白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

タグ:節約 ( 1810 ) タグの人気記事

え~と、たくさんキャンペーンが出ていますので、詳細は各自でご確認を^^;


このブログではhonor6Plus半額セールの話題ででお馴染み楽天モバイルが、今日10月29日でサービスインから1周年なのだそうです。それを記念して、本日10時~2015年12月5日午後7時までの期間、「超豪華4大キャンペーン」と題して、楽天モバイルのスマホ購入・下取りなどでさまざまなキャッシュバックを行うとしています。

どの程度のお得感があるのかはまた夜にでも考えたいと思いますが、CBの組み合わせ次第ではなかなか美味しいかも・・・

☆「楽天モバイル

4大CPの内容をざっくり書くと、

1. honor6 Plusの購入+SIM契約で音声13kCB,データ 5kCB
2. その他対象スマホ+SIM契約で最大12kCB
3. 契約時に下取り成立で最大6kCB
4. おさいふ機能付き端末購入でedy 1kCB

honor6 Plusの場合だと、特典の1と3は併用できるはずなので、本体は定価の45800円ですが下取りで最大6000円分の楽天ポイントを貰えるならば19000円分の割引となり、以前の半額セールほどでは無いにせよ、そこそこの割引ですね。

半額セールの時は音声SIMのみが契約条件でしたが、今回はデータプランでもOKです(容量は全プラン可)。

下取りは「アワーズ」という携帯買取店が楽天と契約しているようで、そこの買取価格にプラスして楽天ポイントが貰えるという仕組み(少し前にQua Tabの高額買取をやっていたという情報をお伝えしたショップです)。最大6000ポイントの対象はiPhone5,5c,5s,6シリーズとのこと。iPhone5で6000円分増というのはかなり美味しいかも・・・キャリアのMNPとは違いますから、売るのは白ロムで入手した安価なものでもOKでしょう(壊れてなければ)。下取りキャンペーンは「音声SIM」を契約している場合に限ります。

また、新機種として楽天モバイルでは富士通のarrows M02(RM02), シャープのAQUOS SH-M02の32GBモデル(SH-RM02)、HTCのDesire 626,Acer Liquid Z330など4種類を新規取り扱いを始めました。

もともと楽天モバイルは扱っているSIMフリー機種が豊富でしたが、ますます選べる機種が増えましたねぇ。

今回の1周年記念キャンペーンは、個人的には以前の半額セールには及ばないかな?という判断ですが、Zenfone2 Laser・Xperia J compactなど半額にならなかった機種も今回はキャッシュバック対象に入っているので、機種に拘りたい方はキャンペーン期間中の特典適用を検討してみても良さそうです。


by ke-onblog | 2015-10-29 12:19 | キャンペーン情報 | Comments(0)
う~ん、mineoの割引キャンペーンが終了する頃、いったいどの回線を残せば良いのやら・・・

10月月末、たっぷりと余らせたMVNOのデータ残量を消費すべく、スピードテストをガンガン回しております。

先週開通させた新入り・mineoのドコモプランを追加して、mineoのauプラン・DMMモバイル繰越分を含めて10GBくらい使えるのですが、3日間で4GBほど速度測定だけに消えてゆきました(笑)

mineoもDMMも、24時間以内・3日以内などの短期制限は無い(高速通信ON時)ため、残量がある間は快適なネット接続が可能なのですが、私の測定環境では以前に比べてmineoのau回線が遅くなっている気がします。

普通に使う分には十分に快適ではあるのですが・・・

10月28日における1日の実測比較結果は以下のとおりです。
d0262326_22562964.png

mineoのDプランがあまりにも快適すぎます(笑) ミネオを契約する前はDMMでも十分私の用途には間に合ったのですが、mineoのドコモ回線と比べてしまうと残念な速度に見えてしまいますね。

