税抜き)へと改定

年間にすると1000円弱のコストアップです。

また、2016年2月16日のオークション終了分からヤフオク出品手数料が大幅に値上げされます。
d0262326_18555435.png

一気に6割増・・・。

1万円の落札で864円(現行から+324円値上げ)、3万円なら2592円(972円値上げ)、5万円なら4320円(1620円値上げ)です。

一般の小売店であれば販売の手数料・コストが上がったのなら商品販売価格にそれを反映させて利益を確保することができるでしょうけれど、オークションの場合は価格への転嫁が難しいですよねぇ。

私は楽天オークションは使わないので情報に疎いのですが、今も手数料は5.4%ですかね?ポイント付与料や決済手数料が他にも掛かりますが、これからは楽天の方が多少有利でしょうか。

一方で落札者のヤフーかんたん決済手数料が無料化されるなどの対策も打っており、入札が増えれば落札相場も上がると見るべきか・・・。いちおうこの手数料改定時期にあわせてTポイントが最大3%付与されるキャンペーンが用意されているということなのでしばらくは相殺できるのかもですが、それも一時的なものでしょう。


最近ではスマホがメインのフリマアプリも増えましたよね。手数料分が圧倒的に有利なので市場が急成長していると聞きますが、私は個人的には怖くて使ってません。トラブルに巻き込まれて時間と精神を消費したくないので(´∀`;) 

他に白ロムを個人売る方法としては、アマゾンのマーケットプレイスに小口出品で出すか、ケータイアウトレットなどのフリマサイトを使う方法もあります。マケプレの場合は料金のシステムがちょっと複雑なので手数料は「○%」と固定ではないですが、スマホの場合は10%前後くらいになりますかね。ケータイアウトレットも5000円以上の商品で売価の10.26%が掛かるため、決して安くはありません。

オークションやフリマアプリが使いづらいと感じる状況が増えれば、携帯の買取業者の出番ですかね。最近は白ロム買取業者も増えて買取価格もピンキリですが、白ロム売買の最大マーケットであろうヤフオクの手数料が上がるとなると、さっと買取店に持ち込んだほうがお手軽になることも増えそうです。

2016年は春からキャッシュバックが減り、販売手数料も上がってしまえばさらに厳しくなりそうな不安要素も多いですが、いろんなサービスを臨機応変に活用してやり過ごしましょう。


by ke-onblog | 2016-01-05 19:24 | 白ロム転売法 | Comments(11)
公式の確定情報を確認したわけではありませんが、先日から話題の0SIMには現状のデータプラン以外に、SMS付きや音声プランの提供が想定されています。

0SIMを契約するときに皆さんもご覧になったかもですが、0SIM by So-netの料金表としてウェブ上にpdfファイルが公開されており、そこにはデジモノステーションのコラボSIMでは契約できない音声プランの料金設定・利用規約が細かく定められているのです。

ということはやっぱり将来的には「0SIM」を正式なサービスとして誰でも契約できるようなプランとして提供する予定がある・・・のかもしれませんね。

☆「0SIM by So-net料金表(PDF)http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/legal/pdf/kiyaku_ryokin.pdf

上記資料によれば、SMS付きにすると月額140円~、音声プランは通話モード490円+64kb/sデジタル通信モード200円+ショートメッセージ通信モード10円=合計月額700円からのサービスとなるようです。

音声プランでも499MB以下なら700円なので、MVNOの音声プランとしては最安値級ですよね~。freetelの使っただけ安心プランが100MB以下で999円、@もばいるくんが500MBで800円という音声プランもありますが、それを下回ります。


そんなに安い音声プランならMNP弾に・・・とも思うところですが、そうもいかないかもしれません。

デジモノステーションのコラボSIMは手数料無料+最低維持費0円+解約金0円という「ゼロ円」が強調されたプロモーションでしたが、上記資料には通常契約時は初期手数料3000円が設定されています。また雑誌特典として安く売られたり、アマゾンなどでパッケージが安く売られるようになればこの事務手数料分は節約できる可能性もありますが、音声プランは最低利用期間があります。