それぞれの1日の平均速度は、

mineo dプラン 34.2 Mbps
mineo aプラン 8.9 Mbps 
DMM (ドコモ系) 11.8Mbps

9月頃にmineoを初めて使い始めた時はとても快適に感じたのですが、今はDMM以下です。

最も混雑する12時30分の測定では

mineo dプラン 5.58 Mbps
mineo aプラン 1.2 Mbps 
DMM (ドコモ系) 0.5Mbps

やっぱりmineo au回線は比較的混雑時も強いのですが、dプランの安定感がすご過ぎて霞みます。

DMMはF-10D, mineo dプランはNexus6で測っているので端末の対応周波数による速度差も出てしまっていると思われますが、SIMのサイズが違うので入れ替えは出来ません。mineoのSIMはnanoにしたので、F-10Dには挿せるため、29日はSIMアダプターを使ってF-10Dで測定予定です。

今回私はmineoキャンペーンの駆け込みで5GBプランを申し込み、速攻で来月から3GBプランに下げる作戦を執っています。28日時点で残り2600MBまで来ていますので、5GBプランを申し込んだ価値はありました。3GBではこのテストは出来なかったですからね(´∀`)

このmineo ドコモ回線の快適さが継続するなら、auプラン・DMMは解約ですかねぇ。mineoの設備投資継続&DMMの価格破壊に期待です。

☆「mineo ドコモスタートキャンペーン」/10月31日申し込み分まで有効


by ke-onblog | 2015-10-28 23:02 | 格安SIM(MVNO) | Comments(3)
昨日10月26日月曜日分のデータがまとまりましたので、格安SIMサービス mineoの実測状況が知りたい方は参考にどうぞ。

端末を持ち歩いて1日測定していますので、定点測定ではありませんが悪しからず^^;

契約しているのはmineo dプラン(ドコモ回線利用)、SMSなし、5GBのデータプランです。
d0262326_12413983.png

朝8時は都心部の駅で測ったのでちょっと混雑してますが、それでも10Mbps。

お昼12時30分はちょっと速度が落ちますが、1Mbpsは切っていません。

午後~夕方~夜にかけても格安SIMにしては爆速。下手すればドコモ本家より早いんじゃないですかね(笑)

現在mineoの申し込みは僅かですが混雑しており、データプランの場合で審査に3日+発送で2日ほどが掛かっているようです。今日27日申し込みはギリギリ11月1日の開通に間に合うかどうかという最終日になります。

1日開通じゃなくてもキャンペーン自体は適用できますが、11月2日以降のスタートだと11月分は料金日割り→12月分から割引スタートになりますので、少しでも節約したい場合は今日がお得に使える最後のタイミングとなるでしょう。

☆「mineo ドコモスタートキャンペーン(10月31日申し込み分まで)


by ke-onblog | 2015-10-27 12:48 | 格安SIM(MVNO) | Comments(0)
ソフトバンクのiPhone6sとセットで使うとスマート値引きによる割引が増額されている11月末までにSoftbank Air(ソフトバンクエアー)に加入検討をしている人が多いみたいです。

現在の割引増量は大容量プランで最大2522円の割引になりますが、それよりも標準の5GBプランや旧料金体系のホワイトプランでもなかなか割引額が大きいことがポイントなのかもしれません。
d0262326_8574484.png

ホワイトプランのパケットし放題フラットでも毎月1522円の割引きは大きいですね。通常なら500円しか割り引かれませんので。

ソフトバンクエアーの評判や口コミについて過去にまとめた記事を参照してみてください。

過去記事:固定回線に替われる?ソフトバンクエアーの実速度や利用制限

今回ちょっと気になった点として取り上げるのは「引越し関連」についてです。

ソフトバンクエアーは2年単位の契約なので、学生や一時的な単身赴任の場合など近い将来に引っ越しを予定していると、引越し先でも使い続けたい場合にどうなるのだろう?と疑問に思う人もいるかもしれません。

上記の過去記事でも解説していますが、ソフトバンクエアーは契約した住所でしか使えません。電源が必要なので外では普通使わないと思いますが、自由にいろんな場所へ持ちはこびながら使うということは規約上出来ません。扱いが「固定回線」ですからね。

まぁ、そこは仕方がないとして(自宅と居所地を行ったり来たりして使いたいならWiMAXが良いでしょう)、登録した住所の変更はどうなのかな?と。

調べてみたところ、ソフトバンクエアーの利用場所の住所変更は可能でした。

ただし、事前の住所変更申請が必要です。事後ではダメです(引越し後の連絡になってしまうとトラブルがありえます)。
d0262326_9134620.png

上記記述がSB Airの重要説明事項にありました。

引越し先へソフトバンクエアーの契約住所を変更を予めしておくと、もしそこが受信エリア外だった場合、更新月以外では通常9500円掛かる契約解除料が無料になるのですね。

もし事前連絡無く引っ越して、後から使えないことが発覚した場合は「移転完了後8日以内」という判定ができませんから、引越し先で使えないことが判っても違約金が発生してしまうということみたいですね。

*そもそも引越し先の住所が提供エリア外である場合はソフトバンクエアーの移転自体が出来ないため、SoftBank Air お問い合わせ窓口まで連絡するようにとのことでした。

ということで、スマート値引きを検討中かつ引越し予定が近くにある場合は、引越し先でも継続して値引き継続をしたいなら普通の固定回線よりもSoftbank Airの方が融通は効きやすそうです。SB Airが安定して使える場所(Sotfbank 4Gの接続エリア)は都市部に限られると思いますが、料金面と利便性を考えて普通の固定回線を引くか、ソフトバンクエアーにするのか選んでみると良いです。

今のスマート値引き増額は11月30日までに端末の購入とスマート値引き適用をさせる必要があります。ソフトバンクエアーは工事不要で申し込み完了から機器到着後すぐに使えるのがポイントの一つですが、期限ギリギリだと手続きが間に合わないかもなので、余裕を持ったスケジュールで進めることをオススメします。


by ke-onblog | 2015-10-27 09:35 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
mineoのドコモプラン、今日は速くないですか?

私はまだ一昨日の24日にmineoのdプランは開通させたばかりなので過去の状況を実体験で知っているわけではないのですが、噂に聞いていたよりも随分とデータ通信の速度がアップしているように感じます。

mineoでは9月、10月に利用者増に伴ってネットワークを増強したと公式サイトにも書かれています。

10月は3回も増強を掛けているらしく、1回めは10月上旬、2回めが10月18日、3回目がもしかしたら昨日か今日だったのかも(今週に増強予定があると書かれています)。

詳しいデータは後日まとめてアップしたいと思いますが、今日の12時30分でも下り速度1.8Mbpsほどを保ち、15時には40Mbpsを超えています。

で、朝6時では上り66Mbps、下り14Mbps(ping 39ms)。

以前測定したmineo auプランより明らかに速いです。au回線も増強されたということなので、そちらもで速度が向上しているのかもしれませんが。。。

今、18時に測定した結果では、

dプラン・・・ 下り42.42Mbps/ 上り 14.28Mbps (Nexus6)

aプラン・・・ 下り15.56Mbps/ 上り 8.76Mbps (FJL22)

ダウンロードはダブルスコアでドコモプランの方が速いですね!

今週はドコモプランのスピードテストをやりまくろうと思っていたのですが、こうもスピードが出てしまうと、5GBでも足りなくなるんですけど・・・

(余ったパケットギフトを要求しているわけじゃないですよ?コードを送りつけないようにしてください(笑)

キャンペーン終了目前ですが、もしmineoのどちらの回線を申し込もうか速度面で迷っているなら、「今は」という前置きが付きますが、どうやらドコモ回線の方が快適に使えそうな感じです。

どちらも決められない!という方は両方とも申しこめば問題無いですw

また、現在mineoのサイト上で「スピードテスト選手権」なるものをやっているそうです。速度テスト結果のスクショを撮って送り、上位に入るとパケットギフト1GB分とグッズが貰えるらしいです。

1GBはちょっと少なすぎて魅力無いですけど・・・IIJmioみたいに1TBとかにしませんか?(´∀`)

1位は1Gbpsとか出ちゃうんじゃないですかね~。応募方法がスクショの提出なので。。。まぁ、ネタですよね。運営も判ってやっていると思います(笑) 本当に厳粛にやるなら専用サーバーなどで接続記録・転送記録と比較して不正を取り締まるなんてことも出来るのかもしれませんけど。