音声プランの最低利用期間は12ヶ月で、短期違約金は5200円となっていますね。

短期解除で5200円なら安いもの(ΦωΦ)フフフ… と思うかもですが、まだトラップがあります。

MNPの転出手数料がいつでも7000円掛かるので、月額料金こそ使わなければ1ヶ月分の700円で済むかもしれませんが、事務手数料3000円+MNP手数料7000円+違約金5200円=15200円+税くらいのコストが即撃ちの場合にはかかります。上手いこと料金設定がされていますね(笑)


こんな感じで、将来0SIMが正式にサービスインしたとしても、初期手数料がどうなるのか不明なのでやっぱりデジモノステーションは買いだったと言っていいでしょう。またコラボSIMが安く手に入るなら別ですが、正式サービスで手数料が3000円必ず掛かるなら、それ以下で買えるコラボSIMは多少高くても買っておくべき・・・なのでしょうか^^;

こうした利用規約は想定されるプランを事前に作っておくものみたいなので、本当に正式サービスとして登場するかどうかは判りませんが、キャリアがようやく1GBプランを出そうというこれからの時代に、500MBまでとはいえ「0円」のパケットプランを提供してくるのは面白いところです。

MVNOの主流は3GBプランになってきてますが、それ以下のライトユーザーや逆の大容量プランでの価格競争が2016年は激化するのかもしれませんね。


by ke-onblog | 2016-01-05 07:31 | 白ロムコラム | Comments(0)
春に向けての記録用です。

インターネット回線の契約変更を最近したという親族がいて、ほとんど自宅のネットを使わない(ただしスマホはかなり使う)というのに戸建て用光回線を月額5千円オーバーの料金で契約したと聞いて、どう考えても勿体無いよな・・・と思いつつお正月を過ごしました。

パソコンもほとんど使わないような家庭ですが、スマホでも使える定額の動画サービスは契約しているので休日の暇な時には動画を沢山見るので無制限で使える回線自体は必要なのだということは理解して光を契約したそうなのですが、動画を見る程度の用途なら私ならWiMAX2+をオススメしたところです。iPhoneやiPadで見るのがほとんどなそうなので、4K動画ということもないでしょうし。

WiMAX2+でも使い過ぎるとスピード制限はかかりますが、制限時でも動画を見る程度なら今は問題ないはずですし、外に持ち出せる+戸建て用光回線よりは月額料金もかなり安く出来るはずです。

というかもともとその親族も安いマンション用の光が使えると思って申し込みをしたそうですが、じつはその回線は戸建て用しか対応していなくて、でも面倒だからそのまま契約までしてしまったとか・・・。私なら絶対途中でも別の契約を再検討するところですが、そういうところに興味のない人ってそうなんだな~と(苦笑) まぁ、お金を掛けるか苦労を掛けるかの違いは人それぞれなので、どうでもいいです。


WiMAX2+キャッシュバックの話に戻りましょう。

このブログでWiMAXの話を良くしていたのはちょうど1年前、WiMAX2+とその新料金体系「ギガ放題」プランがスタートした頃の月額料金と契約キャッシュバックの変動について1-3月の繁盛期と、その後の閑散期で記録を取っていました。

昨年の場合は2015年3月の下旬頃を極大として、1月からジリジリと毎月キャッシュバック相場が上がってゆく様子が観測できました(ギガ放題ではない旧プランから変更になったことで、大きくCBも増えたことも影響しています)。

そのバロメーターとして「GMOとくとくBB WiMAX2+」の案件を追跡していますが、ちょうど昨年12月にはCBが増額されており、W01という端末の場合で最大37000円のCBがありました。

しかし、年が変わって2016年1月では、全く同じ料金プラン・契約でCBが33500円まで下がってしまいました。去年の9月でも35550円だったと日記に残っているので、それ以下です。

CB33500円だと、ちょうど2015年3月前半のWiMAX2+ギガ放題が始まった頃と同等です。そう考えれば相場としては悪くはないのですが、先月からは一気に1割もCBが減ったのは惜しいですね。一昨年の12月のデータは残ってないのですが、12月という時期もCBが増えやすいタイミングだったのでしょうか。