スピード選手権はともかく、MVNOとは思えない速度がmineoのdプランでは現状で出ているので、ドコモ回線を申し込んで放置している方はスピードテストをしてみると面白いかも知れません。

☆「mineo ドコモスタートキャンペーン(au/docomo回線共通)


by ke-onblog | 2015-10-26 18:14 | 格安SIM(MVNO) | Comments(6)
いよいよ来月から、mineoではこれまでのau LTE機種に加え、VoLTE専用機種へのサービスが拡張されます。

auのVoLTE機種を使うためには「VoLTE専用のSIMカードを使うこと」および「SIMロック解除済みであること」の2つをクリアしていなければならず、自由に既存ユーザーが白ロムを買ってきてSIMを差し替えるだけで使えるというわけでもありません。

白ロムやSIMロック解除の取り扱いについてよく知っている方には問題ないですが、一般人に「どのスマホが使えるのか?」ということを理解してもらうのはなかなか難易度が高そうです・・・。

確実に使える機種は11月に富士通が発売するSIMフリー&au/docomoの両ネットワーク対応のarrows M02ということになりますが、普通にスペックを重視するならば白ロムを買って利用したほうが安く、より高性能なモデルを使えるのは間違いないでしょう。


スマートフォンの白ロムには買い時があり、割安なスマホを買いたいならばある程度時期によって選べる機種が限定されます。

今、mineoのキャンペーンに乗じて10月~11月からau回線で使うために良さ気な機種をピックアップしてみましょう。

【VoLTE専用】SCV31 Galaxy S6 edge 白ロム価格帯:40000円前後

【VoLTE専用】SOV31 Xperia Z4 白ロム価格帯:40000円弱

VoLTE専用機種ならこの2台です。どちらかと言えばS6 edgeをオススメします。SCV31は防水には対応していないので、防水が欲しいならSOV31にしましょう。

どちらもスペック自体はハイエンド。Z4は発熱にやや難ありなSnapdragon810を使っていますので、そこをどう考えるかです。

VoLTE機種で他にオススメできる機種は、防水8インチタブレットのQua tab01(18000円前後)、HTV31(33000円前後) あたりでしょうか。

ただ、VoLTE SIMはまだmineoでは注文できませんので、後からの交換を前提としています。白ロムを買ってもすぐにSIMロック解除が出来るわけではないものも多いので、購入時期を良く考えて入手の検討をして下さい。

・iPhone6 16GB 白ロム価格帯:50000円前後

iPhoneが良いなら、今は6が安いです。iPhoneシリーズではテザリングが出来ませんが、iOS9以降でもAPNをインストールすることによってmineoのau回線でも使えるようになりました。

iPhone5sはiOS7以前しか使えないため、mineoで使う場合は止めた方がいいです。

・SOL26 XperiaZ3 4万円前後

Z4と比べてほぼ価格が変わらないという・・・。Z3が高いというよりZ4が安いのですけど^^; 安定した性能を求めるならZ4ではなくあえてZ3という手もあるのですが、新型が同じ値段であるということを考えてしまうと、ちょっと新品には手を出しづらいかもしれません。

中古で状態の良いものを探すならアリ。SOL26の状態の良い中古なら3万円台前半くらいからオークションで狙えるはずです。

・SCL24 GALAXY Note edge 4万円前後

ノートエッジは5.6インチのファブレット。ほぼ同じ価格でSCV31の32GBモデルが買えるので、サイズの好みに合わせて選べばよいです。2014年冬モデルですが、スナドラ805の2.7GHz クアッドコアCPUは十分に高性能です(旧Nexus6と同じ)。

ここからは価格を少し抑えたLTE機種。少し古い型落ちモデルですが、新品白ロムの在庫が多い機種をチョイス。

・HTC J butterfly HTL23 3万円前後

・isai LGL22 2万円前後

・isai FL LGL24 2.5万円前後

・SCL23 Galaxy S5 2.7万円前後

2013年後半-2014年モデルが中心で、以前ブログで行ったAntutuのベンチマークの満足可能レベル(トータルスコア40000以上)の要求を満たせる性能をそれぞれ持っていると思います。

これより古い機種でも日常利用には問題ない機種もいいですが、新品を探すのは辛くなります。中古で10000円~20000円くらいの間で探すなら、

・Xperia ZL2 SOL25
・Xperia Z1 SOL23
・Xperia UL SOL22
・ARROWS Z FJL22
・HTC J One HTL22

このあたりでしょうか。

1万円を切りたいというのならSOL21,FJL21,HTL21など末尾が「L21」の型番機種の中古なら使えると思いますが、性能は大きく最新モデルに劣り、Antutuでは3万に届かないくらいになってきます。ウェブ閲覧くらいは余裕ですが、重いゲームアプリの動作が厳しくなるレベルであり、発売から2年を超えているため中古の場合はバッテリー交換・モバイルバッテリー利用前提が良いでしょう。


他の機種も在庫が見つかれば安い機種もあるかもですが、オークションや白ロムショップで探しやすい・見つけやすい機種は上記に挙げたようなモデルなので、オークションや白ロムショップサイトの検索機能を使って片っ端から型番を入力、安い在庫を探しまくりましょう(笑)

落札相場を調べるなら、以前も紹介した「オークファン」を使うと便利です。一時的に使うだけなら無料会員登録だけでも十分です。期間を指定してヤフオクや楽天の落札価格平均を算出出来ます。

新機種を探すならヤフオク、古めの中古機種ならいつもオススメしているノジマの入荷をチェックしましょう。私はまさにこのノジマから、上記で登場したFJL22を1万円ちょっとで入手して運用中です。

ノジマの入荷情報のチェック方法はこちらに書きました→ノジマオンラインショップの白ロム在庫 入荷タイミングのまとめ


*ここでオススメするのは機種の出来だけでなく、現在の入手可能価格を加味しています。評判がイマイチな機種も、安ければ妥協できるかな?というモデルも含みますので、快適さを重視する方は良く候補を考えたほうが良いです。
by ke-onblog | 2015-10-26 07:27 | 格安SIM(MVNO) | Comments(24)
前回au版GALAXY S5 SCL23の新規一括0円案件を紹介し、ケースも安いものを発見したのでついでに。

SIMフリースマホを扱うエクスパンシスでは、先月末あたりから在庫が余っていたNexus6が安売りされていたことが記憶に新しいところですが、同じく余った携帯アクセサリーも投げ売られていることがあります。

値下げされるのは余っている商品がメインなので、最新機種用のアクセサリーはエクスパンシスはあまり安いとは思えませんが、型落ちしたGALAXY S5用のケースがめちゃくちゃ安くなっています。

いくつかS5用のアクセサリーがあるのですが、例えば~

☆「melkco Premium Leather Flip Cover For Galaxy S5icon」/642円(税別、送料無料)

エクスパンシスでは少し前からクロネコヤマトの「ネコポス」というメール便の代わりに登場した小型配送用のサービスが無料で使えるようになっており、アクセサリー購入が便利になりましたよね。

このレザーケースは定価は3千円くらいですが、毎週10%の値下げセール対象になっており、今は72%OFFまで。auのGALAXY S5 SCL23およびドコモ GALAXY S5 SC-04Fでもサイズは同じはずなので使えるでしょう。
icon
icon


下のカードケース付き手帳ケースは670円。
iconicon


この「melkco Premium Leather」というケースはアマゾンで探すと3000円~5000円くらいの価格でいろんな機種用があります。

日本ではmelkcoのケースはビックカメラやヤマダ電機でも扱われているようですし、1000円以下でレザータイプの手帳ケースが買えるというのは格安です。新機種用ではこの価格ではなかなか買えないでしょう。

他にエクスパンシスで安いアクセサリーだと、Nexus7 2013用ケースで680円というのもありますね。あとは・・・特に目ぼしい物はありません^^;

iPhoneケースはワゴンセールで良く投げ売られているところを量販店でも見ますが、通販のアウトレット系・在庫処分系セールも面白いものがありますので、古い機種を使う場合は関連アクセサリーを探してみる価値があります。
by ke-onblog | 2015-10-25 15:22 | キャンペーン情報 | Comments(0)
Nexus5Xもワイモバから発売されたばかりですが、あちらはお値段が旧Nexus6と変わらないレベルなので新規0円は厳しいでしょう・・・