CBを33500円だとして、WiMAX+のギガ放題プランの2年間の運用コストは7万円くらいになるはずです。1ヶ月あたりだと2900円強(税別でのラフな計算です)。5GB,10GBクラスの格安SIMよりは高いですが、制限時でも5Mbpsくらいの速度で使いまくれるのなら、動画を大量に見るという用途なら高くはないでしょう。

マンションタイプの光回線で安い所だと月額3000円台に収まる(我が家もそんな感じです)ので、安い光回線が使えるのなら、そちらの方が間違いなく快適でしょう。WiMAXの場合は外に持ち出すことが可能というメリットもあるので単純な比較は出来ませんが、外で何時間も動画を見続けることなんて滅多にないでしょうし。


WiMAXはどちらかというとファミリーよりも単身者、学生などにオススメです。持ち歩き+固定回線を兼用させ、携帯回線と合わせて全体での通信費を下げるのに効果的です。あとは固定回線ではないので契約の場所と利用住所を固定する必要がないため(もちろん電波が入ることが絶対条件ですけど)、引っ越しの前後に契約しても楽です。

3月~4月頃になると固定回線の工事がめちゃくちゃに込みますから、学生さんや新卒新入社員の方あたりは引越前に自宅でWiMAXを契約しておき、それを引越し先でもそのまま使うというのが楽でしょう。WiMAXは都市部以外だとつながりが悪くなるのでエリアの事前確認は必須です。

サービスエリアは「UQ WiMAX」の本家サイトに出ています。住所や地図で受信出来る地域が見られます。
d0262326_1531064.png

こんな感じで都内ならよほど大丈夫ですが、少し外れると入りづらい地域もあるので要注意。

WiMAX関連はこれから3月にかけて代理店のキャッシュバックが盛り上がっていくと予想していますので、すぐに回線が必要ならば仕方がないですが、契約を急がないのなら2月・3月と様子を見てCB額が最大になるタイミングを狙ってみましょう。今よりはたぶん上がりますから。
by ke-onblog | 2016-01-04 15:04 | 白ロムコラム | Comments(0)
今年はカレンダーの並びが悪かったのでお正月休みは昨日の3日までという方も多いそうですね。学生さんはもう少し休みでしょうか。

三が日も営業を続けていたショップの初売りは昨日か今日あたりで終了するところが多いです。さすがに「初売り」としてセールが続いてきたところの在庫は掃討戦にさしかかり、目玉商品は残っていないですね~

ただ、三が日までを普通に休み、今日から営業を始めるショップの初売りは4日から出る可能性もあります。また、タイトルに書いたヤマダ電機の日替わりセールのようなタイプが残っています。

☆「ヤマダ 2016年新春初売り 日替わり特価コーナー」/4日分は午前10時スタート

4日の特価品はNewニンテンドー3DS LLセット 22000円(税別)でしょう。子どもたちが欲しがりそうなアイテムをこのタイミングで出してくると。。。親戚の挨拶廻りでお年玉も貯まった頃合いでしょう(笑)

DSはいろんな種類があって私には通常価格がよくわからないのですが、本体だけでも2万円くらいするのですかね?

ゲームソフトは「マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX」。これも新作で4千円くらいでしょうか。もう一本「ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」は古い?1000円くらいで売っているショップもあるようです。

合わせて25000円くらい?とするとそんなに安くもないのですかね(苦笑)

でも3日の販売セール品はほとんどが売り切れているので、全体としてはそれなりに安いのでしょうか。


一方、年末年始休業していた携帯ショップの販売も4日から始まりそうです。年末年始も休まず営業しているキャリアショップや量販店の携帯コーナーは多少のポイント上乗せなどが見られたようですが、あまり目立ったセールは無かったようです(少なくとも私の近所の量販店は寂しいものでした^^;)

2016年1月で終わる(とされている)施策もいくつかありますし、それに間に合うように「年始にして最後の安売り」というようなキャッチフレーズが流行りそうな状況です。

まだお休み期間がある方はお正月休みを取っていたショップの調査に行ってみるのも良いかもしれません。


by ke-onblog | 2016-01-04 03:08 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)