新規0円を期待するなら、24日に発売されたLUMIERE 503HWですね。

503HWはファーウェイのP8 Liteをベースにしたモデルということですが、物理的スペックは同じに見えますが対応周波数はどうなっているのでしょうね?もし中身も同じなら将来SIMロック解除すれば便利に使える可能性もありますが・・・

ワイモバの公式サイト上にはSB系のネットワークBandしか書かれていません。
[4G] 900MHz(B8)・1.7GHz(B3)・2.1GHz(B1)
[3G] 900MHz(B8)・2.1GHz(B1)

ワイモバのB3は1.7GHzと1.8GHzで表記するところがあるようですが、どちらも同じですかね。

SIMフリー版のP8 liteだと、
【 SIM1 (or SIM2) 】
FDD-LTE : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
TDD-LTE : B40
UMTS : B1/B5/B6/B8/B19
GSM : 850/900/1800/1900

こうなっています。

TDD-LTEにも対応しているのですが、ソフトバンクの4G AXGPで利用されているのはBand41(2.5GHz)なので、503HWでは使えないようです。

503HWはワイモバイル専用にネットワーク対応をカスタマイズしたのではなく、そのままグローバル版を「503HW」として持ってきただけみたいですね。

B1,3,19,28はドコモで使われていますので、むしろドコモ系での接続の方が安定しそうです。

503HWはソフトバンクのプラチナバンド(900MHz/B8)には対応しているとされていますが、国内販売するならもう少し調整すればいいのに・・・と思わなくもないところ。


一方で販売価格について見てみると、ワイモバでの定価は38,880円です。無茶苦茶な価格上乗せはありませんが、それでもSIMフリー版より1万円弱高い・・・。新規では月月割なし、MNP・PHSからの機種変更だと3GBプランで実質0円、7GBプランだとマイナス25920円です。

Nexus5Xと同じく新規の優遇が一切ないのですぐに新規一括0円案件が出てくるかどうかは微妙ですが、4万円以下という価格だけを見ればかつて新規0円で投げ売られた旧Nexus5よりも安いですので、それほど時間を待たずに無料ばら撒きが始まりそうな感じもします。

SIMフリー版のP8 liteはMVNOのセット以外でも購入でき、安いところだと3万円を切れるはずです。発売当時の価格は税込みで30888円くらいが多かったですね。

例えばヤフーショップ系だとポイント込みで26000円台を狙えます。

☆「Yahooショッピング P8 lite本体

いくつか扱っているショップがありますが、10月25日時点の価格で

・モバックス 27,500円 (1%ポイント)
・ソフマップヤフー点 27,800円 (3%ポイント)
・ジョーシンウェブ 27,800円 (3%ポイント)
・モバイルモバイル 25,920円 (1%ポイント)

価格はモバイルモバイルというショップが少し安いですが、送料が有料なので・・・でも送料を含んでも一番安いですかね。

今日は25日でTポイントが5倍(+4%)付きますので、ヤフー経由で買うなら5のつく日が良いでしょう。

ワイモバイルで新規定価で買うのはあり得ませんが、今後の投げ売りに期待しましょう。白ロムが出回るようになれば、本来のSIMフリー版ももっと安くなるかもしれませんね(ΦωΦ)フフフ…


by ke-onblog | 2015-10-25 11:57 | 白ロム転売法 | Comments(0)
昨日は値上げされていたのですが、今エクスパンシスのHPをチェックしたところ、値上げ前の状態よりさらに安くなりました。昨晩から為替相場がかなり動いているので、その影響でしょうか(´∀`;)

エクスパンシスでは少し前からSIMフリーモデルのXperia Z5 Compact E5823が入荷しており、ブラック・ホワイトが入荷しては売り切れを繰り返しています。

今この日記を書いている時点では、

ホワイト・・・在庫なし(3日くらい前は10個くらいあったはず)
ブラック・・・26個(昨日の昼は40個くらいあったはず)
イエロー・・・25個
コーラル・・・21個

で、価格が10%OFFに。週末セール?

☆「エクスパンシス Sony Xperia Z5 compact E5823icon」/66,365円(税別・送料無料)

まだまだ激安とは言いがたい価格ですが、私の確認したところではエクスパンシス初期入荷時点では68900円→昨日までは74,090円でしたので、短期間で価格が調整されているようですね。

ここから更にすぐ下がるのかどうかは予想できませんが、ほんの1日注文のタイミングがずれるだけで8000円弱差がでるとは^^;

昨日も同じことを書きましたが、SIMフリー版の価格相場をチェックするのはなかなか難易度が高いので、どのタイミングで買うべきか見極めが重要です。

例えば、日本のアマゾンでZ5コンパクトのE5823を買おうとするとマケプレに8万円で出している出品者もいます。昨日までのエクスパンシスの価格(74900円)なら関税を考慮すれば同等だったかもですが、今ならエクスパンシスの方が断然有利でしょう。

アメリカのamazon.comでは550ドルくらいが相場なので、120円レート計算しても約66000円。amazon.comのレートは+4-5円くらいになっているはずなので、、、

1ShopMobileで515ドル。送料が+30ドル掛かると思いますので、やっぱり価格は同じくらいですね。

ebayの即決では740オーストラリアドル(日本円で65000円ほど)の出品がよく売れているようです。オークションスタイルならもう少し安く落札出来るかもしれませんね。

☆「eBay Sony Xperia Z5 Compact E5823 Search results

SIMフリー機種を買うならエクスパンシス・アマゾン・1ShopMobile、後はeBayくらいしか定番の方法としては私は知りませんが、それぞれタイミングで使い分けるのが良いのでしょう。

エクスパンシス

by ke-onblog | 2015-10-24 04:41 | 白ロム転売法 | Comments(0)
一昨日の再入荷時にはもっと安かったんですけどねぇ。。。

世界各国の(?)SIMフリー機種の輸入代理店であるエクスパンシスではよく価格が変更されることがあるのですが、Google Nexus6に関しては販売価格が短期間で激しく上下しました。

今は32GBモデルは売り切れていますが、64GBモデルは20日時点で青・白ともにたっぷり入荷がありました。

先日確認した時点では57095円(税別)だったのですが、今朝みたら63,290円まで、1割も値上がっています。。。

それでもまだ新型のNexus6Pよりは安いのですが、エクスパンシスでの最安値を知っている身からすると、買い時であるとは思えませんね~

また値下がることもあるのかも知れませんけれど、この価格でもまだ売れるのかな?

☆「エクスパンシス Google Nexus6 XT1100(SIMフリー)icon

Nexus6 XT1100 64GBは発売当時Google Storeでは85,540円で去年の冬に登場しました。その後公式での値下げがあり、現在は65,700円です。

エクスパンシスでは、ほんの数日前まで57000円台でしたが、9月頃には52000円くらいセールで値下げされていました。そこから比べれば1万円以上値上ってしまったわけで・・・

32GBモデルも過去最安値はクーポンを使って39500円(複数購入すればそれ以下だったはず)で購入出来たものが、41500円→43500円と値上げされていました。

ちなみのそのNexus6 32GBモデルは未開封品がつい最近オークションで5万円を超える落札になっているわけですが(笑)

キャリアの携帯回線セットでは安売りのシーズン、施策が多いタイミングでキャッシュバックが増えたり減ったりする現象は良く見られますが、海外版SIMフリー機種の購入も時期が重要みたいです。

XperiaZ5 compactも5000円くらい値上げされちゃいましたし。


現在はエクスパンシスの商品が全て値上げされているというわけではなく、安い機種はちゃんと値下がっているので、Nexus6があまりにも売れるので値上げしてきたのでしょう^^;

今週はGalaxy Note5, Xperia Z3 Tablet compact, Xperia C5 Ultraがセール対象に。読者様に教えてもらったのですが、Zenfone2もかなり値下がってきています。

日本で販売されているモデルなら価格の相場が掴みやすいですが、未発売モデルを買う場合は少しの間価格相場の変化をチェックしてから購入するのが良いかもですね。


by ke-onblog | 2015-10-23 10:10 | 白ロム転売法 | Comments(6)